erika

ブログ初心者のブログ

56 と 和の印

2017-05-20 15:38:59 | 日記
昨夜 弟が
「Mステで 平井堅さんのアルバムの話 してたよ」
と 言いました。
私は 帰宅したのが 遅く見れなかったのですが、
その後 動画サイトで 拝見しました。

カラスの Tシャツ?
だったような

今日は また カラスのお話です。

長文でーす (*´∀︎`*)ノ″



5月16日

神社参拝後

お昼前に実家に行き
テレビをつけると
カラスの話題でした。

カラスは人の視線に反応し、
視線と反対側に移動するのだそう。

人のことをとても好きなのだろうという
解説もありました。

イベントか なんかで、
食事の最中に食べ物をこぼしたり、
処理をちゃんとせずに帰った場合、
残された食べ物に対し、
カラスの側から考えると、それは餌付けしていただいているようなものなんだそうです。

イベントは後片付けまでが イベントなんだという認識を持つべきだ、というお話しでした。

認識の違いで カラスと人の間には
壁があるように思いますね。


その後 うかつにも
昼寝をしてしまい…


内容はよく覚えていないのですが、
夢をみました

平井堅さんのアルバムに
何人もの方々が 楽曲提供されたと
知ったあとだったので
その関連の夢をみたように思います

ツンデレ⁈の恋人の歌 みたいな(笑)


「Plus One」や 「ほっ」
などに描かれている女性像が
そんな感じだからかな⁈

どちらも 大好きな曲です

ところで
その夢のなかで 5と6が
印象に残りました。

この数字
最近の夢にも登場したばかり。

エンジェル・ナンバー56
この大切で必要な人生の変化をとげる間、あなたは新しい天の祝福や機会を得ます。変化の間、必要なものは全てもたらされます。

スピリチュアル・ナンバー56
第一印象で判断するのはやめてみましょう。苦手なはずの人や物から、思わぬプラスの波動を得られそうです。


なるほど。

他にも 最近 稲垣吾郎さんが気になる出来事があり、ゴロウ、56 ?

稲垣さんと言ったら、私はワインのイメージです。

和の印?
先日 和風が気になるとも書きました。
それは 私の料理のガイドがイタリアに関連していて…
という話から派生したものでした。

イタリアのワイン…

宿題にします

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


平井堅さんの ファンになったのは、
2011年の夏でした。
前にも書いたように、
even if の動画がキッカケだったのですが、
前の旦那さん
(と言っても 今のは、いませんが)
がCDを持っていて 車でも聴かされて⁈
いたので、曲は知っていました。
even ifに関しても、"いい曲だよ" と。

正直 あまり興味がありませんでした。
紅白で エレジーを歌う姿を拝見した時も、
やっぱり 苦手だな…
そう 思いました。

長男が小さい頃、
「瞳をとじて」が お気に入りで
私に抱っこされたまま、
手の上げ下げのモノマネをしながら
歌っていたり

保育所で習った
大きな古時計が 大好きだったり
それだけ有名なシンガーだった、ということもありますが、
私の周りは まるで
私に 平井さんの歌を聴くよう、すすめているかのようでした。

夏休みのある夜、
家族が寝た後 ひとり パソコンの前に座り、
動画を探していました。
何か 感動する歌を聴きたいとおもったのだろうと なんとなく そう 記憶しています。

夜 1人で そんなことをしたのは、
はじめてのことでした。

ふと、「even if」の動画に目がとまり、
そういえば いい曲だって 言ってなぁと、
軽い気持ちで観てみました。

その時は、最近の映像なのかな?と思っていましたが、
2001年の武道館ライブのものだと後から知りました。

その映像を観た後 放心状態に(笑)

私の胸の奥に届くものがあったのだと
思います。

彼のその時の歌が 私の中の何かを
変えたのかも。


今 毎日のように
脳内再生曲というタイトルで
書いていますが、
実は ブログを毎日 書くようになった当初は
そんなことになるなんて、
思っても いませんでした。

私自身も 歌が大好きですが、
何か 私にとっては
音楽というか、
歌は特別なものなのかもしれません。


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


たまたま 今回の新曲に
カラス登場だったので、
カラスの話題をあげましたが…

もし お読みになっている方の中に
平井堅さんファンがいらして
お気を悪くされたら すみません(。v_v。)ペコ

私は 個人的には カラスは好きです (^_^)

決めつけとか 思い込みの話を

私の場合でいえば、

ただ 苦手なタイプだと
敬遠していた 平井堅さんを
今では しれば知るほど
魅力的な人だと思うし、
どんなときも 走り続ける姿を
尊敬しています。


平井さんから教わったことは
今までもたくさんありましたし、
これからも そうだと思います。


あんまり 好きじゃない…
と思うタイプの人から
恵みや学びが多いこと

前の旦那さんや 長男が
ずっと そばで それを伝えてくれていたにも
かかわらず
私は 自分の価値判断に頼り
まともに 知ろうともしなかったのです。

平井さんの曲を自ら好んで聴くようになって、
当初 よく聴いていたのは、
「まばたき」でした。

NHK開局50年記念
『特別番組 南極プロジェクト』のイメージソングに起用された曲だそうです。

家族が寝静まったあと、ゆったりした時間のなかで、
ヘッドフォンを耳に押し当てるようにして、
何度も何度も繰り返し聴いていました。


思えば 南極 …
オーロラも
ずっと そばで 「平井堅さん いいよー」
って ささやいてくれていたのかも 〜
なーんて(笑)

先日 「GIFT」のタイトルのブログに書いた
ネパールの方の息子さんも
食べ物を摂取しない、という前提のもと、
何人もの大人の "なんとか食べさせたい"
という視線を受けながら、
そうとうプレッシャーだったのでは?
と思います。

パパは昼間は大学での研究だし、
日本に来て数年のママの気苦労は
大変なものだったと思います。
母親が感じているプレッシャーの影響もうけていたでしょう…

食べ物を摂取しなくなった
直接の原因は わからないけど、
パパは食事などのマナーに厳しい人のようだったから、食事前のお菓子とか
厳禁だったりしたのかなぁと。
(それは どこのお宅もそうかな?)

それが 必要以上に厳しかったのかもしれないし、そこに環境的なことが合わさり
食べない ということで、
"受け入れたくない"という思いを 小さな体で訴えていたのかもしれないな…
と思います。

無理強いするよりは、興味をそそりそうなものを、さりげなく用意してみたりして
そのあとは 本人にまかせた方が
お互い 無理がないように感じます。

といっても、私も自分の子供となると、
そんな余裕持てないかもですが


私も
周りが
平井堅さんいいよ!
絶対 聴いてー
とか だったら 聴かなかったかも…

さりげなく 「この曲いいよ」
と 言ってくれたことが
聴いてみようかなという 行動に
繋がったのかなぁと思います。

決めつけとか 押し付けじゃない、
それは 天使やガイドの愛がなせる技なのかもしれません。

私たちの 周りにいる人たちを メッセンジャーにして
いつも サポートしてくれているのかも
しれないな
なんて 思いました。

私は 個人的に
リクエストに 応える形を
"やさしいキス"

自分が あげたいものを送る形を
"強引なキス"

という 言い方をしています。

強引なキスでも 需要と供給が合えば、
それは やさしいキスでしょうけど (*´∀︎`*)ノ″


実は 目に見えるものしか信じないような、
疑り深い (笑) 私 を
私のハートの奥が望むものを知っていて、
やさしく、あきらめずに 導いてくれた存在と
素直な気持ちで インスピレーションを
伝えてくれた家族に 感謝です ♪



































ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の数字 | トップ | 今日の数字 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事