ランダム・メモランダム 3

FCバイエルン・ミュンヘンとマルク・ファン・ボメルを応援しています

今夜はファンボメル・ダービー

2016-10-20 01:38:31 | Mark van Bommel

てなわけでぇえー!

写真を撮ったのは何年も前ですが、今夜に備えて、現在これと同じ状態でユニを飾っております(^^)v
いよいよ、ファンボメルダービー!
もとい、運命のCL・バイエルン対PSV戦でございます。


夢の対決。ロッベンダービーでもある。


(via @FCBayern)
ナニゲに、PSVとバイエルン両方でプレーした選手はこんなにいたんですね~。


(via @FCBayern(Instagram))

この大一番に、ファンボメルもミュンヘンに帯同!(゚∀゚)


(via @PSV)アイントホーフェン空港で。スーツは自ら機内に持ち込みです。(持ったまま搭乗している動画が上がってた)

バイエルンとPSVが対戦したのは1999年のグループリーグ以来だそうです。
第1節でバイエルン2-1PSV、第5節PSV2-1バイエルン。
第5節のPSVが勝利した試合のことは、ニリスのインタビューがUEFA.comに上がってました。


(オランダメディアによるキャプチャ画像です)
退場してるし!(T▽T)
第1節でのことで、ファンボメルにとってCL初試合だったようです。初試合で退場…。。やっぱりヤツは持ってる。(+ ̄ー ̄)フッ ←なんか違 
(ちなみに、2回目の対戦となった第5節ではイェレミースが退場になったらしい…)
(参照:'Lothar Matthäus lokte me uit de tent'

両方のチームに在籍、しかもキャプテンだったファンボメルがミュンヘンにキタ-(゚∀゚)!ということで、ドイツやオランダメディアに引っ張りだこです。
本日(10/19)発売のBildにはインタビューが掲載されておるようなのですが、ネットではカネ払って定期購読契約しないと読めないの…(涙)


(via @m_wijffelsAD)
プレカン会場にやって来て「すみませんね~、許可がないと入れないんですヨ~」と止められてるように見えるのだが(笑)


アリアンツ・アレーナで練習見学。話してる相手はシルエットから、"ティガー"ゲルラントコーチでしょうか?

アレーナのスタンドで、PSV公式facebookの「LIVEでユーザーの質問に答えちゃうよ」コーナー。

「えーっと、どこをどうやるの?」タブレットを使ってるのですが、慣れてないらしく、困惑した表情から始まります。

こんな感じ。

(via…誰だか忘れたゴメン(汗)) 
こんな感じ。

こんな感じで20数分間、ひたすらタブレットのカメラに向かってファンボメルがファンからの質問を読み上げそれに答える、という形。
体裁が整ったふつうのインタビューとは違い、手持ちのタブレットになんとなく話しかけるという、どこかやりにくそうな、しかしそれゆえかなり素に近い状態のファンボメルが画面いっぱいのアップでこちらを見つめてひとりごとのようにボソボソと語りかけてくるので、ボメラーボメバカボメ変態にはかな~りたまらんコンテンツとなりましたPCモニターに顔を埋めたくなりますが、思わずはばかってしまうほど…("▽")


FCB.tvのインタビューにも出演。

夜はPSVのビジネス・チームと共に、セレブシェフ・シューベックさんのお店で豪華ディナー!

シューベックさん。そういえばケルン戦でシュワちゃんの隣でスタンドにいた時も白衣をお召しでしたが、厨房にいない時でも着てるのはキャライメージのためなんだろうな、とか思うワタシはニホンのしょうもないバラエティー番組を見過ぎなのでしょうか…。。。(よく、診察室でもないのにタレントドクターたちが白衣着てるジャン)

思いがけずのボメボメ祭りで、ワタシには楽しいばかりですが、試合の方はどうなるか(汗)
PSVがアリアンツ・アレーナでバイエルンにボコボコにされる図しか見えませんが(T-T)、ちょっとは骨っぽいところを見せて、オランダにPSVあり!さすがロッベンとファンボメルの古巣!ということをドイツに知らしめてくれたら嬉しいのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 魔さかのドロー・第7節フラン... | トップ | ロッベンの試合:CL・PSV戦 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。