【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「シッコ」:高田馬場二丁目バス停付近の会話

2007-08-25 | ★池86系統(東池袋四丁目~渋谷駅)

お、スーツのAOKIだ。そろそろ、俺も新調するかな。
あら、いまのスーツじゃ体に合わなくなってきたの?
ちょっとな。
また太ったってことか・・・。
太ったなんて言うなよ。貫禄がついてきただけだ。
ものは言いようね。
なに、言ってるんだ。マイケル・ムーアの隣に並べば、俺なんかまだまだカマキリみたいなヤセぎすに見えるぜ。
比べる相手が間違ってると思うけど。
しかし、マイケル・ムーアも自分の病的な体質がようやく気になり始めたようで、今回取り上げたテーマは、アメリカの医療保険制度ときている。
アメリカには国が運営する健康保険がないなんて、アメリカ通の私も初めて知ったわ。
お前のどこがアメリカ通なんだ?
だって、アメリカの大統領の名前を言えるわよ。ブッシュでしょ。
じゃあ、その前の大統領は?
うーん。ブッシュマン?
だめだ、こりゃ。
それにしても「華氏911」に引き続きご出演のブッシュさん。いつ観ても、ほんとにツッコミやすい、いい顔つきしてるわよね。
だけど、今回は被害者側のインタビューばかりで加害者側の反応がほとんどなかったから、ちょっと緊張感に欠けてた。
「ボウリング・フォー・コロンバイン」で銃賛成派のチャールトン・ヘストンを取材したときの、彼のあわてぶり。ああいう、カメラの前に人間の本質が顔をのぞかせてしまうような、ドキドキするシーンがなかったってことでしょ。
ドキュメンタリーのおもしろさっていうのは、知らない事実を知ることにもあるけど、それ以上に、カメラを前にした人々が思いがけない人間の本質を見せてしまうところにあるんだよな。
日本映画でも「蟻の兵隊」なんていう映画には、戦争に反対していたはずの側の日本人が思わず憲兵のようになって中国人を問い詰めてしまうシーンがあったけど、ああいうことかな。
そうそう。でも、この映画のようにグアンタナモ刑務所に突撃取材したところで、誰も出てこないよな。
「シッコ」の中では、アメリカで唯一、無料で高度な医療を受けられるのがグアンタナモ刑務所だって言ってその前まで行くんだけど、中からは何の反応もない。それだけじゃ、物足りないわよね。
人間が出てこないんじゃあな。
それにしても、グアンタナモ刑務所って、なんかとってもぜいたくな暮らしができる刑務所に見えるんだけど、「グアンタナモ 僕達が見た真実」なんていう映画を観ると、逆にこの刑務所は悲惨極まりないところに見えて、いったいどっちがほんとなのかと思っちゃうわ。
どっちがほんとということもなく、ものごとはいろいろな側面から見なくちゃいけないってことなんじゃないか。
あなたも、たまにはまともなことを言うわね。たしかに、この映画を観ていると、フランスとかカナダとかキューバとか、医療保険制度が充実していてまるで天国のように見えるけど、じゃあ、何の問題も抱えていない国なのかっていうと、そんなはずないもんね。
日本だって、国民健康保険があるだけアメリカに比べりゃましだなと思うけど、じゃあ、問題ないのかっていうと、年金をはじめ、うんざりするくらい問題は山積みしている。
それを、こういう形で映画にできる人がいないってことだけなのよね。
入院費が払えない人をタクシーに乗せて路上に放り出す病院があるなんて、日本だったら大問題だろうに、アメリカはいったいどうなってるんだろうとは思うけどな。
実は将来の日本の姿だったりして。
やっぱり、病気にはかからないに限るな。
メタボリック予備軍が言ってもあまり説得力ないけどね。
うるさい。俺はやっぱり今までのスーツでがんばることにした。
そんなやせ我慢して、かえって体に悪いんじゃないの?
やせ我慢じゃない、太り我慢だ。


ブログランキング参加中。クリックをぜひひとつ。

高田馬場二丁目バス停



ふたりが乗ったのは、都バス<池86系統>
東池袋四丁目⇒東池袋一丁目⇒池袋駅東口⇒南池袋三丁目⇒東京音楽大学前⇒千登世橋⇒学習院下⇒高田馬場二丁目⇒学習院女子大前⇒都立障害者センター前⇒新宿コズミックセンター前⇒大久保通り⇒東新宿駅前⇒日清食品前⇒新宿伊勢丹前⇒新宿四丁目⇒千駄ヶ谷五丁目⇒北参道⇒千駄ヶ谷小学校前⇒神宮前一丁目⇒表参道⇒神宮前六丁目⇒宮下公園⇒渋谷駅西口⇒渋谷駅東口






