まったり無職の親父のブログ

脳出血を経験してスピリチャルに目覚めたオッさんのブログ

利己的から利他的を感じたら幸せのスタート(^^)

2016年10月18日 09時20分43秒 | スピリチュアル
幸せとは?最近、よく思うのです(^^)昔、若い頃。そうですね。20歳.30歳代までは高級車に乗ること、ブランド品を持つこと、美人な彼女を持つこと美味しい物を食べることなどなど(^^)それは、それで幸せなのかも知れませんが幸せとは必要な物が必要なだけあること。それはお金も同じ。三食ご飯が食べられ、たとえ小さくとも家が持てれば、ブランドに拘らず、グルメにならずとも健康であれば。と。以前にも言いましたが、あるサイトで『欲しい』という欲から解放されたときが幸せなのだと(^^)今、私は仕事も出来ない、半身麻痺、高次脳障害ですが少しづつ幸せを感じ始めています。こうして生きていること自体に。サラリーマン時代、仕事上で小さな小競り合いや出世に絡む人間関係、中には不正や不倫をしてる人達、地位を利用して振る舞う人達、社会の荒んだ空気にドップリ。それはそれは、知らず知らず私も染まって行ったのだと(>_<)でも。その経験があったからこそ今の幸せが感じられるのだとも思います。日本がバプル全盛のころ、私は20代後半から30超えたところ。その頃、世間はバブル景気に踊っていましたが私は離婚に小豆相場で大借金、車も売り実家に居候でしたから逆にバブルに無関係で良かったのかも。私の個人的生活は一旦、破綻しましたから。そこから這い上がるのは借金さえ返せばやり直しは難しくありません。仕事は順調でしたしね。でも一旦、失うものを失うと取り戻そうと欲の皮は更に厚くなっていきました。そのため周囲に目を向けず自分しか見なくなっていったのです。ここで目覚めるタイミングだったはず。私は神様から与えられた問題集で間違った選択をしたのだと今、思うのです。この頃から高校時代や中学時代の友達と疎遠になり本当に兄のように親しくしてくれた方が亡くなり、私は心を許せる友人を失っていたのです。それにも気づかない私は大バカ者。でも神様は見放さないでいてくれました。今の妻との出会いです。離婚経験を振り返り私は妻を尊重する夫に徹しました。私は前妻の容姿に惚れたのであって愛してなかったんだと今の妻との生活をしていくに連れてわかってきたのです。『愛』をわかってなかったです。だから自分だけを愛して、自己中心になり自分が可愛いから少しでもよく見せたいとする行動や言動が周囲には痛々しく、私の近くには居たくなかったのでしょう。人は急に目覚めることは出来ないと。今の妻と結婚し少しづつ無意識に心の中へ何かが入り込んでたのかも知れません。そして脳卒中!私が病気を受け入れる器は結婚生活20年の間に妻がコツコツと作ってくれたお陰です。病気になり3年半。漸く生きる事とは?の入口に立てたような気がします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 俺は幼い魂なんだと思うので... | トップ | 運命の3人の女性(^^)前妻は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。