【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「父親たちの星条旗」:上野広小路バス停付近の会話

2006-10-29 | ★学01系統(東大構内~上野駅)

あのアメリカの旗をデザインした看板は何?
アメリカ屋。いろんなアメリカ製品を売ってる。
旗とかも売ってるのかしら。
硫黄島で最初に立てたほうの旗も売ってたりしてな。
まさか。
ほんと、「まさか」だよな。あの有名な硫黄島の星条旗の写真に写ってる旗が実は二本目の旗で、一本目の旗は誰かお偉いさんの記念にって持って帰ちゃったなんて。
で、その二本目の旗をたまたま立てただけの兵士が英雄に祭り上げられちゃうなんて。
本人たちはその欺瞞に一生悩み続ける。
監督がクリント・イーストウッドだから、ただの戦争映画にはならないだろうとは思っていたけれど、「父親たちの星条旗」って、期待を裏切らない出来よね。
あの有名な写真がどういう意味を持っていたのか、冷静に検証していて立派だよ。「男たちの大和」だって、大和がどういう意味を持っていたかもっと冷静に検証すればこれくらい立派な映画になっていただろうに、若い乗組員が海に散ってかわいそうだった、で終わってて、仲代達矢なんてただのおじさんにしか見えない。
出口のない海」(9.18の記事)のときの会話でも出た話ね。ただ回想するだけのおじさんならいらない。
回想シーンがいまにつながっているかどうかということが大事なんだ。「父親たちの星条旗」はしっかり現在につながっていて立派だよ。
愛国心をどうとらえるかっていうのは、いままさにここにある問題だものね。
兵士のセリフに「茶番だ」っていうのがあるけど、ほんと、すべて茶番なんだよな。しかも、アメリカ的にショーアップすればするほどむなしくなってくる。アホらしくて見てられないんだけど、それが戦争ってもんなんだな。
野球場みたいなところで観客を満員にして兵士たちに旗を立てるところを再現させるなんて、背筋が凍ったわ。
硫黄島の山をかたどったケーキに赤いシロップをかける無神経さとかな。
イーストウッドって、けして誰かを大声で泣かせたり、これみよがしのクライマックスシーンをつくったりしないのに、かえって言いたいことが浮かび上がってくるのよね。
戦場の悲惨さも、銃後の悲惨さも、そして、その悲惨さは戦争が終わっても続くということまで描いて見事というしかない。
恋人の出し方も、ただの善良な女の子って感じじゃなくてまた、リアリティを感じるのよね。
結局、愛国心を煽って戦場に送って利用できるだけ利用したらポイと捨てる、っていう国のやり方はアメリカも日本も変わらないんだよな。いや、世界中が変わらない。
だから、兵士は戦友のために戦ったと思うしかないのよね。期待にたがわない、ううん、期待以上の名作だわ。
それにしても、あの一本目の旗はどこに行っちゃったんだろうな。
アメリカ屋で探してみる?
いや、それじゃあ愚かなお偉いさんと一緒になっちゃうからやめとこう。
そうね、国民一人ひとりが冷静にならなくちゃね。


ふたりが乗ったのは、都バス<学01系統>
東大構内⇒東大病院前竜岡門⇒上野広小路⇒御徒町⇒上野駅前

ブログランキング参加中。よろしければあたたかい一票を。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (25)   トラックバック (69)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「サンキュー・スモーキング... | トップ | 「百年恋歌」:御徒町バス停... »
最近の画像もっと見る

25 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見応えのある作品でした (たろ)
2006-10-29 13:20:37
こんにちは。

弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。

こちらからも、コメントとトラックバックのお返しを失礼致します。



この作品は、戦争とそこにある社会と個々の密接な繋がりを細やかに描いており、争いに対してのクリント・イーストウッド氏の静かながら強い視点を十二分に感じさせられる力作でありました。

そして、二部作の完結編である、映画『 硫黄島からの手紙 ( RED SUN,BLACK SAND/LETTERS FROM IWO JIMA ) 』 ( ‘06年 アメリカ )の方もとても観てみたいです。



また遊びに来させて頂きます。

ではまた。



パトリオット (trichoptera)
2006-10-29 16:56:43
戦争よりもプロパガンダに焦点を持っていくことで、戦争を含めたより大きな話になっていて、一味違う力作だったと思います。

