【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ザ・マジックアワー」:豊海水産埠頭バス停付近の会話

2008-06-07 | ★門33系統(豊海水産埠頭~亀戸駅)

こういう波止場が、ギャングたちの抗争の場になるんだろうな。
そう?いまどき、そんなこと、映画の中くらいしかないんじゃないの?
「ザ・マジックアワー」とか?
うん。港町のギャングどおしの抗争に巻き込まれる売れない俳優の物語。
映画の撮影だと思って殺し屋の役を演じる役者が佐藤浩市。本物の殺し屋だと思ってしまうギャングの親分が西田敏行。間でこの策略を仕切るのが、妻夫木聡。
それぞれの勘違いから生まれるトンチンカンなやりとりが、まあ、おかしい、おかしい。
脚本・監督が三谷幸喜だから、おもしろいのは折り紙つきなんだけど、今回はとにかく、佐藤浩市の怪演に尽きる。
いつもクールな二枚目の佐藤浩市が、ここまではじけた演技をしたのは初めて見たわね。
ナイフをなめるだけで、あそこまで笑わせてくれるとは、まあ、ユカイ、ユカイ。
覆面を取ろうとするシーンの顔の演技も最高だったわよ。
指の二丁拳銃だって、負けず劣らずの怪シーンだ。
名俳優が役柄上、大根役者がやる演技をしているところが、なんとも錯倒的な感じがして、オーバーでなく、おなかの皮がねじれちゃうわよね。
受ける西田敏行は、いつもどおり、余裕しゃくしゃくで、これまたユカイ、ユカイ。
妻夫木聡は「憑神」を観たときには、本格的なコメディはちょっと難しいかなあと思ったんだけど、今回はどちらかというと狂言回しに回って、思いの他、気にならなかった。
しかも、三谷幸喜の前作「THE 有頂天ホテル」は観ているときは笑えるんだけど、終わってしまえば余韻の残らない映画だったのに対して、今回はちゃんと余韻の残るところが凄い。
タイトルからして、「THE 有頂天ホテル」っていうのは、深い意味がない身も蓋もないタイトルだったけど、「ザ・マジックアワー」っていうのは、結構ホロリとさせる意味合いを含んでいて、案外侮れない。
前回はホテルという人間臭い場所を舞台にしたわりに、ギャグが細切れで血の通った人間味を感じさせる人物があまりいなかったけど、今回はギャングと映画俳優の世界という、見るからにフィクションに徹したことで、逆に主役の佐藤浩市に人間的な心情を感じさせる結果になったんだから、おもしろい。
売れない映画俳優の悲哀が生きた。
「THE 有頂天ホテル」より、これまでの三谷幸喜の最高傑作「ラヂオの時間」に近い印象だよな。
あれも、抱腹絶倒の中に、右往左往するラジオマンの心情が浮かんでただの喜劇になっていなかったもんね。
最初の撮影所のシーンがちょっと長いかな、と思ったらちゃんとラストシーンに生かされていたし、生前の市川崑が見られたのも映画ファンとしては感慨深いものがある。
年老いた俳優をやる柳沢慎一だって、ほんとうに設定どおりに昔の白黒映画で活躍していた俳優なのよ。
え、そうなのか。お前もさすがにむだに年はとってないな。
あ、誤解しないでよ。リアルタイムで彼の映画を観ているわけじゃないんだから。
しかし、あの年であのピストルさばきが出てくるとは思わなかった。
きっと、波止場での抗争シーンをいくつもこなしてきたんでしょうね。
もし、この波止場で映画の撮影があったら、いちど観に来たいな。
マジックアワーにね。



この記事、まあまあかなと思ったら、クリックをお願いします。



ふたりが乗ったのは、都バス<門33系統>
豊海水産埠頭⇒月島警察署前⇒新島橋⇒勝どき三丁目⇒勝どき駅前⇒月島三丁目⇒月島駅前⇒越中島⇒門前仲町⇒深川一丁目⇒深川二丁目⇒平野一丁目⇒清澄庭園前⇒清澄白河駅前⇒高橋⇒森下駅前⇒千歳三丁目⇒緑一丁目⇒都営両国駅前⇒石原一丁目⇒本所一丁目⇒東駒形一丁目⇒吾妻橋一丁目⇒本所吾妻橋⇒業平橋⇒押上⇒十間橋⇒柳島⇒福神橋⇒亀戸四丁目⇒亀戸駅前






『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (58)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 都02系統と35本の映画たち | トップ | 「休暇」:月島警察署前バス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

58 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ザ・マジックアワー (悠雅的生活)
 愛すべき映画ファン。愛すべき映画人。愛すべき映画!
