【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「サイドカーに犬」:森下五丁目バス停付近の会話

2007-07-04 | ★東20系統(東京駅~錦糸町駅)

ここの高校は、自動車学科もあるんだって。
じゃあ、ここを卒業すればサイドカーとかつくれるかな。俺のバイクにもサイドカーをつけたいんだけど。
うーん、それはどうかな。
でも、「サイドカーに犬」みたいな映画を観ると、誰だってサイドカー付きのバイクを運転してみたくなっちゃうよな。
私は、バイクの運転じゃなくて、サイドカーのほうに乗ってみたくなっちゃったな。
父親とその彼女がバイクに乗り、小学四年生の娘がサイドカーに乗って夜を疾走するシーンを思い出してるんだろ?ただ走っているだけなのに、なんともいえない幸福感がじわじわと押し寄せてきて、ああ、あんな気分の夏の夜もいつかあったなあと誰もが思い起こすような名シーンだった。
別にサイドカーの思い出じゃなくても、花火大会に行ったとか、みんなで木に登ったとか、なにかいちばん幸福だった夏休みの時間を思い出させるような匂いがするのよね。
そうそう。そのときの甘酸っぱい匂いを思い出させてくれるんだよ。
母親が夜逃げした家にふらりとやってきた女性と小学四年生の少女を中心としたひと夏の物語なんだけど、映画を観終わったあとは、ひゅんと心に沁みる小説を読み終わったような気分だったわ。
途中で海が出てくるからってわけじゃないけど、たとえば吉本ばななの「海のふた」を読んでるような感じだったな。
ていうか、長嶋有の原作小説の映画化だから、小説っぽいのは当然かもしれないけど。
いやいや、質のいい小説のような端正な映画をつくれる監督は、日本ではいまや根岸吉太郎しかいないかもしれない。
雪に願うこと」も、しんと心に沁みるいい映画だったもんね。
雪に願うこと」て、今年の1月1日に話題にしてるんだぜ、俺たち。
それだけの価値があるってことね、根岸吉太郎監督には。
ドラマチックなできごとが起きるわけじゃなくても、人間の感情に寄り添った丁寧な絵づくりをするから、映画がこちらの気持ちの中にすっと入りこんで来る。人の息遣いを感じさせる、日本映画のいちばん上質な部分をすくいとったような、いまどき貴重な映画だ。
出演者もよかったわ。竹内結子に、古田新太。少女役の松本花奈。
竹内結子なんて、やせたのかやつれたのかしらないが、頬に影ができるようになって、ただ健康的なだけじゃなく胸の奥に何か抱えている女性を表現できるようになった。すごい進歩だ。これまででいちばん魅力的なんじゃないか。
彼女を受け止める男が古田新太というのがまたおもしろい。優柔不断な男を自然体で演じていて素晴らしかったわ。
そして、あの少女、松本花奈。乱暴なんだか優しいんだかわからないけど、とにかく今まで見たこともないような女性が家にやってきて、戸惑いながらも引かれて行く行儀のいい少女を実に愛しく演じていた。
基本的に彼女の視線で語ったのが大きな勝因ね。夏休みのできごとというカッコをつけることで、彼女にとっても観客にとっても忘れられない物語になった。
彼女の20年後を演じるのがミムラ。
竹内結子と同じくらいの年齢になった少女が出ることでいっそう物語に奥行きが出たわね。
超大作とか話題作もいいけど、ほんとはこういう映画が日本映画を支えるアベレージになってくれると心強いんだけどなあ。
そうようねえ。ストーリーのために人が動いているんじゃなくて、人の心の動きにそってストーリーが進んでいくような映画。
残念だけど、実はあんまりないんだよなあ、そういう日本映画って。
サイドカーに犬が乗ってるのと同じくらい珍しいわよね。
でも、サイドカーに犬が乗ってりゃ絶対注目するよな。それと同じくらい注目されていい映画なんだけどなあ。


ブログランキング参加中。クリックをぜひひとつ。

森下五丁目バス停



ふたりが乗ったのは、都バス<東20系統>
東京駅丸の内北口⇒呉服橋⇒日本橋⇒兜町⇒茅場町⇒新川一丁目⇒永代橋⇒佐賀一丁目⇒永代二丁目⇒門前仲町⇒不動尊前⇒富岡一丁目⇒木場二丁目⇒木場駅前⇒木場三丁目⇒木場四丁目⇒東京都現代美術館前⇒白河⇒森下五丁目⇒菊川駅前⇒菊川三丁目⇒住吉一丁目⇒住吉駅前⇒毛利二丁目⇒錦糸堀⇒錦糸町駅前







『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「善き人のためのソナタ」:... | トップ | 「腑抜けども、悲しみの愛を... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ここはもしや… (八ちゃん)
2007-07-04 22:04:18
墨○工業?