TBありがとうございました。
コメントありがとうございます (ジョー)
2006-10-29 20:33:19
■たろさんへ

「硫黄島からの手紙」がますます楽しみになってきましたね。



■trichopteraさんへ

たしかにあまり見ないタイプの戦争映画だったように思いますが、それにしてもイーストウッドは大したものです。
TBありがとうございました (ミチ)
2006-10-31 22:34:51
こんばんは♪
時代や民衆が望むから英雄は作られるのですよね。そして利用するだけしてフォローなし。
それはいつの時代も変わらない。
ヒーローが生まれた時は要注意ということかしら。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2006-10-31 23:13:12
■ミチさんへ
いつもありがとうございます。
こういう映画を見ると、真実を判断する目を持ちたいとつくづく思います。
ブログにTBありがとうございました。 (jamsession123go)
2006-11-02 19:28:50
こんにちは、「ヒューマン=ブラック・ボックス」のjamsession123goです。
ブログにTBありがとうございました。
こちらからはgooへTBがつかないみたいなので、コメントでお返しです。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2006-11-02 23:38:01
■jamsession123goさんへ
そうですか。TB難しいのですか。でも、これに懲りずにまたいつでもコメントお願いします。
ある会話 (にら)
2006-11-03 23:41:44
E「ほら、戦争には英雄はいないんだよ」
S「そ、そうですね」
E「それに、ほら、戦争には憎むべき敵もいないんだよ」
S「ハ・・・ハイ」
E「えーと、ノルマンディーが舞台で、ヒロイックな歩兵隊長が元教師で、助けた恩を忘れるイヤなドイツ兵が出てくるあれ。あれも悪くはないけどねぇ」
S「ハイ、そうですよね!」
E「でも、あれを監督したヤツはこれ見たら、恥ずかしくてオレの前に顔出せなくなるだろうねぇ」
S「それ・・・ボクなんですけど・・・」
E「え?そうなの?えーと、なんだっけ、『らいおんはーと』だっけ?」
S「それ、スマップの曲です」

スタイル真似て申し訳ないと思いつつ(笑)、TBありがとうございました。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2006-11-04 09:45:04
■にらさんへ
「父親たちの星条旗」って、スピルバーグがプロデュースしているんですね。スピルバーグがかかわる戦争映画でも、監督が変わるとこうも変わるのかとも思いますが、「ミュンヘン」とか観てるとスピルバーグ自身が変わってきたような気もしますね。
TBたびたびありがとうございます (ナナドはちぶ)
2006-11-05 09:19:40
ジョーさんいいですね
僕も 会話形式してみようかな……

でも やはりこれでこの僕のへたな文章でこれからも
いきますかね

10年位やってたらうまくなるでしょうか……

7月24日通りのクリスマスも5日中には書くので
また見てやってくださいなm(__)m
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2006-11-05 16:18:52
■ナナドはちぶさんへ
7月24日通りにもTBさせていただきました。楽しみに見させていただいています。
忘れていた事 (16mm)
2006-11-05 22:50:28
こんばんは。
TBありがとうございます。
毎回面白くてなおかつ的確にポイントをおさえた文章に感心いたしております。

そうですね、なんとなく忘れていましたが、ケーキに赤いシロップをかける描写。アメリカ人のイーストウッドがしっかりと内省的に自国民の無神経さに批判的な描写を入れる。
イーストウッドってタカ派で通ってて、自分とは合わないかなと思い続けていましたが、ある意味信用の置ける人なのかもしれないと思い直しました。
日本人のオイラもあれぐらい厳しい眼で当時の状況を総括できたら、と自分の甘さが恥ずかしくなりました。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2006-11-05 23:01:44
■16mmさんへ
え、イーストウッドってタカ派だったんですか。全然知りませんでした。タカ派でもこういう映画をつくるのかと思うとアメリカってほんとに不思議な国ですね。
Trackbackありがとうございます。 (rabyrinth)
2006-11-10 22:46:58
洒落た会話を楽しませて頂きました。(笑)