★★★ 『ザ・マジックアワー』 (映画の感想文日記)
2008年。フジテレビ/東宝。   三谷幸喜監督・脚本。  苦手な俳優の佐藤浩市主演ということもあり、あまり気乗りしなかったが、予告編にちょっと期待させる雰囲気があったので、  これまで三谷幸...
ザ・マジックアワー (2008) 136分 (極私的映画論+α)
 「テラ富樫」はマクガフィン?(笑)
ザ・マジックアワー (そーれりぽーと)
三谷幸喜最新作、『ザ・マジックアワー』を観てきました。 ★★★★★ 全く噛み合わないはずの勘違い会話が成立する、三谷幸喜お得意の一番笑えるシチュエーションが今回のメインテーマ。 営業の仕事をしてると、「思ってた」が一番の敵なんだけど、客観的に観るとこんな...
ザ・マジックアワー (映画鑑賞★日記・・・)
【The Magic Hour】2008/06/07公開(06/07鑑賞)製作国:日本監督・脚本:三谷幸喜出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向文世、寺島進、戸田恵子、伊吹吾郎 “最後に笑うのは誰だ?” まるで映画のようなお話(笑)
「 ザ・マジックアワー / The Magic Hour (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【ザ・マジックアワー】2008年6月7日(土)公開 監督 ・ 脚本 : 三谷幸...
映画「ザ・マジックアワー」(2008年、日) (富久亭日乗)
    ★★★★★  三谷幸喜の監督4作目は、売れない俳優を 本物の殺し屋に仕立て上げるというコメディー。 タイトルの「マジックアワー」とは、 昼と夜の間の、一日で一番撮影に適した瞬間のこと。  港町、守加護ーー。 ギャングの手下でクラブ「赤い靴」の支配人、...
ザ・マジックアワー (勝手に映画評)
三谷幸喜の監督作品第四弾。今回は、これまで以上に笑いが込められています。 ほとんど主役級の役者たちが、ほんの端役程度で出てくるのが、三谷作品の一つの見所。今回は劇中映画(そのうちの一つの監督が市川崑)が何本かあるんですが、それらには、唐沢寿明(まぁ、彼...
[映画『ザ・マジックアワー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆この一週間、風邪を引いて、いまだ本調子じゃないので、短めに・・・。 実は、一昨日は、遅ればせながら、公開終了間際の『名探偵コナン』の新作を見ようと、ネットで席を予約したのだが、行くのを断念したほどなのだ・・・。      #     #     # ...
ザ・マジックアワー (Akira's VOICE)
好きな気持ちに気付いた時,人は前を向く!  
ザ・マジックアワー (You got a movie)
監督   三谷幸喜 キャスト 佐藤浩市 妻夫木聡 深津絵里 綾瀬はるか        西田敏行 ほか多数  太陽が地平線の向こうに沈んで、暗くなるまでの間に光が差し込んで織りなす幻想的な時間。たった数分の魔法の時間“マジックアワー”。この時間を選んでカメ...
ザ・マジックアワー (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年6月7日 公開 「おぉーい、よぉ~いスタートは誰が言うんだぁ?!」 おおむね満足できました! ま、三谷監督の言う「3分に10回笑える」とまではいきませんでしたが。 これはもぉ絶対に佐藤浩市で笑う映...
ザ・マジック・アワー (青いblog)
ネタバレなしの感想。 笑えるというより号泣してしまいました。 三谷幸喜さんの映画は役者さんや映画に対する愛情が溢れてるなぁ! オマージュなのかパ
ザ・マジックアワー を観ました。 (My Favorite Things)
疲れ果てている日々ですが、やはりココロの潤いは必要ってことで、笑わせていただきました…。
ザ・マジックアワー (いい加減社長の映画日記)
ポイントが溜まっていたので、公開初日の朝一番の回で。 最近、やけに宣伝している「ザ・マジックアワー」を選択。 「UCとしまえん」は、土曜の朝にしては、ちょっと少なめかな? 「ザ・マジックアワー」は、大きめのスクリーンで4割程度? まずまず、なのかな? 【...
「ザ・マジックアワー」これは三谷幸喜版「アメリカの夜」だ (ももたろうサブライ)
監督 三谷幸喜少しあらすじ 港町、守加護(すかご)を牛耳るボス(西田敏行)の愛人(深津絵里)に手を出したために消されそうになったビンゴ(妻夫木聡)は、ボスに伝説の殺し屋デラ富樫を引き合わせることを条件に許される。 しかし5日の期限がせまってもデラは見つ...
