ランダム・メモランダム 3

FCバイエルン・ミュンヘンとマルク・ファン・ボメルを応援しています

ファンブイテン、契約延長!

2012-04-30 21:46:06 | バイエルン・ミュンヘン

少し前に、バイエルンが契約延長のオファーを用意している、という記事が出てからその後続報はなく、まだかまだか?と思っておりましたが、ついに

キタ――――――(゜∀゜)――――――!!!!!!

ダニエル・ファンブイテン、

2013年まで1年間

契約延長!!!!!

(≧▽≦)/

バイエルン公式(ドイツ語)←日本語が出るまで待ち切れない

正直あまり心配してませんでしたが、ちゃんと公式発表があるとホッとします…。

来シーズンは(たぶん)チーム最年長(汗)、ダンテも来るし、競争はいっそう厳しくなるかも知れないけれど、年齢に負けないだけの情熱とフィジカルと、何よりも、誰よりも深いバイエルン愛でサバイブしていけるはず!
今シーズンは骨折で後半戦をまるまる棒に振ってしまった分、来シーズンの爆発に期待します!ヨロシクね!ダニエル!

……えーと、ところで、25試合出場したら更に1年延長、というオプションはどーなったのかな?(^^;)

コメント (2)

それぞれの卒業式

2012-04-30 02:01:34 | サッカーその他

28日はブンデスリーガ33節が一斉開催されました。
この試合がホーム最終戦となるチームにとっては、サポーターに今シーズンの応援への感謝と、退団が決まっている選手たちにお別れを言う日でもあります。

我がバイエルンではご存じ、今シーズン限りで引退することが決まっているブットの記念試合になりました。
その話はまた別の機会に行うとして、今回は他のチームで、あんな人やこんな人がファンにお別れをしましたよ、というネタです。
個々のチーム状況とかようけ把握しやんので、写真だけべたべた貼ります。

ラウール

自らのゴールで、チームを3位確定=CLストレートインの権利獲得に大きく貢献。最高の形でファンに置き土産を残してくれましたよ。

…って、

こんなに子だくさんだったのね!!(゜∀゜;)

 むひょ~♪

シャルケは背番号7を永久欠番にする予定らしいです。わずか2年間の在籍で、これはものすごい事ではないでしょうか。
ヨーロッパサッカー界きってのスーパースターなのに、驕ることなくどこまでも謙虚に、最後までシャルケとドイツのために尽くしたラウール。ブンデスリーガ史上でもっとも愛されたスペイン人選手、かも知れません。本当にありがとう。

それと、ベテランGKのショーバーもお別れセレモニーがあったようですが、引退ですかね?

ちなみにこの試合でフンテラールがドッペルを達成、得点ランキングでゴメスを抜きました。チーム順位は決まっても、得点王争いは最後の最後まで熱い戦いになりそうですね!(^ー^)

しかしその一方で、対戦相手のヘルタが再降格の大ピンチに。。。。。。。。。○| ̄|_
ヘルタとストレート降格争いをしているケルンの最終節の相手はバイエルンだし!ヘルタにはクラフト、レル、オットルが。ケルンにはレンジングが。やりづらいよー!(汗)

バラック

いろいろあったけど、必要とアラバ握手もする。
どこに行くのかはわかりませんが、アメリカとか言われてますね…。結局レヴァークーゼンに復帰していた2年間、(怪我離脱も長かったし)殆ど印象に残りませんでした…。トラブルネタばかり耳に入って来て、ファンの方はつらい思いばかりだったかも知れませんね。。。

子供は3人。スタンドには奥さんも来ていたようです。よかった、よかった。
(…いや、不仲説はワタシの勝手な思い込みなので、そこのところ、バラックファンの方から正しいつっこみが欲しいところではあります。)

アドラーも。結局HSVに行く話はどーなった。まだ巻き返せる!がんばれー!

・ ちょっとズレます

ホーム最終戦で先制ゴールを決めたブラッツォ…。お別れなのかどーなのかわかりませんが、どうなるんでしょう…

アウグスブルク、残留おめでとう~!

