広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あっ

2010-04-11 23:58:21 | Weblog
というまでした。2年目です。

ホントにあっという間過ぎて恐ろしさを感じるぐらい。
特にこの半年間の早さと言ったらなかった。
こないだまで12月だったのに。本当に。

あっという間とはいえ、一年色々あったことも事実で、
新入社員の電話応対を指導したり、
当時は一件一件ドアの前で躊躇、逡巡していた飛び込み営業も
いまではお花見をしながら楽しんでできるようになったり、
一年前の自分と比べると確かに変わったな、と感じます。

取引先に怒鳴られたり、チーム長と頭下げに行ったり、
スタッフさんからノイローゼのように毎日電話、メールが来たり、泣かれたり、
先輩から怒られたり、先輩に励まされたり、
思い返すと実は結構色々あって、
強くなったな、と思います。
いろんなことに動じなくなった。

けど、鈍感になっちゃいかん。
人の気持ちとか、痛みとか、喜びとか、あるいは自分のそれら。
そういう目に見えないことに鈍感になってしまわないように、
繊細に大切にときに動転しながら日々進んでいきたいです。

いい大人になりたいなぁ。

p.s.あいかわらず人生模索中です。最近小超越が!!!
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

Dear Doctor

2010-02-13 00:12:46 | Weblog
Dear Doctorを見ました。

過疎化の進んだ小さな村で、村人から神様のように慕われていたお医者さん(鶴瓶さん)が突然失踪し、捜査をしていくうちに大きな「嘘」が明らかになって、、
というような話なんですが(はしょりすぎか)

すごい良かった!

人間っていろんな面があって、すべて含めて自分なのだと。
正義感も、めんどくささも、怠慢も、愛も、無関心も、
全部全部、本当で正解なんだなと。

なんか、ちょっと寂しいんだけど安心、みたいな感じ。

映画最近見てなかったけどまた少しずつ見ていこうと思いました。

-----------------
さてさて、最近はすごく落ち着いていて、いい感じです。
めっちゃ心穏やか。

なんかね、みんな一生懸命頑張っていて、
その集合体がこの社会、世界、
と思ったらなんかもうすべてが愛おしいですね。

なんか、よくワークライフバランスとか言うけど、
ワークとライフって分けられすものじゃなくて、
うまくバランスが取れるのが良いんだと思うけど、
ワーク=ライフであって、少なくとも今の自分は
「公私混同」である方がむしろ精神衛生上良いんだなと思いました。

メガピースやWIF、もっと遡って部活をやってた時は、
それが自分の生活そのものだった。
自分が不器用なせいもあるけど、それ以外のことができなかった。
仕事になると、「仕事は仕事、プライベートはプライベート」ってなりがちで、仕事が生活そのものっていうとなんだか「仕事人間」といわれ良くないことみたいな感じがするんだけど、
本来的にはメガピやWIFのときみたいな自分との距離感というか生活と一体になってる方が幸せ、というか、生きてる感がするなぁと思った。
それができないから、「プライベートの充実」とかそういうことになるのかなと。
今はすごくそれができているときで、なので心穏やかなのだと思います。

まぁ波のあるものだからね、きっとまたそうじゃない時期もやってくるんだろうけど。
ずっとそうだと怠け者な自分としては生きてることに疲れてしまうからね。長続きはしないのです。
でも次にまたそんな波が来ても、今度はもうわかってるから大丈夫、前よりは。
進んだり休んだりしながら生きていくんだと思います。

2年目は「仕事人間」になります。うぉー

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

本の題名リテラシー

2009-11-03 00:33:14 | Weblog
本の題名って何かなんでも面白そうに見える。
そして帯でそれを増幅させる。

が、読んでみると残念な感じなことばっか。

と思ってたら最近になって、
「なんかうさんくさいな」
という題名がなんとなくわかってきた気がする。

ワイドショーのテレビ欄とおんなじで、一見面白そうというか
刺激的な見出しをつけるんだけど、だんだん視聴者も慣れてくるんだ。
「激白!!」とか「マル秘」とかね。

本の題名リテラシーがちょっと身についた今日この頃。
うさんくさいなーと思う本はブックオフで100円で買います。

結局やっぱ読みたいわけよね。


ちゃんちゃん。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

ノギーメンの音楽隊

2009-09-07 00:14:11 | Weblog
昨日今日とノギーメン合宿に行ってきました!@河口湖

いやー楽しかった!!すごい楽しかった!!