今はとにかく、第二弾に興味津々といったところです。
クリント・イーストウッドの日本軍に向ける視線て、どんなものだろ?
ちょっと時間を置いたら見てみる勇気?が出てきましたよ(苦笑)

こちらへTBさせて頂きました。宜しくお願い致します。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2006-11-12 21:15:16
■rabyrinthさんへ
ほんとに第二弾が待ち通しいですね。期待通りの出来だといいのですが。
TBありがとうございました (wanco)
2006-11-19 20:33:09
こんばんは。
TBありがとうございました。

この映画はアカデミー賞の候補になっていますよね。
第2弾の日本版も、日本人の俳優たちがどのように熱演しているのか楽しみです。
こちらからもTBさせていただきました。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2006-11-22 22:29:06
■wancoさんへ
アカデミー賞候補の発表はこれからだと思いますが、当然候補になっていい出来ですよね。
TBありがとうございました。 (t-higu)
2006-11-26 12:29:34
>硫黄島の山をかたどったケーキに赤いシロップをかける無神経さとかな。

そういうシーン、ありましたね。観ながら「おいおい」って突っ込み
たくなったのを覚えてます。
でも、確かストロベリーのソースを頼んだのは兵士自身だったような...。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2006-11-26 23:06:00
■t-higuさんへ
それにしても、あのケーキにシロップは悪趣味ですよね。戦争の愚かさを象徴するシーンだと思いました。
はじめまして (ichi-ka)
2006-12-02 14:17:31
TBありがとうございます。
僕もケーキに赤シロップは無神経すぎ! って思いました。
いろいろと考えてしまう見ごたえのある映画でした。

対話形式の記事、面白いですね。それにとても読みやすいです。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2006-12-02 23:51:53
■ichi-kaさんへ
ケーキに赤いシロップは映画史に残るシーンかもしれませんね。
TBありがとうございました (can)
2006-12-03 21:41:26
"回想シーンが今につながっているかどうか"
そうですね、この作品が他の戦争映画とは受ける印象が全然違った理由がなんとなく納得できました
「硫黄島からの手紙」も楽しみです
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2006-12-04 22:21:42
■canさんへ
噂では「硫黄島からの手紙」もこの映画に優るとも劣らない映画のようですね。そんな奇跡のようなことがあるのでしょか。楽しみです。
こんばんは♪ (miyukichi)
2006-12-08 01:03:25
 TBどうもありがとうございました。
 こちらからもTBさせていただきました。
 よろしくお願いします◎

 回想がただの回想でなく、現在につながっている。
 たしかに、なるほどと思いました。

 クリント・イーストウッドの静かなメッセージが
 ひたひたと伝わってきました。
 
 観てよかったと思います。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2006-12-09 18:42:08
■miyukichiさんへ
まったく戦闘場面も多いのに静かなメッセージが伝わってくる映画でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