残留決定と言えばHSVも。

ペトリッチはなんとなく小耳にはさんだような気がしないでもない気がするような。しかしヤロリムはなんでだ!?まさか引退じゃないよね?(←知らない)


泣いてる…(;_;)

ロイスとか


手作り卒業アルバムっぽいプレートがほのぼのしみじみします。ダンテはヴィルコメンだぜ~!

コメント (2)

33節:ミラン対ジェノア

2012-04-28 21:01:36 | ACミラン

何をかくそう、ミランも来シーズンの新しいホームユニを発表していたのですが

シャツをパンツにINするだけでどうしてこうもダサくなる…。ユニフォーム自体は、…むーん。クラシカルね、ということで…。やっぱり昨シーズンの方がよかったなぁ。スクデットは付いてなかったけど。
ユニフォームのプロモ動画にファンボメルが一瞬映ったりしてるので、よろしければミラン公式のYouTubeチャンネルでご覧下さい~

さて
あのバイエルンのCL準決勝の直前に行われた試合です。
ファンボメルは前節よりも早い時間での途中交代(涙)、勝ち点3をゲットしたということだけが全てで他に何も言うことはない試合内容だったので、もう結果だけ。

14日に行われるはずだったのですが、ご存じ、不幸な出来事があったため、延期になった分の試合です。

12年4月25日 セリエA 第33節 ACミラン 1-0 ジェノアCFC

交代:カッサーノ(50エル・シャーラウィ)、ボアテンク(50ファン・ボメル)、マキシ・ロペス(80アントニーニ)
サブ:アメリア、アクイラーニ、メスバー、ガットゥーゾ

得点:ボアテンク(86)
カード: ヤンコヴィッチ(72)  アバーテジェペスムンタリモレッティ


よく仕切ってはいましたが、平々凡々、まったくもって地味なパフォーマンスだったファンボメル

本日のみどころ

ボアテンクが恥骨炎から復帰!そしてゴール!


絶不調イブラ、ボールではなく相手選手をゴールにぶちこむ(^_^;)

以上。

コメント

CL:レアル対バイエルン

2012-04-28 04:55:11 | バイエルン・ミュンヘン

需要のない作業に手間取ってる間にすっかり夜も更け、気が付いたらもう今日はブンデスリーガですよ。へろへろ。ホームでの最終戦です。きっと感情的な試合になるでしょう・・・

さて
ダンテやら新ユニやら、いろんなネタが挟まったためにすっかり遅くなりましたが。
バイエルンサポの皆さ~ん、まだ余韻にひたってますか?それとももう落ち着いちゃいましたか?

12年4月25日 UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝 2nd leg
レアル・マドリー 2-1(PK1-3) バイエルン・ミュンヘン
(2試合合計ゴール数3-3、PK戦によりバイエルン決勝進出

kickerの採点も合わせてどぞ

交代:ミュラー(95リベリー)
サブ:ブット、ラフィーニャ、コンテント、プラニッチ、ティモシュク、オリッチ

得点:ロナウド(6PK)、ロナウド(14エズィル)、ロッベン(27PK)
PK:アラバ0-1、ロナウド0-1(ノイアーがセーブ)、ゴメス0-2、カカー0-2(ノイアーがセーブ)、クロース0-2(カシージャスがセーブ)、シャヴィ・アロンソ1-2、ラーム1-2(カシージャスがセーブ)、セルヒオ・ラモス1-2(枠外)、シュヴァインシュタイガー1-3

カード: ペペアルベロアグラネロアラバロッベングスタヴォバトシュトゥバー

MoM:(UEFA)ロッベン、(kicker)ノイアー


似てるとか似てないとか、この際どうでもいいのです(逃)BOAじゃありませんグスタヴォでもありません(汗)
こういう↑ニュアンスではおそらく使われてないんだろうと思いますが(直訳すると「お前寝てんのか?」)、「マジかよ!」のネタ元はこちらです。

この試合、アラバに感嘆したのはバイエルンファンだけでしょうか。
厳しい裁定でハンドを取られ先制点を失った直後に、必死に挽回しようとトライするアグレッシブな姿勢、そうそうたるビッグネームの中にあっても物怖じしないひけをとらないパフォーマンス、何よりも、最も緊張するはずの最初のPKキッカーを堂々と務めそして決めた、その強心臓。
これでまだ10代だなんて!クロースが19歳の時よりも凄いことになってるんじゃないかと思っています。
そして、試合自体が素晴らし過ぎて、モウリーニョについに勝った!ということを、しばらく忘れてました(^^ゞ


決勝進出記念Tシャツ・22.95€で発売中!