ノギーメンと言えば実は結成3年目を迎えるアンサンブル?室内楽団?なのです。
発端はWIF2007の打ち上げ合宿。の帰りのバス。
当時(も)一年生だったノギがとくちゃんに音楽がやりたいと言ったのが始まりだとか。
その後、とくちゃんの呼びかけで、昔楽器やってた~というあゆみさんと私が加わり、4人で音楽隊が始まったのでした。
「ノギーが言いだしっぺだしノギーメンの音楽隊とか良くない?」
というとくちゃんの一言でユニット名?が決定。
1ヶ月ちょいの練習で9月のセプテンバーコンサート(セプコン)と地球感謝祭に出るという強行っぷりなのでした。


あれから2年。

メンバーは4人から8人になり、楽器編成もハーモニカ、クラリネット、バイオリン、チェロから、
+バイオリン2丁、フルート、ピアノが増えました。


と言っても実は今年の5月まで実質一年程活動休止だったため笑、
新メンバーが加わったのも2ヶ月前ぐらいで、
新メンバー旧メンバー同士、何となく名前は聞いたことあるけども初めましてな状態でした。

というわけで親睦もかねて行われたのが今回のノギーメン合宿。

いやーカオスだった!!おもしろかったー!!!

ノギが相変わらず変だったり、トシがまるで少年だったり、とくちゃんがパパだったり、よかさんが相変わらず不幸だったり、さかもっちゃんがめっちゃ持ってることが発覚したり、あゆみさんが聞き取れなかったり笑、えいこさんが相変わらずかわいかったり、

、、、

とりあえずカオスでした。


でも、WIF2007以来疎遠になってたトシや、WIFではほぼかぶっていないさかもっちゃんと一緒に活動できたり、
ノギーメンがなかったら出会わなかったであろうよかさんとWIFメンバーがとっついてるのをみたり、
ノギが進化してたり、
3年目にして初めてちゃんと練習してたり笑。
2年前とは全然違う楽しさ、ワクワク感でいっぱいです。

ホントに人との出会いとかつながりってどんどん輪を大きくしていくよね~
その分可能性も大きくなるし!


そんなわけでノギーメンの音楽隊が熱いです!!!

来年2月、コンサート開催いたします!!!!

もう「ノギーメン(笑)」とは言わせません。たぶん!!


まずは地球感謝祭。がんばるぞー



--------------

どうでもいいことなんだけど、

今日、河口湖からの高速に乗ってたら、
今までの人生でいちばん大きな月を見ました。

まじで大きいの!!!

まっ黄色でくっきりしてて、届きそうなほど近くて、
なんでこんなものが浮いてるんだろう?
とか
ウサギまじで見えそう!
とか思いました。

でもね、高速降りて、東京戻ってきたらいつもの色で、いつもの大きさで、いつもの遠さで。
なんかものすごく不思議だったんだー。

それだけ。おやすみなさーい
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

正直言いますと、

2009-08-26 23:27:30 | Weblog
なんだか社会科見学してる気分。スーツ着てる自分謎。

毎日帰り道にそう思います。



…早く慣れろよ!なんだけどね。


-------
今日読んでた本で心に来たこと


『ただ「遅い」というのではなく「遅すぎる」というのはあるのだろうか。』


なんかこれ伝わらない感じだけど、つまり、
何かをするのに「遅い」ということはあっても「遅すぎる」ということはないんじゃないか、みたいな事で。

遅すぎるってのは「誰か」もしくは「自分」が主観で決めることで、
だから自分次第では遅すぎることはない!
ってか○○すぎることはないんだ、と思いました。
…あるかもしれないけどね。笑

「むだに過ごすとき」はあっても不毛なことはない!みたいなね!!