『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「遠くの空に消えた」:学習... | トップ | 「長江哀歌」:学習院女子大... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大変、ご無沙汰しています。 (冨田弘嗣)
2007-08-26 14:07:03
トラックバック、ありがとうございます。ちょっと一方通行感はありますね。相手側が出てこない。監督名だけで、もう辟易なんでしょうが、少しだけでも反論を描いてほしかった。その辺りがちょっと残念です。でも、面白いドキュメントを作りますよね、この監督。ドラマを作る心得があるような手法。
 読ませてもらいました。いろいろ勉強になります。ありがとうございます。  冨田弘嗣
Unknown (きたむー)
2007-08-27 18:32:00
ひよこさんとかえるさんの、いつも的確な映画の評論が楽しみで、良く覗かせてもらっています。
日本の国民健康保険も、負担額が増えたり、保険料が増えたりと不安ですよね。
これからは予防医療が重要という専門家の意見もありますし、私もいい加減メタボなので、なんとかそれを解消したいと思ってます。
かえるさんの最後のセリフ「やせ我慢じゃない、太り我慢だ」が最高ですね。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-09-01 00:02:12
■冨田弘嗣さんへ
まあ、当事者になればマイケル・ムーアなんて絶対会いたくない相手でしょうからね。でも、当事者が出てこないドキュメンタリーっていうのもいかがなものかという感じで、映画づくりもだんだん難しくなってくるかもしれませんね。

