まったり無職の親父のブログ

脳出血を経験してスピリチャルに目覚めたオッさんのブログ

人は断崖絶壁まで追い詰められたら本質が出る??(-_-)

2017年07月14日 10時45分28秒 | 裁判
私達家族は現在、二つの係争問題を抱えています。一つは会社を相手取り安全配慮義務違反と不法行為として損害賠償請求訴訟。もうは一つは家庭裁判所を介し妻が義兄に対し母の扶養申立調停です。二つの係争は普通の方なら大きなストレスになるかも知れません。でも?(^-^)私は過去の仕事である消費者金融や家賃取り立てなどで多くのお客様からメンタル面は鍛えて頂いたお陰でストレスはなく、むしろ負ける気しないためワクワク状態(^-^)係争そのものにはストレスはありませんが、義兄夫婦にしろ会社代表者にしろ人の面裏をシッカリ見てしまった事に対して人とは、こういうものなんだなぁ。もちろん全ての人ではありません。裁判所を通じ弁護士を間に入れないと話し合いができない人種(-_-)芸能界でも今は俳優のFさんと妻のMさん。俳優のFさんは沈黙をスタンスとしてますが、沈黙する気持ちがなんとなくわかるような。対してMさんの行動は正直なところ異常としか私は思えません。仮にFさんが不倫をしていたとしても、動画を配信しパスポートまで奪う行為は、それはそれで人として???(-_-)
女優の川島なおみさんが亡くなられた直後のMさんの言動を私はテレビで見て聞いたとき、驚きしかありません。亡くなられたのに。川島さんのご主人の気持ちも考えず自分のことしか見えてないMさん。そりゃ俳優のFさんも流石に我慢がならなかったのでしょう。仮に川島さんと不倫関係にあったとしても、言っていい事ではないと思いますし、不倫してなければMさんの行いは大きな罪ではないか。と。こんな行動や言動をする人と普通に話し合いができるわけでもなく、今、Mさんの挑発にのって何か言おうもんなら、火に油を注ぐことにもなる事でしょうね。だから沈黙(-_-)
話は逸れましたが私達夫婦も2つの係争問題がありますが特に義兄夫婦とは一度は話し合いを2年前に求めましたが拒否され、その後、家庭裁判所を通じて数回の調停を行なっていますが、調停委員も義兄の言動に頭を抱える始末でした。義兄の妻から裁判所へ提出された陳述書も唖然となる文面でしたし、そもそも何故?義兄の嫁が陳述書を提出するの?義兄自身が提出するならまだしも、日本という国はアメリカと違い訴訟は避ける国民性で、訴訟したら反対に訴えた方が悪いような目で見られることが少なくありません。『何も裁判までしなくても。そんなにお金が欲しいの?』と。違うのです。中には、そんな方もいるかも知れません。でも電通の高橋まつりさんのご両親やワタミで娘さんを失ったご両親はお金なんかではありません。無念を晴らしたい。ホントは会社へ殴り込んで社長を殺したいくらいの気持ちではないでしょうか。それが出来ないから裁判で裁いてもらうしか無念を晴らすことは出来ないのです。
今の義兄夫婦や会社の代表者には自分達の非を全く認めることもなく反対に私達夫婦を責めています。会社も私の過失、生活習慣の問題と言い切り私の過失が90%とまで決めつけました。交通事故なら任意も少なくないと思います。交通事故は加害者としてハッキリしてるから。交通事故はたとえ赤信号で渡っていたからといって歩行者を跳ねても加害者は責任追及されます。でも労災は少し違うのです。私が脳出血を起こしたのは荷重労働だと責任を追及しても会社は決して相手にしてくれません。裁判しかないのです。私の担当弁護士は言ってました。労災は交通事故と同じですよ。と。話は逸れましてが係争問題を2つ抱えて分かったことは人は中々、非を認めないし逃げまくるんだなぁ。と。全ての人ではありませんが、人の本質って断崖絶壁に立たされた時に分かるものなんだと思う今日この頃です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長女の気づき(^-^) | トップ | とにかく眠たい(( _ _ ))..zzzZZ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。