【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「フラガール」:ほっとプラザはるみ入口バス停付近の会話

2006-09-24 | ★都05系統(晴海埠頭~東京駅)

あの煙突は何だ?
ほっとプラザはるみ。清掃工場の余熱を利用した温浴施設よ。
何があるんだ?
いろんなお風呂やジャグジーやレストランがあるらしいわ。
そのわりに、あまり知られてないんじゃないのか。
PRがいまいちなのかもね。
フラガールでも呼んでくればいいのにな。常磐ハワイアンセンターみたいに。
って、それが安易なのよ。ちゃんと「フラガール」観たの?
だから、炭鉱がつぶれそうになったんでハワイアンセンターをつくってフラガールを呼んできました、っていう映画だろ?
その認識が全然違うのよ。フラガールを呼んできたんじゃなくて、炭鉱の娘たちがフラガールになったの。
おんなじようなもんじゃないか。
これだから、男たちが地域再生をやろうとしても失敗するのよね。この映画はね、地域再生するには、地域住民が自ら立ち上がらなければ成功しないということを訴えた映画なのよ。どっかで成功したものをそのまま持って来ようとする安易な考えが再生の失敗を生むのよ。
夕張市民が観たら複雑な思いかもな。
夕張市の担当者だって、ひょっとして地域再生の参考にしようとハワイアンセンターを視察したかもしれないけど、華やかな表の顔じゃなくて、地味で地道な裏の顔にどこまで目を向けることができたか・・・。この映画をもっと早く観ていればと悔やんでいるかもしれないわ。
俺もスパリゾートハワイアンズて名前が変わってから行ったことはあるけど、そんな裏のことまで考えなかったもんな。
別に深刻に考える映画じゃないけどね。娯楽映画なんだから。でも底にはそういう視点が流れているからピシッとした映画になったのよ。
「Shall We ダンス?」とか「ウォーターボーイズ」とか「スウィングガールズ」のような映画なのに、もっと深いところで感動してしまうというのは、そういう社会的な問題が背景にあるからかな。
かといって、そのために映画が停滞するってことはないしね。
ああ、よく動いていた。映画とは動きだと改めて思ったよ。
白眉は、なんといっても、お母さんと和解するシーンよね。言葉ではなく、体の動きだけですべてを理解するという・・・。
いつも、天才キム・ギドクの名前を出して申し訳ないが、彼の映画も「」とか「うつせみ」とか、言葉ではなく、動きで感情を現していた。まさしくそれに通じるものがあるよな。
おおげさに言えば、真の映像表現てことでしょ。
映画じゃなきゃできない表現てことだ。先生との別れのシーンも、ちょっとあざといが、言葉でなく動きで表現している、いいシーンだった。
そういえば、親友との別れのシーンも動きの中で表現されていたわ。
言葉はひとことだけでな。そのひとことを繰り返すだけで。
「さよなら」でも「元気で」でもなく日常的なひとことってところが泣かせるわ。
これから観る人のために、何て言ってるかは伏せておくけど、親友は結局お父さんと一緒に職を求めて夕張の炭鉱に引っ越していっちゃうんだよな。
その夕張が今では・・・という皮肉。
最後のフラダンスシーンで、あの親友の姿が一瞬でも映れば、俺はきっと号泣だったな。
夕張でがんばってるシーンでも何でもいいからワンカット入れてほしかったわね。
役者もみんな最高だ。
そうそう。しずちゃんに泣かされるとは思わなかったわ。
さ、涙を洗いに風呂でも行くか。
ほっとプラザはるみにね。
男湯に松雪泰子が入ってきたりして?
まさか。


ブログランキング参加中。よろしければクリックを。


ふたりが乗ったのは、都バス<都05系統>
晴海埠頭⇒ほっとプラザはるみ入口⇒ホテルマリナーズコート東京前⇒晴海三丁目⇒勝どき駅前⇒勝どき橋南詰⇒築地六丁目⇒築地三丁目⇒築地⇒銀座四丁目⇒有楽町駅前⇒東京国際フォーラム前⇒東京駅丸の内南口

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (22)   トラックバック (74)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「太陽」:晴海埠頭バス停付近の... | トップ | 「ホテル・ルワンダ」:ホテルマ... »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感動しました! (april_foop)
2006-09-24 09:41:08
こんにちは、TBありがとうございました!



初めてこちらのブログ拝見しました。文章がすんごいお上手ですね!

つるつる読んじゃいました。

『フラガール』にも大感動でしたが、ネタバレせずに魅力をとらえたレビューのうまさにも感動。なんか得した気分です!



