【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「スカイ・クロラ」:千歳三丁目バス停付近の会話

2008-08-02 | ★門33系統(豊海水産埠頭~亀戸駅)

東京にもまだ昔ながらの銭湯があるんだな。
そういえば、子どものころ、ときどき銭湯に行ってたのを思い出すわ。
「スカイ・クロラ」の少年たちみたいにか?
は?「スカイ・クロラ」の少年たちって、銭湯になんか行ってた?
行ってたじゃないか、大空の闘いに。
それは“銭湯”じゃなくて“戦闘”でしょ。
そうとも言うな。
見世物としての戦争に身を投じる、永遠に死なない、年をとらない少年たちの物語。
そう、そう。この押井守監督の新作には二つのテーマがあるんだよな。
人間は戦争がなくては生きていけない、っていうテーマと、永遠に生き続けるとはどういうことかっていうテーマ。
あいかわらず、深いんだ、押井守の提起するテーマって。
でも、こんな深遠なテーマを二つも一本の映画の中で展開するなんて難しいと思わない?
思う。出来上がった映画は、テーマを提起しただけで終わっていて、それをじっくりと思索するだけの余裕がなかったような気がするな。
アニメーションなのに、結局、肝心なことはみんな、絵じゃなくてセリフに託しちゃったような印象よね。
そのぶん、空中戦の映像は迫力があってみごとだった。
CGガンガンに使って、女の私が観ても硬質ななまめかしさに背中がゾクゾクするような映像だった。
戦闘場面は動的で充実していて、地上に降りれば、うだうだとした時間が流れるっていうのは、永遠に生きざるを得ない主人公の心情そのものなのかもしれないけど、その地上の部分がどうも緩慢に感じて困った。
永遠に生きるっていうことは、永遠に死んでいることと同じようなものだっていうことを陰々滅々に語られても、どうせ私は永遠に生きるなんてあり得ない側の人間なんだし、と思っちゃう。
そういう極端な設定から、生きるということはどういうことか捉えなおしてみたいっていう意図はわかるんだけど、映画としてはもう少しメリハリがあってもいいんじゃないかと思った。
脚本監修が行定薫だからねえ・・・。
おいおい、それは禁句だ。
ラストも、ネタばらしはもうしているのに、それを上塗りするようなエピソードで終わってる。
しかも、エンドタイトルが出たあとにな。
エンドタイトルのあとにもうひとつエピソードがある映画ってときどきあるけど、どうなのかしらね。なんか、観客をバカにしているような気がするのは、私だけ?
映画館が明るくなるまで席を立つな、っていうのは、鷹の爪団に言ってほしいほど映画鑑賞の鉄則ではあるけどな。
あ、そうなんだ。それにしても、体温の低い登場人物だったこと。
まあ、普通の人間じゃないんだし、登場人物たちの体温が低いのは予想したとおりだったけど、悩みは深いはずなんだから、もうちょっと温度が高くてもよかったかもしれないな。
そう、そう。銭湯であたたまるくらいはね。
そう。“銭湯”であったまって“戦闘”に行くべきだった。
って、なんかおかしな結論ね。




この記事、まあまあかなと思ったら、クリックをお願いします。



ふたりが乗ったのは、都バス<門33系統>
豊海水産埠頭⇒月島警察署前⇒新島橋⇒勝どき三丁目⇒勝どき駅前⇒月島三丁目⇒月島駅前⇒越中島⇒門前仲町⇒深川一丁目⇒深川二丁目⇒平野一丁目⇒清澄庭園前⇒清澄白河駅前⇒高橋⇒森下駅前⇒千歳三丁目⇒緑一丁目⇒都営両国駅前⇒石原一丁目⇒本所一丁目⇒東駒形一丁目⇒吾妻橋一丁目⇒本所吾妻橋⇒業平橋⇒押上⇒十間橋⇒柳島⇒福神橋⇒亀戸四丁目⇒亀戸駅前


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「GHOST IN THE SHELL 攻... | トップ | 「天安門、恋人たち」:緑一... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
空を這う者たち (16mm)
2008-08-10 22:36:42
こんばんは。
TBありがとうございます。