映画「ザ・マジックアワー」 観てきました。三谷幸喜監督最新作 (THE有頂天ブログ)
ザ・マジックアワー  (2008年6月7日公開 全国東宝系 / 公式サイト) 公開初日の昨日の夜、観てきました。 三谷幸喜監督映画最新作「ザ・マジックアワー」。 架空の港町・守加護を舞台に繰り広げられるコメディー。 一応、舞台は日本なんだけど、作品全体...
ザ・マジックアワー (ササの自由空間!)
三谷幸喜監督の映画・最新作、 「ザ・マジックアワー」を、公開初日の土曜日に観てきました。 (以下、個人的な主観の感想) 面白かったですよ~! 「THE 有頂天ホテル」も好きだったけど、 この映画はもっと面白いかもしれない。 いや、"かも"じゃない。 この...
「ザ・マジックアワー」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。突然舞台挨拶に 佐藤浩市と三谷幸喜が登場してびっくり!「ザ・マジックアワー」公式サイト転びそうになる演技しながら 登場した佐藤浩市、白いジャケットきてさわやかー でした。司会者の女性のテンションも高い高い三谷監督がしゃべってると...
ザ・マジックアワー (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 監督:三谷幸喜 出演:佐藤浩市、妻夫木 聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向文世、寺島 進、戸田恵子、伊吹吾郎、寺脇康文、谷原章介、中井貴一、鈴木京香、香川照之、天海祐希、唐沢寿明・・・
[映画]ザ・マジックアワー (落とし穴には気をつけろ!)
三谷幸喜最新作は、凄いパワーでした とある港街で、ギャングのボス(西田敏行)の愛人マリ(深津絵里)に手を出した落とし前として、幻の殺し屋デラ・富樫を探してくるよう命じられた備後(妻夫木聡)が、三流役者の村田(佐藤浩市)を映画の撮影だと騙して連れて来たこ...
「ザ・マジックアワー」人生の大一番に掛けた伝説の殺し屋を演じた三流役者の主演映画 (オールマイティにコメンテート)
「ザ・マジックアワー」は三谷幸喜2年ぶりの監督作品でやくざのボスの女に手を出してしまった男がやくざのボスから伝説の殺し屋を探してくるように言われ、連れて来たのが無名の役者・・・その役者が殺し屋を演じていく奇想天外なコメディー喜劇ストーリーである。個人的...
ザ・マジックアワー (今日感)
とにかく笑えた{%笑いwebry%}
影で支える感謝の気持ち。『ザ・マジックアワー』 (水曜日のシネマ日記)
暗黒界のボスの愛人に手を出した男が、命を助けてもらう代償に伝説の殺し屋を探し出す物語です。
ザ・マジックアワー (花ごよみ)
今、メディアにこのところ、 露出しまくりの三谷幸喜が監督。 脚本ももちろん三谷幸喜。 笑い願望で見に行きました。 その結果たっぷりと、 笑わせてもらいました。 メインとして佐藤浩市、妻夫木聡。 だまされて、やくざの内輪もめに かかわってしまう羽目になった ...
★「ザ・マジックアワー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末レイトショウは、 最近、宣伝のためにテレビに出まくってる三谷幸喜監督作。
ザ・マジックアワー(映画館) (ひるめし。)
この街で起きたことは きっと誰かに話したくなる。
マジックアワー 噛み殺せない笑い ぐふぇふぇふぇ~♪ (労組書記長社労士のブログ)
 主要8カ国(G8)財務相会合が今日から大阪で開催される。 ここんとこ駅や街角に、物々しい装備を付けた強化仕様のお巡りさんがたくさん立っている姿が目立ったけど、今日はさらに数が増えていた。 梅田駅のゴミ箱も封鎖されて使えなくなっていた。 なんか突飛な行動して、...
マジックアワー (再出発日記)
前回の「有頂天ホテル」は私としては珍しく大笑いをしたのではあるが、その年のマイベスト20からは外した。私は三谷幸喜の作品とは、相性がよろしくない。私の求める笑いとたぶん違うのだろう。私の求める笑いとは、結局悔しいことに、松竹喜劇なのだろうと思う。泣いて笑...
映画『ザ・マジックアワー』 (健康への長い道)
早くも興収60億超えとの声も聴こえる『ザ・マジックアワー』を、引越したけど相変わらず近所にある小さな劇場にて。 10:00と12:35の回は満席だったようですが、17:45の回は空いていたので、ゆっくり寛いで観ることができました。腹ごしらえに食べたコロッケパンは旨...