いや、思ったことを全て話し始めたら本当にきりがなく、どんだけ時間があっても足りません。
映画のDVDに、本編と同時進行で監督や俳優たちがひとつひとつ裏話やなんかを語る、という特典映像がオマケに付いてくることがありますが、この試合はそれができますね。きっとバイエルンサポの皆さんもそうでしょう。

とにかく、素晴らしい試合でした。
今シーズン行われた世界中の全ての試合の中でも、5本の指に入るぐらい極上の試合だったと言っても過言ではないでしょう。
(全部の試合見たわけじゃないくせに何を、というツッコミはナシでヨロシク(^_^;))
そんな試合を我がバイエルンが制し、CL史上初・本拠地での決勝戦に出場する権利を獲得したのです!
嬉しく、そして、誇らしい限りです。


ボールじゃなくて自分がゴールに飛びこんでしまうロッベンとか。


でもそんなロッベンに、PKを蹴らせてくれたバイエルンに感謝なのです。
ドルトムント戦でPKを失敗したのは最近のことなのに、信じてくれて、汚名を返上する機会を与えてくれて、感激のあまりじ~ん(;∀;)と来ました。なんてステキな仲間たちなんだ、と。

MoMはもちろん、PK戦を制した我らの守護神ノイアーで間違いなし!ですが

いやいや、もう、だからみんなほんとに良かった!全員MoM!
2失点した直後までは、おいおいやっぱダメなのかよ(-_-)、と思いましたが、そこから先が!
俺たちは決勝に行くんだ!ミュンヘンに帰るんだ!絶対にあきらめない!という熱い思いがひとりひとりから伝わって来て、なんとゆーか、まず気持ちの面でレアルを圧倒しているようなそんな風にも見えました。
今のバイエルンにはもう失われたと思っていた不屈の魂がよみがえったのが、何より嬉しかったです。

でもさすがレアルも凄かった!意地とプライドと情熱をかけて、ホームの大観衆の声援を背に立ち向かって、堂々と互角の勝負を挑んできましたよ。


特にマルセロがヤバかったなー。


ゾンビ…

そんなマルセロの豪快4人抜き!
まずロッベンをかわしてから、

試合はPK戦に突入!
それが決まった瞬間にリベリがウインクした相手は

「悪いけど、俺らがいただくぜ☆」


「かなんな~、フランクさん」同国人のベンゼマ。緊張感でいっぱいのシチュエーションにあっても、余裕が感じられて少しほっとするシーンでした。

そして

ご存じ、PK戦は、世界最高GK同士が戦う、壮絶なものとなりました。
ノイアーが2本立て続けにストップしたあとはカシージャスが2本連続セーブ。鳥肌が立ちそうでした。
ヨーロッパサッカー史上もっとも美しいPK戦として、後々まで語り継がれていくものかも知れません。
ちなみに、kickerの採点では、カシージャスにもノイアーと同じ神採点「1」が付いてました。
最後はほんの少しの運の差だったかも知れませんが、決着を付けたのはシュヴァインシュタイガー
彼でなくてはならなかった。そしてそうなった。

キャプテンかどうかということではなく、やはり今のバイエルンの象徴はシュバなのだ。

死力を尽くした激闘の結果、バトシュトゥバーグスタヴォアラバという守備の要が決勝戦に出停となってしまいました。
3人とも欠かせない重要な戦力ですので厳しいですが、なおのこと、彼らの為にも勝ちたいところ。まぁそれは、4人も欠くチェルシーとて同じでしょうが。
それでも、試合前は実に7人もリーチだったことを思えば、これで済んでまだましだったかも知れないと思ったり…。

そんなこんなで

幸せです。
(第3第4GKまで連れて行ってるのに、どうしてダニエルをこの場に連れて行ってくれなかったことが、いささか恨めしいですが…。いっしょにHUMBAしたかったお)