相変らずの掛け合い調の文章は愉快で面白いですね。
私も概ね同じような感想なのですが、DVDで再見した時にじっくりと観たいと思ってます。
DVDや名画座(死語)で何度も観られ続けるようならやはり名作なのかもしれない。
その判断が私には一度観ただけではつかないということで。
まあ、押井フリークなので(笑)そういう期待と観かたをしてしまうのですよ(笑)
16mmさんへ (ジョー)
2008-08-12 09:58:11
たしかにこのアニメーション、絵のひとつひとつ、言葉のひとつひとつに、ちゃんと意味があるんだろうということはわかるのですが、それを全部受け取るのは一度観ただけじゃ難しいですね。
テレビでいまだに流れている予告編を見るたびに、何かだいじなところを見逃したかな、という気になってしまいます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
スカイ・クロラ◆終わらない生の「だるさ」の物語 (好きな映画だけ見ていたい)
     「スカイ・クロラ」 (2008年・日本) 子どものころから空が好きで、よく屋上に出ては雲を眺めていたっけ。たえまなく移り変わる光の色はあまりにも神々しくて、あそこにはきっと崇高な何かがあるとわけもなく信じた。航空機、なかでも戦闘機の美しさに魅了さ...
『スカイ・クロラ』・・・前翼プッシャー機に魅せられて (SOARのパストラーレ♪)
『スカイ・クロラ』に注目し始めたのは、登場する戦闘機がプッシャータイプであるという情報を得てからのこと。プッシャータイプとは機体後部にエンジンとプロペラを搭載する航空機で旧海軍の「震電」があまりに有名だが、これは実戦投入されることのなかった幻の戦闘機で...
『スカイ・クロラ』 (めでぃあみっくす)
押井守監督が是非若い世代に見てもらいたい映画として公開前から宣伝されていたこの作品。押井作品らしく叙事詩的な内容の為どれだけ若い世代に受け入れられるか、理解してもらえるかは未定ですが、キルドレと呼ばれる永遠に大人にならない主人公たちを通して描かれていた...
映画「スカイ・クロラ」を試写室を鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 「スカイ・クロラ」@ワーナーブラザーズ映画試写室 映画の話 永遠に生きることを宿命づけられた“キルドレ”と呼ばれる子どもたちが暮らす、もう一つの現代で、彼らは“ショーとしての戦争”で戦闘機に乗って戦っていた。戦うことで生を実感する日々を送る中、元エー...
「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」ループし続ける世界でみつけた哀しみと愛と変革を忘れない為の戦争ストーリー (オールマイティにコメンテート)
「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」は押井守監督4年ぶりの劇場作品で、平和な世界で繰り広げられる空での戦闘機同士による戦争が描かれそこに登場する人物は戦死しない限り永遠に生き続ける人たちの戦いのループを描いたストーリーである。人生を生きる意味を問い、そ...
スカイ・クロラ (Akira's VOICE)
茨の空で生きる。  
菊池凛子の演技に絶望的 映画「スカイ・クロラ」感想 (よう来なさった!)
ポニョに続いて、また微妙なタイトルでお送りしてますがw イノセンスも面白かったけど、こちらもまけてませんね。「スカイ・クロラ」面白かったです。最近みたポニョより断然こちらの方が好みですよ。 ちなみにネタバレは一切無い・・・・・・はずw
「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」「青空ポンチ」映画館レビュー 遠い (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」「青空ポンチ」
スカイ・クロラ The Sky Crawlers(映画館) (ひるめし。)
キルドレ もう一度、生まれてきたいと思う?
スカイ・クロラ The Sky Crawlers (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。森博嗣原作、押井守監督。普通に考えて「キルドレ」とは“Killed Children”の略あるいは合成語なのだろうか。「殺された子供たち」、というかあらかじめ存在しなかった子供たちとでもいうのか。
『スカイ・クロラTheSkyCrawlers』 (2008) / 日本 (NiceOne!!)
監督:押井守原作:森博嗣脚本:伊藤ちひろ声の出演:菊地凛子、加瀬亮、谷原章介、竹中直人、榊原良子、栗山千明公式サイトはこちら。<Story>ショーとしての戦争が行われる、仮初めの平和の時代。永遠に年をとらない「キルドレ」のユーイチは、新たに兎離州基地に...
キミは生きろ!何かを変えられるまで。~「スカイ・クロラ」~ (ペパーミントの魔術師)
マッチ棒を折る、新聞をキチンとたたむ。 そんな何でもないことに彼らは気がつく。 ああ、誰かが死んだと。 そして「永遠に生き続ける」宿命からは 逃れられないのだと。 クサナギのいた部屋においてあった でかいでかいオルゴール。 なにやら彼らの宿命にも似て 物悲...
スカイ・クロラ (cococo)
