【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「デス・プルーフinグラインドハウス」:都立障害者センター前バス停付近の会話

2007-09-01 | ★池86系統(東池袋四丁目~渋谷駅)

この道を行くと、新宿スポーツセンターがあるはずよ。
スポーツはもういいよ。
どうして?
タランティーノの「デス・プルーフinグラインドハウス」を観たら、スポーツをしたあとのような爽快感を覚えたからな。
ああ、そういう感想もあるんだ。
あのカーチェイスはスカッとしたと言うしかないだろう。
後半はそうだけど、前半は?
前半は、まあ、爽やかさとは無縁のジトッとした話だったな。
この映画、グラインドハウスという、かつてアメリカにあったB級映画を連続上映する場末の映画館向けにつくられた映画を復活させようと、ロバート・ロドリゲスの「プラネット・テラー」と二本一組でつくられたのに、日本では別々に公開されたっていう、いわくつきの映画なんだけど、「デス・プルーフ」自体が、前半と後半の二本立てみたいな映画だったと思わない?
それだけ、前半と後半で雰囲気がガラッと変わったってことだろ。
前半は、チープな映像といい、適当な音楽といい、いいかげんな編集といい、三流の色気のする女優陣といい、いかにも12チャンネルの木曜映画劇場でひっそりと上映されそうなB級の出来で、そういう意味ではグラインドハウス調というコンセプトにぴったりなんだけど、後半になると、色調も映像もちょっと洗練されちゃって、いま風のシネコンで上映されてもあまり違和感のない映画に変わっちゃったような気がするのよ。
前半にあったいかがわしさが後半にはなくなっちゃったってことだろうけど、そんなアンバランスさも含めて、やりたいことをやっちゃっうってところが、グラインドハウスの精神ってことなんじゃないのか。
なるほど。前半も後半も、女と車とアクションだけという道具立ては、B級映画そのものだったしね。
USAバージョンはもっと短いらしいけど、どこを切ったのかな。
日本じゃ、USAバージョンは六本木だけで公開されていたけど、二本立てで3,000円だった。B級映画を格安の料金で上映するというグラインドハウスの精神とは矛盾する料金設定よね。
それを言ったら、ドルビー、THXなんていう上映環境も、とてもグラインドハウスの精神を継いでいるとは思えない。
じゃあ、って言って、こういう映画を文字通り場末の映画館で観ても虚しくなるだけで、ちゃんとしたシネコンで擬似体験するからおもしろく感じるんじゃないかしら。
そうだな。昔の映画館みたいに、タバコの煙と便所の匂いに包まれて観たって、実はおもしろくもなんともないかもな。というか、それだけ贅沢に慣らされちゃったんだよな、俺たち映画ファンも。
劇中で話題になる「バニシング・ポイント」をリアルタイムで観ている人だって、ほとんどいないだろうしね。
タランティーノもリアルタイムで観ている年齢じゃないような気がするんだけどな。
63年生まれだから、リアルタイムで観ているとすれば7歳くらいよ。
待て待て。だったら、リアルタイムで観ている可能性もあるぞ。
どうして?
「バニシング・ポイント」っていうのは、ベトナム戦争で疲弊したアメリカの若者たちの閉塞感を描いた社会派映画なんだけど、「デス・プルーフ」で言及されているのは、その象徴となった車のかっこよさばかりなんだ。7歳で観ていたとすれば、そういう社会背景なんか理解できないだろうから、車のかっこよさばかりがまぶたに残ったとしても不思議はない。
それはありうるわね。
いずれにしても、映画が好きで好きでたまらないっていうタランティーノの心意気は十分に伝わってくる映画だよ。
それに、あのカーチェイスのばかばかしさは、あなたの言うように、スポーツをしたあとの爽快感に近い感じがしないこともないかもしれないわね。
なんだ、そのもって回った言い方は?たまには素直に俺の意見にも同意しろよ。
ダメよ、男はすぐつけあがるから。
って、「デス・プルーフ」の女たちみたいな顔して言うなよ。


ブログランキング参加中。クリックをぜひひとつ。

都立障害者センター前バス停



ふたりが乗ったのは、都バス<池86系統>
東池袋四丁目⇒東池袋一丁目⇒池袋駅東口⇒南池袋三丁目⇒東京音楽大学前⇒千登世橋⇒学習院下⇒高田馬場二丁目⇒学習院女子大前⇒都立障害者センター前⇒新宿コズミックセンター前⇒大久保通り⇒東新宿駅前⇒日清食品前⇒新宿伊勢丹前⇒新宿四丁目⇒千駄ヶ谷五丁目⇒北参道⇒千駄ヶ谷小学校前⇒神宮前一丁目⇒表参道⇒神宮前六丁目⇒宮下公園⇒渋谷駅西口⇒渋谷駅東口




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「長江哀歌」:学習院女子大... | トップ | 「オフサイド・ガールズ」:... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは^^ (rose_chocolat)
2007-09-17 16:10:21
いつもコメントありがとうございます^^
読み逃げばっかりでも何ですので。。。

この映画に出てくる女の子達って全員似たような感じでしたね。
タランティーノも何気に出てましたし。
ああいうのがきっとタイプなのかなと・・・ 爆
思いっきり自分好みなところも、「グラインドハウス」なんでしょうね。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-09-17 19:55:38
■rose_chocolatさんへ
そうですね、あまり知的な美人はいなかったような・・・て偏見ですか。でも、楽しかったです。
前半後半 (にら)
2007-09-27 14:59:06
差がありすぎですよね。

意図丸見えといいますか、こんなクズ映画まで知ってるオレも素敵だけど、そんなオレの演出で、こんなスタイリッシュな映画に仕上がるんだぜ、と聞こえてきそう(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-09-27 21:54:16
■にらさんへ
タラちゃんの「映画が好きで好きでたまらないんだよ」という声まで聞こえてきそうで、そこまで好きならもう許しちゃお、って気になりますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

40 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「デス・プルーフinグラインドハウス」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。【グラインドハウス】タランティーノ×ロドリゲス公式サイトデス・プルーフ=耐死仕様のシボレーで女の子の乗る車をつけまわし、大激突して殺すのを快感とする スタントマン・マイク(カート・ラッセル)前半は みなさん書かれてますが 退屈・...
デス・プルーフ in グラインドハウス (2007) 113分 (極私的映画論+α)
 Quentin Tarantino\'s Death Proof ややこしいタイトルだから「デス・プルーフ」だけでいいと思います(笑)
デス・プルーフinグラインドハウス (映画鑑賞★日記・・・)
【Quentin Tarantino's Death Proof】公開2007/09/01(09/01鑑賞)製作国:アメリカ R-15監督・脚本・撮影:クエンティン・タランティーノ製作:クエンティン・タランティーノ、ロバート・ロドリゲス出演:カート・ラッセル、ロザリオ・ドーソン、ローズ・マッゴーワン、シ...
デス・プルーフ / DEATH PROOF (我想一個人映画美的女人blog)
                                                                              {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/} タランティーノが来日...
『デス・プルーフ in グラインドハウス』 (映像と音は言葉にできないけれど)
映画の日。「タランティーノだから観て置こうか...」これだけで十分、映画を観る気にさせてくれるのです。今日もポップコーンを楽しみに劇場へ...。
デス・プルーフ inグラインド・ハウス (Lovely Cinema)
2007年/アメリカ 監督:クエンテイン・タランティーノ 出演:カート・ラッセル(スタントマン・マイク)    ゾーイ・ベル(ゾーイ・ベル)    ロザリオ・ドーソン(アバナシー)    ヴァネッサ・フェルリト(アーリーン)     昔の・・・B級映画好...
デス・プルーフ in グラインドハウス (生まれてから今まで観てきた映画全部)
さてぶっ続けで幕間の予告が始まります(何だかわけの分からない食べ物のCMも入ります)。うろ覚えですがナチ収容所の狼女みたいな映画、これはたぶんイルザや女体拷問人グレタのパロディでしょう。何をやってもいけないと
映画レビュー「デス・プルーフinグラインドハウス」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
◆プチレビュー◆タランティーノ印のB級ガールズ・ムービー。前半と後半の激しい転調に思わずクラクラする。【65点】 テキサスの田舎町。女の子たちがバーに繰り出した。そこで、スタントマン・マイクという遊び人風の中年男と知り合うが、実はマイクは耐死仕様(デス...
『デス・プルーフ in グラインドハウス』 (試写会帰りに)
グラマラスで露出過多な女の子達勢揃いの、お色気B級ホラー映画かと思いきや、後半、タフ過ぎる女の子達 VS 殺人鬼のCGなしのガチンコバトルに思わずのけぞります。ラストは痛快、拍手喝采!! 「これはガールズムービーだったんだ!」と終わった瞬間に気づきました(^○^) ...
映画~デス・プルーフ in グラインドハウス (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆ドレスコードはスリルとスピード60~70年代に隆盛を極めたインディーズ系の低予算映画=グラインドハウス映画の体験を再現すべく、タランティーノとロバート・ロドリゲスがタッグを組んだ企画「グラインドハウス」。そのタランティーノバージョンにあた...
映画 【デス・プルーフ in グラインドハウス】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「デス・プルーフ in グラインドハウス」 クエンティン・タランティーノ監督が、リスペクトする1970年代から80年代のB級ホラーにオマージュを捧げたエキセントリック・ムービー。 ちなみに“グラインドハウス”とは、低予算のB級映画ばかりを2、3本立てで上...
デス・プルーフ in グラインドハウス (C'est Joli)
デス・プルーフ in グラインドハウス’07:米 ◆監督・脚本:クエンティン・タランティーノ「キル・ビル」シリーズ◆出演:カート・ラッセル 、 ゾーイ・ベル 、 ロザリオ・ドーソン 、 ヴァネッサ・フェルリト 、 シドニー・...
度肝を抜かれました! ゾーイ・ベル in 『デス・プルーフ』 (海から始まる!?)
 クエンティン・タランティーノの最高傑作と評判も高い『デス・プルーフ』。  タランティーノ自身が、「あのガールズ・トークがリチャード・リンクレーターみたいでどうも……」と語っていますが(自分で書いたくせに)、やっぱりあそこが全然面白いと思えなくて(『バニ...
デス・プルーフ in  グラインドハウス (映画を観たよ)
さぁ、もう1本♪
デス・プルーフ in グラインドハウス (お気楽に映画で極楽)
今日は1000円で映画が観れる日!六本木で観て来ました♪ネットで席予約って便利な世の中ですな~。かなりの人でした。プラネット・テラーと合わせて今話題のこの作品、本日公開! 昔っぽさを出すための映像演出は逆に新鮮でし
デス・プルーフinグラインドハウス (UkiUkiれいんぼーデイ)
往年のB級興行を復活させようと、タラちゃん&ロドちゃんの二人が作り出した企画。 ・・・ってことまでは知ってましたが 『デス・プルーフ』『プラネット・テラー』そして『USAバージョン』もあるっていうじゃないですかぁ。 しかも「ニセモノ映画の予告編...
デス・プルーフinグラインドハウス (★YUKAの気ままな有閑日記★)
少し秋めいてきましたね・・・通常料金でプレミアスクリーン&レディスデイのダブルでお得な日、いざヲタク体験へ【story】スゴ腕スタントマンのマイク(カート・ラッセル)は、愛車『デス・プルーフ』に乗り、美女をナンパしては死のドライブに誘っていた。ある日マイク...
「デス・プルーフ」  Death Proof (俺の明日はどっちだ)
本編が始まる前に上映されたロバート・ロドリゲスの『プラネット・テラー in グラインドハウス』の予告編がまるで『シン・シティ』テイストたっぷりで、とてもワクワクさせられただけに、無意味にガールズトークが延々と続く前半はどうなるかと思ったけれど、ジョン・カー...
映画:デス・プルーフ in グラインドハウス ジャパンプレミア (駒吉の日記)
デス・プルーフ in グラインドハウス ジャパンプレミア(TOHOシネマズ 六本木ヒルズ) 「1970年型ダッジ・チャレンジャー」 ■クエンティン・タランティーノ監督による舞台挨拶 台風の余波で雨上がりの中、朝8:30からチケット引換に行きました。10人弱というとこ...
デス・プルーフ in グラインドハウス (映画通の部屋)
「デス・プルーフ in グラインドハウス」GRINDHOUSE/ DEATH P
「デス・プルーフ in グラインドハウス」 (古今東西座)
いっや~ヒドイ映画だね! (←褒め言葉) この映画を楽しめるかどうか、は過去に観た映画の経験値がモノをいうかもしれない。60年代の終盤から70年代中頃までのアメリカン・ニューシネマと、そのブームに便乗して作られた低予算B級映画。そんな作品群を結構観ていれば懐...
デス・プルーフinグラインドハウス「耐死仕様」 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★★ 70年代の頃に映画館で観たようなレトロっぽい雰囲気を敢えてフィルムのキズやリールのコマ飛びなど
デス・プルーフ in グラインドハウス (Kinetic Vision)
女の子たちは携帯を持っているようなのでこれは現代の話だが、意図的につけられたフィルム傷やコマ飛びのある画面は昔の映画を想起させる。それはまるで、時代遅れの格好をしたスタントマン・マイク(カート・ラッセル)の世界
デス・プルーフ in グラインドハウス   つぶやいてみた 315 (ナナドはちぶ の 映画と日常のつぶやき.)
{{{'''[http://www.grindhousemovie.jp/ デス・プルーフ in グラインドハウス]'''}}} ''GRINDHOUSE/ DEATH PROOF''                      2007年 ...
デス・プルーフ in グラインドハウス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ドレスコードは、スリルとスピード』  コチラの「デス・プルーフ in グラインドハウス」は、愛すべき映画オタクのクエンティン・タランティーノが、親友ロバート・ロドリゲスと60~70年代のアメリカの殆どの都市にあった"グラインドハウス"を再現するべく、エクス...
デス・プルーフ in グラインドハウス (映画でお喋り♪猫とひなたぼっこ)
タランティーノと ロドリゲスが競作! 東京では 1週間だけどそうだけど 2作連続上映していたそうな・・ ああ うらやましい。 観る前から判っている。  どうせ Bだ B、に決まっている。 ハリウッド久々の Bだ~~  久々の タランティーノだぁ~~~~~~ ...
デス・プルーフ in グラインドハウス を観ました。 (My Favorite Things)
スリルとスピードがこの作品のキーワードらしいけれど、私としてはもうひとつ加えたいなぁ…ってね。
映画『デス・プルーフ in グラインドハウス』★★★★☆ (てっしーblog)
(大ネタバレ注意)  70年代のB級アクション映画に大オマージュを捧げたカーアクション映画。やってくれたねぇ、タランティーノ!  タランティーノ監督と私は同世代。私は彼のような超映画オタクではないけれど、同じような映画を見て育ったせいか、映画の嗜好はよ...
『デス・プルーフinグラインドハウス』 (2007) / アメリカ (NiceOne!!)
監督・製作・脚本・撮影:クエンティン・タランティーノ製作:ロバート・ロドリゲス出演:カート・ラッセル、ゾーイ・ベル、ロザリオ・ドーソン、ヴァネッサ・フェルリト、シドニー・タミーア・ポワチエ公式サイトはこちら。<Story>テキサスの田舎町。人気DJのジャ...
デス・プルーフinグラインドハウス (C note)
グラインドハウスって?アメリカで上映された完全版を、アメリカ以外の国ではバラバ
「デスプルーフinグラインドハウス」 (-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-)
力は抜けてるけど、細かいところに気は抜かない。(たぶん)実は、とても恥づかしい話ながら、Q.タランティーノ作品。初めて観ました。作風は結構好みに近いはずなのですが、なぜかこれまで縁がなかったんですよね。本作は、敢えて粗い映像や音声に編集することで、場末の...
★「デス・プルーフ in グラインドハウス」 (ひらりん的映画ブログ)
B級映画2本立て劇場(グラインドハウス)で上映してるような作品作りをして・・・ クエンティン・タランティーノ監督とロバート・ロドリゲス監督が1本ずつ作ったうちの1本。
デス・プルーフ in グラインドハウス (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <新宿武蔵野館> 監督:クエンティン・タランティーノ 脚本:クエンティン・タランティーノ デス・プルーフ。それはスタントマンが乗る「耐死仕様」のスタントカーのこと。 面白かった!ENDマークが出たときはスカッとして思わず大笑いしてしまい...
DEATH PROOF★ デス・プルーフ in グラインドハウス (銅版画制作の日々)
    クエンティン・タランティーノ監督最新作は「デス・プルーフinグラインドハウス」だ   9月14日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。この日は、10周年記念日ディーということで、1000円でどの映画も鑑賞できるラッキーな日でした。 さて今回のこの「...
『デス・プルーフinグラインドハウス』 (ねこのひたい~絵日記室)
~映画にまつわる都市伝説~ タランティーノ→ロドリゲス→ブルース・ウィリスという流れなのか、あるいはその逆なのか、『ダイハード4.0』にも出てたメアリー・エリザベス・ウィンステッドちゃんが、劇中、撮入待ち
デス・プルーフ in グラインド・ハウス (eclipse的な独り言)
 もう最高です。タランティーノ!私が住んでいる田舎では、劇場で観れなかったんです
デス・プルーフ in グラインドハウス (Death Proof) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クエンティン・タランティーノ 主演 カート・ラッセル 2007年 アメリカ映画 113分 アクション 採点★★★★ 『溶解人間』とか『ジャイアント・スパイダー大襲来』とか大好きです。もちろん顔がドロドロと溶ける様や、台車に乗っかったでっかいハリボテから人々が笑...
『デス・プルーフinグラインドハウス』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじテキサスの田舎町。人気DJのジャングル・ジュリアは、女友達と共にお気に入りのバーにくり出した。しかし、そこに不気味なシボレーを乗り回す男スタントマン・マイクがやってくる。ジュリアたちはバーで会話をするうちに彼への警戒心を緩めていくが・・・。感想...
デス・プルーフ (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
原題 Quentin Tarantino's Death Proof 製作年度 2007年 製作国 アメリカ 上映時間 113分 監督 クエンティン・タランティーノ 脚本 クエンティン・タランティーノ 撮影 クエンティン・タランティーノ 出演 カート・ラッセル、ロザリオ・ドーソン ローズ・マッゴ...
【映画】デス・プルーフ in グラインドハウス…カート・ラッセルが随分ナンチャンに似てきてませんか? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
うへぇ…忙しいです{/face_hekomu/}{/down/}。 今日{/kaeru_fine/}も(もう昨日か)先程までお仕事でした。 前も書きましたが…以前やってた某お仕事…私は卒業(?)していたんですが、私の会社では人員が減っちゃいまして、でその仕事が私に再び回ってきちゃいました。...