毛はやしてこ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イライラを内側に向ける

2009-08-20 23:21:08 | Weblog
今日ものすごくイライラすることがあった。

もう直帰したい・・・と思いながらトイレに30分ぐらいこもるというイライラっぷり。

で、ひたすらイライラしてたどり着いたこと。

『イライラを内側にむけてこ!自分に向けてこ!!』

自分にもっと経験や知識があれば、事態は予測できただろうし、
それがないにしてももっと相手の状況や気持ちを考えられれば、違った態度、言葉がでただろう。
自分の対応の仕方がもう少し的確だったら相手を不快にさせなかったかもしれないし、そうすれば相手の対応は違うものになっていたかもしれない。

理不尽な環境、理不尽な物言い、態度等々相手や環境を責めててもイライラは募るだけで自分自身も救われない。

「自分のせい」とか「相手のせい」とか原因究明ではなく、
自分次第で変えられるものは変えてきゃええやん、と思いました。

相手も自分もハッピーなのが1番!!

あともう一つ。
自分はあんまりイライラしない人間だと思ってたけど、それは周りの環境に感謝すべきだったんだなぁともすごく感じました。


とりあえず、イライラした時は自分に向けて内省しよう。そうしよう。

がんばるんば。
おやすみなさい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

脳内だだもれ備忘録

2009-08-16 23:47:07 | Weblog
・発信し続けることが重要だ!

・みんなで何かを目指して作ることはすごく心を揺さぶる。共同、協同、共動

・人の本気は伝わる、美しい。

・一瞬の輝きを作る経緯自体輝いている。

・発信したい人はたくさんいる。

・勇気、タイミング

----------------------

昨日23歳になりました。
今年一年はすごく重要な年なんじゃないかなぁと思っています。
転機があるわけではないと思うけど、
この一年の過ごし方は、今後の自分の人生の過ごし方に大きく関わってくるのではないかと思います。
一年で大きく変わるわけはないし、何か武器ができるわけもないんだけど、
そういうことじゃなくて、何というかこの一年を過ごす姿勢が、今後に大きく関わるのではないかと。

なぁなぁに暮らすのか、志を持って暮らすのか。

この一年は日々を無駄にせず、でも焦らず、じっくり過ごしたいなぁと、

おっきなことを言ってますが、23歳二日目だからさ。23歳の抱負でした。




あぁぁぁぁぁーーーーーーなんかさ、、、なんかさ!!!!

無理かもしれなくても叫びたいよね!!叫び続けたいよね!!

一人じゃ無理なんだけど、それが自分の知らないところで無数にあって、だから挫けずに叫び続けられるのかもしれない。

発信していきたいです!!!
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

開いてこうぜぃ~~

2009-08-11 00:02:53 | Weblog
さっき途中まで書いてたのが一気に消えました。
・・・まぁ、そういうのもブログの醍醐味ですよね。うん。うん。

そしてね、半分ぐらいもう寝たいし本読みたいし、
そうすべきなんだけど、
思い立ったときにやらないとね、自分意思弱いからね、
と言うことで、再挑戦です。

------------------
4月に「社会人」になりました。

なるまではひたすら恐怖だった。
環境とか、人間関係とかに、ではなく、
その時(学生)の自分の感覚や価値観が変わってしまうんだろうな、
ということに。
変わっていくこと=悪じゃないし、もしかしたら成長、とか大人になる、ということなのだろう。
けど、とにかく私は自分が変わってしまうであろう事が恐くて嫌でしかたなかった。

実際「社会人」になってみて、想像以上に環境面では問題なく、想像以上に楽しいところだ、と思った。まぁ、カラオケで皆さん踊り狂っていますが・・・
でも、想像以上に自分を保つことは難しかった。
必死に変わるまいと踏ん張って流れの強引さに逆らおうとしていた。
自分の中で「学生」と「社会人」を線引きして、違いを作っていた。
今から考えるとだけど、たぶんすごくストレスを感じてたと思う。

先週一週間は夏休みでした。
幼稚園のころからの友達にあったり、愛してやまない友人と旅行に行ったり、
部屋を片付けたり、大学の友達と馬場で飲んだり、WIFの送別会だったり、
ゆったりと平和な日々を送りました。
なんか劇的なことがあったわけじゃないけど、
すんごく楽しくて、なんか身が軽くなって、あぁ、ストレスを感じてたんだなぁ、と認識しました。

なんか自分すごいっちっさい人間だったなーってすごく思ったし、
めっちゃ閉じてたなーと思った。

今日久々に会社に出てチームの人とかいろんな人から「おかえり」って言われた。
それがすごく自然だったというか、自分の今の居場所なんだなーとすんなり入ってきた。
今の居場所って言うのは、今、自分がこれからどうやって生きていくのか、とか、
何がしたいのか、とか悶々考える土台ってことで。

ってことは、今までと何ら変わらないやん!