69 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
父親たちの星条旗 (★試写会中毒★)
満 足 度:★★★★★★★       (★×10=満点) 監  督:クリント・イーストウッド キャスト:ライアン・フィリップ       ジェシー・ブラッドフォード       アダム・ビーチ       ジェイミー・ベル       バリ ...
父親たちの星条旗 (気まぐれ961部隊!)
クリント・イーストウッドの硫黄島二部作「父親たちの星条旗」を観てきました。 (日本側の視点で描いた作品「硫黄島からの手紙」は12月に公開されます!) 公開初日。館内は満席!! しかもエンディングが流れても席を立つ人がゼロ!←コレはエンディング ...
「父親たちの星条旗」を試写会にて鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 皆さん、こんにちはmasalaです。 昨日は、新橋のヤクルトホールにて「父親たちの星条旗」の試写会に行ってきました。 まずこの試写会、入場時に荷物検査があり入場に時間がかかる、一部の不届き者のせいで一般試写会までカメラチェックが入るのは、ちょ ...
父親たちの星条旗 (シネ・ガラリーナ)
<梅田ブルク7にて> 2006年/アメリカ 監督/クリント・イーストウッド 後生に語り継がれる戦争映画の傑作。 あまりの完成度の高さに、呆然とした。 見終わった後、ため息が漏れた。この作品に何の不満もない。あそこがこうだったら、とか、あれはないん ...
クリント・イーストウッド「父親たちの星条旗」(注意:ネタバレ) (映画とロックとミステリー)
クリント・イーストウッドという人は本当に自分(=アメリカ)に厳しい人である。映画では常に自らを傷つける。それは肉体的な部分にも、精神的部分にも当てはまる。常に自虐的で、無傷の英雄であったことが少ない。近年は特にその傾向が強い。多分自分に自信があ ...
父親たちの星条旗@映画 (こ・と・ば・言葉)
硫黄島の戦いをアメリカ側からえがく映画。クリント・イーストウッド監督。低予算の「
「父親たちの星条旗」試写会レビュー  変えられない歴史 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
言葉が出なくなった。圧倒されたと言っていい。映像、メッセージが計り知れないパワーで襲ってくる。12月公開の「硫黄島からの手紙」も渡辺謙・二宮和成・加瀬亮などがキャストで注目されるが、まずこの映画でこのプロジェクトの完成度をこの作品で理解しておく ...
「父親たちの星条旗」試写会 (Thanksgiving Day)
中野サンプラザで行われた、クリント・イーストウッド監督の映画「父親たちの星条旗」の試写会に行ってきました!! そうそう、今回は中野サンプラザに入るときのチェックが結構厳重だったんですよ。空港でやるような金属探知器によるボディチェックまでされたの ...
「父親たちの星条旗」 now roadshow! (とりあえず生態学+)
上映終了後には「硫黄島からの手紙」の予告編がありますので、是非ご覧ください。  父親たちの星条旗 製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 132分 監督 クリント・イーストウッド 原作 ジェームズ・ブ
父親たちの星条旗(クリント・イーストウッド)@109シネマズ木場 (香港旅行と映画鑑賞とラーメン二郎)
公式サイト→http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/ 決して、過度に感傷的な描写が施されているわけではない。決して、定型的な催涙演出が為されているわけでもない。戦闘シーンにおいても、悲惨なシーンは数多スクリーンに映し出されるが、むしろ、全体 ...
父親たちの星条旗 (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 132分 監督 クリント・イーストウッド 原作 ジェームズ・ブラッドリー 、ロン・パワーズ 脚本 ポール・ハギス 、ウィリアム・ブロイルズ・Jr 音楽 クリント・イーストウッド 出演 ライアン・フィリッ ...
映画~父親たちの星条旗 (きららのきらきら生活)
 「父親たちの星条旗」公式サイト3日連続試写会の第一弾はこちらの作品でした☆「硫黄島2部作」の第一弾、"アメリカからみた硫黄島"。。。"硫黄島の戦い"1945年2月16日から約1ヶ月もの間繰り広げられた日米の攻防戦。太平洋戦争末期の激戦であり、 ...
■週末の学び10/27「硫黄島」~父親たちの星条旗-硫黄島からの手紙~ (「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
超話題作です! いよいよ封切りです。
