【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「弓」:魚籃坂下バス停付近の会話

2006-09-16 | ★田87系統(渋谷駅~田町駅)

魚籃坂って、珍しい名前だな。
坂の中腹に魚籃寺ていうお寺があるのよ。
魚籃寺?
本尊が「魚籃観世音菩薩」ていう、頭髪を唐様の髷に結った乙女の姿をした観音像であることに由来する名前なんだって。
乙女の姿?
中国、唐の時代、仏が美しい乙女の姿で現れ、竹かごに入れた魚を売りながら仏法を広めたという故事に基づいて造形されたらしいわよ。
乙女と魚といやあ、キム・ギドクの「弓」っていう映画だな。
あれは、乙女と魚釣りだけどね。
海の上に一艘の船が浮かんでて、そこには老人ともうすぐ17歳になる少女が暮している。少女は孤児で小さい頃からこの船で老人に育てられ、老人は17歳になったら少女と結婚しようと思っている。そこに魚釣りに来た青年が現れて波乱が起こる・・・。
いつものキム・ギドクらしく、奇妙な話よね。
韓国では1週間の上映で打ち切られたっていうけど、わかるような気がするね。どう説明していいかわからない映画だもんな。
じゃあ、退屈かというとそんなことなくて、少女と老人と青年の関係がどきどきするような緊張感の中で展開していくのよね。
ほーら、きた。女一人に男二人という映画の黄金三角関係だ。
黄金三角関係?
以前も話したけど、女一人に男二人というシチュエーションの映画には名作が多いんだ。「突然炎のごとく」とか「冒険者たち」とか「明日に向って撃て」とか。今年の映画だって「ゆれる」とか「紙屋悦子の青春」とかみんな黄金三角関係だ。
少女役のハン・ヨルムがとにかく、妖しくて、幼くて、狡猾そうで、神々しくもあるという不思議な存在で、とても魅力的な表情をするのよね。
キム・ギドクも計算してよく撮ってるよ。ドキッとするシーンがいっぱいあるもんな。人工的な話なのに、海の上に浮かぶ船というシチュエーションになったところで広がりが出たしな。
ああ、たしかに同じように少女の表情が魅力的だった「ハードキャンディ」も、シチュエーションが人工的なんで映画自体が人工的になってしまって損してたわね。
そりゃ、キム・ギドクのほうが一歩も二歩も曲者さ。「魚と寝る女」といい、「春夏秋冬そして春」といい、いつもいつもよくおかしな設定の映画を魅力的に仕上げてしまうもんだとあきれ返るよ。
要するに天才なのよ。
宗教的な匂いもして、実は「魚籃観世音菩薩」をモチーフにした映画なんです、って言われてもそうかもしれない、と思っちゃうよな。
少女と老人はひとことも言葉を発しないで、それがまた神秘性に拍車をかけるのよ。
こういう傑作の前には俺たちも言葉を失うね。


ふたりが乗ったのは、都バス<田87系統>
渋谷駅前⇒並木橋⇒渋谷車庫前⇒東二丁目⇒東三丁目⇒恵比寿駅前⇒恵比寿一丁目⇒恵比寿四丁目⇒恵比寿二丁目⇒恵比寿三丁目⇒北里研究所前⇒三光坂下⇒白金高輪駅前⇒魚籃坂下⇒三田五丁目⇒慶応義塾大前⇒田町駅前

ブログランキング参加中。よろしければ「降車ボタン」を押す代わりにワンクリックを。

















『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「明日の記憶」:白金高輪駅... | トップ | 「うつせみ」:三田五丁目バ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
興行 (kimion20002000)
2006-10-13 13:53:06
TBありがとう。

韓国では、1週間で打ち切りですか。ギドク監督、とことん、疎外されてますね。

日本では、結構、口コミで拡がりそうな、映画だと思うんですけどねぇ。
コメントありがとうございます (ジョー)
2006-10-15 19:16:33
■kimion20002000さんへ

