【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「グッド・シェパード」:渋谷駅東口バス停付近の会話

2007-10-24 | ★池86系統(東池袋四丁目~渋谷駅)

渋谷駅東口といえば、忠犬ハチ公よね。
ハチ公の像があるのは、”東口”じゃなくて、”西口”だぞ。
東でも西でもいいじゃない、どっちにしても渋谷駅なんだから。
いいや、東と西では大違いだ。とくに、冷戦の時代だったら天と地の差だ。
そりゃ、冷戦の時代に東西陣営が火花を散らすような熾烈な争いをしていたのは、「グッド・シェパード」を観てもよくわかるけど。
第二次大戦の前からキューバのピッグス湾事件までの時代を描いた、CIA秘話だ。
といっても、ただの歴史ものではなく、大きな時代の流れに翻弄されていく一家族の物語でもある。
マット・デイモンが、CIAの前身の秘密結社に招かれ、CIA創設にもかかわり、組織の中でどんどん重要な立場になっていく。
それと反比例するように妻のアンジェリーナ・ジョリーが心身ともに壊れていく。
悪い夫だったっていうんじゃなくて、CIAっていう職業が、公私の区別もなく、監視しながら監視され、神経をすり減らすばかりで、誰も信用できない職業だから、しょうがないんだよな。
そうかしら。最初はきらびやかに登場してきたアンジェリーナ・ジョリーがみるみる精彩をなくしていくんだもの、同じ美女として正視できなかったわ。
「同じ美女」じゃない、単なる「同じ女」だろ。
私だったらやだな。ああいう、すべてを秘密にしなければいけないような職業の人と結婚するのは。
心配するな。そういうエリートはお前には寄ってこない。
最後にはマット・デイモンも「国をとるか家族をとるか」みたいなことを言われて、究極の選択よね。でも、ワーワー騒いだりしないで、あくまで冷酷に対処していく。まるでマフィアのボスみたい。
CIAもマフィアも冷酷非情じゃなきゃやっていかれないっていう意味では、同じようなものなんだろうな。まるで「ゴッドファーザー」の姉妹篇を観ているような展開だったもんな。
うん、マット・デイモンがアル・パチーノで、アンジェリーナ・ジョリーがダイアン・キートン。
フランシス・フォード・コッポラが製作にからんでるし、ロバート・デ・ニーロが監督しているんだから、当然といえば当然か。
ラスト近くの悲劇なんて「ゴッドファーザー」のテーマ曲が流れてもおかしくないようなカットバック。
ああ、うるわしき「ゴッドファーザー愛のテーマ」。どうして最近はああいう、めくるめくような映画音楽がないんだろう。
でも、コッポラが監督していないぶん、けれんのない、とても誠実な映画に仕上がっていたわね。
ドンパチもなく、地味というか、正統派の風格を醸し出す映画になっていた。
最初は、マット・デイモンじゃなくて、デカプリオがキャスティングされていたらしわよ。
うそ!
結果オーライってやつね。デカプリオが嫌いなわけじゃないけど、「ディパーテッド」の悪夢再びになっていた可能性もあるものね。
スターとしての花より、地に足のついた演技が必要な映画だもんな、この映画は。
マット・デイモンは、職業がら、台詞で多くを語れない役を細心な演技でこなしていたわ。
手紙をろうそくのようにして火を点し、灰にしていくシーン。あの一瞬の、黄金色の輝き。あれは「パンズ・ラビリンス」の王宮の黄金色に通じる、実に味わい深い輝きだった。
ははあ、そうきたか。
この醜い世界に救いはあるのか。希望の光はいったいどこにあるのかってことさ。
うーん、どう思う?忠犬ハチ公さんは。
おいおい、いくらご主人様に忠実なハチ公でも、秋田犬に聞いたらダメだろう。
やっぱりシェパードじゃなきゃダメかな。
ああ、「グッド・シェパード」って「良き羊飼い」、つまり忠実な羊飼いっていう意味なんだから、犬に聞きたきゃ、牧羊犬にすべきだな。
でも、ハチ公がいるのは、”西側”よ。


