【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「スウィーニー・トッド」:有明二丁目バス停付近の会話

2008-01-19 | ★東16系統(東京駅~ビッグサイト)

この辺りって、倉庫街ばかりだと思ったら、こんな立派なマンションができてるのね。
時代の変化だよ。時がたてば、街は変わり、人も変わる。
街は変わらないのに、人が変わったのが「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」。
善良な理髪師が策略で妻子を奪われ、復讐の鬼に変わるというミュージカルだな。
監督ティム・バートン、主演ジョニー・デップといえば、「シザーハンズ」のコンビよね。
あの映画でもジョニー・デップは理髪師をやってて、こんども理髪師なんだけど、同じ理髪師とはいえ、あのころの純情な理髪師が、今回は鬼気迫る理髪師になっていて、いやあ、人って本当に変わるんだなって思ったぜ。
「シザーハンズ」の役は、理髪師じゃなくて、手がハサミになってるんで、たまたま髪を切ってただけよ。
手がハサミ、ってヘンな表現だな。それじゃ単なるカニ男みたいじゃないか。
でも、手がハサミよ。他に言いようないじゃない。
あの映画のジョニー・デップは、手がハサミになってるっていうだけで街の人たちに迫害され、差別される青年で、思わず同情の声をかけたくなっちゃうほど純真無垢な役柄だったんだけど、今回はねえ。
今回は、よりホラーに近くて、心理描写も複雑で、ジョニー・デップもおとなになったなあって、感慨深いものがあるわよね。
そうかあ?今回は、カミソリを武器に次々人の首をかききっていくという、長ったらしいタイトルどおりのあまりに残忍な理髪師なんで、俺はちょっとひいちゃったぜ。
それはしょうがないじゃない。もともとの舞台の売りが、そういう血塗られた惨劇なんだから。
血の色を映画自体の色彩設計のひとつとして見せているのはわかるけど、気持ちいいもんじゃないよな。
そうそう、色彩設計のひとつとして楽しめば、それもまたティム・バートンらしいなあって楽しめるじゃない。
血に抵抗感がないなんて、さすが女だな。
そういう問題じゃないと思うけど。
しかし、そもそもの動機が自分を罠にはめた人間に復讐することだとはいっても、関係ない人間までああいう残酷な形で殺しちゃうと、同情するより、ちょっと待ってよ、って思っちゃうぜ。あれじゃあ、日本の不良のオヤジ狩りと変わらない。
ああいうやりすぎなところもまた、ティム・バートンならではのダークな世界観がよく出てるところなのよ。
いやあ、いままでの彼の作品って、世界はダークであっても、ユーモアとか悲しみに彩られていて、そこが共感できていたのに、今回は残酷さばかりが前面に出たような印象があって面食らったぜ。最後のどんでん返しも、してやられたという快感よりは何かすっきりしない後味が残ったもんな。
うーん、旗色悪いなあ。
なに、気色悪い、この映画?
いえ、旗色悪いって言ったの。あなたは気色悪いけど。
シルク」を観たときも思ったんだけど、最初に、平和なときの妻との生活をもう少し丁寧に描いておかないと、その後いくら主人公の苦悩を見せられても、悲劇に共感できなくなるっていうことじゃないか。
そんな難しいこと言わないで、ジョニー・デップ初のミュージカルに酔ったらいいんじゃないの?
でも、本来、ミュージカルって、こういう暗い話とは相容れないものなんじゃないのか。
暗いミュージカルといえば、「ダンサー・イン・ザ・ダーク」くらいなものかしら。
あれも、作品としては完成度高かったんだろうけど、観ていて気持ちのいいものではなかった。ティム・バートンに「ヘア・スプレー」の明るさがほしいとは言わないけど、せめて「ファントム・オブ・パラダイス」くらいの悲劇度で止めておいてほしかった気がするぜ。
ブライアン・デ・パルマかあ。あれも監督の趣味全開のどこかねじくれた映画だったけどね。
でも、悲しみには共感はできた。
結局、あなたはティム・バートンが嫌いってこと?
とーんでもない。ティム・バートンの世界は大好きさ。でも、ユーモアは忘れないでほしいってことだ。
あれ、それって、私があなたに求めていることと一緒よ。
は?


