【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「大いなる陰謀」:元浅草三丁目バス停付近の会話

2008-04-19 | ★都02系統(大塚駅~錦糸町駅)

キズもヘコミも早く直さなくちゃいけないわよねえ。
ああ、特に国家レベルのキズやヘコミはな。
あれ、なに、いきなり高邁な話になってるの?
いや、「大いなる陰謀」とか観ると、そう感じるわけさ。
トム・クルーズ、メリル・ストリープ、ロバート・レッドフォードと大御所がそろったポリティカル・フィクションのことね。
泥沼化したイラク情勢を打開しようとする政治家がトム・クルーズなんだけど、そのためにアフガニスタンでまた侵攻作戦を起こそうと企む。
というか、それで自分の政治的な名声を上げようとする意図が、見え見え。
そのためには派手な軍事作戦をぶちかます以外頭にないみたいで、ほんと、アメリカ人て根っから戦争が好きだとしか思えない。
アメリカの一部の人々、って言って。
自分自身は、戦争で殺される立場にいない人たちな。
彼を取材する報道記者がメリル・ストリープなんだけど、うさんくさい作戦に異を唱えながらも、「いまやマスコミが反対しているイラク戦争も開戦当初は大賛成してたじゃないか。マスコミにだって責任がある」なんて言われると、反論のしようがない。
そのアフガニスタンへ自分の指導する学生を心ならずも志願兵として行かせる羽目になってしまった大学教授が、ロバート・レッドフォード。
ヒスパニック系とアフリカ系の学生で、生きて還ってくれば、学費が免除される。
たしかマイケル・ムーアのドキュメンタリー「華氏911」でも取り上げられていたな、イラクで殺される志願兵は、しかたなく戦争へ行った貧しい階層の若者ばかりだって。
そういう深刻なテーマなんで、ある意味、陰々滅々とならざるを得ないんだけど、トム・クルーズの政治家とメリル・ストリープの記者、ロバート・レッドフォードの教授とその学生が1対1で議論を交わしていくっていう形で話が進むから、観ていて正直肩が凝ったわ。
監督も兼ねるロバート・レッドフォードって、とにかく生真面目だから、気を抜く場面をつくらない。色気でもユーモアでもいいから、ちょっと柔らい部分を入れてくれるとまだ救われたんだけどな。
「リバー・ランズ・スルー・イット」とか「モンタナの風に抱かれて」なんていう監督作は、同じ生真面目な作風でも、大自然の美しさが前面に出ていたから、心地いい映画になったけど、密室の中で延々と議論を交わされると、ちょっときついわね。
アメリカの苦悩はシンプルな構図では描き切れないところまで来てしまったという、切実さは伝わってくるけどな。
でも、地味。大スターが三人も名前を連ねていて、こんなにも華やかさに欠ける映画なんて信じられない。アメリカっていう国は、ほんとうにドツボにはまりかけているのかしら。
しかし、アメリカ映画を観ていて感心するのは、現役の大統領とか実在の政党とか平気で出してくるところだ。「大いなる陰謀」でもトム・クルーズとブッシュ大統領が並んでいる写真が臆面もなく出てきた。日本映画で現役の首相が出てきたり、実在する政党の名前が出てきたりっていうことは、ほとんどない。
と言うか、いまの日本映画では政治的な映画って死滅しかかっているもんね。高齢者の問題でも格差社会の問題でも、映画になりそうな政治的テーマは、ゴマンとあるのに。
そういう意味では、アメリカのほうが映画の志は高いってことかもしれないな。
出来不出来は別にして、映画は政治の世界のキズやヘコミを訴えることもできるってことを忘れていないのよね。
俺の人生のキズやヘコミも直してほしいな。
うん、それはムリ。


この記事、まあまあかなと思ったら、クリックをお願いします。



ふたりが乗ったのは、都バス<都02系統>
大塚駅前⇒新大塚⇒大塚四丁目⇒大塚三丁目⇒大塚二丁目⇒大塚車庫前⇒茗荷谷駅前⇒小日向四丁目⇒小石川四丁目⇒春日二丁目⇒伝通院前⇒富坂上⇒春日駅前⇒真砂坂上⇒本郷三丁目駅前⇒湯島四丁目⇒湯島三丁目⇒上野広小路⇒御徒町駅前⇒東上野一丁目⇒新御徒町駅前⇒元浅草三丁目⇒三筋二丁目⇒寿三丁目⇒蔵前駅前⇒本所一丁目⇒石原一丁目⇒石原二丁目⇒石原三丁目⇒石原四丁目⇒太平一丁目⇒太平二丁目⇒太平三丁目⇒錦糸公園前⇒錦糸町駅前



