【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「白いリボン」

2011-01-29 | ★橋63系統(小滝橋車庫前~新橋駅)

「黄色いリボン」っていうジョン・ウェインの西部劇があったな。
知らない。
「黄色いリボン」っていう桜田淳子の歌もあった。
知らない。
知らないとは言わせないぞ。お前だっていい年なんだから。
このリボン見えるでしょう ラブサインなの 待っててね
知ってるじゃないか!…と、ミヒャエル・ハネケ監督の新作とは関係ない話ばかりするのは、この映画、独特の肌触りで、どう表現していいかわからないから。
基本的には犯罪と謎解きの話なんだけど、その謎がきれいに解かれるわけじゃない。
むしろ、その謎の周りでうごめく人々の内面のドラマ。
謎が解かれないフラストレーションが溜まるかと思うと、それ以上に登場人物たちの心の闇がずっしりと残って、これはこれで映画として完結しているんじゃないかと思えてくる。
謎が解かれたらそれでおしまいだけど、謎が残る分、ざらりとした言いようのない感触が心に残る。
子どもたちのたたずまいがまた怖い。ある意味、ホラーよね。
キック・アス」を観たときのようにひとこと言いたいか。
全然種類が違う映画じゃない。これはもうリアルな描写そのもの。だから怖い。
そして、空間を立ち昇ってくるようなこの心の闇を描くには、冷たいモノクロ映像しかないっているのも納得させられるような美しくも不気味な映像。
たしかに、これがカラー映画だったら、独特な魅力が台無しになっていた。
時代は、1913年夏、北ドイツの閉じられたような寒村。ナチズム台頭の前っていうのも、なにやら不穏な空気をあおって、この映画を益々不気味なものにしている。
その閉塞感こそがテーマのような映画。
面白くないけど、そこが面白い映画の典型。
あなたみたい?
俺は、あんなに暗くない。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「キック・アス」 | トップ | 「スプリング・フィーバー」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (リバー)
2011-01-31 00:04:20
TB ありがとうございます