クリックしてもらえるとうれしいです。




ふたりが乗ったのは、都バス<東16系統>
東京駅八重洲口⇒通り三丁目⇒八丁堀二丁目⇒亀島橋⇒新川⇒住友ツインビル前⇒リバーシティ21⇒佃二丁目⇒月島駅前⇒新月島公園前⇒日本ユニシス本社前⇒IHI前⇒豊洲二丁目⇒豊洲駅前⇒深川五中前⇒東雲橋交差点⇒東雲一丁目⇒ジャパン・エア・ガシズ前⇒東雲都橋⇒都橋住宅前⇒かえつ有明中高前⇒有明二丁目⇒有明テニスの森⇒有明一丁目⇒フェリー埠頭入口⇒東京ビッグサイト



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (67)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「やわらかい手」:かえつ有... | トップ | 「母べえ」:有明テニスの森... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです。 (michi)
2008-01-21 22:13:38
遅ればせながら。。。
明けましておめでとうございます。
ご無沙汰しておりました。
お変わりないお2人の楽しい会話に、声を出して笑ってしましました!

ジョニー・デップ、このところ立て続けにコスプレもどきの形相でスクリーンに登場するので、素顔を忘れてしまいそうでした。
本作品、血生臭いと思いつつ
所々に可笑しな場面もあったので面白く観てきたのですが、
ミートパイはしばらく食べられそうにありません。
思い出してしまいます。。。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2008-01-23 21:27:51
■michiさんへ
食品偽装が次々明るみに出てくるこの時代、ひょっとしたら、と思わないでもありませんよね。でも、まさかね。映画の見過ぎでした。
本年もよろしくです!! (くろねこ)
2008-01-24 21:49:45
ジョニーとヘレナの「いっちゃってる」顔や
はまりすぎな悪人の顔にはつい笑っちゃいませんでした・・?(笑)
オープニングからティム・バートンのダークな世界に
は魅入ってしましました。
でも確かに「毒」ありすぎですかね~
ダークな雰囲気が好きなので (くまんちゅう)
2008-01-24 21:54:46
結構気に入りましたですよ。
ミュージカル苦手なのでダークでやってくれたので最後までなんとか集中して見られました。
笑いどころは少なめでしたけど、復讐の執着が強すぎて周りが見えなくなってしまった男の悲しい話でした。ラストも好きです。
こんばんは! (kira)
2008-01-24 23:34:23
好みの問題かも知れませんが、
最後、トッドの絶望的な悲しみは理解できるものの
理不尽な扱いを受け、その後15年の無念と妻への愛がいまひとつ描かれてなく
主人公に同情出来なかったのもあって
私の中で『シザーハンズ』を越える事はなかったのでした
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2008-01-25 21:27:11
■くろねこさんへ
いっちゃってましたねえ~。それをユーモアと感じる心の広さが必要なんですよね。まだまだ修業が足りません。

■くまんちゅうさんへ
悲しい話、という意味では「シザーハンズ」のほうが胸にきてしまいました。まだまだおとなになりきれていないってことでしょうね。

■kiraさんへ
「シザーハンズ」のほうが万人受けするってことでしょうか。もういちど観直してみたくなりました。
アラン~ (cyaz)
2008-01-25 22:43:31
ジョーさん、こんにちは^^
やはりティム・バートンの描くミュージカルはこのトーンがお似合いでしょ(笑)?!

>暗いミュージカルといえば、「ダンサー・イン・ザ・ダーク」くらいなものかしら
お~、あれはビヨーグが本物(歌手)でしたからね^^ ドヌーヴも地味ながら良かった!
そうそう、アランまで歌ってましたねぇ、この映画。 ミュージカルだから当然かもしれませんが(笑)
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2008-01-29 21:01:09
■cyazさんへ
「チャーリーとチョコレート工場」もティム・バートンらしいミュージカルといえないこともない映画でしたが、やはりこの暗さのほうがティム・バートン本来の持ち味なのでしょうね。
おじゃまします♪ (jester)
2008-02-04 19:26:59
覚悟を決めていったので(おおげさ)結構楽しめましたが、舞台と違ってアップで見られるので、きついシーンも多かったですね。

