【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「マイ・バック・ページ」

2011-06-02 | ★橋63系統(小滝橋車庫前~新橋駅)

山下敦弘監督、微妙な題材を選んじゃったかなあ。
どうして?
だって、全共闘運動が激しかった1970年前後に事件を起こした左翼思想の学生と若きジャーナリストにまつわる話だぜ。
いまどき、ハードな題材に、いつもは脱力系の山下敦弘監督が臨む。野心的な試みじゃない。
あの時代を知っている観客がまだまだ健在な中で、あの時代を知らない連中がつくるんだぜ。そうとう厳しい視線にさらされてもしょうがない、勝ち目の薄い企画だ。
最初から、負けている?
負けた側の連中を描く話だから、それでいいのかもしれないけど。
妻夫木聡扮するジャーナリストは自分と取材対象者の距離に悩み、松山ケンイチ扮する学生は安田講堂の立て籠もりに間に合わなかった。取材する側とされる側とはいえ、時代の焦躁感にかられた二人が近づいていくのは必然よね。
というところだけど、そのきっかけが「雨を見たかい」じゃあ、ちょっと弱いような気がしないか。CCRっていえば、あのころは猫も杓子も知っていた。
もうひとひねり、二人が共感しあう二人だけのエピソードがあってもよかったかもしれないわね。
でなければ、妻夫木聡はただ単に松山ケンイチに騙されただけのお坊ちゃんに見えてしまう。
結局、松山ケンイチはただの犯罪者だったのか、それとも崇高な思想犯だったのか。
どっちにしたっていまの感覚ならただの犯罪者だけど、あの頃、思想犯っていうと何か錦の御旗を得たみたいな妙な空気感があったのは確かだ。妻夫木聡がひかれていったのも仕方ないところはある。
政治の季節の熱狂、あるいは熱狂のあとの残り火の時代だからね。
でも、そういう気分がやっぱり足りないかなあ。そういう時代だったんだ、って観客をねじふせるだけのつくりにはなっていない。
時代に動かされちゃったなあ、っていう感慨がね。
それを“涙”のほうに持っていっちゃったけど、“涙”というより“ため息”に近い気がするんだよなあ。
「いろいろあったけどおもしろかったよなあ」とか「きちんと泣ける」というより、「仁義なき戦い 頂上作戦」で菅原文太がつぶやいていたような「俺たち間尺に合わない仕事したなあ」っていう湿気た気分。
そう、かっこよすぎるんだよ、妻夫木君。
原作者が川本三郎だけに映画にまつわる会話もいろいろ出てくるけど、あれも、もうちょっと深掘りしてほしかった。
「ファイブ・イージー・ピーセス」とか「真夜中のカーボーイ」とかグッとくる選択だけど、会話でちょっと触れるだけじゃ、ああいう映画の凄さの核心がよくわからない。そこで涙のありがたみを語られても、実際に映画を観てない人に伝わるんだろうか。
「真夜中のカーボーイ」の絶望的な二人組に比べると、この映画の二人組はまだまだ甘っちょろい?
この映画も、もっとハッタリを効かせてほしかった。
そういう意味では、松山ケンイチがエセ自衛隊員を仲間に引き込むくだりはそうとうキてたけどね。
もっとああいう狂気が漲っていれば時代の何かをすくいとれたかもしれない。
それは本来、脱力系の山下敦弘監督の限界かしら。彼にしては意外なほど誠実な映画に仕上がっていて驚いたんだけど。
平山みきの歌つながりの画面転換は、キてたけどな。
この際、いつもの山下敦弘らしく、ウダウダの映画にしていたら、それはそれでおもしろかったかしら。
神代辰巳の映画みたいにか。
誰、それ?
エッ、お前何年生まれだ?