■きたむーさんへ
健康というのは、洋の東西を問わず、身近な問題ですからね。とくにには身近すぎる問題です。
未来が (はっち)
2007-09-12 22:42:42
コメント&TBどうもでした~♪
>実は将来の日本の姿だったりして。
ボクには、映画の中の世界が、未来の日本に見えて仕方なかったです・・・
あんな世界にだけはなって欲しくないですねぇ(^_^;)
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-09-13 21:54:54
■はっちさんへ
誰が新しい首相になるかわかりませんが、日本の首相にもぜひ観てほしい映画ですよね。
TB&コメントありがとうゴザイマス♪ (エミ)
2007-09-18 02:58:55
>実は将来の日本の姿だったりして。
ん~、と言うかアメリカ側はコレを狙ってるんですけどねぇ・・・。
本人3割負担導入のキッカケはアメリカからの年次改革要望書ですし。
規制緩和の名の下に労働者派遣法の改正、郵政民営化、三角合併と次々と出された年次改革要望書の要求を飲んできてる日本なんで、アメリカ化するのは間違いないでしょう。
混合治療だって解禁しちゃうしねえ。
問題は山積みですよね。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-09-18 22:04:07
■エミさんへ
うわっ、そう立て続けに言われると、ほんとにコワくなりますね。誰が新首相になるのか知りませんが、ぜひ「シッコ」を観てほしいです。って、前のコメントと一緒ですが、本気でそう思っているんです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
シッコ (活動写真評論家人生)
 <TOHOシネマズ泉北>  観たいということだけを言えば、本作だけであった。時間がなく、お金に余
9.11の先にあるモノ。『シッコ』 (水曜日のシネマ日記)
アメリカの医療システムについての疑問を描いたドキュメンタリー映画です。
国民健康保険の保険料について (国民健康保険の保険料★値上げ 高い 税率 免除 控除 減免 計算 方法)
国民健康保険の保険料についていろいろ調べたい!国民健康保険,増税,値上げ,高い,税率,免除,控除,減免,計算,方法の情報が知りたいという方へ。「国民健康保険 保険料」について話題にされているブログをご紹介します。来年4月以降は年金未納者を病院に行けなくした安倍晋...
『シッコ SiCKO』 (映像と音は言葉にできないけれど)
何だかタイトルのロゴがアメリカでも有名なこの会社のロゴに似ているような気がしましたが...。Sickoとは「こいつらビョ~キだぜ!」てな雰囲気の意味でしょうか?。
シッコ (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”Sicko”監督・脚本・製作=マイケル・ムーア。編集=ダン・スィエトリク、ジェフリー・リッチマン、クリストファー・スワード。音楽=エリン・オハラ。『ボーリング・フォー・コロンバイン』ではアメリカ銃社会、『華氏911』ではブッシュ大統領の戦争政策を取り上げ...
シッコ (ぴよこ日和)
8月26日(日) マイケル・ムーアの最新作「シッコ」を観てきました。 今回のテーマは医療保険。 昔、アメリカはビタミン剤が安いからお土産にもらったとか、アメリカは歯医者が高いとか言う話を聞いた事があります。 「ビタミン剤は安くても、歯医者は高い国」 私の...
【2007-119】シッコ(SICKO) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? ムーア先生、急患です。 保険満足度は 先進国中最下位!! 救急車に事前申請? テロより怖い、 医療問題。
【2007-119】シッコ(SICKO) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? ムーア先生、急患です。 保険満足度は 先進国中最下位!! 救急車に事前申請? テロより怖い、 医療問題。
シッコ (八ちゃんの日常空間)
これぞエンターテイメントドキュメンタリー
シッコ (小部屋日記)
Sicko(2007/アメリカ)【劇場公開】 ムーア先生、急患です。 テロより怖い、医療問題。 『ボウリング・フォー・コロンバイン』『華氏911』のマイケル・ムーアの新作ドキュメンタリー。 Sickoとは、ビョーキ(精神病者)という意味とか。 今回はアメリカの保険制度の...
シッコ (Kinetic Vision)
白血病にかかっている患者が、医者に骨髄移植を勧められる。死に怯えていた患者と家族にとって、それは希望の光だ。しかし、保険会社は支払いを拒否する。それは、高額の医療費を支払えない家族にとっては死刑宣告に等しい。患
「シッコ」 (かいコ。の気ままに生活)
映画 続いちゃってスミマセン・・更新 すっかり遅れてマス。8/23 試写会で 観てきました。「シッコ」公式サイトマイケル・ムーア 最新作。「米国の医療制度は ビョーキ(Sicko)だ!!」 とユーモアたっぷりに描いてます。アメリカでは医療保険が民営化されてて....
映画~シッコ (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆『ボウリング・フォー・コロンバイン』がアカデミー賞長編ドキュメンタリー部門に輝き、『華氏911』でカンヌ映画祭パルムドールを受賞したドキュメンタリー監督マイケル・ムーアが、4700万人の無保険者だけではなく、保険料を支払っている数百人にもマ...
シッコ / Sicko (我想一個人映画美的女人blog)
                                                                                                                    ...
映画「シッコ」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「シッコ」に関するトラックバックを募集しています。
シッコ・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
よくぞ言ってくれた。 アメリカの電波少年、マイケル・ムーアの最新作「シッコ」は、「アメリカの医療保険制度の問題」を取り上げた意欲作。 これには、政治的な立場を超えて、喝采を叫んだ観客も多いんじゃないだろうか。
*シッコ* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 医療保障の破滅によって崩壊し、粉々にされ、場合によっては絶たれてしまったごく普通のアメリカ人数名のプロファイルで幕をあける本作は、その危機的状況が、4700万人の無保険の市民たちだけでなく、官僚形式主義によってしばしば締め...
シッコ(Sicko) (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