別記事にTBさせてもらいますー!
もう一度観たい映画です (たろ)
2006-09-24 10:18:42
こんにちは。

弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。

こちらからもコメント&トラックバックのお返しを失礼致します。



この作品は、様々な味わいを感じさせる丁寧な物語展開、松雪泰子さん、蒼井優さん、南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代さんをはじめとした女性陣のフラダンス、脇を固める豊川悦司さんや岸部一徳さんなど、出演者の皆さんの優れた存在感、そして、これらをまとめた李相日氏の優れた手腕が光った、見事な映画でありました。



また遊びに来させて頂きます。

ではまた。



TBありがとうございました(^^) ()
2006-09-24 10:37:53
こんにちは!

一番最初にフラを踊りたがった早苗が、踊れなくなったことは、とても残念でした。

それが、家族のためだなんて・・・。

紀美子との別れのシーン、何度も繰り返すあの言葉、泣かされました。

また観たい作品です!
夕張も頑張れ (にゃむばなな)
2006-09-24 21:13:35
TBありがとうございました。夕張も同じ炭鉱の町ですからね、いわき市みたいに頑張ってファンタスティック映画祭の復活を心待ちにしたいですね。
Unknown (コレコ(仮))
2006-09-24 21:51:18
初めまして。「気まぐれ961部隊!」のコレコ(仮)と申します。

「フラガール」のトラックバック、ありがとうございました。

笑いと涙のバランスも良く、とてもよい作品でしたね!女優さんたちのダンスも最高に良かったです。

「ほっとプラザはるみ」は初めて知りました・・・。

こちらもいろんなイベントで盛り上がるといいですね!男湯乱入はちょっと困りますが・・・(笑)
映画とは動き! (かっぱば)
2006-09-24 22:56:32
はじめまして。TBありがとうございます。

タイトルのお言葉。なるほど~と思いました!

セリフに頼りすぎな映画を観ると、

不完全燃焼していた理由がようやくわかりました。



「フラガール」ほんとにいい映画でしたね!

ひとりでも多くの方に見ていただきたいです。

Unknown (あっしゅ)
2006-09-24 23:31:18
TBありがとうございます。

面白い記事ですねぇ。カエルちゃんとひよこちゃんが会話してるんですねぇ。なんだかすごく斬新です。



フラガール」今度気合入れて記事書きますからまた遊びに来てくださいねぇ。よろしくです。
TBありがとうございます。 (やっぱり邦画好き…)
2006-09-26 09:27:50
この度はアメブロ版やっぱり邦画好き…にTBをいただき、ありがとうございます。

勝手ながら都合によりメインのJUGEM版やっぱり邦画好き…でTBの返信をさせていただきます。

これからもよろしくお願い致します。

Unknown (caramel)
2006-09-26 15:42:05
TBありがとうございました。

すごく読みやすくておもしろいブログですね!

また遊びにきます♪
コメントありがとうございます (ジョー)
2006-09-26 21:34:09
■april_foopさんへ

どんどんトラックバックお願いします。

■たろさんへ

もう一度と言わず、何度でも観たい映画ですよね。

■空さんへ

実は早苗が一番心に残っていたりして・・・。

■にゃむばななさんへ

夕張だってがんばっているんですよね。

■コレコ(仮)さんへ

ダンスも本格的でしたね。

■かっぱぱさんへ

せっかくの映画で不完全燃焼は損した気分ですからね。

■あっしゅさんへ

また遊びにいきます。

■やっぱり邦画好き・・・さんへ

こういう映画が出てくるから邦画から目が離せないんですよね。

■caramelさんへ

いつでも遊びにきてください。





TBありがとうございました。 (t-higu)
2006-10-01 01:05:03
面白い構成の記事ですね!

テンポよくどんどん読めちゃいました。



フラガールは、観る前はそれほど期待していなかったんですが、

いざ観たらポロポロないてしまいました。

邦画もまだまだいけますね。

親友はどうなった (ヒロ)
2006-10-01 16:31:39
たしかに、夕張へ行った親友はどうしたんだろうね。



新たな目の付け所に、感心しました
Unknown (Kaichang)
2006-10-09 12:58:44
こんにちは、Kaichangです♪TBありがとうございました!僕はTBの仕方がわからないもので、コメントでかえさせてもらいますね!m(_ _)m

いやぁそれにしても面白いブログですね♪よみごたえがあってユニークです☆他の記事にもお邪魔させてもらいますね!
こんばんは (16mm)
2006-10-09 20:59:45
TBありがとうございます。