春、雨の中、ピッチングマシーンを届けた。重かった…
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-07-06 23:55:00
■八ちゃんさんへ
正解。ここは墨○工業です。でも、どうして○にしなくちゃいけないんですか。なにか問題でも?
こんにちは♪ (こーいち)
2007-07-08 15:53:06
余韻の素敵な作品でしたね。
>ひゅんと心に沁みる小説を読み終わったような気分
っていうのもすごくよく分かりますw
ちょっと時代は違うのですが僕も自分の子供の頃を
思い出しました☆
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-07-08 18:17:51
■こーいちさんへ
余韻をつくっているのはやはりあの絵日記の絵でしょうか。これから観る人は、ラストまで席をたたないでほしいですよね。
こんにちは♪ (ミチ)
2007-07-24 09:30:43
TBありがとうございました!
この映画、母親の立場から見ると、結構切ないものがありました。
サイドカーといえば、真っ先に思い出すのはナチスだったりします。
ヘンかな?
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-07-27 21:47:17
■ミチさんへ
そういえば、よく考えると、あのお母さんもある意味かわいそうでしたね。結構、奥の深い映画でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
サイドカーに犬 (Kinetic Vision)
サイドカーと自転車、二つの乗り物が薫(松本花奈)にとって重要な乗り物として登場する。 小学生にとって両親の存在は絶対だから、親がふらふらしていると子供はどこに立っていたらいいのか分からない。薫はしっかりしてい
サイドカーに犬 (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
竹内結子、2年ぶりのスクリーン登場!!ヨーコさんの登場と共に、刺激的な夏休みが始まる!                               評価:★6点(10点満点) 2007年 ...
サイドカーに犬 (八ちゃんの日常空間)
犬をチャリンコのかごに乗せてる人はいるけど、サイドカーに犬を乗せてツーリングなんてかっこいいですよ!それも海岸線と並行して走る道路ですよ! やってみたいっ!
サイドカーに犬/竹内結子、松本花奈 (カノンな日々)
竹内結子さんにとっては2年ぶりになる映画出演。ワタシ的には清純なお姫さまの竹内結子さんより予告編で見せているようなはっちゃっけた威勢のいいキャラのほうが合うんじゃないかなぁと思っていたのでわりと楽しみにしていた作品です。予告編はかなりノリが良くて痛快な...
微妙な時代設定でインパクトがない。『サイドカーに犬』 (水曜日のシネマ日記)
ひとりの女性が20年前の夏休みを回想する物語です。
サイドカーに犬(07・日) (no movie no life)
自分自身をもう一度反芻する、夏。 薫(松本花奈)が小学4年生の夏休みに入った日、母が家を出て行った。代わりに、ヨーコ(竹内結子)がやってきた。性格は大雑把、豪快に笑い、涙も流すヨーコに惹かれてゆく薫。1980年代グッズ満載の映画。 最近の邦画では、メッ...
★ 『サイドカーに犬』 (映画の感想文日記)
2007年。「サイドカーに犬」フィルム・パートナーズ。   根岸吉太郎監督。長嶋有原作。  竹内結子、古田新太、松本花奈、その他出演。  ひとりの女性が、20年前のひと夏に起こった母親の家出と...