父親たちの星条旗 国際映画祭 (メルブロ)
父親たちの星条旗 上映時間 2時間12分 監督 クリント・イーストウッド 出演 ライアン・フィリップ ジェシー・ブラッドフォード アダム・ビーチ ジェイミー・ベル 、バリー・ペッパー 評価 7点(10点満点)  東京国際映画祭のオープニングで鑑賞。 ...
父親たちの星条旗 (Kinetic Vision)
写真にはフレームがあり、カメラマンは撮影の時に構図を考え、フレームの内に入れるものと外に出すものを選別する。写真が現実を写すといっても、それは当然撮影者によって選ばれた現実の一部にすぎない。ところが人はそのこ
父親たちの星条旗 (Diarydiary!)
《父親たちの星条旗》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - FLAGS OF
「父親たちの星条旗」 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
昨日公開になった「父親たちの星条旗」を観てきました。 第二次世界大戦の最大の激戦地となった硫黄島の戦いを アメリカ側と日本側の双方の視点を描いた戦争映画2部作。 今回封切となった「父親たちの星条旗」はアメリカ側からみた 硫黄島の戦いの映画。 太平洋戦 ...
「父親たちの星条旗」みた。 (たいむのひとりごと)
原題『Flags of Our Fathers』・・・なぜ、星条旗が”複数形”なのか、観ればわかる。その理由には「はぁ?」ではあるが。しかも、その出来事によってドク・アイラ・レイニー3人の半生は大きく変貌し、自分の意思とは無関係に時代に翻
父親たちの星条旗・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
一枚の有名な写真がある。 太平洋戦争の激戦地、硫黄島の擂鉢山の山頂に、星条旗を突き立てる6人のアメリカ兵を写したものだ。 1945年2月23日にAP通信のジョー・ローゼンタールによって撮影され、ピューリッツァー賞を受賞
父親たちの星条旗 (小部屋日記)
Flags of Our Fathers(2006/アメリカ) 【劇場公開】 第二次世界大戦末期、日米の激戦地となった硫黄島の戦いをアメリカ側、日本側とちがう視点で描く画期的なプロジェクト第一弾。 今回はアメリカ側から描いた作品。 原作はジェームズ・ブラッドリーとロン・パ ...
「父親たちの星条旗」英雄の存在しない戦争で英雄に祭り上げられた兵士の苦悩 (オールマイティにコメンテート)
「父親たちの星条旗」は太平洋戦争末期の1945年2月の硫黄島攻防戦をアメリカ、日本双方から描かれる事で注目の作品で、第1部はアメリカ側から描かれた作品となっている。攻防戦になると当然攻める側と守る側に分かれるが、今回は攻めて勝利したアメリカ側か ...
父親たちの星条旗 (Addicted to the Movie and Reading!)
■ 池袋シネマサンシャインにて鑑賞 父親たちの星条旗/FLAGS OF OUR FATHERS 2006年/アメリカ/132分 監督: クリント・イーストウッド 出演: ライアン・フィリップ /ジェシー・ブラッドフォード/アダム・ビーチ/ジェイミー・ベル/バリー・ペッパー ...
父親たちの星条旗 (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
                評価:★9点(満点10点) 2006年 132min 監督:クリント・イーストウッド 主演:ライアン・フィリップ ジェシー・ブラッドフォード     アダム・ビーチ ポール・ウ ...
『父親たちの星条旗』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『父親たちの星条旗』鑑賞レビュー! 世界が忘れてはいけない島がある。 戦争を終わらせた一枚の写真。 その真実。 アメリカ側の視点から描かれた 『父親たちの星条旗』は、 歴史上もっとも象徴的なイメージのひとつ "摺鉢山にアメリ ...
映画『父親たちの星条旗』 (健康への長い道)
今日は梅田ブルク7で映画を2本ハシゴしてきました鍊。 1本目は、昨日から公開の映画『父親たちの星条旗』。400席稜を超える最も大きなシアター1での上映でしたが、午前中ということもあってか、客の入りは4割程度というところ。 太平洋 ...
映画「父親たちの星条旗」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年60本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「ミスティック・リバー」「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督作品。太平洋戦争で壮絶を極めた硫黄島での戦いを、アメリカ側、日本側それぞれの視点から描く2部作の第1弾。 ...
