【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「レスラー」:堀江団地バス停付近の会話

2009-06-13 | ★亀29系統(なぎさニュータウン~亀戸駅)

あーあ、この歩道橋から飛び降りてしまいたい気分だぜ。
なに、情けないこと、言ってるの、いい年した男が。
どうせ、俺は、ボロボロのクズさ。
そんな「レスラー」のミッキー・ロークみたいなこと、言わないの。
“ボロボロのクズ”なんて、ブイブイ、フェロモン出してた若い頃のミッキー・ロークが言えば、色男のかっこつけにも思えるんだけど、いまのブヨブヨ顔のミッキー・ロークが言うと、とてもひとごととは思えないんだよ。
時の流れは残酷というか、昔の面影がどこにもないもんね。
俺も昔は、葛飾のミッキー・ロークと呼ばれてたんだけどな。
うっそー。せいぜい、ミッキー・マウスのなれの果てじゃない。
って、どんな顔だよ。
チューもしたくない。
悪かったな。
でも、人生の艱難辛苦が体中から滲み出ているところだけは、いまのミッキー・ロークに似ているかも。
「レスラー」のミッキー・ロークは、最初に登場する背中からしてすでに、うらぶれた感をビンビンに発している。
役柄が、かつては栄光の座にありながらいまは落ちぶれた場末のプロレスラー役だからね。どうしたって、実際の役者人生と重ね合わせて観てしまう。
ボロボロのクズと呼ばれた男が、男であることをリングで証明する映画といえば、「ロッキー」を思い出してしまうんだけど、あれは、これから頂点をめざす若者の話だから感動できたんだよな。あの高揚感を感じさせるには、頂点を過ぎたレスラーはどうしたって年をとりすぎている。
ミッキーは、ロッキーにはなれない。
かつての栄光を追うという意味では、むしろ、「ロッキー・ザ・ファイナル」に近い。
だけど、「ロッキー・ザ・ファイナル」は功なり名遂げた男の話だからね。
それにひきかえ、「レスラー」のミッキーは家賃も払えず追い払われるくらい過去の栄光とは無縁の男。
ひとごととは思えない?
思えない、思えない。
でも、あなたには過去の栄光もないけどね。
悪かったな×2。
結局、彼は自分の死に場所を求めていくように見える。
グラン・トリノ」のクリント・イーストウッドが死に場所を求めていくようにな。
うん、自分の人生にどういう決着をつけるか。だんだん、そんな崇高な雰囲気が漂い始めて、案外奥の深い映画になっていく。
そう、若者の高揚感はないけど、年寄りの崇高感はある。それはそれで心にグッとくる。
そんな男の磁場に引かれるように、踊り子のマリサ・トメイが心を通わせていく。
「ロッキー」のエイドリアンみたいに。
かなり老けたエイドリアンだけどね。
でも、その熟女の生活感がたまらなくチャーミングなんだ。
多くは語られないけど、彼女もきっと人生の辛酸をなめてきたんでしょうね。
それを自然な仕草で感じさせて、マリサ・トメイもミッキー・ロークに匹敵するくらいいい仕事をしている。
凄残な人生を歩いてきた者同士だからわかりあえるような情感が漂っていて、「ロッキー」のカップルでは醸し出せない後味が残る。
まるで俺たちみたいに。
私は別にそんな凄残な人生は送ってきてないけど。
そんなことはないだろう。目じりのしわを見てみろよ。
あーあ、あなた、やっぱりここから飛び降りちゃったら?




この記事、まあまあかなと思ったら、クリックをお願いします。



ふたりが乗ったのは、都バス<亀29系統>
なぎさニュータウン⇒南葛西小学校前⇒堀江団地⇒堀江団地入口⇒葛西南高校前⇒新田⇒第四葛西小学校前⇒葛西駅通り⇒中葛西五丁目⇒西葛西六丁目⇒西葛西駅前⇒スポーツセンター前⇒宇喜田⇒葛西橋東詰⇒東砂六丁目⇒旧葛西橋⇒東砂四丁目⇒亀高橋⇒北砂四丁目⇒境川⇒北砂二丁目⇒北砂三丁目⇒大島一丁目⇒西大島駅前⇒五ノ橋⇒亀戸駅通り⇒亀戸駅前




