まったり無職の親父のブログ

脳出血を経験してスピリチャルに目覚めたオッさんのブログ

徒然なるままに(^。^)言葉は大切に

2017年05月15日 08時50分30秒 | スピリチュアル
昔の私は頭に浮かんだ事をすぐ言葉にしていました(>_<)
普段の雑談はもちろん会議やミーティングでも。
これってよくありませんね。
周りの事を全く考えていない。
会議などでは自分の意見が正しい!からの切り口で話すんです(>_<)
もちろん自信あってのことなので口調も強く時は威圧的であったのだと。
今、振り返ると周りは迷惑だったと思います。
会社でのポジションが上がるにつれ。
本当、傲慢、自己中心性が強い性格でした。
病は、そんな私にお灸としてやってきたのです。

病に倒れ月日の経過とともに
頭に言葉や思いが浮かんでも一旦、停止。
『これを言ったら相手はどう?思うか?周りの空気は重たくならないか?これを言われたら自分ならどう思うか?どんな言葉が返ってくるか?』
人を傷つけないか?
こんな事を短い時間で判断し言葉に出すか出さないかを判断します。
あまりに時間がかかるときは言いません。

すると結構、言わないのです。
そうかぁ。病になる前、俺は言わなくていいような事をたくさん言ってきたんだなぁ。
それで周りの人を傷つけたり空気を重くしたりしていたんだ。
幾ら正論であっても。です。
いや正論だからこそ言わなくて良い事、言わなくて良い場面でもあったのです。

今、妻や娘達との会話でもブレーキは自然とかかります。
すると、ポジティブな言葉が多くなってきたから不思議です。
言葉をポジティブに発すると家の中が明るく空気も澄んでくるのが分かります。
たまに愚痴ぽくなると?
妻も娘も話題を変えます。
ありがたい。
最近、次女がよく笑うようになってます。
愚痴や不満を言うのが減りました。

言葉の大切さを改めて感じる今日この頃です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心のワックス磨きは規則正し... | トップ | 認知症の始まりを振り返る(>_<) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。