恵利のLife is.

タレント市川恵利の日々を綴っていきます。
気軽にコメントくださいね☆彡

イスラエル滞在日記 2017-17 世界遺産マサダ遺跡パート2

2017-03-15 15:34:19 | 日記
前回見られなかった…見るのを忘れたマサダ遺跡の西の宮殿。

人生のうちでイスラエルにもう一回来られる保証もないので、行って来ました!!

ロープウェイに乗って

気温も前回と変わらない暖かさ。

死海に入った後だから、髪の毛にところどころ塩がついてる笑

とにかく写真をたくさん撮ったので、お見せします!

結構急な階段を降りたりします



これが宮殿です

右手が降りて来た階段です





いろんな角度から撮影してみました。
きっとここで謁見とかしてたんだろうな…





このタイル貼りは当時のものだそうです。



時が経ち多少の色褪せはあるかもしれません。それでもこれが保存されていることが本当にすごいと思います。

地下へと続く階段がありますが、立ち入り禁止。もしかしたら私たちの足元にも地下通路があるのかも…

前回の記事でイスラエル軍の入隊式がここで行われる、と書いたかと思います。
No more Masada
イスラエルではいろんなことを考えさせられました。
日本に原爆が落ちてたくさんの犠牲者が出たこと。そのことから日本は核を持たない国。でも日本が攻められたら誰が守ってくれるの?
戦わないのはいいことです。でも日本人が戦いたくなくても、攻めてくる国はあります。現に今、日本の海にミサイルが飛んで来ていますよね。イスラエルでさえ迎撃率90%台。じゃあ日本は?そもそも迎撃出来るの?
そんなことを考えてしまいました。

私は極端な愛国者でもないし、好戦的な性格でもありません。
日本は平和でいい国だと思います。
でも、いつまでもこの幸せが、平和が続くのか…一度考え直さなくてはいけないのかなと思ってしまいました。

ちょっと重くなっちゃいましたね^_^
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フォーチュンミート杯ボーリ... | トップ | My best friends »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
乾いた大地 (Panda Rosso)
2017-03-16 00:52:47
こういった遺跡の紹介を見る度に,太古にこんな施設を自然の地から作り出したことに驚きを覚えます。
写真からも乾いた空気が感じられ,長い時間を経てもここに在り続ける存在感が大きい。
それを実際に体感できてよかったですね。
そして,それを教えてくれてありがとう。

人間の歴史の中では長い時間なんだろうけど,地球の歴史の中では刹那なものなんだろうと思います。
そんなちっぽけな人間の諍いはやっぱり愚かななものなんだろう。
その愚かさに翻弄されるのも人間の業なのかも。
意外にも日本の迎撃率は高いです。
むしろ心配すべきは人による侵略なのかもと思ってます。
いろいろあるでしょうが,ひとつ言えることは,考えることを放棄しないということです。
体験して,それを素地として思考をしていきたいですね。
映画の世界ですね。 (プーさん大好き)
2017-03-21 21:49:31
スターウオーズやインデイジョーンズの世界ですね。戦争問題はいつになれば終わりが来るのでしょうかね?永遠?そうはならないようにと思うのですが・・・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。