たいへん面白いブログですね。読んでいて愉快に楽しめました。



映画の感想としては、蒼井優がすばらしかったと思います。

でもクレジットのトップは松雪泰子。彼女の演技もダンスも男風呂に踏み込む漢(おとこw)らしさもよかったとは思いますが、やはり主役は蒼井優でしょう。

クレジットの順番など些細なことかもしれませんが、されど、と思ってしまうんですよね。

ただ私としては蒼井優のソロのフラがあまりにも素晴らしすぎて、群舞であるクライマックスのフラダンスが今一歩及ばずのように感じてしまったのが残念でした。
コメントありがとうございます (ジョー)
2006-10-11 22:08:32
■t-higuさんへ

まったく期待以上でしたね。



■ヒロさんへ

夕張が元気になって「フラガール夕張篇」とかできないでしょうかね。



■Kaichangさんへ

どんどん遊びにきてください。



■16mmさんへ

やっぱり俳優には「格」があるということでしょう。



TBありがとうございます。 (JUNSKY)
2006-10-17 23:17:43
TBありがとうございました。

このブログの対話式の書き方最高ですね。



見習いたいと思います。

当方は、ベタベタ記事なので・・・



このサイトもすごいコメントとTBの数ですね!

おやかりたい!あやかりたい!
コメントありがとうございます (ジョー)
2006-10-17 23:27:13
■JUNSKYさんへ

またぜひ遊びにきてください。
今年の日本映画はすごい! (ゴブリン)
2006-11-10 23:07:33
TBありがとうございます。

他のブログでも見たことはありますが、対話形式はやはり面白いですね。ボケとツッコミのキャラクターがはっきりしているので楽しく読めました。

華やかなダンスの面ばかりではなく「地味で地道な裏の顔」に注目しているところに共感しました。本当にその通りですね。それでいて決して重くなりすぎず、楽しめる作りになっているのは見事だと思います。
TBありがとうございました。 (nancan)
2006-11-11 09:46:22
『フラガール』以外にも観ている映画があったので読ませていただきました。バスに絡めて会話形式でウィットに富んでいて面白いですね。

キャラバン巡業に出たりして、変なプライドを持たないところが他の地域再生活動と違ってうまく行った理由かも、とこちらの記事を読んで思いました。
炭鉱の女性の素朴さってよかったですよね。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2006-11-12 21:21:20
■ゴブリンさんへ
華やかな部分と地味な部分があってこそ映画としても楽しめるものになるんだと改めて思いました。

■nancanさんへ
プライドを持つことも大事ですが、変なプライドを持つのは問題だってことですよね。
掛け合い (kimion20002000)
2006-11-28 23:01:28
TBありがとう。
えー、今回の掛け合いは、特にいいですよ。おっしゃっていることは、その通り。
でも、たしかに、親友のその後は気になるけど、あのハイビスカスかな、贈り物を身につけて踊ったわけだから、ちゃんと、親友が見守っていたということだよね。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2006-11-30 21:10:50
■kimion20002000さんへ
そうそう、あのハイビスカス。泣かせますね。細かいところに気を配った映画が好きです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