面白いとは違う しかし引き込まれる
不気味な恐ろしさ

モノクロ映像が効果的でしたね
■リバーさんへ (ジョー)
2011-02-01 23:52:58
引き込まれる・・・その先は底なし沼のようで
ホラー映画でもないのに、
何とも背筋の凍る思いがしますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
白いリボン (LOVE Cinemas 調布)
『ピアニスト』『隠された記憶』のミヒャエル・ハネケ監督最新作。昨年のカンヌ国際映画祭のパルム・ドール授賞作品だ。第一次世界大戦直前の北部ドイツの村を舞台に次々と起こる不可解な事件と、そこに暮らす人々の心の闇を描き出す。出演は『善き人のためのソナタ』のウ...
『白いリボン』 恋の行方も? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  涙を流す少年のアップ。ポスターのこんなモノクロ写真を見て、私はてっきり『白いリボン』は暗くて退屈な映画だろうと思い込んでしまった。よもやミステリ仕立てでワクワクさせる、こ...
白いリボン/クリスティアン・フリーデル (カノンな日々)
ドイツの鬼才、ミヒャエル・ハネケ監督によるクライム・ミステリー。2009年カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作品です。ぜひ観たいなとかねがね思ってはいたのですが、なかなかそ ...
白いリボン (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
     『白いリボン』  (2009) 第一次世界大戦前夜のドイツ北部。 プロテスタントの教えを信じる村人たちに、不可解な事故が次々と襲いかかる。 小さな村は不穏な空気に包まれ、村人は疑心暗鬼に陥り、子どもたちは苦悩を感じ始めてい...
映画 「白いリボン」 (ようこそMr.G)
映画 「白いリボン」
不可解な事件 (笑う学生の生活)
9日のことですが、映画「白いリボン」を鑑賞しました。 第一次世界大戦前夜のドイツ北部のある村 そこで不可解な事件が次々と起こり・・・ なんだろうか ジワジワと感じる恐ろしさというのか 事件の犯人は誰か? なぜ起きたのか・・・ しかし 明確な理由はわからず ....
ミヒャエル・ハネケ監督の「白いリボン」を観た! (とんとん・にっき)
ミヒャエル・ハネケ監督の「白いリボン」を観てきました。第1次世界大戦が始まる直前の1914年、北ドイツの小さな村で、村にただ1人の医者が落馬して大怪我を負います。原因は自宅前の木と木の間に張られた針金でしたが、犯人は見つかりません。翌日、小作人の妻が、村を
『白いリボン』観に行ったけど… (beatitude)
カンヌのパルムドール大賞から数々の賞を受賞している本映画。聞いてたとおり、眠かったぁ~てか、無音状態になる度、睡魔に襲われブツ切れ観賞になっちまいました1913年夏、北ドイツのある村。張られた針金が原因でドクターが落馬したのが発端だった。翌日にはその針金が...
白いリボン #5 (レザボアCATs)
’09年、ドイツ、オーストリア、フランス・イタリア 原題:the White Ribbon 監督:ミヒャエル・ハネケ 製作総指揮:ミヒャエル・カッツ プロデューサー:シュテファン・アルント、ファイト・ハイドゥシュカ、マルガレート・メネゴズ、アンドレア・オキピンティ 脚本...
白いリボン (ひでの徒然『映画』日記)
Comment: 辺境の村で起きる怪事件の数々。 その年のカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞したミヒャエル・ハネケ監督の作品です。 全編モノクロによるこの作品。浄化の「白」に潜む悪意の「黒」を...
白いリボン (心のままに映画の風景)
第一次世界大戦前、ドイツ北部の小さな田舎町。 地主である男爵が支配するこの町で、不可解な事故が次々と襲い掛かる。 プロテスタントの教えを信じる村人たちは疑心暗鬼に陥り、子どもたちは苦悩を感じ...
白いリボン (映画尻エリカ)
『白いリボン』 “DAS WEISSE BAND - EINE DEUTSCHE KINDERGESCHICHTE” (2009・ドイツ=オーストリア=フランス=イタリア) 2h24 監督・脚本 : ミヒャエル・ハネケ 出演 : クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ、ウルリッヒ・トゥクール 白...
『白いリボン』 (千の天使がバスケットボールする)
今年最も観たかった映画が、2009年カンヌ国際映画祭でパルムドール大賞に輝いたミヒャエル・ハネケ監督の最新作『白いリボン』。受賞の報道から待ち続けること1年あまり。そして、先日、ようやく鑑賞することができた私の個人的な感想は、この映画は今年度最高の映画だっ...
『白いリボン』(2009)/オーストリア・フランス... (NiceOne!!)
原題:DASWEISSEBAND-EINEDEUTSCHEKINDERGESCHICHTE/THEWHITERIBBON監督:ミヒャエル・ハネケ出演:クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ、ウルトリッヒ・トゥクール、フィオン・ムーテルト...
白いリボン (secret boots)
評価点:83点/2009年/ドイツ・オーストリア・イタリア・フランス 監督:ミヒャエル・ハネケ 体に巻かれた白いリボンは何を〈抑圧〉しているのか。 ドイツの田舎にある村では奇妙なことが起こっていた。 それは第一次世界大戦が始まる前の話だった。 教師をして...
「白いリボン」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Das weisse Band - Eine deutsche Kindergeschichte」…aka「The White Gibbon」2009 ドイツ/オーストリア/フランス/イタリア 学校教師にクリスティアン・フリーデル。 男爵家で働くエヴァにレオニー・ベベシュ。 男爵に「善き人のためのソナタ/2006」「アイガ...
「白いリボン」~神秘的で暗示的なモノクローム (酔生夢死浪人日記)
 勤め人時代の後輩女子(多くは既に退社)から、新年の挨拶を兼ねた?そのうちメール?を幾つも受信した。彼女たちとの再会が楽しみだが、俺ぐらいの年になると、?忘れられていないこと?がしみじみ嬉しい。  郷里代表の久御山が流経大柏をPK戦で破り、決勝に進出した。...
白いリボン (映画の話でコーヒーブレイク)
水曜日はハシゴの日。 私にとって水曜日は「映画ハシゴの日」です。 関東圏の多くの映画館では「レディースデイ」と称して女性のみ¥1000で映画が見られます 最近でこそ「メンズデイ」なる日を設定する映画館もありますが、まだまだ少ない。 「メンズ」があって「レデ...
白いリボン (こんな映画見ました~)
『白いリボン』---DAS WEISSE BAND - EINE DEUTSCHE KINDERGESCHICHTE  THE WHITE RIBBON---2009年(ドイツ/オーストリア/フランス/イタリア )監督:ミヒャエル・ハネケ 出演:クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ 、ウルリッヒ・トゥクール...
【白いリボン】嫉妬、悪意、暴力、恨み、嘘・・・ (映画@見取り八段)
白いリボン~ DAS WEISSE BAND ~ 監督: ミヒャエル・ハネケ    出演: ウルリッヒ・トゥクール、ブルクハルト・クラウスナー、ヨーゼフ・ビアビヒラー、ライナー・ボック、スザンヌ・ロタール、ブ...