試合後の晩さん会はハッピーなムードでいっぱいだったことでしょう。デミチェリスも来てくれたし。


トップにはさまれて居心地悪そうな(?)ボアテンク。「(くじで負けてもうた…)」←うそ

翌日、意気揚々とミュンヘン空港に降り立つバイエルンたち。


空港関係者の粋な計らい


「どーもどーも♥」
ってこのハート型チョコ(?)は!この風景、確かに前にも見た…。あれは2年前…いや、思い出すまい。
(追記:チョコではなくてレープクーヘンという焼き菓子だそうです。pharyさん情報ありがとうございました(^▽^))


ちゃんと首から下げてるし。えらいえらい。まあ、ゴキゲンですから、なんでもやれますわね。

コメント (8)

緊急速報!オレンジ色のニクい奴!

2012-04-27 21:02:26 | バイエルン・ミュンヘン

ペップ・グアルディオラ監督がついにクビですってよ奥さん!
(訂正:クビじゃないですね。今シーズン限りでの退任、でした。)
と、欧州サッカー界にとって最重要事項のその話題でもちきりの中、今日もコリアンダーは我が道を行くのです。

つい先ほど、バイエルンの来シーズンの新しいアウェーユニが発表になりました。


ユニフォームフォトは後ろにふんぞり返って上からガン飛ばすのがお約束

オレンジ。

サッパリしてて地味だわねぇ。燃えよアタック!みたいな。
と、


モエ…

(大きい写真は公式のフォトギャラリーで見れます。)
さすがラムたん、爽やかに着こなしちょります。モエ~感をアップさせる効果があるようなので、ラームはデフォルトで常に着用してもらいたい。
それにしてもダンテがこれを来てる姿がちょっと想像できないのですが(^_^;)


アグレッシブな目つきが大器の予感?

GKユニも発表になりました。あまりに普通すぎて感想はありません。

これに合わせて、各種オレンジラインの新商品も発売になったようですが…

 

…。これって、まったくもってオランイェカラーじゃないですか?
いいんでしょうかね?(汗)メーカーが違うので(オランダ代表はNIKE)、かろうじてそっくりさんにならずに済んでる面はありますが。

いやぁ、もちろん、ワタシはぜ~~んぜん構わないんですけど。
さっそく明日のホーム最終戦・シュツットガルト戦でお披露目されるようですが、ネガキャン張られたりしないかどうか、ちょっと心配(汗)

おまけ・tzの投票コーナーより。
今の今なので、ほとんど票は集まってないと思いますが。

あらら割れてる・・・

コメント (6)

ダンテ、バイエルンに加入決定!

2012-04-26 22:32:04 | バイエルン・ミュンヘン

どうもどうも、コリアンダーです。
話せば長いことながら。前日のバルサ×チェルシー戦もリアルタイムで見て大興奮して、そのまままとまった睡眠をとれないまま、ゆうべはミラン戦→バイエルン戦と、途中30分のインターバルがあったものの5時間強にわたる2試合連続観戦寝不足マラソンをしましたもので、割れるような頭痛に襲われたり惰眠をむさぼったりした挙句、今日いちにちヒトとして全く使い物になりませんでした。でもおかげさまで気分はハッピーです。

シアワセだ~

そんなわけで楽しい楽しい試合レビューや写真や情報集めなどにも殆ど着手しておらんのです。
とりあえず裸祭り(←そこか)

最後のPKを決めた!と同時に脱いでウホウホ、じゃないわ、たぶん、心臓を叩いてチーム愛を示す仕草をしたシュバ。そしてその後、裸でいつものバスケパフォ(*^^*)

バイエルン一のハダカ自慢ゴメス。これまた何故か、シュバがPKを決めたと同時に脱いで喜ぶ。


決まったー!決勝だ!「さあさあ奥様、行きますよー」


「はいっ!どうぞー!」 どうぞ言われても(^_^;)(言ってません)

ナニゲにバトも脱ぎたがりの気配。

ミーチョが試合後ディナーに来てくれたよー!
…ってこれ、「奥たん」と注釈付いてるんですけどマジでかー?(汗)あのデカメロンパイちゃんがこんな肝っ玉かあちゃんに変貌するとはどうしても信じられんのだが(汗)(汗)。何かの間違いか、知らない間に再婚したんじゃなかろか…としか…

それはさておき

かねてより噂のありました通り、メンヒェングラッドバッハのCBダンテが、来シーズンよりバイエルンに加入することが公式発表されました!