父親たちの星条旗 (Akira's VOICE)
やりきれない悲しみと苦しさの後ろから, 人を思う気持ちが溢れてくる完成度の高い戦争映画。
『父親たちの星条旗』 (ねこのひたい~絵日記室)
今回、旗を立てるのは、硫黄臭漂うハートブレイクリッジか。3度目のオスカーか。
映画「父親たちの星条旗」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「父親たちの星条旗」 硫黄島二部作の第一弾で、硫黄島の戦いをアメリカ側の視点から描く。 「FLAGS OF OUR FATHERS」という原題の「FLAGS」と複数形になっているところがミソ。ピュリッツァー賞を取った“摺鉢山に星条旗を掲げる米軍兵士たちの写真” ...
「 父親たちの星条旗 / Flags of Our Fathers (2006) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 ・ 製作 : クリント・イーストウッド  / 製作 : スティーヴン・スピルバーグ
父親たちの星条旗 (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  ドラマ&戦争  監督:クリント・イーストウッド  出演:ライアン・フィリップ      ジェシー・ブラッドフォード      アダム・ビーチ      ジョン・ベンジャミン・ヒッキー 太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本 ...
「父親たちの星条旗」 (しんのすけの イッツマイライフ)
映画のジャンルに、 記録映画とドキュメンタリーと、 フェクションとノンフェクションがあるならば、 この「父親たちの星条旗」は、 限りなく記録映画を見ている気持ちになる、 ドキュメンタリーに見えるノンフェクション映画。
父親たちの星条旗 (悠雅的生活)
戦争を語るのは、戦争を知らない者たちだ
『父親たちの星条旗』、観ました。 (肯定的映画評論室ココログ支店)
 『父親たちの星条旗』、映画館で観ました。 太平洋戦争末期、激戦の地となった硫黄島の
父親たちの星条旗 (2006) FLAGS OF OUR FATHERS  132分 (極私的映画論+α)
 太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本軍の予想以上の抵抗に苦しめられ、戦闘は長引き、いたずらに死傷者を増やす事態に陥っていた。そんな中、擂鉢山の頂上に星条旗が高らかに翻る。この瞬間を捉えた1枚の写真が銃後のアメリカ国民を熱狂させた。 ...
父親たちの星条旗  試写会 (レンタルだけど映画好き )
戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。 2006年 アメリカ 監督 クリント・イーストウッド 出演 ライアン・フィリップ/ジェシー・ブラッドフォード/アダム・ビーチ/ジェイミー・ベル/バリー・ペッパー/ポール・ウォーカー/ジョン・ベンジャミン・ヒッキー/ ...
父親達の星条旗 (そーれりぽーと)
映画監督クリント・イーストウッドが、名作『ミリオンダラー・ベイビー』の次に撮る映画はアメリカ目線の太平洋戦争映画。と、当初聞いていたのですが、蓋を開けてみると日本目線の映画と同時に撮影をしていたらしい。 そこはかとなくガッカリしていたのに、なんだ ...
試写会「父親たちの星条旗」 (日々“是”精進!)
昨夜は、ワーナー・マイカル・シネマズで行われた「父親たちの星条旗」の試写会に出席してきましたクリント・イーストウッド監督による戦争大作”硫黄島二部作”の第1弾。歴史的に有名な報道写真”硫黄島での国旗掲揚”に写された英雄たちを主人公に、米軍史上最 ...
父親たちの星条旗 (とにかく、映画好きなもので。)
   硫黄島をアメリカと日本、両方の視点から描いたクリント・イーストウッド監督のアメリカ側視点の作品。  あの写真はあまりにも、鮮烈すぎた。  スクリーンに現れるだけで、ハッとしてしまう写真。冒頭から一葉の写真が披露される。これは ...
真・映画日記(5)『父親たちの星条旗』 (CHEAP THRILL)
(4から) シネ・アミューズを出て渋谷駅へ。 人混みでまいる。 なんとかかきわけながらJR山手線で新宿に移動。歌舞伎町のコマ劇場前の映画街へ。 『父親たちの星条旗』はミラノ座で上映。 スクリーンがでかくていい。 『父親たちの星条旗』は悪くはな ...
FLAGS OF OUR FATHERS 『父親たちの星条旗』 (銅版画制作の日々)
この一枚の写真が戦争を終わらせた。その真実とは・・・。2006年8月、ひとりの写真家がこの世を去った。ジョー・ローゼンタール、享年94歳。61年前彼が撮影した一枚の写真が、太平洋戦争の運命を変えた・・・・・。 その写真は1945年2月23日、日 ...
