まったり無職の親父のブログ

脳出血を経験してスピリチャルに目覚めたオッさんのブログ

ピンチを乗り越えると苦難困難との闘いが(>人<;)

2017年05月12日 10時04分21秒 | スピリチュアル
二階級降職は辛いものがあります。
支店長となると私の居場所はますますなく元同僚エリアマネージャーが上司、元部下が同僚となったり(>人<;)ゼネラルエレクトリックには役職手当というものがなく年俸。部長から支店長となり資格給がダウンしたのですが年俸は800万円ほどに賞与がプラスされますから経済的には大きな影響はありませんでしたが、これが、その後の苦難へとなるのでした。その時期は意外と早く関西に戻り一年後。消費者金融業界は過払い返還請求により利益が出なくなり、あの大手武富士さえも倒産。そんな渦の中支店長としては人件費が最も高い私は、いの一番にリストラのターゲットとなりました。
平成19年四月。私は希望退職にサインをし6月。24年勤めた会社を去りました。
退職金で住宅ローンを完済したものの就活生活。
辞めた会社の支援する就職支援会社への登録、ハローワーク、管理職専門の就職支援をするのが谷町四丁目にあると聞いて、そこでも登録。
転職は意外とスムーズに辞めた2ヶ月後には新しい勤務先へ就職出来ました。
リストラの経験は私の人生では大きな衝撃でしたが本当の苦労はこれからなのです。
仕事に家族の事、そして自分の病(>人<;)
魂を本当に磨くトレーニングは、ここから。
リストラは、単に、その準備。


思えば、平成16年に元上司から東京に部長という海老を吊るされ試されたのかも知れません。
もし?東京に行かず大阪にいたら。どあなっていたかなぁ。それはそれで苦難困難はあったと思います。
問題は東京に行って環境の変化から逃げたから、その逃げた借金に利息をつけての返済がきた?
私の人生の岐路ほ思い起こせば3回?大きな分かれ道があったのかも。
東京へ行くか行かないか?この分かれ道。
私の能力、器、感性があれば東京でも成功できたはず。選択は間違ってないわけです。
部長から更に上をいけるかも?という。チャンス。私が未熟さゆえの結果でした
そして多くの方々にご迷惑をかけたのです。
この『逃げ』の返済は大きかったぁ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ストップ安。・°°・(>_<)・... | トップ | 悟りって(^。^) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スピリチュアル」カテゴリの最新記事