2016年までの4年契約だそうです。
移籍金は公表されていませんが、500万ユーロ前後とみられています。お買い得!♪
個人的にはブレーノの抜けた後釜かな~、と思ってますのでファンブイテンの契約延長に影響はないものと思ってますが…(汗)でもポジション上のライバルであることに変わりはないでしょう。
いやー、楽しみだわー。このファンキーな風貌が、キャラクターが立ってていいじゃないですか。ダンテズラとかバイエルンショップで売り出されるかも知れないし、いろいろ楽しませてくれそうだ。ラフィーニャやグスタヴォとのブラジリアントリオで、ラテンなネタも提供して欲しいところ。
(゜∀゜;) いやもちろん、サッカー面での活躍も期待してますよ!

と同時に、オリッチが「ヴォルフスブルクと2年契約に署名した(or署名する)」と認めましたぜ、とSportBildがすっぱ抜いてましたけど、こちらは公式発表が出るまではまだスルーで…(T-T)

コメント

速報:レアル対バイエルン

2012-04-26 06:34:34 | バイエルン・ミュンヘン

いやあなんだかもう、夢の中の出来事みたいで、全然実感わかないです。←単に寝不足なだけ

レアル・マドリー 2-1(PK1-3) バイエルン

最後のキッカーは我らのシュヴァインシュタイガー!!!ここぞと言う時には絵になる男!

ノイアー神!PK2本ストップ!しかしカシージャスも2本ストップ!壮絶なPK戦でした。

もちろん試合もね。素晴らしかった。みんなすごかった。

ともあれ。これで。

決勝進出!!!!!!

ホームで優勝しちゃうもんね!相手はチェルシー!

 

コメント (13)

32節:ブレーメン対バイエルン

2012-04-25 04:39:37 | バイエルン・ミュンヘン

ファンボメルのせいで著しく気分がロウだったのと、イラストを上げてから…とか思ってたらことのほか大作で時間食ってしまい、結局今もってGAORA放送を見ていませんそしてイラストも出来てませんゴメン(^^ゞ でも必ず見るからねー!

先週のレアル戦1st legのレビューでラームの守備に苦言を呈したワタクシですが、あの試合のラームは守備も超素晴らしかった!クリロナを良く抑えた!影のMVP!という評価だったらしいですね。
それなのにコリアンダーときたら的外れなことを、ちっ、と、ロッベンファンと共にラームファンの皆様にも不愉快な思いをさせているかも知れませんが、それはコリアンダーがラームを憎んでるのではなく、単にサッカーを見る眼がないだけですので御容赦ください(^_^;)。サッカーをかれこれ10年見てますが、ワタシは所詮こんなもんです。

言い訳終了。
さて

12年4月21日 ブンデスリーガ 第32節 ヴェルダー・ブレーメン 1-2 バイエルン・ミュンヘン

kickerの採点も合わせてどぞ

交代:リベリー(1)(64オリッチ)、クロース(64プラニッチ)、ゴメス(70ペーターゼン)
サブ:ブット、ボアテンク、ロッベン、アラバ

得点:ナウド(51ピサロ)、ナウド(75オウンゴール)、リベリー(90クロース)
カード:なし

MoM:リベリー
今節のベストイレブンにリベリー(10回目)
マンデスターゲス今節のMVPにリベリー!(4回目)

 

やったね宇佐美ついにスタメン!だけでなく90分フル出場!おめでとう!\(^∀^)/
客観的に見て、そう大きなインパクトを残したとは言えなかったかも知れませんが、結果を出そうと頑張ってるのはわかったよ!
神パフォーマンスでチームを勝利に導いたリベリを除いて、なんとバイエルンでの最高評価タイ!
いや「3」は、「平々凡々ど真ん中」ですが、他の選手と比べてみてくださいな!
(それにしても、いつも日本人選手の現地紙採点をやたら取り上げてやんやと持ち上げるニホンサッカーメディアはなんでこの宇佐美はスルーなんだ?)

宇佐美がフル出場するのは少し予想外でしたが、その理由は。
CLレアル戦との大一番に向けて、かつてないほど大胆なローテを敷いて、主力をごっそり温存したバイエルンです。
 ずら~り。

 ラフィーニャ!

