erika

ブログ初心者のブログ

脳内再生曲

2017-06-13 19:17:08 | 脳内再生曲
6月13日


脳内再生曲

ノンフィクション 平井堅

でした〜

平井堅さん 続いてますが…

歌詞の中の 「カラス」
に関連したお話を。

小学2年の娘
私は何も言いませんが、
帰ってくると まず さっさと
宿題を済ませ
あとは 自由にすごすのですが、
音読をし忘れたりして
朝から 読んだりも 多いです。

6月7日も 朝から音読したのですが、
この日から 「スイミー」
という物語が 課題でした。

海の中の小さな魚の物語。
たくさんの赤い魚に混じって
1匹だけ
「からす貝よりまっくろ」でも
「泳ぐのは 誰よりもは 早い」
"スイミー"という名の魚がいます。

あるとき お腹を空かせた
恐ろしいマグロがに
仲間の赤い魚たちは
ひとくちで 飲み込まれてしまいます。

助かったスイミーがは、淋しさを抱えながら
くらい海の底を泳いでいましたが
そこに広がる 色とりどりの海の生物を見て 元気をとりもどしていきます。

その後
大きな魚に襲われることをおそれ、
岩陰に隠れた 小さな赤い魚たちを見つけます。

スイミーは 提案しました。
みんなで 力を合わせ大きな魚のかたちを作ろうと。

「けっして はなればなれに ならないこと」
「みんな 持ち場を 守ること」

そう スイミーは 仲間の魚たちに教えます。

みんなの気持ちがひとつになり、
大きな魚のように 泳げるようになったとき、
スイミーが言います。

「ぼくが 目になろう」

黒いスイミーだからこそ
目になることができました。

力を合わせ 大きな魚を
撃退しました。

私は この物語を読み、
個人的なサインとしてみれば、
大きな魚は 自分の中に潜む闇、
恐れなのかな と感じました。

みんなで立ち向かうということは、

TRUIMPH トライアンフ
のカードの解説にあるように
困難に一人で立ち向かわなくともよいことを
示唆していると

1匹だけ からす貝より 黒い
スイミーからは、
ありのままでよいことを

それを(ありのまま)認めず 隠せば
(心の)目はいつまでも 見えず
進むべき方向性も
見失ってしまう

そんなメッセージを感じました

実は 私自身も このブログに書いているような
部分を隠して生きています。

いや 少しは さらしてるかな ⁉︎

うちのら子供が 人目を気にするそぶりを見せるたび、
私のせいじゃないかな とすら 感じます。

一気には 無理でも

私自身も そんな部分を克服していけたら、
と そう 思います (´∀︎`)/











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SHADOW | トップ | 今日の数字 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。