74 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
感想/フラガール(試写&劇場) (APRIL FOOLS)
個人的にはここ数年でベスト。9月23日公開、李相日(リ・サンイル)監督最新作『フラガール』に涙止まらず。オレがチケット代出してでもみんなに観てほしい傑作なので、長いけど読んでくれろ。   フラガール 昭和40年、石油の登場でいわきの炭鉱は閉鎖寸前。 ...
「フラガール」無謀な夢構想を現実にした炭鉱の人たちと娘たちの情熱ダンス (オールマイティにコメンテート)
「フラガール」は昭和40年に炭鉱の町だったいわき市に炭鉱に変わる事業として炭鉱会社が構想した「常磐ハワイアンセンター」開場までを描いた実話のドリームストーリーである。当時海外旅行(ハワイ旅行)が夢だった時代に全くあり得ないシュチエーションの構想 ...
「フラガール」 (しんのすけの イッツマイライフ)
いや~~ビックリしました。   しずちゃんが出ている場面では、 他の出演者の存在を喰ってしまっていると思いましたよ。 ひょっとしたら女優さんで化けるかも?、、、ですよ(^^;   全体的に本当に気持ちよく映画を見ることができました。
試写会鑑賞 なかのZEROホールにて ~ 李 相日 「 フラガール Hula Girl 」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 曇り、時々雨の水曜日です。 今日は、先週の金曜日 一足先に なかのZEROホールにて行なわれた試写会で観させて頂いた、李相日氏監督、松雪泰子さん主演の新作映画について。 『 フラガール 』 ( ‘06年 日本 ) 《 STAFF 》 監督 : 李 ...
【フラガール】 (空の「一期一会」)
★も~すごい好きです(涙)好きすぎて、何から書けばいいのでしょう・・・!?アカ
フラガール (そーれりぽーと)
南海キャンディーズのしずちゃんが出演しているという情報だけで、『ウォーターボーイズ』や『SWING GIRLS』のような軽いノリの映画かと決め付けて期待をしていた『フラガール』を観てきました。 ★★★★ 想像していた内容とは全く違い、昭和四十年の閉山の危機 ...
試写会『フラガール』 ★★★★ (時流を聴く)
『フラガール』の試写会で有楽町のよみうりホールへ。 -人生には降りられない舞台がある 出演:松雪泰子、蒼井優、徳永えり、岸部一徳、富司純子、豊川悦司、山崎静代 常磐ハワイアンセンター(現在のスパリゾー
フラガール (Akira's VOICE)
感情豊かに舞い上がった笑いと涙が気持ち良い!
フラガール (2006) 120分 (極私的映画論+α)
 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。時代は石炭から石油へと変わり、閉山が相次ぎ、町は先細りの一途をたどっていた。そこで、起死回生のプロジェクトとして豊富な温泉を利用したレジャー施設“常磐ハワイアンセンター”が計画された。そして、目玉となるフラダ ...
フラガール (気まぐれ961部隊!)
本日公開初日、朝一番に観て来ました! 『フラガール』#%V:261%# ・・・久しぶりの良作です#%V:100%# (チラシの画像はクリックで拡大。裏面はコチラ)
『フラガール』情熱に拍手! (ミックスランチ2号)
ダンス教師と少女達の友情と成長を、歓びと癒しのハワイアンミュージックの 爽快なサウンドで贈る、ダンスムービー 『フラガール』を観てきました。もうねぇ、こんなに感動と興奮したのっていつ以来だろう?
ふらふらでフラガール鑑賞 (えびさわちるどれんの映画缶 「世界のみなさんさようなら」 物語の終わりははっぴぃえんどがいいのだ。)
? えぇ、今日の夜はマイボスが終わった為、電車男と特命係長の一騎打ちになりそうですね。 ? しかし、どうにも一昨日位から体調が、すこぶる悪いです、 ? 雨の中、牛丼を探したり、辛すぎるラーメンを食べたりしたせいか、熱っぽい…ってか風邪っぽい。 ? ...
フラガール (えびさわちるどれんの映画缶 「世界のみなさんさようなら」 物語の終わりははっぴぃえんどがいいのだ。)
? フラガール ? この映画、アカデミー賞最優秀外国映画部門で日本代表としてノミネートされる事となっとるそうです。 ? 素晴らしい邦画だったんで、「取って欲しい!」 なと応援したくなる映画だと思います。 ? 昨日、シネカノンで観てきたんですが、 ...
『フラガール』 (Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐)
「いくぞ! フラガール!」 ハワイアンのメロディと、情熱的なフラダンスに、魅了されっ放しの約2時間。 身も心もすっかりハワイの気分です。(笑) 東北発の炭鉱娘のハワイ行き物語は、実に面白くて、嬉し泣き・悔し泣き…、涙、涙のサクセスストーリーで、私た ...
『フラガール』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『フラガール』鑑賞レビュー! 感動の映画化だっぺ!観てくんちぇ! フラ、踊っぺ! 人生には降りられない舞台がある…。 常磐ハワイアンセンター ★(現・スパリゾートハワイアンズ)の 誕生を支えた人々の奇跡の実話 まちのため、家族のた ...