 プラニッチ!

&ペーターゼン!オリッチ!

ブンデスリーガはあきらめて目標はCLに絞りましたよ、勝ち負け問わず、ということだったのかも知れませんが、彼らにだって意地がある。
しかしいかんせん慣れないメンツ慣れない布陣なもので(CBが2人とも本職じゃないってどう…(^_^;))、いろいろとぎくしゃく感は否めず、苦戦を強いられてしまいます。
どん詰まってるのを見て、いつものリベリとゴメスとクロース投入。負けてもいいのか勝ちたいのかどっちだ、と思いましたが、結局そのリベリが活躍して、劇的逆転ゴールを決めたのだから、功を奏したということなのかな。。。

いつの間にかブレーメンのキャプテンマークを巻くまでになったピサロ
 
元チームメイトのシュヴァインシュタイガーとのコイントスは感慨深いものがありましたが、だからと言って試合中にイチャイチャするのはどうかと(うそ)。ラフィーニャが目を光らせてるぞ!

得点はナウドのドッペル…。じゃないわ
 
見事なゴール!

 
見事なオウンゴール…

 
そんなナウドをなぐさめる(多分)ゴメス

 
「おっとっとっと♪」と、こんなに重心低くても酔っ払い音頭を踊れるリベリのバランス感覚さすが(うそ)。

 
あわわ。殴られた跡がすっかり青タンに(汗)

そんなロッベンリベリが仲直りをしたー!というのが話題になっているようです。TVカメラには映ってなかったみたいですけど
 
ゴールを決めたリベリ、ベンチのロッベンの元へ

 
友情の(?)グータッチ☆

イイですね~ぐっときますね~。
まあ、リベリはかつて、確執が噂されたファンハール監督(当時)とも、ゴールを決めてから飛び付いて、ラブラブアッピールをしてみせたことがあったので(しかし二人の仲は修復されなかった)、今回も、「仲直りー♪」と素直に思っていいものかどうかとうがってみたり。
までもしかし、リベリなりの(ちょっとテレも含んだ?)「ゴメンにゃ」サインだったのでしょう。そしてそれを受け入れるロッベンもなかなか男前じゃありませんか。と思うのです。今後はなるべく仲良くね。

それにしても、マリンちゃんもフリッツもエキチもいなかったし(みんな怪我?)、ブレーメンも知らない選手が多くなってしまったワ…。ジエゴが大活躍していた頃のブレーメンが一番好きでした。イケメンと評判のクロース弟も出なかったしなぁ。兄弟対決ならず。

[追記]
なんてこった。いちばん肝心なことを書き忘れてました(汗)まあ、とっくにご存じの話ですが。
このように、せっかくの逆転勝利を収めたバイエルンでしたが、この後に行われた試合でドルトムントがボルシアMGに勝ったため、ドルトムントのブンデスリーガ11/12シーズンの優勝が決まりました。

----------
そんなこんなで、いよいよ本日に控えたCLレアル戦の大一番に向けてマドリッド入りしたバイエルン御一行様です。

 
「ひぇっへっへっへー、バカが見るー♪」「何だよっ、ぷー」
何やらシャヴィ・アロンソに思い切りからかわれてむくれるセルヒオ・ラモス。

ミュンヘン空港での写真です
 
アラバのバッグには背番号が。これなら間違えられることはないね。

 
モデル風ラーム。驚きの軽さと頑丈さを兼ね備えたキャリーバッグ!今なら期間限定¥19,800!(うそ)

コメント

34節:ミラン対ボローニャ

2012-04-23 00:50:33 | ACミラン

バースデーゴールどころか。

12年4月22日 セリエA 第34節 ACミラン 1-1 ボローニャFC

 
交代:カッサーノ(56セードルフ)、エマヌエルソン(69アントニーニ)、アクイラーニ(73ファン・ボメル)
サブ:アメリア、ジェペス、ガットゥーゾ、マキシ・ロペス