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ウルトラミラクルラブスト... | トップ | 「マン・オン・ワイヤー」:... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なるほど~ (miyu)
2009-06-13 20:35:03
若者の高揚感ではなく年寄りの崇高感ですかぁ~。
確かにそうですよね!
観る前は「ロッキー・ザ・ファイナル」っぽいなぁ~
と思ったのですが、
再挑戦するものと、やり続けそこで死ぬことを決意した
男ではその気持ちの重さが違いましたね。
目じりのシワ。。。 (rose_chocolat)
2009-06-13 22:17:33
ミッキー・ロークもマリサ・トメイも、目じりのシワあったけど(笑)、それがたまんなく好きです~。
Unknown (タニプロ)
2009-06-14 03:04:31
マリサ・トメイは二年連続で美しい裸体を披露してくれて、ホント感謝。

観て帰宅したら、三沢選手の訃報を聞き・・・不謹慎に聞こえるかもしれませんが、「レスラー」公開のタイミングとは。プロレスって本当に過酷なんですね。ご冥福をお祈りします。

■miyuさんへ (ジョー)
2009-06-14 16:26:24
決意!
そこで終わっているところが潔い!
「ハゲタカ」のときにも話しましたが、
物語は終わっているのに
ものほしそうに後日談をくっつけた
ふやけた映画がいかに多いことか。
少しはこういう映画の終わり方を勉強してほしいと
思いました。
■rose_chocolatさんへ (ジョー)
2009-06-14 16:31:43
目じりのしわは女の勲章ですよね。
(もちろんものには限度というものが
ありますが・・・)
ミッキー・ロークは体中が男の勲章でしたね。
痛々しくも、これまでの人生が滲み出ていました。
■タニプロさんへ (ジョー)
2009-06-14 16:37:38
レスラーっていかに過酷な職業か、
痛感させられる映画でした。
でも、その魔力を知ってしまうと、
やはりスーパーの店員に転職なんて
できないんでしょうね。
ミッキー・ロークが熱演するほど、
悲しい“さが”を感じさせて、心がゆすぶられました。
ほんもののボロボロ (ぺろんぱ)
2009-06-14 19:33:29
こんばんは。

『重力ピエロ』へのTB、ありがとうございました。
私も本作『レスラー』を観て来ました。

痛いほどに孤独で、「これしか生きる術がない」っていうランディにロークが重なりました。
ならば死に場所も・・・ということなのでしょうね。
あの“ボロボロ”は半端なボロボロじゃなかったです。
女性二人との関わりに於いて、最後まで互いに重なり切れなかったというのも「人生はかくも過酷」という感じを漂わせていたと思いました。




■ぺろんぱさんへ (ジョー)
2009-06-14 21:27:21
痛いほど孤独・・・。
ほんとにそうですね。心の痛みが肉体の痛みに重なって、
目をそむけたいほどでした。
けれど、あの最後の表情。
絶望という名の希望を見たようで映画史に残る名シーンになりました。
自分の場所 (de-nory)
2009-07-06 07:10:46
自分の場所を求めつづけてるのは、誰しもなのかな。
だから、こういう作品に感銘を受けるのかもしれない。

■de-noryさんへ (ジョー)
2009-07-08 21:48:43
そうですね、自分の場所を探し続ける、それこそ人生そのものですね。
荒っぽいつくりのところもありますが、
根は普遍的な映画ってことでしょう。
TBありがとうございました。 (sakurai)
2009-07-30 08:59:58
若かりし頃、ミッキー・ロークのかっこよさにやられた口でしたので、一層感慨が深いです。
嫌味なほどにかっこよかったですからね。
どんだけ安住な外の世界でも、男にとってはそこは生きる場所じゃない・・というとこがあるんですよね。
男と女は違うとは言いたくないのですが、ああいう生き方は女にはできない。
パムは、まず母でしたもんね。
そんな不器用に生きる男がたまらなくいとおしかったです。
■sakuraiさんへ (ジョー)
2009-08-01 18:55:02
そうですか、
若かりしころのミッキー・ロークに
やられたクチですか・・・
って嫉妬してどうする。
でも、こういう映画を観ると、
男はやっぱり傷ついてナンボだよなあ、と
思うのでした。
ミッキーローク 不器用な男を演じるのに とっても似合う俳優です。 (zebra)
2011-09-21 14:01:27
はじめまして 
レスラー人生もピークを過ぎ、娘とは絶縁状態、ステロイドの影響で心臓は弱っているありさまの中年レスラー ランディー。

せっかく 親子関係を修復するチャンスだったのに娘さんとの約束すっぽかすのは さすがにマズイよ~(´Ц`)

 マリサ演じるストリッパーのキャシディのトップレスにTバック姿で踊る姿はとってもキレイでしたよ。自分には「この場所しかない」不器用な生き方しかできないランディーは やはり 悲しい男です。
あっ、そうそう・・・同じミッキー・ロークの主演の「ホーム・ボーイ」という'88年の映画 知ってますか?