映画「ザ・マジックアワー」 (FREE TIME)
話題の映画「ザ・マジックアワー」を鑑賞しました。
■映画は喜劇~ザ・マジックアワー (AKATUKI DESIGN)
先週見そびれてしまった三谷幸喜監督作品”ザ・マジックアワー”を見てきちゃいました!!! --- いやぁ~本当に楽しい映画ですよ。 アレだけ番宣で三谷監督がTV各局を回っているのでストーリーは見てない方もご存知だと思いますが、念のためおさらい。 西田敏行演じ...
【映画】ザ・マジックアワー (新!やさぐれ日記)
■動機 本編が連想できない予告編に興味 ■感想 これは面白かった ■満足度 ★★★★★★★ まんぞく ■あらすじ 暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、命の代償に伝説の殺し屋...
『ザ・マジックアワー』2008・6・8に観ました (映画と秋葉原と日記)
『ザ・マジックアワー』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 暗黒界のボス・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、命の代償に伝説の殺し屋“デラ富樫”を探し出すハメに・・・だが苦し紛れ
ザ・マジックアワー (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本  コメディ  監督:三谷幸喜  出演:佐藤浩市      妻夫木聡      深津絵里      綾瀬はるか 【物語】 港町・守加護(すかご)。街を牛耳るギャングのボス・天塩の愛人・マリに 手を出してしまった手下のホテル支配人・備後。はたして天...
ザ・マジックアワー (Thanksgiving Day)
映画「ザ・マジックアワー」を観に行ってきましたー!! この映画は、三谷幸喜監督の作品ということもあって、公開前からかなり楽しみにしてたんですよ。 三谷監督の作品といえば、THE有頂天ホテル以来ですかね!? 映画館に行ってみると、さすがに人気作品だけあっ...
完成披露試写会へも初日舞台挨拶へも行けなかったので「三谷幸喜のマジックの種」を渋谷パルコまで見に行ったりした映画『ザ・マジッ... (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
完成披露試写会へも初日舞台挨拶へも行けなかった三谷幸喜第4回監督作品『ザ・マジックアワー』を天塩商会公認揚げぱんきなこ味と三日月のメロンパンとコーキークッキーを食べながらのレビュー「みんなのいえ」「笑の大学」「THE有頂天ホテル」と舞台挨拶へ行ってたのに...
完成披露試写会へも初日舞台挨拶へも行けなかったので「三谷幸喜のマジックの種」を渋谷パルコまで見に行ったりした映画『ザ・マジッ... (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
完成披露試写会へも初日舞台挨拶へも行けなかった三谷幸喜第4回監督作品『ザ・マジックアワー』を天塩商会公認揚げぱんきなこ味と三日月のメロンパンとコーキークッキーを食べながらのレビュー「みんなのいえ」「笑の大学」「THE有頂天ホテル」と舞台挨拶へ行ってたのに...
【2008-135】ザ・マジックアワー The Magic Hour (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 最後に笑うのは誰だ?
ザ・マジックアワー (みかんの部屋)
みっちー ごめんっ!!!! 観ちゃった・・・(゜∇゜;)  ごめんねっ、許して~(><) マジックアワー、もうっ、三谷幸喜 史上最高傑作ですっ[:王冠2:][:!!:] 最高でした。最高に、おもしろかった[:おはな:]  大満足の120点です[:ぴかぴか:] 星5つ:★...
ザ・マジックアワー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
意識したわけではないけれど、今年に入って『月一邦画』のペースが出来ていて、今月の邦画は『アフタースクール』を観に行きました~^^・だってぇ~三谷幸喜監督の作品は、『THE・食わず嫌い』で未見なんだも~んでも、、、あれだけ『コウちゃんズ』とか言ってTVで宣伝...
ザ・マジックアワー (Kinetic Vision)
いかにも映画のセットのように見える現実感のない街には、生活感を漂わせる格好をした住人の姿も見えず、ホテルの女主人からギャングたちま...
ザ・マジックアワー (まぁず、なにやってんだか)
友達から劇場限定の映画チケットをもらったので、「ザ・マジックアワー」を観て来ました。 最初から笑わせてくれるのかと待ち構えていたのですが、はじめは備後(妻夫木聡)とマリ(深津絵里)の危機を描いているので、至って真面目でした。 早く笑わせてくれないか...
ザ・マジックアワー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『最後に笑うのは誰だ?』  コチラの「ザ・マジックアワー」は、「THE 有頂天ホテル」の笑激から3年、三谷幸喜監督の最新作となる6/7公開のコメディなのですが、やっと観て来ましたぁ~♪東宝系なので、当初は14日のTOHOの日に鑑賞しようと思っていたのですが、なん...