ブログランキング降下中。クリックをぜひ、ひとつ。

渋谷駅東口バス停



ふたりが乗ったのは、都バス<池86系統>
東池袋四丁目⇒東池袋一丁目⇒池袋駅東口⇒南池袋三丁目⇒東京音楽大学前⇒千登世橋⇒学習院下⇒高田馬場二丁目⇒学習院女子大前⇒都立障害者センター前⇒新宿コズミックセンター前⇒大久保通り⇒東新宿駅前⇒日清食品前⇒新宿伊勢丹前⇒新宿四丁目⇒千駄ヶ谷五丁目⇒北参道⇒千駄ヶ谷小学校前⇒神宮前一丁目⇒表参道⇒神宮前六丁目⇒宮下公園⇒渋谷駅西口⇒渋谷駅東口



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ヘアスプレー」:渋谷駅西... | トップ | 池86系統のバス停と25本の映... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mint)
2007-10-26 11:22:15
こんにちは。
人間ドラマという感じで見ごたえのある映画でした。
当初はデカプリオがキャスティングされていたんですか?
う~ん、ここはやっぱりマット・デイモンという気がしますが…。
手紙を燃やすシーンもよかったですよね。
「パンズ・ラビリンス」までは思い至りませんでしたけど。

コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-10-26 17:31:57
■mintさんへ
まさしく本格的な人間ドラマでしたね。
それだけにマット・デイモンで
よかったと思いました。
「ブラッド・ダイヤモンド」のような
アクションドラマならデカプリオもはまると思いますが。
Unknown (mig)
2007-10-26 21:30:36
ジョーさん★

コメントありがとです

ディカプリオでも良かったかもだけど、それこそアンジーとは姐さん女房みたいで不釣り合いですね(笑)

マットは寡黙な男が似合います 

お父さんの手紙、わたしなら気になってすぐあけちゃうなぁ
こんばんわ! (かいこ)
2007-10-27 00:01:49
TB&コメントありがとうございました!

私もディカプリオじゃなく寡黙なマットでよかったと
思いました~
CIAエージェントぽいですよネ。

私はエドワードの受け身人生がかなり気になりました^^;
火つけるシーン、印象的でした~
最初手紙折ってナニするのかと思っちゃいました^^;
見てきました (くまんちゅう)
2007-10-27 12:42:59
ゴッドファーザーの雰囲気をかもし出してましたね、マットの無表情は非常なマフィアのボスと繋がる物がありました。

歴史的に見れば失敗続きなのにここまで大きくなったCIAという組織は不気味ですね。
でもtheが付かないのはFBIも同じですが、如何な物でしょうか?
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-10-27 18:30:27
■migさんへ
たしかにデカプリオとアンジーだったら、最初からまともな夫婦に見えなかったかもしれませんね。マットでよかった。

■かいこさんへ
お父さんの手紙をああいう場面で開けるというのは、ちょっとわざとらしいかもしれませんね。でもあの炎にはやられました。

■くまんちゅうさんへ
CIAもマフィアもいかがわしさでは同じような匂いがします。世の中、こういう組織が生き残っていくのかと思うとちょっとフクザツですね。
うちの彼も (miyu)
2007-10-29 21:26:05
ちょっと「ゴッドファーザー」ちっくかなぁ~なんて
言ってました。
ついでに3部作もいける!なんて盛り上がってましたけど、
続編のウワサもあるみたいですね。
私もまったく心配ありませんが(笑) (くろねこ)
2007-10-29 22:35:50
あなたはホントはCIA・KGB・FBI?なんて
周りが皆ホントは誰だか分からないなんて
最悪な気分です。私もこんな世界の男とは
結婚したくありませんへへっ
私の頭では理解できない事が多い作品でしたが
なぜかどんどん引き込まれてしまう
 重厚な作品でしたね~
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-11-03 16:54:26
■miyuさんへ
CIAとマフィアって警察とやくざみたいなもので、似ているんですよね。「ゴッドファーザー」ぽくなるのも当然かもしれません。
続編観たいなあ。

