erika

ブログ初心者のブログ

今日の数字に 思うこと 2

2017-10-18 14:22:39 | 今日の数字
今日の数字(10月17日分) に 思うこと 2


今日の数字に思うこと1に 書いた ドラマの主題歌は、

Plus One
平井堅さんの曲です。

"可愛さ 半分 憎さ100倍 "

の君だけど、
涙が 乾くまで そばにいると 歌われています。

そのひと 丸ごと受け止めるような、
そんな 歌


赤いスポーツカー事件の 被害者は、
事件の前、
「1 +1」 という名の ディスコにいたのだとか。

何を プラスするのか。


1 +1 といえば、

田を 連想すると 書いたこともありますが、
その際に、亀と鶴のサインが出ていました。

そういえば、17日に、1717 が気になったのは、
カゴメのトマトジュースとともに でした。

昨日の18:15の メモには

17 17

トマト もしくは カゴメ

トマト

マを挟んだ ト

扉 マ 扉

マがある

魔がある


と書いています。

魔の字は 良い意味にも そう出ない意味にも 使われますよね。
力は 使いよう だと

どんな 扉を 開きますか?
そんなメッセージ でしょうか。


カゴメ カゴメ の歌では、
鶴と亀が すべります。

滑る というブログ内

で、元夫さんが 見た 夢について 書きました。

地上から 浮いたように 滑っていたと。

17 については、以前 数字のメッセージ内に ピラミッドという言葉が あることから、*湯を沸かすほどの熱い愛 *と関連づけたこともありました。


今回は また 別の見方を して見たいと思います。


1は、第1チャクラへ 繋がり
地に足をつけるというメッセージ。

7は、第7チャクラからの メッセージにつながり、
霊性 高次元との繋がり。


地に足を しっかりとつけることで、
より 高次元からのメッセージを 実践できるようになる…

そんな 意味のカードも 出ていました。

理想とする未来を
具現化する 行動を 促されているのかも、
しれませんね。


湯を沸かすほどの熱い愛
の母親は 余命宣告されたにも 関わらず、自らのことよりも、残された人たちのその後に 思いを向け、できる限りのことをしました。


ダンスホールという曲に 影響を与えた 被害者の女の子たちは、自分の存在を どう感じていたのだろうと ふと 思いました。

大切に 思っていたでしょうか。

また、大切に思われていると 感じていたでしょうか。


少し前まで 次男の小4の時の 担任の先生のことが とても気になっていました。

あ、ちょうど 再生のサインを持つ 友達のことが気になっていた頃と 同じ時期だと思います。
あるスーパーで、偶然 お会いしました。
しかも、続けて。

今まで 数え切れないほど 訪れてきましたが、
そんなことは、初めて。

リニューアルしたので、それも あったのかもしれません。

その先生に 言われた言葉で、強く印象に残っているものがあります。

「お母さんが 大病したら いいんですよ」

まだ 離婚前のことでした。

うちの 母が ヘルパーさんも 嫌、
デイサービスも 行きたくないと言ってるという話から、でした。

ご自分は、数ヶ月 病気療養のため、お休みされていたのです。

先生のお母さまも、ご自分では 買い物にも行かないし、息子である先生が 食材から 何から、持って行っていたそうです。

でも、先生が 病気になり お母さまは、ご自分が動かないと 食べることも できないので、買い物へも行くように なったのだとか。

だから、私も 同じように 大病をすれば、周りがしっかり するだろうと。

しかし、そんなアドバイスって、あるかなぁ?
と 逆に先生の悲しみみたいなものを 感じました。

ご結婚されていますし、奥さまもいらっしゃるのに、お姑さんの お世話をしないのは 何か 事情があるのだろうとも 思いました。
車の免許なかったりとか かもですが。

どうして 気になるのだろう・・・と 考えたとき、
その先生のなかに、復讐心みたいなものが あったのでは?と 感じました。

自分は これだけ 一生懸命しているのに・・・
というような。

そんな思いが ご自分の体を酷使することに 繋がったのでは?と。

確かに そういった 犠牲の上に 成り立つ
成長も あるかもしれません。

当時
こんな事が ありました。

ちようど、給食時間に 私が 教室の前にいた時のこと。
嫌いなおかずだったのか、減らしている子がいました。
最初は 先生も、減らせばいい って 穏やかな感じでしたが、その子があまりにも 少なくするのを見かねて、そのくらい食べろ!
と、突然 びっくりするほどの 大声で 怒鳴ったのです。

そうやって、普段から 我慢することが多かったのかもしれませんね。
それで 爆発して 自分も周りも 傷つく…みたいな。


私も 母から100歳まで 生きるから 面倒見てね と言われた時は、自分が先に逝きたいと 心底思いましたが (~_~;)


私が具合悪いと言っているときでさえ、私の手を握り
パワーちょうだい とか 言ったり…

いや、そんな 専門家じゃないし、あげられるかどうか わからないけど、
母は 元気になると 思っていたのでしょうね。

娘という視点から見れば、ちょっと 悲しくもなりましたが、減るもんじゃなし、愛からのものであれば、お互いに悪影響は ないと思います。


Plus Oneの ように、
憎さ100倍のとこも 含めて、寄り添えたら
と 今は そう思います (笑)

母には とても 感謝しているのです。
今も 居候の身分だし、

私が大人になっても、高熱を出すと
添い寝して 体をさすったりしてくれたりしました。
ま、すぐに 寝ちゃうから 寝床が狭くなるだけということもありましたが…
気持ちは 嬉しかったです。

人としては、苦手な部類の人ですが (^^;;
義務からではなく、愛を持って
出来ることは したいと思っています。


・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚・*:..。o♬*゚

愛を持って 扉を開くために

























ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の数字に 思うこと 1 | トップ | 喜びのガイドに頼みごとをし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今日の数字」カテゴリの最新記事