ランダム・メモランダム 3

FCバイエルン・ミュンヘンとマルク・ファン・ボメルを応援しています

親善試合:バイエルン対インテル

2017-07-28 01:37:32 | バイエルン・ミュンヘン

17年7月27日 インターナショナル・チャンピオンズ・カップ シンガポールラウンド
バイエルン・ミュンヘン 0-2 インテル・ナツィオナーレ

ウルライヒ- ラフィーニャ、ゲッツェ、フンメルス、アラバ - ドルシュ、トリッソ - コマン、ハメス、リベリー[C] - レヴァンドフスキ

交代:パントヴィッチ(33リベリー)、ミュラー(46ハメス)、サンチェス(46トリッソ)、マルティネス(46フンメルス)、フリードル(46ラフィーニャ)、ホフマン(68イルライヒ)、ヴィッツハイマー(69レヴァンドフスキ)
サブ:フリュヒトル、R・T・ホフマン

得点:エデル(8カンドレーヴァ)、エデル(30ペリシッチ)
カード:なし

また・・・・・・。


せっかくウルライヒが復帰したのに~

なんなんだもー。
ミラン戦で気を抜いて→チェルシー戦で気を取り直して→またインテル戦で気を抜いて負けたってか!

いくら負けてもいいプレシーズンマッチとは言え以下同文。
いや、実際気を抜いてたかどーか知りませんが、そんなことは言わないだろうし…

キレキレ☆リベリが怪我をして早々と退場したのは確かに痛かった(><)
このプレシーズン、ブイブイ飛ばしてたから、今からそんな飛ばさんでも(汗)、と思っていた全世界のバイエルンサポの心配が現実になった感がしますです…
重傷ではなく、数日の休みで済むようなので心底ホッとしましたわ~。
この試合はリベリの分までコマンが頑張って、なかなかいいところを見せてたとはいえ、やはりロッベリは唯一無二なのねん。

とにもかくにも、これで上海→深圳→シンガポール、と渡り歩いたバイエルンのアジアツアーは終わり。
この「インターナショナル・チャンピオンズ・カップ」とやらのレギュレーションがわかりませんので、バイエルンの位置付けがわかりませんが、トータルで1勝1分2敗…ってなんだこりゃ。引き分けとはいえアーセナルにはPK戦でもって事実上、負けてるしね~(´Д`)

いちファンとしては「なんだかな~」という感想ではありましたが、フリードル、ドルシュ、ゲッツェ(弟)、フリュヒトル、など、モエモエ若人や、新しい戦術やフォメなど、コーチ陣にとって収穫があったのならそれが何よりです。

おまけ
どうしても加工せずにはいられなかったんですすんまへん(汗)。バレたら絶対怒られるやつなので、公式にはひとつヒミツでヨロ…

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 親善試合:チェルシー対バイ... | トップ | 神戸牛ショット!! »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東風)
2017-07-29 18:51:56
ゲッツエの弟は無事にFCBに定着してくれるといいんですけれどもね・・・。

私も本家HPにさりげなく書いてあったあの「友」の字、どうしても頭から消えないのです・・・。ヨーロッパ人が考える「漢字」って感じですよね~。ツアー記念とかいって、誰かの腕やらお腹にゴシゴシ書かれていませんように、と願ってます。
> 東風さん (Coriander)
2017-07-30 02:48:36
兄弟だという理由だけでつい、マリオのようなネタ体質を期待してしまいますが、そんなおもしろキャラではなさそうな(^_^;)←ゲッツェ
このICCを見る限りでは、ファーストチームに定着するにはまだまだかなぁと思いましたです。

「友」。漢字使用はともかくとして、なんでいがんでるのか謎…

コメントを投稿