■くろねこさんへ
あなたは誰?なんて思いながら一緒に暮らすなんてできませんよね。もっとも、この夫婦、一緒に暮すことさえ許されないのでした。本物のCIAの夫婦が観たらどう思うんでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「グッド・シェパード」みた。 (たいむのひとりごと)
そもそも日本語には”THE”のような冠詞がないし、ニンジンは1本でも2本でもニンジン。そんなことは疑問にすら思わないので、”THE”が有ろうが無かろうが「それがどうかした?」であってピンと来ないのだけ
グッド・シェパード (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『CIA』と聞いただけで気分が高揚する性質なので楽しみにしていた映画―【story】1961年4月17日、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦がCIA内部の情報漏れにより失敗し、CIAは窮地に立たされる。その数日後、作戦を指揮したエドワード(マット・デイモン)の元にC...
グッド・シェパード (ネタバレ映画館)
“グッド・シェパード”とは千昌夫の良き妻のこと・・・(うその情報です)
「グッドシェパード」 (-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-)
平板の3時間はとても長い。この作品の最大の欠点は、主人公に説得力がないこと。M.デイモンの見かけがどうのという話は置いておくとしても、どうみても彼がCIAの中枢として活躍をしたように思えません。できちゃった婚に至ってしまったり、国の最重要機密を簡単に漏らし....
「グッド・シェパード」 (かいコ。の気ままに生活)
ロバート・デ・ニーロ監督、CIA誕生秘話と一人の男の苦悩。「グッド・シェパード」公式サイトあらすじ:1961年4月17日、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦がCIA内部の情報漏れにより失敗し、CIAは窮地に立たされる。その数日後、作戦を指揮したエドワード(....
「グッド・シェパード」を観る (紫@試写会マニア)
この時期東京では恒例になってきた『GTFトーキョーシネマショー2007』最期を締めくくる作品、「グッド・シェパード」を観てきました。 最近来日したロバート・デ・ニーロ(彼の名前を聞くだけで若干緊張するー)が、監督兼出演し、「10年暖めた」という入魂作品は...
グッド・シェパード /THE GOOD SHEPHERD (我想一個人映画美的女人blog)
タイトルの『グッド・シェパード』とは新約聖書で"よい羊飼い" ヨハネによる福音書には"わたし=イエスは良い羊飼いである。良い羊飼いは羊のために命を捨てる。"とある。 内容は全く気にかけずに、デニーロが『レイジング・ブル』以来 13年ぶりの監督作っていう興味だ...
グッド・シェパード THE GOOD SHEPHERD (俺の明日はどっちだ)
仕事と家族の狭間で揺れる主人公の葛藤を軸にCIA誕生秘話を壮大なスケールで描く製作総指揮にフランシス・フォード・コッポラを迎えたロバート・デ・ニーロ監督作品。 あえて例えるならば、まるでジョン・ル・カレあたりの分厚い上下巻に分かれたハードカヴァーミステ...
『グッド・シェパード』 (いつか どこかで)
今日の映画は『グッド・シェパード』です。
グッド・シェパード(映画館) (ひるめし。)
いくつ愛を失くせば、この国を守れるのか。
映画 【グッド・シェパード】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「グッド・シェパード」 ロバート・デ・ニーロが監督・製作・出演の三役をこなす重厚なCIA誕生物語。 おはなし:1961年4月17日、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦がCIA内部の情報漏れにより失敗し、CIAは窮地に立たされる。その数日後、作戦を指揮...
愛国心の代償は、人の心を失う事●グット・シェパード (Prism Viewpoints)
いくつ愛を失くせば、この国を守れるのか。 CIA誕生にすべてを捧げた男の物語。 『The Good Shepherd』 グッド・シェパード - goo 映画 1961年、キューバのカストロ政権転覆を目論んだ、 ピッグス湾侵攻作戦がCIA内部
グッド・シェパード (Diarydiary!)
《グッド・シェパード》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - THE GOO
グッド・シェパード (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  ドラマ&サスペンス  監督:ロバート・デ・ニーロ  出演:マット・デイモン      アンジェリーナ・ジョリー      アレック・ボールドウィン      ロバート・デ・ニーロ 【物語】 第二次大戦間近のアメリカ。イエール大学に通うエ...
グッド・シェパード (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『いくつ愛を失くせば、 この国を守れるのか。』  コチラの「グッド・シェパード」は、名優ロバート・デ・ニーロの監督2作目となる"CIA誕生にすべてを捧げた男の物語"で、10/20公開となっていたサスペンス・ドラマなのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  製作総...