映画~フラガール (きららのきらきら生活)
  「フラガール」公式サイトあやうくスルーしそうになった。。。!気づいてよかった。。。 昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設 ...
「フラガール」 (てんびんthe LIFE)
「フラガール」九段会館で鑑賞 またまた昭和のお話です。昭和40年。当時福島県の炭鉱町で炭鉱を閉山し、あの『常磐ハワイアンセンター』をつくっていった実話だそうです。昭和の時代を回顧する作品がこのところ続いて公開されていますが、なんでこんなに辛く ...
フラガール (とりあえず、コメントです)
人生がいっぱい詰まった映画でした。 昭和40年。炭鉱の町いわきでは、石炭産業の斜陽により炭鉱閉鎖の危機に陥っていた。 企業と町にとっての最後の切り札は、温泉を利用して“ハワイアンセンター”を作ることだった。 だが、2000人のリストラに対して新しいセ ...
「フラガール」 (やまたくの音吐朗々Diary)
間もなく公開される「フラガール」の試写。すばらしい感動作。昭和40年、エネルギー革命により炭坑閉鎖の危機が迫る福島県いわき市。そこでは、北国をハワイに変えようというプロジェクトが持ち上がっていた。その目玉となるフラダンスショーに出演するダンサーを ...
『フラガール』 (アンディの日記 シネマ版)
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]    2006/09/23公開  (公式サイト) (公式ブログ) 泣き度[:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:] 青春度[:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星: ...
「フラガール」で感動(;θ;) (Thanksgiving Day)
招待券をもらったので、映画「フラガール」の試写会に行ってきました!! 今回は特別試写会ということで、音楽を担当したハワイ出身のウクレレ奏者ジェイク・シマブクロのちょっとしたライブがあったり、マスコミ用の撮影タイムがあったりと映画が始まる前にもか ...
【劇場鑑賞101】フラガール(hula girl) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
昭和40年 東京から来た カリスマダンサー 集められた 炭鉱の娘たち 北国を常夏の楽園に!! 40年の時を越え語られる奇蹟の実話。 人生には降りられない舞台がある――― まちのため、家族のため、友のため、 そして自分の人生のた ...
『 フラガール 』 (やっぱり邦画好き…)
 公式サイト 映画 『 フラガール 』 [劇場鑑賞] 2006年:日本 【2006年9月23日公開】[上映劇場 ] 監 督:李相日 脚 本:李相日 羽原大介 [ キャスト ]  松雪泰子 豊川悦司 蒼井優 山崎静代 岸部一徳 ...
フラガール (caramelの映画日記)
【鑑賞】試写会 【公開日】2006年9月23日 【製作年/製作国】2006/日本 【監督】李相日 【出演】松雪泰子/豊川悦司/蒼井優/岸部一徳/富司純子/寺島進/高橋克実 昭和40年、エネルギー革命により閉鎖が迫る炭鉱まち。 そこには北国をハワイに変えよう ...
『フラガール』 (京の昼寝~♪)
人生には降りられない舞台がある・・・。まちのため。家族のため、友のため、そして自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。   ■監督・脚本 李相日■キャスト 松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、山崎静代(南海キャンディーズ)、藤純子、岸部一徳 ...
『フラガール』を観てきた。 (映画観たよ(^^))
『フラガール』を観てきました。 今年何本かあったどうしても観たい作品のうちの一つです。 上映館も少ないので初日に観ちゃいました。レイトショーにもかかわらず満席でした。 ストーリーは、日本は高度成長期。エネルギーの需要は黒いダイヤ石炭から石油へ ...
映画「フラガール」 (いもロックフェスティバル)
映画『フラガール』を観に行った。 男女問わず年齢層問わず、人にオススメできる映
「フラガール」 (電影迷宮・2006!!)
しずちゃんの奇妙なダンスの予告編で、あの手のかな、ちょっとしんどいな、と思ったものの、ふとしたことから初日を観にいくことになり、しかも急用でやっぱり止めようかと思いながら、でもネットで買っちゃったし、と仕方なく?迷いながらも映画館にふらふらとひき ...
凝り固まった心が解きほぐされていく。『フラガール』 (水曜日のシネマ日記)
昭和40年代、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に描かれた物語です。
【劇場映画】 フラガール (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設「常磐ハワイアンセンター」の計画を進めていた。目玉となるのは、フラダンス ...