>最初に、平和なときの妻との生活をもう少し丁寧に描いておかないと

確かにもうちょっと幸せな日々を描いておいて欲しかった気もします。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2008-02-04 21:00:58
■jesterさんへ
そうですね、覚悟が必要でしたね。ここまで全篇苦虫をかみつぶしたようなジョニー・デップとは思いませんでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

67 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」を観る (紫@試写会マニア)
みんなのジョニデこと、ジョニー・デップと奇才ティム・バートンが三度タッグを組んだ話題作、「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」を観てきました。 ジョニデ初披露の歌声!との振れ回りですが、「ショコラ」での流浪の民・ルーも「コープスブライド」...
劇場鑑賞「スウィーニー・トッドフリート街の悪魔の理髪師」 (日々“是”精進!)
「スウィーニー・トッドフリート街の悪魔の理髪師」を鑑賞してきましたティム・バートン監督が盟友ジョニー・デップと6度目のコンビを組み、同名ブロードウェイ・ミュージカルを映画化。19世紀のロンドンを舞台に、無実の罪を着せられ、愛する者を奪われた理髪師の復讐...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。』  ●ティム・バートン×ジョニー・デップ作品● ・「シザーハンズ」 ・「エド・ウッド」 ・「スリーピー・ホロウ」 ・「コープス・ブライド」 ・「チャーリーとチョコレート工場」  コチラの「スウィーニ...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
【story】19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名前も姿も変えてロンドンのフリート街に戻ってくる。15年ぶりに理髪店を再開した彼は、理髪師スウィーニー・トッドとして腕を振い始めるが、彼は目に狂気を宿ら...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
あるいは、 笑わない男vs.顔の固まった少年 イギリスの劇作家ジョージ・D.ピット原作、ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演。何度も映画化され、ブロードウェー・ミュージカルにもなっている。映像は赤と黒が基調。赤は血、黒は陰惨。けれど、これはコメディ・...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (めでぃあみっくす)
過去に映画を含めて7度も一緒に仕事をしたというだけあって、やはりティム・バートンとジョニー・デップのコラボ作品は本当に面白いです。頚動脈から吹き出る血吹雪やパイの中から人の指が出てくるなど多少グロかったりエグかったりするシーンはあるものの、それをも感じ...
映画 【スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 トニー賞受賞ミュージカルをティム・バートン監督が映画化。 おはなし:19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名前も姿も変え、ロンドンのフ...
[Review] スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (Diary of Cyber)
史上最強と言っても過言ではない、ティム・バートン監督と名優ジョニー・デップのコラボレーション。これまでもダークなのに不快感がほとんど無く、且つコミカルにキャラクターが躍動する映画はいくつかありますが、この作品はその真骨頂と言えるのかもしれません。 第56...
スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師 (Akira's VOICE)
ゾクッとしてワクワク。 そして涙。
スウィーニー・トッド/血の罪は、血でないとあがなえないのか。 (よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
ただの、ブラックユーモアやティム式のシュールな復讐劇だと思っては観ていていけませんよ。ちゃんと、人間のお勉強しましょうね!
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (ラムの大通り)
(原題:Sweeney Todd THE DEMON BARBER OF FLEET STREET) -----この映画って、ミュージカルなんでしょ。 ティム・バートンにしては少し珍しくニャい? 「そうだね。 でも、その内容からしてバートン向き。 確かに“歌”はあるものの、 そのベースはサイレント期のユニ...
スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師 (eclipse的な独り言)
 これは楽しめました。ジョニー&バートンの作品では一番なのではないでしょうか?
スウィーニー・トッド -フリート街の悪魔の理髪師-(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
一昨日に引き続きスウィーニーネタです。 ネタバレと書いちゃいますが、これミュージカルでやってるから内容知ってる人も多いんですよね(汗) ところで皆様は「美容師」と「理容師」の違いってご存知?
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」みた。 (たいむのひとりごと)
包丁もカッターもカミソリも使うケド、少しばかり刃物恐怖症&先端恐怖症の気がある。幼きころのトラウマ。痛さと出血を知ってるからなんだろうなぁ。・・ということで、怖いもの見たさのみでの鑑賞。けれど喉元がな
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 (クマの巣)
「デリカテッセン」+「ムーラン・ルージュ」みたいなのかな~、と思って「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」観ました。 さて、ともかく「チャリーとチョコレート工場」や「パイレーツ・オブ・カ
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (心のままに映画の風景)
19世紀ロンドン。 妻ルーシーと幼い娘と幸せに暮らす理髪師のベンジャミン・バーカー(ジョニー・デップ)は、 妻に恋心を抱いたターピン判...