【2007-151】グッド・シェパード(THE GOOD SHEPHERD) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? CIA誕生にすべてを捧げ 闇の中へ <家族>と<組織>の間で キューバ危機から冷たい戦争へ いくつ愛を失くせば、 この国を守れるのか。
グッド・シェパード (★Shaberiba ★)
「いくつ愛を失くせば この国を守れるのか・」 彼の愛って・・届くことがあるのだろうか・・。 CIAの誕生に関わった1人の男の壮大な人間ドラマである。
「グッド・シェパード」  (ハピネス道)
去年の12月に注目作品として取り上げて以来 かなり長いこと待ちました。 期待以上の見応えある重厚な作品でした。 2時間47分、ドラマに惹き付けられ続けました。 デニーロ監督、お見事です! 1930~60年代にかけて、 第2次世界大戦を経てCIAが出来上がるまで...
グッド・シェパード (さくらの映画スイッチ)
迷走気味なあたしの疑問。・・・・・疑問に思う前提の理解が間違ってるかもしれない、考えても答えの出ないあたしの小さな疑問。(かなりネタバレあり)
「グッド・シェパード」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Good Shepherd」2006 USA CIA誕生の秘話を描いた社会派ドラマ。 諜報部員エドワード・ウイルソンに「ディパーテッド/2006」のマット・デイモン。 彼の妻となるクローバーにアンジェリーナ・ジョリー。 監督&将軍役にロバート・デ・ニーロ。 脚本はエリック・...
真・映画日記『グッド・シェパード』 (          )
10月25日(木)◆604日目◆ いやあ、デ・ニーロも重くて手応えがある映画を作ったねぇ~~~。 FFコッポラ、スコセッシの後継者はデ・ニーロかも。 『グッド・シェパード』はCIAの創設から携わった諜報員の「仕事(任務)」と犠牲となる「家族」を濃厚に描いた作...
グッド・シェパード (Kinetic Vision)
キューバ危機の時代である現在と、第二次世界大戦前夜の過去が交互に語られ、過去は徐々に現在に近づいていく。一人の男がスパイとして生きてきた半生、スパイを父に持った息子、スパイを夫に持った妻の物語が過去のパートで語られ
【グッド・シェパード】 (+++ Candy Cinema +++)
【THE GOOD SHEPHERD】 監督 ロバート・デ・ニーロ  製作総指揮 フランシス・フォード・コッポラ   脚本 エリック・ロス  製作年度 2006年  日本公開  2007年10月20日   上映時間 2時間47分  製作国 ア
良き羊飼いの物話☆『グッド・シェパード/THE GOOD SHEPHERD』 ☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
ロバート・デ・ニーロ&マット・デイモン&アンジェリーナ・ジョリーってことで、内容的には難しい作品だとはわかっていたけど楽しみにしていた本作。 やっぱり難しいし、緊張感がイマイチだったので、167分はかな~り長く感じた…(-_-#)
グッド・シェパード (映画通の部屋)
「グッド・シェパード」THE GOOD SHEPHERD/製作:2007年、アメ
★「グッド・シェパード」 (ひらりん的映画ブログ)
マット・デイモン主演のCIAもの。 といっても、第二次大戦の戦中・戦後のCIA創成期のお話。 監督は名優ロバート・デ・ニーロ。
グッド・シェパード・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
マット・デイモンがCIAのエージェントを演じると言っても、出世したジェイソン・ボーンの話ではない。 ロバート・デ・ニーロ監督の「グッド・シェパード」は、一人のエージェントの半生を通して、CIAの創成と、諜報と
グッド・シェパード (銅版画制作の日々)
    この男がいたからCIAは生まれた。   創設当初はわずか17、8人でスタートし、いまや2万9千人を擁するまでに成長した、世界最高の諜報機関であるCIA   正確な時代考証に基づき、CIA誕生秘話と冷戦時代のスパイ活動にまつわる興味深い史実を...
【映画】グッド・シェパード…分かりやすいけどピンときていません (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/} 先日、嫁さんが急に言い出したのですが… 芋洗坂係長って、うちの嫁さんと高校の同級生らしいのです{/hiyob_hat/} 芋洗坂係長がTV{/tv/}によく出てくるようになって結構経ちますが、今まで全然気がつかなかったらしいです{/face_ase1/} 他にも同じ高校の...
『グッド・シェパード』'06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1961年、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦がCIA内部の情報漏れにより失敗しCIAは窮地に立たされる。その数日後、作戦を指揮したエドワード(マット・デイモン)の元にCIA内通者と敵側スパイと思われる男女が映ったテープが届く・・・。感想....