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「うた魂♪」:新御徒町駅前バ... | トップ | 「フィクサー」:三筋二丁目... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (くろねこ)
2008-04-28 22:28:16
誰かが声を出さなきゃならない。」っていう思いだったんでしょうね。大好きなレッドフォード様の変わらぬ生真面目さにじ~んとした作品でした♪
題名のせいか、ちょっと肩透かしの気分だったんですけどね~(笑)
くろねこさんへ (ジョー)
2008-04-29 17:45:44
たしかに「大いなる陰謀」というのは大仰すぎて、映画の内容とそぐわないかもしれませんね。原題の「Lions for Lambs」のほうが意味が深くてよかったような気もしました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
大いなる陰謀 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『何のために立ち上がり、何のために戦い、 何のために生き、何のために死ぬのか──?』  コチラの「大いなる陰謀」は、4/18公開となったロバート・レッドフォード監督による感動と衝撃のヒューマン・ドラマ超大作?なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  ...
大いなる陰謀 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
豪華キャストだけど・・・どうかなぁ~【story】未来の大統領とも目される上院議員のアーヴィング(トム・クルーズ)は、テレビジャーナリストのロス(メリル・ストリープ)に最新の戦略についての情報をリークする。そのころ、大学教授マレー(ロバート・レッドフォード...
大いなる陰謀 (Kinetic Vision)
共和党議員(トム・クルーズ)とジャーナリスト(メリル・ストリープ)、大学教授(ロバート・レッドフォード)と学生(アンドリュー・ガー...
大いなる陰謀 (You got a movie)
 監督    ロバート・レッドフォード  キャスト  ロバート・レッドフォード         トム・クルーズ         メリル・ストリープほか  この映画は三つの構成からなる。いずれは大統領戦へと野望を抱く上院議員と一時間のインタビューを持ちかけ...
大いなる陰謀 (B-scale fan's log)
公開中 ロバート・レッドフォード監督     出演 ロバート・レッドフォード、     メリル・ストリープ、トム・クルーズ 満足度 4.5 かって「私と共に敵を討て。YESかNOか。」と、 ヒステリックに叫んだおっさんが居まして、 それを信じた人、信じたい人、...
アメリカよ、何処へ行く~『大いなる陰謀』 (真紅のthinkingdays)
 LIONS FOR LAMBS  9・11同時多発テロから6年、出口の見えない対テロ戦争に疲弊するアメリカ。 ワシントンでは野心家の上院議員アーヴィン...
『大いなる陰謀』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「大いなる陰謀」□監督 ロバート・レッドフォード□脚本 マシュー・マイケル・カーナハン □キャスト ロバート・レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズ、マイケル・ぺーニャ、アンドリュー・ガーフィールド、デレク・ルーク&...
大いなる陰謀 を観ました。 (My Favorite Things)
久しぶりの原題VS邦題対決かな?
大いなる陰謀 (eclipse的な独り言)
 これは言いたいことが絞りきれていない映画です。構成が難しかったです。(4月18
クローバーフィールド (eclipse的な独り言)
 本当に気持ちが悪くなるような映画です。(4月5日 清水MOVIXにて鑑賞)
大いなる陰謀 (★Shaberiba ★)
ロバートレッドフォード監督 懇親のメッセージ・・・!?
真・映画日記(2)『大いなる陰謀』 (          )
JUGEMテーマ:映画 (1から) 午後6時過ぎに外出し、池袋へ。 池袋「サンシャインシネマ」の『大いなる陰謀』8時45分の回。 2日目なのにガラガラ。 20人もいたかどうか。 やはり『フィクサー』と同様に「男の映画」は動員が厳しい。 「男の映画」と言っ...
大いなる陰謀(映画館) (ひるめし。)
何のために戦い、何のために死ぬのか―――?
「大いなる陰謀」投げっぱなし (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
私と年がそれほど変わらないのに、いつかどこかでトム・クルーズに会って、結婚することになるかもしれないから・・・と言って、英語の勉強を欠かさない友達のお付き合いで、恒例のトム・クルーズ映画を観に行った。
mini review 08332「大いなる陰謀」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
ロバート・レッドフォードが7年振りにメガホンをとり、レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズとオールスターキャストが勢ぞろいし、アメリカの対テロ政策の裏を描く感動的な群像ドラマ。政治家とジャーナリストの間で繰り広げられるサスペンスフルな展開に...