[映画『スウィーニー・トッド 』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
▼てな訳で、いつものMOVIX昭島に『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』を、女子中学生と観に行きました。 ここで言う女子中学生とは、私が通勤中にすれ違う<佐藤寛子似>ではなくて、姪っ子である。 早朝にネット予約したのだが、職場の昼休憩に見...
映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」に関するトラックバックを募集しています。
映画 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆ブロードウェイの巨匠スティーヴン・ソンドハイムのトニー賞受賞ミュージカルを映画化。監督は『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートン。19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名...
★「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 (ひらりん的映画ブログ)
この映画の公開があるから、今月のひらりんは「ジョニデ祭り」開催中だったんです。 ここんとこ、DVD見る暇なくて、お祭りも息切れ気味だったけど。
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (風模様Days)
今回もエキセントリックなジョニー・デップを堪能! だけどやっぱり正視できず…『チャーリーとチョコレート工場』は極彩色だったけど、その他のティム・バートンの映画同様、『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』の全体はグレー。ロンドンが舞台だし、...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (Diarydiary!)
《スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師》 2007年 アメリカ映画
スウィーニー・トッド 悪魔の理髪師 (シネマ大好き)
ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演の「スウィニー・トッド 悪魔の理髪師」。 無実の罪で投獄され、妻子を奪われたベンジャミン・バーカーは、15年後、復讐の鬼と化したスウィニー・トッドとしてロンドンに帰還。元自分の家ではミセス・ラベットが売れない...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (C note)
1月公開映画の中ではたぶん一番の話題作。さっそく行っときましたー <あらすじ>
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (ちわわぱらだいす)
見てきました~♪  ネタバレしないように書きますが~(無理かも) ホラーなのかな~? と思って見にいったんだけど。 ジョニー・デップですもん・・・どんな内容でも聆 でも、なんか笑える楽しいミュージカルだった漣 町の(食材にするための)...
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』:傑作誕生!かと思いきや:Myムービー掲載 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
オープニングの理髪店二階の屋根窓を俯瞰で撮るあたりから、『ファントム・オブ・パラダイス』を思い出したりして、スティーブン・ソンドハイムの重厚で人間の歌声さえも楽器としてしまうような多層的な楽曲、それに凝った美術にメイクアップ、陰影に富んだ画面づくり...
血まみれジョニー~『スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師』 (真紅のthinkingdays)
 SWEENEY TODD:  THE DEMON BARBER  OF FLEET STREET  ロンドン・フリート街の理髪師ベンジャミン・バーカー(ジョニー・デップ)は、悪徳判事 ...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ティム・バートンとジョニー・デップといえば、90年代から数々の傑作を物にしてきた名コンビ。 毎回変わった趣向を打ち出す彼らの最新作は、...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (ルナのシネマ缶)
今回のジョニーは 初の殺人鬼役、 そして初のミュージカル! 久々に待ちきれず 初日に鑑賞してきました。 ジョニー&ティムのコンビ作品は やはり面白いです。 しかし・・・かなりグロイ場面も ありです。(~_~;) 理髪師ベンジャミン・バーカー(ジョニー・デッ...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (to Heart)
 ―いらっしゃいませ。   そして、永遠にさようなら。― ブロードウェイの巨匠スティーヴン・ソンドハイムのトニー賞受賞ミュージカルをティム・バートン監督が映画化。 原題 SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET 製作年度 2007年 上映時間 117分 監督 テ...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (ネタバレ映画館)
観る前に床屋へ行くか、観てから床屋へ行くか・・・
残酷なのに悲しく切ない。~「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」~ (ペパーミントの魔術師)
悪徳判事によって無実の罪を着せられ、 妻と娘を奪われた男が15年ぶりにロンドンへ帰ってくる。 復讐のために。 ティムバートン映画のジョニーデップって なんでいつもこう青白い顔なんすか?(-_-;) 「シザーハンズ」のエドワードにしても 「スリーピーホロウ」のイカ...
スウィーニー・トッド (フリート街の悪魔の理髪師) (★Shaberiba ★)
ジョニー・デップが超シリアス~!! 19世紀のロンドン。 平凡なある男の人生は、その幸せを妬んだ判事によって 永遠に壊されてしまったのだった・・。
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”Sweeney Todd-The Demon Barber of Fleet Street-”作詞・作曲=スティーヴン・ソンドハイム。オリジナル台本=ヒュー・ウィーラー。監督=ティム・バートン。脚本=ジョン・ローガン。衣装=コリーン・アトウッド。美術=ダンテ・フェレッティ。撮影=ダリウス・ウォル...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (そーれりぽーと)