Sickから派生したSickoというスラングって、ちょうど漢字の「病気」と片仮名の「ビョーキ」の関係に近いニュアンスがあるらしい。そして、また日本人的には、オシッコを出す時の精神分析学的爽快さ、カタルシスにも通じるようであって、なかなか微妙なタイトルではある。...
シッコ (映画鑑賞★日記・・・)
【SICKO:2007/08/25公開】09/01鑑賞製作国:アメリカ監督・製作・脚本:マイケル・ムーア出演:マイケル・ムーア医療保障の破滅によって崩壊し、粉々にされ、場合によっては絶たれてしまったごく普通のアメリカ人数名のプロファイルで幕をあける本作は、その危機的状況が...
「シッコ」 (古今東西座)
「自己顕示欲の強い監督による自分自身が主演したドキュメンタリー」という新ジャンルを確立させた、その本家であるマイケル・ムーアの新作である。おそらく彼がいなければ『スーパーサイズ・ミー』や『デート・ウィズ・ドリュー』だって作られなかったかもしれない。この...
シッコ sicko(映画館) (ひるめし。)
医療関係者は絶対に、絶対に、観てください。
シッコ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★★ とにかく酷いアメリカの医療保険制度!先進国のなかで最悪のランクとなっている。
シッコ SICKO (ロッタのひなたぼっこ)
そろそろお馴染みになったマイケル・ムーア。 これをアメリカ人が撮るから面白い! いや~、痛快。 観てたらほんとに、アメリカの医療はテロより怖い。 ・・・というか、「世界一」と勘違いするアメリカの、最新鋭の医療がこんなんなら、テロとしか思えない・・...
★「シッコ」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の週末レイトショウ鑑賞は・・・ 本日公開の本作。 ジャッキー・チェンの「ラッシュ・アワー3」は、 目覚まし時計欲しさに前売り券買っちゃったので、平日に見ることにしたので。
シッコの前にメタボだろ(笑)【シッコ】 (犬も歩けばBohにあたる!)
突撃、アポなし取材でおなじみの マイケル・ムーア監督最新作『シッコ』を見てきまし
真・映画日記(1)『シッコ』 (          )
8月25日(土)◆543日目◆ (前日からのつづき) 『シン・シティ』を見た後しばらく寝る。 11時過ぎに起き、マンガ喫茶を出る。 午後1時過ぎに帰宅。 昼ごはんを食べてから出ようとしたが、 夕方まで休む。 5時半に家を出る。 代官山にあるクラブ「晴れたら空...
シッコ 2007-48 (観たよ~ん~)
「シッコ」を観てきました~♪ 「ボウリング・フォーコロンバイン」、「華氏911」で有名なマイケル・ムーア監督の新作です~♪ 多くの先進国は、若干負担するか全く負担無しで治療が受けられるシステムができている。そんな中、そういった保険制度がない国、アメ...
シッコ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ムーア先生、急患です。』  コチラの「シッコ」は、「ボウリング・フォー・コロンバイン」や「華氏911」のマイケル・ムーア監督が『テロより怖い、医療問題。』に斬り込んだ8/25公開の社会派ドキュメンタリーなのですが、劇場鑑賞券が当たったので、観て来ちゃい...
シッコ★Sicko マイケル・ムーア最新作! (銅版画制作の日々)
   テロより怖い、医療問題。   9月2日、京都シネマにて鑑賞。マイケル・ムーア監督の3年ぶりの最新作だ。私が観たのは、「ボウリング・フォー・コロンバイン」以来である。残念ながら、「華氏911」は未見である。ブッシュ大統領に突撃取材という話題の作...
シッコ (future world)
マイケル・ムーア独自のドキュメンタリータッチで、 分かりやすくユーモアたっぷりの作風。 アメリカの医療費はバカ高い~~ということは知っていたが、 正直ここまで酷い現状には驚き。。。 「国民皆保険」は公的制度として一部負担はあるものの、日本ではほぼ行...
シッコ sicko (ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
さすがはマイケル・ムーアです。 テアトル梅田で公開された初日・初回の『シッコ』で立ち見を出すとは。 あ、私はもちろん座って鑑賞しましたよ。 ところで海外に行く際の注意点で ・海外に行く前に歯医者に行っておこう ・海外保険に入っておこう ・救急車を簡...
『シッコ』 (2007) / アメリカ (NiceOne!!)
監督・脚本・製作:マイケル・ムーア公式サイトはこちら。<Story>医療保障の破滅によって崩壊し、粉々にされ、場合によっては絶たれてしまったごく普通のアメリカ人数名のプロファイルで幕をあける本作は、その危機的状況が、4700万人の無保険の市民たちだけでなく...
シッコ (映画を観たよ)
あたし、保険入ってる?
シッコ (Sicko) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マイケル・ムーア 主演 マイケル・ムーア 2007年 アメリカ映画 123分 ドキュメンタリー 採点★★★★ 何気に厄介な難病を患っているおかげで、新規で生命保険に加入できない私。今入っている保険を細々と大事にしていくしかないそうで。あ!今、思い出した!10年...
mini review 08293「シッコ」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
『ボウリング・フォー・コロンバイン』がアカデミー賞長編ドキュメンタリー部門に輝き、『華氏911』でカンヌ映画祭パルムドールを受賞したマイケル・ムーアの新作ドキュメンタリー。大いなる矛盾を抱えるアメリカの医療システムに、さまざまな観点からメスを入れていく。9...
「シッコ」(カナダ 2007年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
先進国で唯一公的医療保険制度がないアメリカ。 マイケル・ムーアの今回のターゲットはアメリカの医療システム。
シッコ (こんな映画見ました~)
『シッコ』 ---SICKO--- 2007年(アメリカ) 監督:マイケル・ムーア 出演:マイケル・ムーア 「ボウリング・フォー・コロンバイン」「華氏911」のマイケル・ムーア監督が、今度はアメリカの医療保険問題に鋭いメスを入れる社会派ドキュメンタリー。 アメリカは先進...
『シッコ』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじドキュメンタリー監督マイケル・ムーアが、4700万人の無保険者だけではなく、保険料を支払っている人にもマイナスの影響を及ぼすアメリカの医療システムの実態を明らかにする・・・。感想対岸の火事と笑ってられない?多くの人が保険未加入で保険に入っていても安...