Eriko Yoga Class ヨガ 海老名

海老名で、初心者から、ヨガが大好きな方まで楽しめるクラスをご用意しています。お子さん連れOKのママヨガもあります。

気仙沼(2016年10月)

2016-10-18 01:06:44 | Diary

大事な用事があり、高校卒業まで過ごしていた気仙沼に行ってきました。

おばあちゃんのお葬式のとき来た以来ですが、やはりまだ更地が目立ちます。嵩上げ工事も随分進んでいました。でもこの「何もない」状態にするためにどれだけの人の手と労働、助けがあったことでしょう。瓦礫をここまでなくしたのは、ほんとうに大変なことだったと思います。感謝です。

住んでいたところにも行ってみました。周りには家がぽつりとしかなくて、住んでいたところは、どこがどうだったかわからないくらいなくなっていて、建築関係のプレハブになっていました。小学校は解体されて、復興住宅が建っていました。

すぐ近くに川があって、歩いていって覗きこんでみたら、随分水がきれいになっていて、鮭がのぼってきていました。景色は変わったけど、山の位置や、色や、空や海っぽい川の匂いは同じでした。そこに生えている背の高さぐらいの草や、川をのぼる鮭や、カモメが生きてるものとして力強く見えました。

久しぶりに祖母や父やおじのお墓参りもできて、よかった!母の兄も、南三陸町の庁舎の屋上につかまっていたまま見つかっていないし、父の兄夫婦も、見つかっていません。

身近な人の死、死が身近にあると、1秒1秒死に向かって生きていることを思い出します。だから、ほんとうに大事に、幸せに、楽しく、無駄にせず、そして何かの役にたって過ごしたいと思います^ ^ 

大谷海岸は一部砂浜がきれいになっていました。ここも、きれいにするのは大変なことだったと思います。海がほんとうにきれいで、海の水も昔より随分きれいでした。

復興はまだまだこれからという印象です。

わたしは、そのとき子どもも小さかったし、中国の赴任もあってすぐに駆けつけることができませんでした。遠くで心配することしかできず、もどかしい思いでした。

今ではもう海の市のおみやげ屋さんもやっていて、新鮮なものや海苔や加工品も買えるし、周辺では美味しいものも食べられます。どんどん遊びに行く人が増えて、元気になっていく姿を見たいです。そして忘れず、できることを考えていきたいです。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10/17(月)〜22(土)のスケジュ... | TOP | 心のスペース »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
故郷を想う (さんまをさばくのは苦手です・・)
2016-10-25 22:55:17
 初めて文章を読ませていただきました。先生の故郷を想うお気持ちがひしひしと伝わってきました。私も、先日祖父の葬式で高校時代まで過ごした地元に帰った時に、実家の近くの川沿いの道を自転車で走ってきました。しばらく進むと海に繋がっていて、まわりの景色がとても好きで子どもの時によく訪れていました。変わらない景色を観ると嬉しくもあり、変わっている景色を観ると寂しくもあり、そういう気持ちを感じさせてくれる川沿いの道です。
 気仙沼、言葉では言い尽くせない程に大変な被害があって、今もまだ続いているのですね。
 私も、震災が起きた年の5月に、学生時代を過ごした仙台に職場からの派遣職員として訪れ、荒浜海岸を見に行った時、本当に変わり果てた景色にただただ茫然とするばかりでした。
 大学時代にアルバイトでお世話になっていた福祉施設の先生が、津波に流され亡くなりました。自身のお子さんの学校の卒業式で体育館にいたところを津波に巻き込まれたと聞いています。
 学生時代お世話になった仙台に、何か恩返しができたらという思いがありますが、何ができるのだろうかと、未だ答えは出ていません。
 卒業後も毎年仙台を訪れてはいますが、これからも仙台宮城を想い続けていきたいと思っています。
Unknown (えりこ)
2016-10-26 15:29:54
さんまをさばくのは苦手です…さん(笑)
コメントありがとうございます!そしてブログを読んでくださってありがとうございます!
ご実家の近くに川があって海まで繋がっているんですね。お気に入りの場所はいつでも時を越えられますね!
変わらない景色があっても、今までいた人がいなくなったり、ずっとあると思っていたものがなくなると寂しいですね。福祉施設で一緒にいらっしゃった先生も、津波の被害に遭われたのですね。
あまりにも突然人が亡くなると、実感が湧かないですが、それがその場に行って、風景と一緒にすべてを感じると、死というものが濃く迫ってきますね。
わたしも、すぐには役に立てなかったから、まだまだ気持ちを届けたいと思っています。また仙台のこといろいろ教えてください。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL