【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「叫」:明治学院前バス停付近の会話

2007-02-28 | ★品93系統(大井競馬場前~目黒駅)

宵闇の大学っていうのも妙に不気味な感じね。
誰かに襲われそうになったら、叫びをあげるんだぞ。
黒沢清の映画「叫」に出てくる女性みたいに?
ああ、それにしても黒沢清は健在だったな。
あなたが観るから、仕方なく観たけど、たしかにつまらなさは健在ね。
そうなんだよ。つまらないってわかってるのに、新作の映画ができると観たくなってしまうのが、黒沢清映画の不思議なところなんだ。
何見たっけ?
「CURE」「ニンゲン合格」「大いなる幻影」「カリスマ」「回路」「アカルイミライ」「ドッペルゲンガー」「LOFT」・・・。
思い出してもつまらない映画ばかりね。
ところが新作というとつい観たくなる。映画の中にこっそりと催眠術の素でも仕込まれてるのかな。
催眠術の素?
次の新作が観たくなる、催眠術。
それこそ、ホラー。
ホラーといえば、この映画の葉月里緒奈は最高のホラー顔してたな。あれは見ものだった。
ときどき見せる凍るような目つきがね。
生身の人間の役よりこういう役のほうがぴったりだったりして。
それって、ほめことば?
もちろん。
だけど、ときどきギャグかましたりしてた。
典型的な「お化けだぞー」スタイルになったり変な格好で空を飛んだりして、おちゃめ。
「LOFT」のときも思ったんだけど、笑わせるシーンとは思えないところで妙に笑えるシーンがあるのはわざとなの?
あれが黒沢清映画の特徴なのかもな。高尚にいえば異化効果。ふつうにいえば、いいかげん。
じゃあ、他には?
取調べ室とか医務室とか、明らかにリアルとは縁遠いチープなつくりなのに、妙にアートしてて映画の世界になじんでいる。あの造型力も黒沢清映画ならではの特徴だ。
そういう不可解なところが尾を引いてついつい次の映画も観ちゃうのかしら。
でも、今回の映画は黒沢清映画にしては、わかりやすくなかったか?
たしかにいつもの映画より理屈でちゃんと説明しようという努力はしてたわよね。
そのわりに最後のほうはいつもどおり、わけわからなくなってたけどな。
小西真奈美の存在なんて明らかに、娯楽映画してみました、っていう魂胆が見え見えだったわね。
詳しくは言えないけど、どんでん返し用の存在だよな。ラストシーンは、ま、かわいいいたづらということで。
それもまた、次の映画を観たくなる要因のひとつなのかしら。
何しても許されるみたいで、得だよなあ、黒沢清って。
そこは黒沢明と似てるわね。
いいや、二人は全然関係ないと思うよ。
あ、そう。
さ、暗くなる前に早く帰ろう。
暗くなったら、叫びをあげながら帰ろう。
アーアアー。
そりゃ、ターザンよ。


ブログランキング参加中。よろしければクリックを。


ふたりが乗ったのは、都バス<品93系統>
大井競馬場前⇒新浜川橋⇒勝島⇒勝島一丁目⇒東京運輸支所前⇒都立高専前⇒都立八潮高校前⇒品川警察署入口⇒東品川三丁目⇒昭和橋⇒天王洲橋⇒東品川一丁目⇒品川車庫前⇒品川駅前⇒新高輪プリンスホテル前⇒高輪三丁目⇒高輪警察署前⇒明治学院前⇒白金小学校前⇒白金台駅前⇒白金台五丁目⇒上大崎⇒目黒駅前

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アカデミー賞に反対1票 | トップ | 「ボビー」:白金小学校前バ... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました。 (hyoutan2005)
2007-03-04 00:31:15
面白い形式の記事ですね。会話式の映画評、他もまた読んでみたいと思っています。
葉月里緒奈 (t-higu)
2007-03-04 15:03:51
ジョーズさん

葉月里緒奈、怖かったです。あの目つきがなんとも。
夢に出てこないか、心配です...。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-03-04 15:04:39
■hyoutan2005さんへ
それにしてもほんとに女性の無表情は恐ろしいですね。
ぜひまた遊びにきてください。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-03-04 15:07:54
■t-higuさんへ
ひょっとして葉月里緒奈は、ことしの女優賞を総ナメしたりして。でもあれは演技というより生身に近い感じでした。(って誉め言葉?)
TBどうもでした! (カオリ)
2007-03-13 18:37:28
こんばんは。
葉月さんの飛びっぷりがすごかったです(笑)。
黒沢監督って、結果的に結構観てるんですけど、よく分からないことが多いんですよね・・・
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-03-13 21:39:22
■カオリさんへ
そうそう、「結果的に」よく観てるんです、黒沢監督って。おもしろそうとは思わないのに観てしまう。そんな監督あまりいません。
こんばんは♪ (ミチ)
2007-03-14 23:34:31
葉月サンは怖かったですが、小西さんの目が空洞のように真っ暗になるのも怖かったです。
なんであんなにそっけなかったのかようやく分かりました。
黒沢監督は深読みさせる監督ですね~。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-03-15 21:21:46
■ミチさんへ
小西さんも怖かったですね。でも、彼女の場合は撮影が終われば普通の人に戻るんじゃないか、と思えますが、葉月さんは撮影が終わってもそのままなんじゃないかという感じがして、心底怖かったです。
催眠術 (kimion20002000)
2007-11-14 00:06:54
TBありがとう。
>映画の中にこっそりと催眠術の素

ほんとにねぇ。僕も、大半の黒沢映画見ていますけど、ここ何本かは、カメラワークや効果音や美術だけを、フーンと思いながら、見るようにしています(笑)
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-11-14 20:21:16
■kimion20002000さんへ
なるほど、カメラワーク、効果音、美術。それは確かに妙な魅力がありますね、黒沢清の映画って。不思議な監督です。

コメントを投稿

★品93系統(大井競馬場前~目黒駅)」カテゴリの最新記事

23 トラックバック

「叫び(さけび)」映画感想 (Wilderlandwandar)
ミステリーホラー映画「叫び」を見てきました、怪しいミステリーかと思ったら、かなり
『叫(さけび)』 -東京フィルメックス- その1 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
第7回東京フィルメックスにて、黒沢清監督の『叫』を鑑賞しました。上映前の舞台挨拶には、黒沢監督と役所広司さんが登場。 役所さんのさわやかな笑顔がよかったです。『HAZARD』の時のオダギリジョーやんとは大違い・・・・。そして、劇中でオダジョー扮する精神科医は...
叫@シネセゾン渋谷 (ソウウツおかげでFLASHBACK現象)
常日頃から思っていたことなのだが、繁華街に心地良さを感じるのは大勢の他人が自分に全く関心を示していないことにあるような気がする。格差社会が叫ばれても世界各国に比べればかわいいもので、その、幅の狭い階級が雑踏の中、紛れ、孤独が自分の部屋に通じて、拘泥せず...
叫/役所広司、小西真奈美 (カノンな日々)
主演の役所広司さんばかりが前面に出ていますが、実はオダジョーと加瀬亮くんも出演している作品なんですよね。ちょっと贅沢じゃない? で、前評判でなかなかいいらしいという噂も小耳に挟んだもので、ちょっと期待して観に行っちゃいましたが、なるほどぉ、コレはちょっ...
映画「叫」 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
「叫」(黒沢清監督)に叫びは必要ない。叫ばなくても、叫びたくなる。これは過去からのテロリズムなのか。
叫(さけび)◆幽霊譚が浮き彫りにした都市の「廃景」 (好きな映画だけ見ていたい)
                    「叫」 (2007年・日本)   監督・脚本: 黒沢清   プロデューサー: 一瀬隆重   出演: 役所広司/小西真奈美/葉月里緒奈/伊原剛志 ミステリーとホラーの要素を不可分につなげながら、忘れ去られることの悲しさ、罪深...
 (Kinetic Vision)
過去をリセットして、新しくやり直すこと。一見前向きに見えるこの態度には、無責任な忘却が含まれている、なぜなら、人は一人で生きているわけではない以上、自分の過去には他人の生が含まれているから。恋人関係、不倫関係、親
叫(映画館) (ひるめし。)
連続殺人事件発生、容疑者は刑事。「俺、何やった・・・?」
[映画] 叫 (落とし穴には気をつけろ!)
丁度時間が合うのがこの映画だった。。。というだけの理由で観ましたが 何というか、うーん 若干ネタばれありです。   赤い服を着た女性が水溜りで殺害されるという事件が発生するが、担当刑事の吉岡(役所広司)は、自分が事件に関わる証拠が次々見つかることに...
心の中の幽霊 (ひょうたんからこまッ!)
『叫(さけび)』(2006年・日本/104分)公式サイト於:TOHOシネマズ川崎5番スクリーン2月24日(土)初日舞台挨拶突き上映にて鑑賞舞台挨拶報告については「こちら」湾岸地帯に連続する殺人事件。湿地帯でループする現象。物語のキーは、海水と、赤いドレス、...
【MOVIE】叫 (思いつくままに)
■感想など 目が合っただけなのに...。 ある殺人事件を捜査していた刑事の吉岡(役所広司)は、現場に落ちていた 証拠物品や、あいまいな記憶により、自分がこの事件に関係あるのでは、 と思い始める。そして、同僚の宮地(伊原剛志)にまで疑いの目を向けられる。 そして...
 (ネタバレ映画館)
「スーパーマンだ!」「いや、Gガールだ!」「きゃー、葉月里緒菜よっ!」
叫(06・日) (no movie no life)
人間は便利に出来ている。 東京の汚染された湾岸地帯。世間から見捨てられたようなその場所で、真っ赤な服を着た女性の死体が発見された。鑑識の結果、「F18」とされたその女性の爪の間に、刑事の吉岡(役所広司)の皮膚が付着していた。しかし、吉岡には全く見覚えも...
映画「叫」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「叫」 『LOFT ロフト』などの黒沢清監督と『呪怨』シリーズの一瀬隆重プロデューサーが初めて手を組んだ本格派ミステリー。 連続殺人犯を追う刑事の吉岡(役所広司)は、捜査を続けるうちに自分が犯人ではないかという疑問が浮かんでくる。被害者の周辺に残...
 (八ちゃんの日常空間)
サスペンス・ホラー、すなわち怪奇な話だけでなく、殺人事件の謎解きが加わっています。ただ恐がらせるだけの映画はもう飽きられる、というより金かけられるハリウッドがやればいいだけであって、アイデア勝負というのが、昨今の日本映画のやり方だと言ってもいいでしょう...
 (映画通の部屋)
「叫」製作:2006年、日本 104分 監督、脚本:黒沢清 出演:役所広司、小西
叫 (さけび) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
“全ての謎”が解き明かされたとき、究極の恐怖があなたを襲う。 東京の埋め立て地で女が殺される。捜査に当たる刑事の吉岡は現場に自分の痕跡を見つけ困惑し、同僚の宮地からも疑いの目を向けられる。時を同じくして姿を現すようになった赤い服の女が発する耳をつん...
【2007-44】叫(さけび) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
はじまりは湾外地帯で起こった、不可解な連続殺人事件 殺人現場 「湾岸地帯」 不可解な 「連続殺人事件」 被害者の共通点 「海水」 第一の容疑者 「刑事」 目撃者の共通点 「赤い服の女」 すさまじい叫び声とともに、 「忘れ去られた過去」が現代...
叫(さけび) (シネ・ガラリーナ)
2007年/日本 監督/黒沢清 <梅田シネ・リーブルにて鑑賞> 「絶望と孤独を喰らう赤い服の女」(ラストシーンについて触れています) まず、黒沢清監督の作品について、好きか嫌いかと聞かれると嫌いである。で、すごいかすごくないか、と聞かれると、すごいと答え...
叫(さけび) (またり、すばるくん。)
黒沢清監督作品を観るのは、「CURE」「ドッペルゲンガー」に続いて3作目。
■〔映画鑑賞メモVol.17〕『叫』(2006/黒沢清) (太陽がくれた季節)
こんにちは、ダーリン/Oh-Wellです。 いやはや、実に久々の更新です。・・・そう、あの『時効警察』〔◆公式サイト|※下Ph〕もおよそ一年ぶりに帰ってきた((^^)訳ですからね、僕も久々に更新いたしますヨー!(笑) そう...^^、私め、この4月の始め頃ま...
mini review 07080「叫 さけび」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
『LOFT ロフト』などの黒沢清監督と『呪怨』シリーズの一瀬隆重プロデューサーが初めて手を組んだ本格派ミステリー。ある連続殺人をきっかけに、過去と現在が入り乱れる迷宮に足を踏み入れる刑事の苦悶をあぶり出す。黒沢監督作品7作目の主演となる役所広司が主人公を熱演...
役所広司 葉月里緒奈 小西真奈美 / 叫 (中川ホメオパシー )
ワケもなくサンリオ どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの篠崎愛担当、ブロッケンです。 黒沢清脚本・監督の映画『叫』を観...