日本ではまだ上映中ということはギドク監督にとっては日本のほうがいいのかな。いっそ韓国引退して日本で撮るっていうのはどうでしょうか。
TBありがとうございました (ミチ)
2006-11-26 10:35:57
ギドク作品って本国よりも外国での評価が高いのかもしれませんね。
引退宣言は撤回してほしいものです。
それにしてもギドク監督のミューズ(ハン・ヨルム)は凄い魅力ですね~。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2006-11-26 11:42:19
■ミチさんへ
「うつせみ」もぜひ見てください。「魚と寝る女」も。麻薬のようにクラクラしますよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『紙屋悦子の青春』 (京の昼寝~♪)
大切なものを、忘れていませんか。     ■監督 黒木和雄■脚本 黒木和雄・山田英樹■原作 松田正隆■キャスト 原田知世、永瀬正敏、松岡俊介、本上まなみ、小林薫□オフィシャルサイト  『紙屋悦子の青春』  昭和20年の春、両親を失ったば ...
弓/チョン・ソンファン、ハン・ヨルム、ソ・ジソク (カノンな日々)
相変わらずのるキム・ギドク節が炸裂してます。ホントにこの人の頭の中はどうなってるんだか一度覗いてみたい。世界観もここまで徹底してくるとスゴイですヨ。まさにキム・ギドク・ワールドですね。もう面白いとか面白くないとかそういう尺度じゃないんですよね。 ...
「弓」 (てんびんthe LIFE)
「弓」FS汐留で鑑賞 キム・ギドクの作品は今日はじめて見るのかと思ったら「サマリア」は彼の作品だったのですね。先日シャンテシネでこの作品の予告を見たときに、すごくこわい(ホラーとかスリラーとか言うのではなく)映画なのかという印象を持ちました。 ...
 (映画通の部屋)
「弓」 THE BOW/製作:2005年、韓国 90分 監督、脚本、製作:キム・
 (シャーロットの涙)
船の上で暮らす老人と少女がいた。10年前、老人がどこからか連れてきて以来、少女は釣り人を運ぶ船の上から一歩も出ないまま、もうすぐ17才になろうとしていた。 それは、老人と少女が結婚する日でもあった。老人は、カレンダーに印を付け、その日を心待ちにしてい ...
キム・ギドク監督の「弓」を観た! (とんとん・にっき)
いや、もう、まったくの偶然です。先日、Bunkamuraザ・ミュージアムで「ピカソとモディリアーニの時代」を観た帰りに、なんとなく貰っておいた映画「弓」のチラシ。Bunkamuraのル・シネマでやるという。よく読みもしないで、「老人と少女の永遠の物語」というだけ ...
エゴからの脱却~『弓』 (まったりインドア系)
 ある情報誌のワーグナーのオペラ《さまよえるオランダ人》についての特集記事で、ワーグナー研究の第一人者・山崎太郎さんのこんな一文が目に留まった。    相手の身を気遣って、救済を諦めたときすでに、彼らは心の平穏を得て、  身に負う呪いから解き放た ...
感想/弓(試写) (APRIL FOOLS)
甘ちょろラブだけが韓国映画にあらず、と思わせる秀作その2! 奇才キム・ギドク監督最新作『弓』は独特の美しさを撒き散らして9月9日公開。狂気なのに耽美的な快作だ~!!   キム・ギドク監督最新作『弓』公式サイト 海原に浮かぶ船の上で生活する老人と少女 ...
 (ゆっくり、長く走るには...)
韓国映画界からの引退を示唆するような発言をした、キム・ギドク監督。 今作品”弓”
 (とにかく、映画好きなもので。)
 物語のラストに関して述べています。気になる方は読まない方がよろしいかも。  海の上に浮かぶ船には二人だけの世界があった。  60歳の老人(チョン・ソンファン)はどこかから連れてきた少女(ハン・ヨルム)を10年間育て、彼女が17 ...
「弓」 竹内義和説によるアルムおんじってこんなん (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
「海の上で2人きりで暮らす老人と少女 強い絆で結ばれた永遠の愛の物語」だそうである。 ただし、このじいいさん、途中参加の青年の弁によれば少女は7歳の頃から舟でじいさんに囲われてて、本当の両親からも捜索願が出されてる少女だそうだ。 それって、監禁・ ...
N0.172「弓」(韓国/キム・ギドク監督) (サーカスな日々)
キム・ギドク監督は自虐を装いながら、 韓国映画界と訣別しようとしているのかもしれない。 それにしても、キム・ギドク監督の爆弾発言のその後は、どうなったのだろう? この8月18日、韓国MBCテレビ「100分討論」に出席したキム・ギドクは、「グエムル」について ...
キム・ギドク監督作「弓」は韓国感情{ハン}や文化を理解すれば更に意味深い。 (ここ掘れ!!韓・カン)
キム・ギドク監督作「弓」をやっと観る事が出来た。 なにかの映画を観た後で自分自身にとってこの映画が良かった。悪かった。の評価の判断基準は・・唸らされた。何とも思わない。腹立たしい。^^の直感的な3段階判断なのである。本作「弓」は良い意味で唸らさ ...
『弓』 (京の昼寝~♪)
今日も一日、あなたの弓は私を守り、夜の終わりに愛を奏でる。   ■監督・脚本 キム・ギドク■キャスト チョン・ソンファン、ハン・ヨルム、ソ・ジソク、チョン・グクァン□オフィシャルサイト  『弓』  10年前にどこからか連れてきた少女を育てな ...
韓国映画第二弾☆『弓』:キム・キドク監督作品 (銅版画制作の日々)
韓国映画第二弾『弓』を鑑賞した。監督は韓国映画界ではかなり有名なキム・キドク韓国映画はほとんど観ない私にとっては、この監督の存在すら知らなかったそうそう「うつせみ」は聞いた事がある。 不思議な映画だった舞台は海の上に浮かぶ大きな船と小さな船だけ ...
映画「弓」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「弓」 キム・ギドク監督の第12作目。 海に浮かぶ船の中で、二人きりの生活を営む老人(チョン・ソンファン)と少女(ハン・ヨルム)。10年前老人はどこからか少女を連れてきて彼女を船から降ろすことなく暮らし、彼女が17歳になったら結婚するのを楽 ...
「弓」 The Bow (俺の明日はどっちだ)
海原に浮かぶエンジンの壊れた船の上で二人だけで生活する何やら曰くありげな老人と少女。 そして老人は少女が17歳になるその日に結婚することを待ち望んでいた ----- 。いつもながらのキム・ギドク監督ならではの設定に今回もまたつい心惹かれる。 そして物語が ...
 (ネタバレ映画館)
10年間船上で暮らす少女。外の世界を知らないためか、箸を持つ手もおかしかった。
 (明け方シネマ)
 祖父と孫ほどに年の離れた老人と少女の愛の物語。  何かリュック・ベッソンの「レオン」がひどくつまらなく思えてくるほど、この愛は純粋で深い。  波間に浮かんで揺られている一艘の釣り船。カメラもそれに合わせてゆっくり揺れる。弦楽器の音色が優しく寄 ...
『弓』 (ドレミファ息子の血は萌える)
 『悪い男』のヤクザが声を失っていたように、『コーストガード』の娘が言葉を喋らないように、『受取人不明』の女子学生が眼の力で全てを語ってみせたように、『うつせみ』の男女が互いに言葉を交わすことなく愛が成立したよう