父親達の星条旗 (シャーロットの涙)
原作はジェイムズ・ブラッドリー、ロン・パワーズ著のベストセラー「硫黄島の星条旗」。 日米双方の視点から、太平洋戦争最大の激戦地といわれる硫黄島・擂鉢山に星条旗をを打ち立てた6人の兵士の死闘と、生き残った3人のその後の人生を描く。 クリント・イースト ...
【劇場鑑賞120】父親たちの星条旗(FLAGS OF OUR FATHERS) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。
父親たちの星条旗/ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ (カノンな日々)
この作品で描かれてることって全て史実なんでしょうか?第二次世界大戦で硫黄島が最大の激戦地であったことは教科書などでちょこっと勉強したことくらいはありましたけど、あの硫黄島を取り囲んだ米軍艦隊の大群には正直驚きました。エンディングロールでは実際の ...
父親たちの星条旗 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★ たった一枚の写真に、戦争に疲れていたアメリカ国民が熱狂し、再び戦意を高潮させた 熱狂する国民の裏で、英雄に祭り上げられた三人の若い兵士の苦悩を描いた、とても切なくなる映画だ。当時、戦争資金が底を付き、彼らをキャンペーンボーイとし ...
「父親たちの星条旗」 (てんびんthe LIFE)
「父親たちの星条旗」丸の内プラゼールで鑑賞 クリント・イーストウッドが描く戦争は、たしかに今までの戦争映画とは一線を隔したものでした。スピルバーグが総指揮をとったので、戦闘シーンは確かに激しく残酷なものも感じられましたが、イーストウッドの人柄 ...
人間の愚かさを痛感する 【父親たちの星条旗】 (犬も歩けばBohにあたる!)
この映画を見るまで、硫黄島のことを全く知りませんでした。 名前ぐらいは聞いたこと
父親たちの星条旗(2006米) (WAKOの日常)
(10月26日@よみうりホール) 今日こそ、思っていた映画と違っていました。もちろんあらすじを読まずに鑑賞する私は、このタイトルと写真から英雄崇拝の映画だと思っていたのです。 第2次世界大戦の重大な転機となった硫黄島の戦いで、米軍兵士たちはその勝 ...
『父親たちの星条旗』 (流れよわが涙、と、おぢさんはゆった)
五反田勤務になったからというわけではないが、散々悪口を言ったJRのグリーン車に乗ってみた。 いや~、バカバカしい。 オイラが乗る駅ですでにグリーン車の席は埋まっていて、池袋すぎないと席が空かない。 つまり、通常の乗車券+グリーン券700円チョイを払っ ...
★「父親たちの星条旗」 (ひらりん的映画ブログ)
クリント・イーストウッド監督の「硫黄島二部作」の第一弾。 日米決戦の激戦地・硫黄島を日米両方から撮るという趣向。
父親たちの星条旗by高村英次さん (試写室だより ただいま編集中!)
メールマガジン「試写室だより封切はこれからだ!」最新号(第七号)から、『父親たちの星条旗』のコメントを続けます。札幌の映画ライター高村英次さんは、裏ベストにご選出でした。当然ベストに入れるべきですが、公開中なので裏ベストに。複雑な原作をさらに複 ...
父親たちの星条旗(FLAGS OF OUR FATHERS)2006 (左前ごまちゃん映画狂日誌)
 う~むむ 見なくて済むものなら・・・ (苦笑)と思いつつ・・・   クリント・イーストウッドの描く “戦争” を、見極めたくて行って参りました。やはり、全体的に “渋い” 印象でした。日本の本土を攻めるには、ここを足場に! という思惑の米軍と、断固 ...
父親たちの星条旗 (愛猫レオンとシネマな毎日)
クリント・イーストウッド監督の新作2本は太平洋戦争のターニングポイントとなった硫黄島の戦いを日米双方の視点から描き分けた作品です。 このような連作パターンは初めてだと思う。 それに12月公開の「硫黄島からの手紙」は全編、日本語。ハリウッド映画で ...
『父親たちの星条旗』と教育基本法 (再出発日記)
監督:クリント・イーストウッド出演:ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ力作である。冒頭近く小山を兵士三人が上っていって旗を立てる。突然視界が開けて球場の中。満員の大歓声と、花火。そこは硫黄島ではなく、アメリカ本土だ ...
父親たちの星条旗 (It's a Wonderful Life)
最近「911」を扱った映画が2本公開されましたけど、 何故あんなテロを起こすに至ったかを描く視点の映画も観ないと 何となく事実を公平に判断出来ない気がしていました。 ところがこの「父親たちの星条旗」はアメリカ側の視点、 「硫黄島からの手紙 ...