フラガール (ジョゼと牛と仲間たち)
常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)といやー 水戸ホーリーホックの合宿地で有名なのだが(笑) そのハワイアンセンター設立の物語。 とにかく、松雪泰子は美しい。 松雪の60年代のおしゃれさんなお洋服の数々は必見。 どのくらい必見かとい ...
フラガール (ネタバレ映画館)
でかい・・・しずちゃん。
映画「フラガール」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「フラガール」 昭和40年、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に、フラダンスショーを成功させるために奮闘する人々の姿を描く。 「黒いダイヤ」ともてはやされた石炭の時代も終焉を迎えつつあり、危機的状況にある炭 ...
■ フラガール/終わり良ければ・・・ (今日なにした?明日なにする?)
「蒼井優」に助けられ 【あらすじ】 昭和40年、閉鎖が迫る炭鉱の町で、北国に“楽園ハワイ”を作り上げる という起死回生のプロジェクトが持ち上がっていた。  目玉となるのはフラダンスショー。  しかし肌を露わに腰蓑をつけるなど恥じとされた時代、誰も見た ...
☆ 映画 『フラガール』 ☆ 今年72本目 ☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
フラダンスを習ってる母に観せてあげたくて参加した試写会だったので、私としては全然期待してなかった。 でも、それは間違い、大間違い。良かった、感動したぁ~~~!! なんといっても素晴らしかったのは、ダンス・シーン。 撮影前に3ヶ月間猛特訓しただけあ ...
フラガール (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
監督=李相日。脚本=羽原大介。撮影=山本英夫。美術=種田陽平。音楽=ジェイク・シマブクロ。 本年度・アカデミー外国語映画賞候補の日本からの選出作品。 福島県の常磐ハワイアンセンター誕生の実話映画化。☆☆☆☆★
フラガール (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本  ドラマ  監督:李相日  出演:松雪泰子      豊川悦司      蒼井優      山崎静代 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。時代は石炭から石油へと変わり閉山が 相次ぎ町は先細りの一途をたどっていた。そこで起死回生のプロジェク ...
【MOVIE 】フラガール (思いつくままに)
■観賞日:2006年9月25日 ■観賞場所:川崎チネチッタ ■感想など 実話を元にした作品 常磐ハワイアンセンター(今は、スパリゾートハワイアンズ)誕生にまつわる、 地元の炭鉱で働く人たちとハワイアンセンターで踊るフラガールたちの感動のお話 最近、涙もろく ...
「フラガール」 (俺の明日はどっちだ)
仲良くさせてもらっているブロガーの人たちもほとんどが諸手を挙げて賞賛に次ぐ賞賛の話題作。 そして他でもここで号泣したとか、涙なくしては見られなかったとか、泣か、き、く、くる、くれ、けよの「か行変格活用」の雨嵐。 そりゃあご贔屓の岸部一徳は見事だっ ...
フラガール(映画館) (ひるめし。)
未来をあきらめない 製作年:2006年 製作国:日本 監 督:李相日 出演者:松雪泰子/豊川悦司/蒼井優/山崎静代/岸部一徳 時 間:120分 [感想] フラガールたちのひたむきさに泣けた。 久しぶりに映画みて泣けた。 全然期待せずにいったらヤラれた!!っ ...
フラガール・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
今から40年ほど前、東北の田舎町に、突如として「ハワイ」が出現した。 斜陽産業となっていた炭鉱の失業対策として、掘削のさいに湧き出る温泉とその熱を利用し、巨大なドームの中に常夏のハワイを再現した温泉リゾートを作った
フラガール (小部屋日記)
(2006/日本)【劇場公開】 久々、劇場で号泣・・・それも清々しい涙。 「山をハワイにすれば、みんな幸せになれる!!」 それを信じて、女性たちは踊る。 前に向かって進む心意気。 「踊っぺ!」 ラストのフラダンスシーンは圧巻!!! 思わず拍手しそうになりま ...
フラガール (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
泣いて笑って、笑って泣いて...。最後まで楽しめる作品に仕上がっていました。 昭和40年。「もはや戦後ではない」という言葉が実感を持って語られるようになった頃の日本。それまで石炭に頼っていたエネルギー源が石油に置き換えられていき、炭鉱が次々と閉 ...
腰 ~「フラガール」~ (サナダ虫 ~解体中~)
李相日監督作品、松雪泰子主演の、 映画 「フラガール」を観た。 米アカデミー賞外国語映画部門、日本代表出品作品。 昭和40年代。 福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に、 フラダンスショーを成功させるために奮闘する人 ...