ザ・マジックアワー (メルブロ)
ザ・マジックアワー 216本目 2008-22 上映時間 2時間16分 監督 三谷幸喜 出演 佐藤浩市 妻夫木聡 深津絵里 綾瀬はるか 西田敏行 小日向文世 寺島進 戸田恵子 伊吹吾郎 浅野和之 香川照之 会場 TOHOシネマズ府中 評価 7点(10点満点)    ...
【ザ・マジックアワー】三谷マジックは幸せな時間 (映画@見取り八段)
ザ・マジックアワー 公開: 2008年6月 監督: 三谷幸喜 出演: 佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、西田敏行 楽しかったです やっぱり三...
ザ・マジックアワー (ダイターンクラッシュ!!)
6月29日(日) 17:45~ 日劇3 料金:1250円(チケットフナキで前売り券を購入) プログラム:後日購入予定 『ザ・マジックアワー』公式サイト(繋がらない) 三谷幸喜の新作。最初の15分くらいは低調で、若干不安になったが、その後は快調に話が進んだ。 個人的に...
ザ・マジックアワー (AL+ViのわんわんLIFE)
土曜日はお友達と三谷幸喜監督のザ・マジックアワーを観てきました。 守加護(スカゴ)という港町でボス(西田敏行)の女(深津絵里)に手を出してしまった備後(妻夫木聡)、危うくコンクリ詰めで海に沈められるところを「許してほしければ伝説の殺し屋『デラ富樫』を...
露出し過ぎだっつーの、三谷さん【ザ・マジックアワー】 (犬も歩けばBohにあたる!)
監督本人が映画宣伝のために出た媒体は150を越えたそうです。 たしかに、来る日も
ザ・マジックアワー (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <新宿バルト9> 監督:三谷幸喜 脚本:三谷幸喜 港町・守加護。ホテル支配人の備後は、ギャングのボス天塩の愛人マリに手を出し、それがばれて命を狙われることに。備後を捕まえた天塩が命の代償に出した条件は、5日以内に幻の殺し屋“デラ富樫”を...
★『ザ・マジックアワー』☆ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:日本映画、三谷幸喜監督&脚本、佐藤浩市主演。佐藤浩市の代表作になるかも?
ザ・三谷幸喜アワー~『ザ・マジックアワー』 (真紅のthinkingdays)
 The Magic Hour  売れない映画俳優の村田(佐藤浩市)は、ギャングのボスの女マリ(深津絵里)に 手を出し絶対絶命の備後(妻夫木聡)に...
ザ・マジックアワー☆★三谷幸喜監督最新作 (銅版画制作の日々)
  太陽が消えてから、周囲が暗くなるまでのほんの僅かな時間、それがマジックアワーだ。   8月19日、遅まきながら「マジックアワー」を鑑賞してきました。三谷幸喜さん最新作です。とにかく豪華キャストがわんさか出演しています。中には往年の俳優さんも登場...
ザ・マジックアワー <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
TVでオンエアされた 「THE 有頂天ホテル」 を見てから観に行ったので登場人物が かぶりまくってるのが分かって面白かった有頂天ホテルの登場人物で 全く同じ名前で役柄も同じで出てくる人が一人いますってことで、映画が始まってから 誰だろ誰だろと気になって...
【映画】ザ・マジックアワー…の記事&鳥栖プレミアム・アウトレット (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
「マンマ・ミーア!」のTVスポットは流し過ぎ{/face_ase2/}だと感じているピロEKです。 さて、 まずは昨日の記事で予告した話題から… …先日15日(日曜日)の午前中は凄く天気の良かった北部九州地方{/kaeru_fine/} 2月中旬だというのに、あの陽気{/ase/}はただ事じ...
『ザ・マジックアワー』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の愛人高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、命の代償に伝説の殺し屋“デラ富樫”を探し出すハメに。期限の5日が迫ってもデラを見つけ出せない備後は無名の三流役者・村田大樹(佐藤浩市...
ザ・マジックアワー (Yuhiの読書日記+α)
暗黒界のボスの愛人に手を出した男が、命を助けてもらう代償に伝説の殺し屋を探し出すコメディー・ドラマ。監督は三谷幸喜、キャストは佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行他。 <あらすじ> 暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂マリ(...
映画「ザ・マジックアワー」 (itchy1976の日記)
ザ・マジックアワー - goo 映画 ザ・マジックアワー - Wikipedia 映画 ザ・マジックアワー(公式サイト) ザ・マジックアワー@ぴあ映画生活 ザ・マジックアワー(映画.com) ○スタッフ・キャスト キャスト: 佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向...