と思った。

「学生」と「社会人」で違いをつくり、距離を感じていたのは自分の心で、
いやもちろん細かな違いはたくさんあるんだろうけど、
自分は今も同じ自分だし、相変わらずどうやって生きていきたいかとか悶々悩んでるわけで、だから、問題ないやん!これからも明るく悶々考えてこ!と思った。

っていう、当たり前な気づきでした。
No borderとか言ってる自分が壁をつくってるなよ、というね。
まぁだからって明日から一気に明るくなるわけじゃないけども。
相変わらず悶々しますけど。
日々つながってるからね。

でも、気ままに。気楽に。気長に。
開いていこうと思います!いぇい!

あー、久々に書いたら全然ダメだーーーーー
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

3月25日

2009-03-25 05:24:24 | Weblog
今日は早稲田大学の卒業式だ。
あさ7時に起きて袴の着付けをしないといけないのにこの時間まで起きている自分はアホだなと思う一方、学生時代を振り返ると常に何か大事な日の前の日は無駄に起きている性質だったなと懐かしく思う。

振り返ったら長くなりそうで、文章にするのを避けてきた(めんどくさがってきた)けど、卒業式前夜(当日)の感覚を残せるのは今しかないと思うから、簡単に今の気持ちだけ残しておこうと思う。

ただ一言、本当に楽しい大学生活だった。

世間知らずの自分がいきなり大きな“社会”に入り、戸惑い、楽しめない辛さをはじめて知った一年生、

必死に楽しさを探し求め、余裕なくもがいていた二年生、
(一番勉強した年。というかアホみたいに授業が多かった二年生)

大学に入って初めて心から「楽しい」と思えた、早稲田が大好きになれた三年生、

大好きな早稲田でひたすら楽しんだ四年生、


振り返ると、最高に楽しくて、かけがえのない大学生活だったと思う。
もう十分満喫したという気持ちもあるけど、正直まだまだ学生でいたい。

でも、そのまだ学生でいたい、というのは、やり残したことがあるからとか、まだ楽しめていないからではなく、
楽しいからまだ学生でいたいということで、これはすごく幸せなことだし、ちょうど良い頃合、ということなのだろう。

そして当たり前ことだけど、これだけ4年間の日々を愛おしく思えるのは、出会った人たちのおかげである。
「だれか」がいたから、たくさん笑ったり、時に泣いたり怒ったりできて、だから日々が素敵なものになった。友達、先輩、後輩、先生等々全ての人にただただ感謝です。

雨予報だけど、晴れるといいな。

以下備忘録的に(一瞬でもやっていた)サークルや出来事など。

レインボーテニスサークル、ニューオルリンズ・ジャズクラブ、たらみ部、社科専みそ汁の会、早稲田祭運営スタッフ、Waseda International Festival、メガピース、「アスカの旅」、ICC無国籍キャンプ、天龍村PJ早稲田祭イベント、WAVO-net、オーストラリアUQ短期留学、お茶の水ゼミナール、SUBWAY、ベトナム「子どもの家」、花田ゼミ、教育実習、とっつきやすい班 などなど(曖昧や…)

全ての出来事と出会った人にありがとうございました!
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

悲しみで花が咲くものか

2008-11-03 00:51:24 | Weblog
うん、そうだよ、咲かないよ!!!!!

悲しみで花は咲かないよ!!!!!

誤解を恐れずに言うとね、

やっぱり楽しくないとダメだと思う。

だってそこが入り口だ。暗かったら説得力ないよ。

明るく叫びたいす。

明るくポップにロックしたいす!!!!

コメント (1)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加