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ブラック・スワン」 | トップ | 「愛の勝利を ムッソリーニ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
マイ・バック・ページ (LOVE Cinemas 調布)
作家・評論家の川本三郎が自らの体験を綴った同名の回想録を映画化。1969年から72年と言う学生運動が終わりに近付いた時期を舞台に、雑誌記者と活動家の出会いから破滅までを描く。主演は『悪人』の妻夫木聡と『ノルウェイの森』の松山ケンイチ。共演に忽那汐里、中...
[映画の短い感想]メアリー&マックス イリュージョニスト ダンシング・チャップリン ブラック・スワン マイ・バック・ページ (タニプロダクション)
メアリー&マックス 「共産主義」って言葉が出てくる映画を久しぶりに観ました。 思いもよらない文通から始まる物語、ということで、インターネットが普及して交流が変化している現代にも心打つものがあります。 クレイアニメーションに慣れるまでにやや時間が要りました...
「若さ」という熱病~『マイ・バック・ページ』 (真紅のthinkingdays)
 東大を卒業し、念願のジャーナリストになるべく東都新聞に入社、雑誌記者と して働く沢田(妻夫木聡)。1971年、彼は梅山と名乗る学生運動の活動家(松山 ケンイチ)と接触し、ある事件に巻き込まれる。...
『マイ・バック・ページ』 (ラムの大通り)
※ネタバレ注:ラストに触れています。 ----これは、フォーンも一緒に観た映画。 えいが、とても観たがっていたし、 じゃあ、付き合ってみようかと…。 でも、ニャんだか複雑な顔してたね。 「うん。 これって、原作が川本三郎氏。 彼の実体験に基づいた話だよね。 観て...
『マイ・バック・ページ』 (beatitude)
1969年。理想に燃えながら新聞社で週刊誌記者として働く沢田雅巳(妻夫木聡)は、激動する“今”と葛藤しながら、日々活動家たちを追いかけていた。それから2年、取材を続ける沢田は、先輩記者・中平武弘(古舘寛治)とともに梅山(松山ケンイチ)と名乗る男....
映画「マイ・バック・ページ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「マイ・バック・ページ」観に行ってきました。 学生紛争の末期となる1969年から1972年の日本を舞台に、雑誌記者と自称革命家との出会いから破滅までを描く、妻夫木聡と松山ケンイチ主演の作品です。 この映画は、1971年8月21日の夜に実際に起こった...
山下敦弘監督 「マイ・バック・ページ」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
妻夫木聡と松山ケンイチが共演し、1970年代初頭の全共闘運動を舞台に描いた映画、というくらいの感覚で、正直関心はなかったのですが キネ旬での評価が結構良いので、やっぱ観ておくべきかと 今日の休みに観てきました。 http://mbp-movie.com/ 原作は評論家・川....
『マイ・バック・ページ』 若者に足りないものは? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  誰が云ったか知らないが、よく持ち出される言葉にこんなものがある。[*]  「20歳までに左翼に傾倒しない者は情熱が足りない。20歳を過ぎて左翼に傾倒している者は知能が足りない...
山下敦弘・監督『マイ・バック・ページ』Have You Ever Senn The Rain? (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。川本三郎がジャーナリスト時代の経験を記したノンフィクション『マイ・バック・ページ』を『リンダ リンダ リンダ』『松ヶ根乱射事件』『天然コケッコー』の山下敦弘監督が映画化。
『マイ・バック・ページ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「マイ・バック・ページ」□監督 山下敦弘 □脚本 向井康介□原作 川本三郎 □キャスト 妻夫木 聡、松山ケンイチ、忽那汐里、中村 蒼、韓 英恵、長塚圭史、あがた森魚、三浦友和■鑑賞日 6月5日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの...
マイ・バック・ページ (映画的・絵画的・音楽的)
 『マイ・バック・ページ』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)こうした40年ほども昔の、それも学生闘争という特殊な事柄を扱った映画なら、入りがかなり悪いのではと思っていたところ、日曜日に見たせいかもしれませんが、吉祥寺の映画館でもかなり観客が入ってい....
■映画『マイ・バック・ページ』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
妻夫木聡と松山ケンイチの競演が話題の山下敦弘監督の映画『マイ・バック・ページ』。 1969年から始まる映画というので、“LOVE & PEACE”で牧歌的でハッピーな青春物語かと思いきや、学生運動家とそれを取材するジャーナリストを描いたビターな物語でした。 あるシ...
「マイ・バック・ページ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・日本/配給:アスミック・エース監督:山下敦弘プロデューサー:青木竹彦、根岸洋之、定井勇二原作:川本三郎脚本:向井康介 元・朝日新聞社記者の川本三郎による同名のノンフィクションを、「リンダリ
映画『マイ・バック・ページ』 (虎犇秘宝館)
監督 山下敦弘 妻夫木聡 (沢田雅巳)松山ケンイチ (梅山)忽那汐里 (倉田眞子)石橋杏奈 (安藤重子)韓英恵 (浅井七重) 東大安田講堂事件をきっかけに全共闘運動が急激に失速を見せていた、1969年。東都新聞社で週刊誌編集記者として働く沢田は、取材対象であ...