フラガール (フリーパス4本目) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★ 巷での高評価を受けて観に行ってきました。 結論から言って、これは良い!感動した~! 松雪泰子(平山まどか)が男湯銭湯に飛び込んで行った辺りから、ググッと来てました(笑) 『昭和40年の福島県いわき市の常盤炭鉱では大幅な人員削減が進め ...
きっちり作った再生物語 「フラガール」 (平気の平左)
評価:85点{/fuki_osusume/} フラガール 言いたいこともあるにはあるけど、これだけ泣かせてもらえれば十分でしょう。 いや、泣けた泣けた。 涙そうそう、ですよ。 見終わった後鏡を見たら、ウサギか私か、というくらいに目が赤かったです。 田舎娘もいい ...
No241「フラガール」~時代の狭間を生きる少女たちの心意気~ (パラパラ映画手帖)
昭和33年を舞台にした「ALWAYS~三丁目の夕日」に続き、 昭和40年、福島の常磐炭鉱を舞台に、 女たちの輝く「今」をとらえた、元気のいい作品が生まれた。 この時代には、何かある。 本音を隠してがんばる姿、泣きそうになっても泣かない顔・・。 健気で懸 ...
フラガール  (シュフのきまぐれシネマ)
フラガール @ユナイテッドシネマとしまえん 9・30(土) ? 監督:李相日 音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子 豊川悦司 蒼井優 山崎静代  岸部一徳 富司純子 公式サイトはコチラ 北国に常夏の楽園「常磐ハワイアンセンタ ...
フラガール (UkiUkiれいんぼーデイ)
今年、私の観た中で第1位に輝きました! 良いとは聞いていましたが、これほど感動できるとはっ! 脚本、監督、撮影監督、美術監督、音楽、もちろんキャストも含めて全てが最高だ! 特筆したいのは、それぞれがバッチリ適役だった俳優陣です。 と ...
涙と感動!フラガール♪ (銅版画制作の日々)
  涙が止まらない映画「フラガール」昭和40年石油の登場によって、閉鎖を迫れる炭鉱町。その北国の町を、常夏の国ハワイに変えようという起死回生の大プロジェクトが持ち上がった。目玉となるのはフラダンスショー誰も見たことがないフラダンスを炭鉱娘に教え ...
★「フラガール」 (スナフキン・レポート♪)
映画「フラガール」 ・・・公式ページは、こちら ある程度の年齢以上の人なら、『伊東と言えば、“ハトヤ”・・・常磐といえば、“ハワイヤンセンター”』 と言うくらい・・名前だけは知っていた「常磐ハワイアンセンター!」 (今はスパリゾートハワイアンズと名 ...
フラガール (とにかく、映画好きなもので。)
   昭和40年、福島県いわき市にある炭鉱の町は、時代の波に飲まれようとしていた。  エネルギー革命で、次第に鉄鉱のニーズは減り・・・石油へとエネルギーが変わろうとしていた時代。  町にある炭鉱は閉山が相次ぎ、危機的状況に直面 ...
映画「フラガール」を観た! (とんとん・にっき)
福島県いわき市のJR湯本駅前に現れた、丸みを帯びたボンネットバスの話題、このブログでも1年半前に取り上げました。それが常磐交通自動車が、JR湯本駅と「スパリゾートハワイアンズ」の間の5キロ区間で走らせたバスでした。そして、「スパリゾートハワイアンズ」 ...
『フラガール』 (流れよわが涙、と、おぢさんはゆった)
土曜の会社帰りにさいたま新都心の映画館にて鑑賞。 数日前まで観るつもりなかったのだが、信じられないぐらい良い評判ばかりだったので観る事にしたのだ。 『Always 三丁目の夕日』も『スウィングガールズ』もさほど期待しないで行ったにも関わらず、劇場を後に ...
★「フラガール」 (ひらりん的映画ブログ)
ホントは「レディ・イン・ザ・ウォーター」を見るつもりだったけど・・・ 時間の都合で邦画の「フラガール」。 予告編は何度も見てるのであらすじは大体判ってるけど・・・。 炭鉱娘が感動させてくれるのか???ってちょっと心配。
フラガール (映画通の部屋)
「フラガール」 製作:2006年、日本 120分 監督、脚本:李相日 出演:松雪
フラガール (観劇レビュー&旅行記と日記)
二日連ちゃんになるが、「フラガール」をレイトショーで見た。 当初は見る予定がなかったのだが、田村貴昭さんのブログを見たら感想が書いてあり、高い評価だったので見ることにした。 田村さんの紹介によれば、炭鉱閉山に伴う人員削減で活きる道を模索する人々の ...
フラガール (ひとりごと)
洋画邦画問わず、炭鉱モノはどうしてこうも人の心を打つのでしょうか。 しずちゃんが怪しげなダンスを踊る予告編を観た時はコメディかと思いましたが、まさかこんな感動的な映画だったなんて。あまり期待していなかった分、かなり意表をつかれ、ところどころで涙し ...
フラガール (ももママの心のblog)
昭和レトロの香る映画。ただ懐かしさだけでは語れないくらい面もあったあの頃。北国に常夏の島が現れた!
フラガール (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋シネ・リーブル> 監督: 李相日 脚本: 李相日 羽原大介 音楽: ジェイク・シマブクロ 昭和40年。もはや時代遅れとなりつつある常磐炭坑では、人員削減と共に新たな町興しとしての行楽施設の建設が計画されていた。常夏の島 ...