父親たちの星条旗(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】クリント・イーストウッド 【出演】ライアン・フィリップ/アダム・ビーチ/ジェシー・ブラッドフォード/ジェイミー・ベル/バリー・ペッパー 【公開日】2006/10.28 【製作】アメリカ 【ストーリー
『父親たちの星条旗』 @ユナイテッドシネマとしまえん (映画な日々。読書な日々。)
ウィスコンシン州で葬儀社を営むひとりの老人が、長い人生に別れを告げ、最期の時を迎えようとしている。彼の名前は、ジョン・“ドク”・ブラッドリー。1945年、海軍の衛生兵として硫黄島の戦いに赴き、激戦を戦い、そこで撮られた1枚の写真によってアメリカ中から ...
いつの時代も変わらない情けない出来事。『父親たちの星条旗』 (水曜日のシネマ日記)
第二次世界大戦時の硫黄島での戦いをアメリカ側の目線で描いた作品です。
「父親たちの星条旗」 (prisoner's BLOG)
「プライベート・ライアン」以来、戦闘シーンの“リアリティ”は格段に向上したが、客席に銃弾が本当に飛んでくることは、当然ながら、ない。 この映画の全体にモノトーンで統一された画面では血や内臓の毒々しい色は目立たない。 代わりに最も赤が目をさすのは、 ...
父親たちの星条旗 (プロミストランド)
FLAGS OF OUR FATHERS 監督/クリント・イーストウッド 出演/ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ他 製作国/アメリカ 日本公開/2006.10.28 ★★★★★ この映画観て、ますますクリント・イーストウッドの才能に惚れました。 戦闘シ ...
父親たちの星条旗 (夫婦でシネマ)
硫黄島に上陸する米軍兵士、船艇の圧倒的な物量。戦争は工業力の勝負とは言いますが、日本兵がいかに優秀でもこれでは勝ち目はありません。
【MOVIE 】父親たちの星条旗 (思いつくままに)
■感想など 戦争に英雄なんていないんです...。 第二次大戦、硫黄島での出来事を日米両方の視点から描いた作品の、米国側の 視点での物語です。 写真の力というものは、恐ろしいものがありますね。 それがどんな状況、理由で撮られたものだろうと、観た人が受 ...
父親たちの星条旗 (シュフのきまぐれシネマ)
父親たちの星条旗  @ユナイテッドシネマとしまえん 11月11日(土) 公式サイトはコチラ ドキュメンタリータッチで真摯な姿勢が伝わる作品でした クールな印象を受けますがそれが彼らにとっては 戦争が日常であったのであろうと思わせ ...
父親たちの星条旗 (奥様的部屋)
硫黄島プロジェクト第1弾 公式サイト 激しい戦闘シーンが繰り広げられながらも、なんだか淡々とした印象が残った映像と対照的に抑えられた音楽のせいもあるかもしれないが、そもそもこの映画のテーマが戦闘そのものではなく、戦地から帰還した(させられた)兵士 ...
父親たちの星条旗 (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画 「父親たちの星条旗」     (クリント・イーストウッド:監督・製作・音楽/      スティーブン・スピルバーグ、ほか:製作)  を、昨日観てきました。      糸井重里さんが、ブログ(「今日のダーリン」)で、  「いいとか悪いとかじゃなく ...
父親たちの星条旗 (PARANOIA-blog)
第二次世界大戦末期、アメリカ軍が硫黄島の日本軍を攻撃する。激戦の末、星条旗を掲げ
「父親たちの星条旗」 (共通テーマ)
今なおアメリカ人の愛国心を鼓舞してやまない1枚の戦争写真。その被写体である6人の兵士たちを待っていたのは…。(「MARC」データベースより) 「英雄」という名に翻弄され、苛まれた若者たちの姿を描いたこの映画、あなた
父親たちの星条旗 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『アメリカから見た硫黄島 戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。』  コチラの「父親たちの星条旗」は、硫黄島の戦いをアメリカ側の視点で描いたクリント・イーストウッド監督作品なんですが、10/28公開になったので、観てきちゃいましたぁ~♪  確か教科書に...
【映画】父親たちの星条旗…俄かイーストウッドファンなピロEK(その1) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
「ハッピーフライト」の記事で予告したとおり、本日もう一個の投稿です{/face_yaho/} 今日の午前中の行動です。 モンスターハンターのイベントがあると聞き付け、友人宅に宿泊した息子を回収後、西日本総合展示場まで行ってみました{/cars_red/}{/dododo/} 結構な入場者...