待望の『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』をロードショー当日に観てきました。 が、気合を入れすぎて、記事書くのにえらい時間がかかりましたw ★★★★★ 2008年もまだ始まったばかりだというのに、今年はこの映画を上回る映画はあるんだろうか。 舞...
『スウィーニー トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
今年一本目はこちら『スウィーニー トッド フリート街の悪魔の理髪師』です。
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (シェイクで乾杯!)
なんて素敵なコピーだろう。観る前からワクワクさせられた。
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:SWEENEY TODD:THE DEMON BARBER OF FLEET STREET) 【2007年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★☆) ブロードウェイ・ミュージカルの巨匠であるスティーヴン・ソンドハイムとヒュー・ウィーラーが手掛けた同名舞台を映画化。 19世紀のロンドン。フリート街で...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(映画館) (ひるめし。)
いらっしゃいませ。そして、永遠にさようなら。
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (映画を観たよ)
さぁ、色々楽しみ!
『スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』-No4 (映画館で観ましょ♪)
オープニングの赤い雨のしずく・・・ココがもう好きです! こういった色使いの映像は大好きです! 「すごい話だね」  「やっぱ...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (バビロン21)
軽やかに優雅に歌いながら、喉をかっ切ってブッ殺す‥‥‥‥ 素晴らしいの一言に尽きる! ティム・バートン監督の新作は『スウィーニー・トッド』。 なんとこれ、本格的なミュージカル映画。 生気がまるっきり感じられない、重くて寒々しいモノトーン調...
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」□監督 ティム・バートン □原作 ヒュー・ウィーラー □脚本 ジョン・ローガン □キャスト ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシー・スポール、サシ...
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』鑑賞 (★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!)
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』鑑賞レビュー! 原題::::SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET 2007年 アメリカ 全米公開::::2007年12月21日 日本公開日::::2008年1月19日(土) 上映時間::::117min...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (Kinetic Vision)
銀のカミソリは、自分から妻子を奪った男の喉だけを切り裂くはずだった。しかし、いったん殺人の衝動に支配されてしまうと、彼はもはや無差...
「スウィーニー・トッドフリート街の悪魔の理髪師」 (GOOD☆NEWS)
「スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師」を観てきました。映画の公開日の1月19日に毎日放送「知っとこ」と言うTV番組で、オセロの松嶋さんがジョニーにインタビューしていたのを放送していました。ジョニーが来日する度に松嶋さんがインタビューすると言....
2008-02『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』のMOVIE 映画を鑑賞しました。秊 2008-02『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』(更新:2008/01/26) 評価:★★★★☆ そこは、二度と出られない悪魔の理髪...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年1月19日 日本公開 肉まんに段ボールってのは聞きましたけど ミートパイに・・・・ほにゃららが使用されてるとはねぇ (|||_|||)オエーッ "はさみ"から今度は"カミソリ"に持ち替えて さすが&qu...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 を観ました。 (My Favorite Things)
よく考えたら悲惨な作品です。
真・映画日記(1)『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (          )
JUGEMテーマ:映画 1月19日(土)◆690日目◆ 映画の紹介感想だけを書く。 実写映画では『チャーリーとチョコレート工場』以来の2年4ヶ月ぶりの作品。 主演のジョニー・デップはアニメ映画『コープス・ブライド』を含め6度目のティム・バートン作品出演。 他、『...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  サスペンス&犯罪&ミュージカル  監督:ティム・バートン  出演:ジョニー・デップ      ヘレナ・ボナム=カーター      アラン・リックマン      ティモシー・スポール 【物語】 19世紀のロンドン。フリート街で理髪店を営み、妻...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (小部屋日記)
Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/アラン・リックマン/ティモシー・スポール/サシャ・バロン・コーエン いらっしゃいませ。 そして、永遠...
