やさしくなりたい

反省を兼ねて日常の日記を・・・

久々に。

2017-06-14 18:12:05 | 日記
我が家のメダカ。

去年、めだかすくいでゲットしたもの、ご近所さんからいただいたもの・・・
たくさん居たのですが
残ったのは2匹。

なかなかマメに世話をしないので
生命力の強いたくましき逸材だけが
生き残れるのです。


形を見ると、2匹とも同じような形でなんとなくお腹が大きくて。
多分、同じ性別なんだろうと
ずっとそう思っていました。

春になり、たまたま見ると
お腹に卵をつけたメダカを発見。

あ、メスだったんだ!

でもオスがいないから
卵をつけたまま終わってしまうんだろうな~と
気の毒に思って放置していました。


先日、何の気なしに見たメダカの鉢。
え??







赤ちゃんが泳いどるやん!





と、いうことは
たまたま残った2匹は、オスメスのペアだったということ!


放置していた鉢の中は
ちょっと緑っぽくて

卵があるとなると
今更、大掃除はできない。

さて、どうしたものか?

色が変色した水草、藻を別容器に移し
見つけた赤ちゃん2匹をそちらへ。

でも、他にもたくさん卵があるんだろうな~



と、悩んでいると兄さんが帰宅。


どうしたものか相談すると

「親2匹を別に移せばいいやん」

と、即答。


たしかに、その通り。
それが一番確実。

なんだか年を取ってくると
こうしなきゃ!とか、先入観に囚われて
簡単な答えさえも見つけられないときがあります。

ん??年のせいじゃないか?
年は関係ない??

失礼しました。
私の頭が固いのね


それから、親2匹を別のケースに移動。


そこへ、カンキチ帰宅!



見てみて~!
メダカの赤ちゃんがおったよ~!!

と、私。


すると、カンキチが私の足元にあるものを発見。。。。


「ママ、メダカ出とるよ・・・」


私、えーーーーーーー!!!!

と、絶叫!!


私の足元には変わり果てた親メダカが・・・。

どうやら、水を多めに入れていたので
ケースから飛び出たらしい。
(外に置いておくと水が蒸発するので、いつもギリギリまで水を入れています)

変わり果てたそのメダカのおなかには卵が・・・・

お亡くなりになっていたのはメスらしい。


私が赤ちゃんメダカを見つけなければ
こんなことにはならなかったのに
本当に気の毒なことをしました。。。


それから2日経ち
赤ちゃんメダカの姿が増えてます。
どうか大きくなりますように。。。

お父さんメダカ、ちょっと寂しそうなので
ご近所さんから数匹もらおうかな?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高まる~~~~ | トップ | 初。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。