 こちらは、ロークが アメリカ各地を渡り歩く流れ者ボクサーのジョニー役です。元妻のデボラ・フューアーと共演しています

 これ以上説明するとネタバレになりますので 省略しますが レスラーのランディーとはまた違った男の不器用さを「ホーム・ボーイ」のジョニーは持っています。

 「レスラー」と「ホーム・ボーイ」 ともにミッキー・ロークの主演で、ふたりの不器用な男が主人公 ランディーとジョニー

 ふたつの作品を比べながら見るのも 悪くないですよ

■zebraさんへ (ジョー)
2011-09-23 16:26:20
そういえば「ホーム・ボーイ」という映画もあったような・・・。20年前のミッキー・ロークってまだかっこいいころでしょうか?チェックしなければいけませんね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
レスラー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生は過酷である、ゆえに美しい。』  コチラの「レスラー」は、80年代に人気を博したスター時代から人生のどん底をなめた主演のミッキー・ロークが、自身の人生とオーバーラップするような老レスラーを演じ話題となり、全世界の映画賞54冠に輝いた6/13公開のR-15...
『レスラー』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:THEWRESTLER監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド試写会場 : ヤクルトホール公式サイトはこちら。<Story>“ザ・ラム”のニックネームで知られ、かつては人気を極めたものの今では落ち目....
レスラー (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
     = 『レスラー』  (2008) = 金、家族、名声を失った落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。 ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、レスラー生命を絶たれてしまう。 ストリッパーのキャシディ(マリサ・トメイ)にもフ...
映画『レスラー』 (健康への長い道)
久々の土日連休。昨日は起きたら14:00過ぎ。12時間以上眠った計算になります。でも、夜12:00には睡魔に襲われ就寝。今日は11:00に起床。一体、何時間寝たら気が済むんだか・・・蓮。 さて、ヴェネチア国際映画祭金獅子賞、主演のミッキー・ロークと相手役...
The Wrestler (2008) (犬連れ国際結婚)
ハズと映画館でプレビューを観てから、 『絶対、観ようね!』 と言っていた映画が、『The Wrestler』だった。ゴールデン・グローブで、Mickey Rourke(ミッキー・ローク)が、主演男優賞を取って、ステキなスピーチをして(興味のある方は、M...
[映画『レスラー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆ミッキー・ロークは、私にとって、非常に思い入れのある役者であった。  若い多感な頃に、『ランブル・フィッシュ』や『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』を見せられたら、誰でも憧れるはずだ。  私は、ミッキー特有の、あの口を狭めて、その両端をクィッと上げる表情を...
[映画☆☆☆☆]レスラー(とは関係のない話が多い) (タニプロダクション~武士道サーティー~)
正直に言ってしまうと、ミッキー・ロークにもそんなに思い入れが無いし、あの時代のロックミュージックにも思い入れが無いし、プロレスもそんなに見ないけど、凄く良い映画でした。 でも、これは凄いよく覚えてます。 パッション [DVD] 出版社/メーカー: 東宝 発売日: 20...
レスラー (アートの片隅で)
ブログパーツならブログデコ!! ミッキー・ローク頑張ってました! まぁそれだけの映画ですかねぇ、、、、 あっ、相手役のマリサ・トメイもおっぱい出して頑張ってました。 化粧が濃いとおばさんで、ナチュラルメイクの方が若く見えましたけどね(笑) ミッキー・ロー...
レスラー (映画君の毎日)
●ストーリー●かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、レスラー生命を絶たれてしまう。家族とはうまくいかずストリッパーのキャシディ(マリサ・トメイ)にも振られ、孤...
*レスラー* (Cartouche)
{{{   ***STORY***           2008年  アメリカ “ザ・ラム”のニックネームで知られ、かつては人気を極めたものの今では落ち目でドサ廻りの興業に出場しているレスラー、ランディは、ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、...