「サイドカーに犬」 (元・副会長のCinema Days)
 怪しげな中古車ディーラーを営む中年男(古田新太)の愛人となった奔放な若い女に扮する竹内結子の演技が評判らしいが、私はまったく良いとは思わない。柄にもなく蓮っ葉に振る舞い、全編これ“アタシって、こういう演技もできるのよ”といった気取った雰囲気が全開で...
サイドカーに犬 (シネマと!)
少女時代のひと夏の出来事を回想する物語。 母が家出したあと、突然やってきたヨーコさん。 神経質な母とは正反対の豪快なヨーコさんに 薫は最初は戸惑うけど、次第に惹かれていく。 「そんなことしたらお母さんに叱られる」 が口癖で、大人に気を使う薫は、 ...
「サイドカーに犬」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「サイドカーに犬」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:竹内結子、古田新太、松本花奈、谷山毅、ミムラ、鈴木砂羽、トミーズ雅、山本浩司、椎名桔平、他 *監督:根岸吉太郎 *原作:長嶋有 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログから...
『サイドカーに犬』 (映像と音は言葉にできないけれど)
竹内結子といえば、僕にはNHKの「あすか」です。そうですか、あれから8年近く経つんですね。いや....実はこの映画...微妙なタイトルで観たくなりました。
『サイドカーに犬』 (アンディの日記シネマ版)
<注意> gooブログなど本館からTBできないブログにはこちらから送っています。 TB&コメントはお手数ですが本館の記事にお願いします{/hiyo_please/} → 『サイドカーに犬』 (本館) 【監督】根岸吉太郎 【脚本】 田中晶子/真辺克彦 【原作】 長嶋有 『サイドカーに...
サイドカーに犬  つぶやいてみた 300 (ナナドはちぶ の 映画と日常のつぶやき.)
{{{'''[http://sidecar-movie.jp/ サイドカーに犬]'''}}}                                                                    ...
映画 「サイドカーに犬」 (ようこそMr.G)
映画 「サイドカーに犬」 を観ました。
「サイドカーに犬」 (古今東西座)
この映画を観る前にハタと思った。 根岸吉太郎監督の映画観るの、いったいいつ以来? ・・・『探偵物語』!? あまりにも昔に遡らなくてはならず、驚いてしまった。『狂った果実』『遠雷』『キャバレー日記』…その辺りの作品は面白かったのに、大手の会社で撮るようになっ...
映画「サイドカーに犬」を観ました!!(2007-17) (馬球1964)
映画「サイドカーに犬」を観ました!!2007年の第17作目です。
映画:サイドカーに犬 (駒吉の日記)
サイドカーに犬(シネスイッチ銀座) 「ハードボイルドなオンナだなあ、カオルは」 なんだかものすごくノスタルジックな気分に浸ってしまいました。(ちょっと「おもひでぽろぽろ」を連想)自転車に乗るのに苦労したり、コーラは歯が溶けるとか、言われたり。ヤマっ...
[ サイドカーに犬 ]好きなものを嫌いになるほうが難しい (アロハ坊主の日がな一日)
[ サイドカーに犬 ]を銀座シネスイッチで鑑賞。 人の思いを大切にするあまり自分を素直に出せない薫と自由奔放な女性、ヨーコさんとのひと夏の思い出を描いた作品です。最近、これでもかこれでもか主張する大作映画が多い中、本作は心にじわりとしみこむように伝わって...
「サイドカーに犬」 (俺の明日はどっちだ)
子供から少女に変りつつある小学4年生という絶妙な年頃の女の子が家出した母親の代わりに「ご飯を作ってもらうために」と父親が連れてきた女性と過ごしたひと夏の思い出を描いた作品。 大好きな麦チョコをカレー皿に「えさ!」と一杯盛ってくれたヨーコさん。 歯が溶け...