得点:ラミレス(26)、イブラヒモヴィッチ(90)
カード: ボネーラ(84)  ノチェリーノペレスタイデル

ミスから失点。
味方はこれを帳消しにしてくれるゴールを決めてくれず、(攻撃参加を許されていないので)ラームのように自分自身で取り返すこともできず。
あわや負けるところ。73分に交代退場。
ぎりぎりのところでイブラが同点ゴールを決めてくれましたが、時間が遅すぎました。ドローなんて意味がない。勝たなければいけない試合でした。

マルク・ファンボメル、最悪のバースデー。

……。
今日いちにち、ひとりボメボメ誕生日祭りをして浮かれていた自分がこっぱずかしいです。
本当に、もう少しで泣きそうになりました(ワタシが)。

ファンボメル本人はシレッと落ち着いていて、失点シーン以外はさすがのパフォーマンスで、ミスの少ないプレーだったと思いましたが…。ただのファンのひいき目かも知れません。
言い訳ですね。どんなに素晴らしいプレーをしても、たった1回、失点につながる致命的なミスをしては意味がありません。
交代させられたのは懲罰的なものではなく(それだったら後半早々に替えられていたはず)、戦術的なものだったと思いたい…。ですが…調子悪かった時と同じパターンだから、やっぱり…。

アッレグリ監督からは特にファンボメルをかばうコメントは出ず。当たり前か…。そしてミラン公式facebookのファンボメルの写真に、ユーザーからのイジワルコメントが並んでるのを見て、また泣きそうに。

今頃苦虫かみつぶしたような顔でむっつりしてるかも知れません。
これがきっかけでユヴェントスとのゲーム差が開いて、スクデットを逃してしまったら、どう責任を取ったらいいの…。
あと5試合。試合に出させてもらえるのかどうかすら。
復帰して活躍して勝利して、やっぱりミランにはファンボメルが必要だ!と認識させて、本人も、俺まだミランで全然やれるんじゃね?で契約延長ウマー!(゜∀゜)のもくろみがモロモロと崩れてゆく…(涙)

 

(後で削除されるかも知れません)
試合前のロッカールームでのファンボメル他。この時に戻りたい…

コメント (5)

いとしさと 切なさと 心強さと

2012-04-22 18:21:44 | Mark van Bommel

♪いつ~も感じて~いる、あなたへ~と向か~って♪
♪過ちは恐れずに進ーむあなーたをー、涙は見せなーいで、見つーめて、いたーいよ♪

なのであります。

 

誕生日おめでとう、マルク!

ついに35歳になりました。

もういつ引退してもおかしくない年齢ですが、まだまだ、高いレベルを維持して行けると思うのよ。
誰がなんと言おうと、ワタシにとってファンボメルはワールドクラス・世界最高の選手です!
これまでちょっとこそこそしていたところがあったけど、今は自信を持ってそう言うよ。
なんたって「ワールドクラス」シュヴァインシュタイガーの師匠なんだし!

移籍の話にやきもきさせられる今日この頃です。
PSVからは正式なオファーが提示され、交渉は継続中のようですが、ただ、まずはミランとの交渉次第であるようです。
結局シーズン終了まで待たねばならないようです。

代理人ライオラ(※若干訂正しました)
「マルクはミランで本当にいい感じでいますが、契約延長に関しての合意はまだありません。彼がミランに対してポジティブな貢献が出来ないと判断したら、退団を選択するでしょう。しかしミランの将来のプランはまだ不明です。マルクはいつも冷静です。彼がミランに残りたいと思い、ミランも彼に残って欲しいと思えば、合意には何の問題もありません。もしそうならなかったとしても、彼はここで素晴らしい1年半を過ごしたということです」

移籍に関して個人的に思うことはありますが、何度も言ってますから略。
結局決めるのは本人なので…。
ワタシはただ、出来るだけ長く、元気にプレーしているファンボメルを見ていたい、それだけです。

ミラン公式による誕生日おめでとう動画。

 

カッコいいんだけど、なんで華麗にシュートを外すところばっかりなのもっと絵になるシーンあるでしょうに~

本日のボローニャ戦で、バースデーゴール決めて上のような姿が見れたら(腰と膝に悪そうだけど…汗)嬉しくて狂喜乱舞しちゃいます。
でも何よりもミランの勝利!もう後がないのよ~!
何しろ、1ヶ月+αぶりの復帰ですからー!緊張する~!

コメント