フラガール (バラ肉色の生活)
「フラガール」は今年の泣ける映画大賞受賞!といった感じで、実話を元にした情感溢れる映画です。映画館の観客の皆さんが殆ど泣いていたというのも事実。昭和40年代の常磐炭鉱を舞台に、田舎娘達が華麗に変身していく様は感動もの。当時の人々の生活が再現されて ...
フラガール 06年205本目 (猫姫じゃ)
フラガール 2006年   李相日 監督松雪泰子 、豊川悦司 、蒼井優 、山崎静代 、岸部一徳 、富司純子 久しぶりに、姉君とデイト。 彼女はスネーク何とかって言う飛行機の映画をご所望でしたが却下。で、今、今年見た映画をざっと見返したのですが、、、 ...
「フラガール」 人を育てるということ (はらやんの映画徒然草)
先頃までフジテレビ系列で放送していた「ダンドリ。」はチアダンス。 チアダンスに一
フラガール (銀の森のゴブリン)
2006年 日本 2006年9月公開 監督:李相日 評価:★★★★☆ 製作:李鳳
『フラガール』 (ビター・オア・スイート)
 話題の邦画(?)ということで観て来ました。  感想は~、良くも悪くも日本映画、ってところでしょうか。(でも監督は日本人ではないのよね。)  「お約束」的なシーンが挿入されていたり、寒すぎな台詞があったり、
「フラガール」 ★★★★☆ (映画大好き♪)
{/kaeru_fine/} 今回は現在公開中の映画「フラガール」。今度スパリゾートハワイアンズに泊まる予定が あって、その前に観に行こうと思い、行ってきました! おすぎさんが絶賛していたけれど、おすぎさんと私は今イチ感覚が違うから「どうかなあ~」 なんて、半 ...
NO.177「フラガール」(日本/李相日監督) (サーカスな日々)
邦画のエンタテイメント・シネマの最高峰として、 堂々とアカデミー(外国作品)賞を競えばいい! 僕がとても注目している映画の、製作・配給会社にシネカノンがある。 代表は李鳳宇。1960年生まれの彼は、1989年にシネカノンを立ち上げ、「シュリ」「ブラス」「 ...
映画『フラガール』に涙する♪♪ (ラスタ・パスタのレレ日記)
『フラガール』をようやく映画館で見てきた。おおまかな設定は知っているつもりだったが、思ったよりもグット胸に来て、何回も涙しそうになった。ストーリーは、昭和40年(1965年)福島県いわき市の炭鉱町が、鉱山の閉山の危機にあり、5000人の炭鉱夫のうち4割の20 ...
「フラガール」(日本 2006年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
エネルギーが石炭から石油へと変わって行く昭和40年代。 福島県の炭鉱の村は温泉レジャー施設に命運を賭けようとする。 フラダンスのショーを目玉として。 「フラガール」
映画レビュー#39「フラガール」 (Production Rif-Raf)
基本情報 「フラガール」(2006、日本) 監督:李相日(69、スクラップ・ヘブン、青~chong~) 脚本:李相日、羽原大介(ゲロッパ、パッチギ) 製作:李鳳宇 音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、山川静代、岸部一徳、富司純子 日本アカデミー...
フラガール (to Heart)
昭和40年代、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に、フラダンスショーを成功させるために奮闘する人々の姿を描いた感動ドラマ。 時代の波で閉鎖に追い込まれた、とある炭坑の村では、危機的な状況の中、炭坑で働く人々はツルハシを捨て...
フラガール (★YUKAの気ままな有閑日記★)
WOWOWで鑑賞―【story】昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフトし、相次いで炭鉱が閉山に追い込まれていた。そこで福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設『常磐ハワイアンセンター』の計画を進めていた。目玉なるのはフラダンスのシ...
『フラガール』'06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ昭和40年、本州最大の炭鉱・常磐炭鉱では大幅な人員削減が迫り、かつての基幹産業としての隆盛は見る影もなくなっていた。そんなまちを救うため、この北国に“楽園ハワイ”を作り上げるという起死回生の一大プロジェクトが持ち上がる。目玉はフラダンスショー。盆...
フラガール (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生には降りられない舞台がある―― まちのため、家族のため、とものため そして、自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。』  コチラの「フラガール」は、9/23公開の常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の誕生を支えた人々の奇...