『サイドカーに犬』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 『サイドカーに犬』□監督 根岸吉太郎 □原作 長嶋 有(「猛スピードで母は(サイドカーに犬)」文芸春秋刊) □脚本 田中晶子、真辺克彦 □キャスト 竹内結子、吉田新太、松本花奈、ミムラ、鈴木砂羽、トミーズ雅、山本浩司、温水洋一、伊...
『サイドカーに犬』 (2007) / 日本 (NiceOne!!)
監督:根岸吉太郎出演:竹内結子、古田新太、松本花奈、ミムラ、鈴木砂羽、トミーズ雅、温水洋一、樹木希林、椎名桔平鑑賞劇場: シネスイッチ銀座<Story>不動産会社に勤める薫(ミムラ)は、ある朝ふいに1週間の有給休暇をとった。馴染みの釣堀で釣り糸をたらし....
映画 【サイドカーに犬】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「サイドカーに犬」 芥川賞作家、長嶋有のデビュー作を根岸吉太郎監督が映画化。 おはなし:不動産会社勤務の薫(ミムラ)は、ある日釣堀に出かける。彼女は少女に餌をつけてあげながら、20年前の夏休みを思い出していた。母の家出の後、ヨーコ(竹内結子)...
【2007-105】サイドカーに犬 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 母が家出してから数日、その人は突然現れた・・・ 性格 豪快、大ざっぱ、大胆、でも時々涙 あの夏、ヨーコさんが教えてくれたこと コーラと清志郎と思い切り笑うこと あの夏、私の隣にはヨーコさんがいた。
文庫好きになっちゃいました。 (⇔ライタ-タイラ⇔)
前にも少し書きましたが、 『GOETHE』の仕事で 愛読している文庫本などを 取材する機会があり、 それにつられて私自身も 文庫を読むようになりました。 GOETHE (ゲーテ) 2007年 09月号 [雑誌] ¥750 Amazon.co.jp 私がインタビューしたのは、 日本ロ...
映画「サイドカーに犬」を観た! (とんとん・にっき)
「サイドカーに犬」、原作者・長嶋有は1972年生まれ。小説「サイドカーに犬」でデビュー、文学界」2002年6月号に掲載され、第92回文学界新人賞を受賞し、2002年に「猛スピードで母は」で第126回芥川賞を受賞。この2編をあわせた「猛スピードで母は」(文藝春秋刊)は、
サイドカーに犬♪竹内結子復帰第一作 (銅版画制作の日々)
あの夏、私の隣にはヨーコさんがいた。   7月24日、京都みなみ会館にて鑑賞。竹内結子、二年ぶりのスクリーン登場となった作品だ何か一段と綺麗になった気がする。出産したとは思えないくらい、体形も崩れていないよね。だ!!   《物語》たまっていた有...
サイドカーに犬 (ネタバレ映画館)
ふと聞えてきた漫才はトミーズか?
サイドカーに犬 (2007) 94分 (極私的映画論+α)
 ひと夏の体験2 (爆)
『サイドカーに犬』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ小4の夏休みのはじめ、父と喧嘩が絶えなかった母が家を出た。その数日後に薫の家に突然やって来たヨーコさんは神経質な母親とは対照的な大らかな人。煙草をスパスパ吸い、性格はサバサバ、大らかで気が強い。感想山路ふみ子映画賞 女優賞日刊スポーツ映画大賞 ...
mini review 07278「サイドカーに犬」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
芥川賞作家、長嶋有のデビュー作を映画化した、心温まるヒューマンドラマ。『雪に願うこと』の根岸吉太郎監督が1980年代の夏を舞台に、内気な少女と破天荒な女性の心の交流を優しくつづる。2年ぶりの映画出演となる竹内結子がヒロインを好演し、さばさばした勝ち気な女性...
【DVD】サイドカーに犬 (新!やさぐれ日記)
■動機 竹内結子がメインじゃないみたいだったから ■感想 竹内結子のくせにいいじゃんこれ ■満足度 ★★★★★★☆ いいかも ■あらすじ 不動産会社勤務の薫(ミムラ)は、ある日、有給をとって釣堀に出かける。彼女は少女にエサをつけてあげながら、20年前の...