カオリン&チョチョリンの親育て・子育て

むちゃくちゃ気まぐれに思いついたことやら、好きな映画・舞台のことやら・・・ぼちぼちと書いております~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一応、直筆サイン?!と、寝るな!食べるな!映画見させろ~!!

2005年04月29日 | イ・ビョンホン
前回チョチョリンに突っ込まれていた、ビョンホン氏の直筆サイン入りポスターをば撮影してまいりましたぁ~(劇場での撮影のため、分かり辛いですが、一応、印刷ではなく書かれていました)

さて、29日は、休みというのに、目覚めよく(気合入ってます!)、朝っぱらからテンション高め。
なんせ、念願の
「甘い人生」
上映館で見るのですから

少々遠くにある映画館での上映なので、早々に愛車のベンツ・・・、といいたいところですが、軽ワゴンをぶっ飛ばして、いざ出陣。
開演40分前について、早速チケット購入。シートは、ど真ん中のベストシート「ゲットだぜ!」
ここだけは、ド田舎のいいところで・・・

ところがところが、最初の部分は笑えるところも随所にあり、観客もごくごく普通だったのですが、次第とハードなアクションシーンが続いてくると、我が隣の老女は、暗闇の中で時計ばかりを気になさる。(そんなに見ても、時間は進まんよぉ~と心で突っ込みながら)
その上、仕舞には、我が肩を安眠枕代わりに熟睡体制に入られる始末。
またまた反対隣のかしましおばちゃん三人組はというと、永遠に動くんではないかと思うほど口を動かし続けること。(食べてるか、しゃべってるかで・・・。)

そんなこんなで、映画には、ほとんど集中できぃ~~ず!!

まさしく、ベストシートがワーストシートに代わった BITTER SWEET な一日でした。

それでも、最後のほうは、映画にのめり込んでしまって、ビョンホン氏の一筋の涙とともに、私の頬にも数筋の涙が・・・。とはいえ、流石に、キム・レハ(組織のNO.3みたいな長髪の個性的な俳優さんの名前・・・、違ってましたっけ??)がビョンホン氏に撃たれる最後のシーンのように鼻水2本線までは、いたりませんでしたが。

人気blogランキングへ
クスッときた方、そうでない方も、ポチッとよろしくお願いします。
(ただ今のランクをご覧になりたい方もどうぞ

コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴマ味噌チン?って聞こえま... | トップ | テキヤの冷やかし!? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
上映中のおしゃべり (NOV)
2005-04-30 01:28:39
はじめまして。

辛い座席になってしまいましたね。

私もこの映画観た時、隣の女性二人組みが上映中うるさかったので、「静かにしてください」と注意しました。それでも喋ることがあったのですが、注意しなかったらもっと喋っていたでしょう。観ていて何かを語りたくなる気持ちはわかりますが、込んでいる映画館ではおしゃべりはちょっと慎んでもらいたいですよね。
かなしー映画マナー (うりうり)
2005-04-30 22:31:22
こんばんは。

私も初日にマナーの悪さには閉口しましたが

「これだからおばちゃんは~

って言われてしまうのが、おばちゃん入り口に立つ私としてはかなしー所です。

でも、後半映画にのめりこめてよかったですね



私も涙がこぼれてしまい、エンドロールでマスカラが心配になってしまいました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画『甘い人生』 (EVERSMILE(エバースマイル))
『甘い人生』公式サイト『甘い人生』を上映している映画館は?『甘い人生』イ・ビョンホン独占インタビュー - FLiXムービーサイト『甘い人生』はフィルム・ノワール的要素に満ちた作品で、イ・ビョンホン主演の本格的アクション映画。イ・ビョンホンの壮絶な生き様がこの作品
2度目の「甘い人生」 (おばけ どっとこむ)
1週間もしないうちに2度も同じ映画を見に行くなんて生まれて初めてです! 昨日、渋
『甘い人生』 (京の昼寝~♪)
 人を愛したことのない一人の男の一瞬の選択。  命がけで愛した者を守る、究極のラブストーリー。 ■監督・脚本 キム・ジウン ■キャスト イ・ビョンホン、キム・ヨンチョル、シン・ミナ、キム・レハ、ファン・ジョンミン  ソウルを一望できる優雅なスカイラウンジ。
「甘い人生」 ☆☆☆☆ (とにかく新作映画を観て紹介する人柱的ブログ)
うつくしいまでの暴力表現に涙。 「これは私の代表作になる」というキャッチフレーズにいつわりなし。 こういっては失礼かもしれませんが、イ・ビョンホンだけを見にきたおばさま方にはもったいない傑作バイオレンスムービーでした。残酷シーンの連続に退出される方
遅ればせながら韓流ブームに乗りました/「甘い人生」評 (I N T R O+blog)
『甘い人生』(2005 / 韓国 / イム・ジウン) Text By ...