「レスラー」祝!ミッキー・ローク完全復活!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ミッキー・ローク] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年5月20日13:50 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  ミッキー・ローク完全復活!“第66回ゴールデン・グローブ賞主演男優賞受賞”“第65回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞”ほ...
ここでしか生きられない~『レスラー』 (真紅のthinkingdays)
 THE WRESTLER  80年代に栄華を誇り、今は落ちぶれたトレイラーパーク暮らしのプロレスラー、 ランディ”ザ・ラム”ロビンソン(ミッキー...
それでも闘う理由がある。『レスラー』 (水曜日のシネマ日記)
20年間現役を続けるひとりのプロレスラーの物語です。
★「レスラー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その1本目。 スポーツ新聞の一面がここ連日、プロレスラー三沢光晴さんの死亡を伝えてるけど、 この作品にも注目が集まりそう・・・
「レスラー」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
華やかなスポットライトの先に待ち受ける世界。プロレスラーは年齢を相当に重ねてもできてしまう商売である。だから大概は、本作の主人公ランディのようにリングに上り続ける。老いの恐怖と焦りはおそらく誰もが感じていることだろう。子供のころ見ていた全日本プロレス中...
「レスラー」 (古今東西座)
この『レスラー』を観てから記事にするまで少し時間が経ってしまっている。実は現役プロレスラーの三沢光晴選手が試合中に亡くなった翌日に鑑賞した。別に彼の死に影響されてこの作品を観ることにした訳ではなく、最初からこの日に予定していたのであった。かつては大人気...
THE WRESTLER 《レスラー》 (銅版画制作の日々)
ミッキー・ローク、復活! 人生は過酷である、ゆえに美しい。 6月19日、京都シネマにて鑑賞。ミッキー・ロークの久々の主演作品「レスラー」です。アメリカ本国での配給さえ決まっていなかった無名の低予算映画だったそうで。それが、2008年のヴェネチア国際映画...
「レスラー」 (或る日の出来事)
主役は、最盛期を過ぎてもプロレスラーとして生きることを選んだ男。 演じるミッキー・ロークの人生に重なるような役柄だったのが大成功。
【映画】レスラー (新!やさぐれ日記)
▼動機 予告編を見て名作だと確信した ▼感想 凄い! ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、レスラー生命を絶...
『レスラー』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
惜しくもアカデミー主演男優賞受賞は逃したとはいえ、久々に主演作が話題になったミッキー・ロークの主演最新作『レスラー』を観ました。 ******************** ミッキー・ロークが、かつて栄光のスポットライトを浴びた人気プロレスラーの孤独な後半生を、自らの波...
レスラー (墨映画(BOKUEIGA))
映画館でチラシはよくもらってくる。 映画の印象をつける大切な宣伝GOODSだと思う。 映画を観終わった後も、チラシの印象を上手く残している作品は少ないように感じる。 しかし、この作品は非常にチラシで受けた印象と観終わった後の印象が近く、いい作品だったと思...
レスラー (to Heart)
人生は過酷である、ゆえに美しい。 原題 THE WRESTLER 製作年度 2008年 上映時間 109分 映倫 R-15 監督 ダーレン・アロノフスキー 主題歌 ブルース・スプリングスティーン 出演 ミッキー・ローク/マリサ・トメイ/エヴァン・レイチェル・ウッド/マーク・マーゴリス ミ...
レスラー (迷宮映画館)
泣いた・・・・・。
映画「レスラー」 (おそらく見聞録)
監督:ダーレン・アロノフスキー(π パイの監督) 出演:ミッキー・ローク(神)マリサ・トメイ(いい女過ぎます)マーク・マーゴリス  出演:エヴァン・レイチェル・ウッド トッド・バリー ウェス・スティーヴンス  落ちぶれた、かつての人気レスラーの孤...
「レスラー」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
男の生き様と哀愁がひしひしと・・
「レスラー」(THE WRESTLER) (シネマ・ワンダーランド)
「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」「ナイン・ハーフ」「エンゼル・ハート」などの作品に出演し、主に80年代に活躍した米俳優、ミッキー・ローク主演のヒューマン・ドラマ「レスラー」(2008年、米、109分、ダーレン・アロノフスキー監督、R-15指定)。この映画...
mini review 10443「レスラー」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
自らの生き様を貫き通す中年プロレスラー役がミッキー・ロークのはまり役となり、数々の映画賞に輝いたエネルギッシュで感動的な人間ドラマ。監督は『π』『ファウンテン 永遠つづく愛』のダーレン・アロノフスキー。主人公の一人娘には『アクロス・ザ・ユニバース』のエ...