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師  / Sweeney Todd:The Demon Barber (2008)」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師】2008年1月19日(土)公開 ...
【2008-12】スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(SWEENEY TODD:THE DEMON BARBER OF FLEET STREET) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 忘れるものか 許すものか スウィーニーが来る! いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。
スウィニー・トッド☆独り言 (黒猫のうたた寝)
実は、去年の1月に舞台で観ました。その時の主演は市村正親さんと大竹しのぶさん。ミセス・ラベット演じた大竹しのぶさんの怪演(?)がかなり印象強かったんだけど(笑)ってことで、ストーリーは把握しちゃっての鑑賞ですがオープニング映像から、思わずにんまりしちゃっ...
SWEENEY TODD THE DEMON BAREBER OF FLEET STREET (銅版画制作の日々)
  JOHNNY DEEP の話題作「SWEENEY TODD」、公開されました。   1月22日、MOVX京都にて鑑賞。今や、カリスマ的俳優、ジョニー・デップ再びティム・バートン監督とのコラボで誕生した「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」、長いタイトルです...
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 (古今東西座)
血、血、血、血 な映画。救いのないくらいの酷い物語なのだが、白黒に近いくらいな極端に色彩を抑え光を抑えてスタイリッシュに見せられると、何か高尚なものを鑑賞しているような錯覚に陥るのだが、実際はロクデナシしか出てこない荒んだ映画である。 と書くと貶している...
「スウィーニートッド フリート街の悪魔の理髪師」 (-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-)
ティムバートン、等身大。J.デップもT.バートンもすっかり大御所になりました。前作「チャーリーとチョコレート工場」も大ヒットし、2人の作品というだけである程度の成功は約束されたようなもの。実際、今回の題材もブラックな要素に満ちていて、まさにこのコンビのため....
【映画】スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師…普通に悪趣味 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/hiyoko_cloud/}もう2月になっちゃいましたねぇ…ホント早いです。 一昨日の記事にも書きましたが…ここのところgooブログの調子がよろしくない様子{/face_ikari/}。しかもgooブログの方いくつかで同時多発な状況{/face_ikari/}。 短時間でたくさんのトラックバックをg...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (JUNeK-CINEMA in the JUNeK-YARD)
スプラッタ系は苦手のjesterですが、どうしてもジョニデとアラン・リックマンのデュエットが聞きたい! と覚悟を決めて「SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET」をみてきました。 ところところ目をつぶりつつ、ティム・バートン・ワールドに浸りきって、☆☆...
愛と狂気と人肉パイ (Ondul Blog ver.β)
『スウィーニー・トッド』感想 @2008.1.26 理髪師にして殺人鬼(復讐鬼)。 不謹慎ながら「これほど相性の良いものがあるだろうか!」と真っ先に思ってしまいました。手には研磨された鋭い切れ味のカミソリ。客は何もしなくても自分から急所の喉下を晒してくれる。「さ...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師<ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
いらっしゃいませ。そして、永遠にさようなら。今回は大きくネタバレ有りの為、要注意オープニングからいきなり 血が流れ出して進んでいくのがもうかなり おえっぷでやんす~( ̄ω ̄;)そしてミンチ製造機。。。 おぉぉぉ ヤバイ かなり怖い妻子と幸せに暮らしてい...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 [監督:ティム・バートン] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
私なりのヘレボナ讃歌的エッセイみたくしてしまいました。
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 目をそむけてはいけない (明日へのヒント by シキシマ博士)
お馴染み、監督ティム・バートンと主演ジョニー・デップの組み合わせによる作品です。(もう6度めになるんだそうですね) やっぱり期待しないわけにはいきません。 そして今回もその期待は裏切られませんでした。
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α)
いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。 久しぶりにオープニングでワクワクした。 真っ暗な中に落ちていく血まじりの雨がたまらなくって
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (こんな映画見ました~)
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 ---SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET--- 2007年(アメリカ) 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ 、 ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン 19世紀のロンドン。 フリート街で...
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ19世紀のイギリス。無実の罪で投獄されその首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。15年ぶりに理髪店を再開した彼は、かつて自分を陥れた男への復しゅうに燃えていた・・・。感想ハサミ男からカ...