観た。好きだな、こういうの、と思う。 色彩設計(色指定)のトーンがいい。好みの色
スカイ・クロラ The Sky Crawlers   つぶやいてみた 412  (ナナドはちぶ の 映画と日常のつぶやき.)
{{{'''[http://sky.crawlers.jp/ スカイ・クロラ  The Sky Crawlers]'''}}} ''THE SKY CRAWLERS''                     2008年 日本 ワーナー・ブラザース ...
「スカイ・クロラ」ジャパンプレミア (アートの片隅で)
「スカイ・クロラ」のジャパンプレミアで国際フォーラムに行って来ました。 座席は中央通路付近でしたが一番端の方でがっかりしていたのですが、なんとすぐ後ろの扉からキャストが登場するというある意味ラッキーな場所でした。 少し遅れ気味で、やっと音楽が流れ始める...
スカイ・クロラ The Sky Crawlers・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
2004年の「イノセンス」以来となる、押井守の新作アニメーション映画。 彼は意外と寡作な作家で、劇場用アニメーションに限れば、監督として...
『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』 (流れよわが涙、と、おぢさんはゆった)
本日日曜日、ジムに。 どうあっても1時間で8キロは走れない。7.7キロぐらいがせいぜい。 軽く筋トレして終了。 90.65キログラム。少しずつ落ちているのかな(笑) それほどギャグ漫画に興味があったわけではないので、赤塚不二夫の漫画を読んだ記憶というのはほとん...
スカイ・クロラ (悠雅的生活)
僕は、大人にならないんだ
『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』@新宿ミラノ座 (映画な日々。読書な日々。)
ショーとしての戦争が行われる、仮初めの平和の時代。永遠に年をとらない「キルドレ」のユーイチは、新たに兎離州基地に配属となった。過去の記憶のない彼だが、初めて乗る機体も身体に馴染み、エースの座に着く。基地司令のスイトはそんなユーイチを複雑な眼差しで見つめ...
『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』2008・8お盆休みに観ました (映画と秋葉原と日記)
『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 平和を実感させる為のショーとしての戦争が行われている世界・・・。 其処には、思春期の姿のままの人員で構成されている“キルドレ“だった・・・・・・・・・・・・・・・・・...
スカイ・クロラ The Sky Crawlers / 映画 (恋する図書館。)
超超超超~楽しみにしすぎていた映画『スカイ・クロラ』を観ました STORY: ショーとしての戦争が行われる、仮初めの平和の時代。永遠に年をとらない「キルドレ」のユーイチは、新たに兎離州基地に配属となった。過去の記憶のない彼だが、初めて乗る機体も身体に馴染み、...
【2008-184】スカイ・クロラ The Sky Crawlers (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? どこか、日本とよく似た国に 大人にならない子供たちがいる そして彼らは、僕たちにとてもよく似ている。 キルドレ 永遠の子供たちの物語 もう一度、生まれてきたいと思う?
スカイ・クロラ The Sky Crawlers<ネタバレ感想> (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋シネマサンシャイン> 監督:押井守 演出:西久保利彦 原作:森博嗣 脚本:伊藤ちひろ 脚本監修:行定勲 企業によって、ショーとしての戦争が行われている世界。草薙水素が司令を務める前線基地に、戦闘機パイロット函南優一が赴任してくる...
スカイ・クロラ The Sky Crawlers (映画初日鑑賞妻)
★★★ 実写版だったら、その空虚さがよりリアルに心に響いたような気がする。 難しいテーマだし、監督の志が高く、メッセージ性の高い作品だから、なおさら、実写で幅広い人に見て欲しかった。
【映画】スカイ・クロラ The Sky Crawlers…の記事&新型インフルエンザとか (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_fine/} まぁ色々あったこの数週間もちょびっと落ち着いて{/face_yoka/}普通の週末を迎えているピロEKです{/face_yoka/} まずは、ここんところブログに書き損ねていた近況(?)報告、思い出しながらダラダラと綴ってみます{/ase/} 少し前(2...
『スカイ・クロラ TheSkyCrawlers』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ永遠に年をとらない「キルドレ」のユーイチは新たに兎離州基地に配属となった。過去の記憶のない彼だが、初めて乗る機体も身体に馴染み、エースの座に着く。基地司令のスイトはそんなユーイチを複雑な眼差しで見つめていた・・・。感想『マトリックス』に影響を与...