【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ボビー」:白金小学校前バス停付近の会話

2007-03-07 | ★品93系統(大井競馬場前~目黒駅)

ここは?
八芳園。昔は誰か偉い人の庭園だったらしいけど、いまでは有名な結婚式場よ。
ひとくちに結婚ていってもいろいろな形があるんだなあ、と思い知ったのがアメリカ映画の「ボビー」。
ロバート・ケネディが暗殺された日に現場となったアンバサダーホテルにいた22人の人々の人間模様を描いた映画ね。
そのなかの一組のカップルがアンバサダーホテルで結婚式を挙げるんだけど、これがベトナム戦争に行かされるのを嫌がっての偽装結婚。
独身ならベトナムに行かされるけど、結婚すればドイツ行きで済むっていうんで、好きでもないのに結婚しちゃうのよね。
当時はそんなことが実際にあったらしくて、脚本・監督のエミリオ・エステベスはこのエピソードにインスピレーションを得て脚本を書きあげたらしい。
でもこのカップルが主役なわけじゃなく、24人の一人ひとりが主役なのよね。
22人がすべて主役なんていうと、どんないいかげんな映画なんだ、と思うかもしれないけれど、一人ひとりのエピソードがみんな心に染みて感動するという奇跡のような映画なんだ。
そうそう。人種も境遇も違う22人のそれぞれの人生や思いが混乱することなく、すべてきちんと伝わってくるんだから凄いわよね。
メキシコからの移民も、引退したドアボーイも、落ち目の歌手も、電話交換手も、ドラッグに手を出す若者も、みんなどこか寂しげな部分を持っていて、しかも、人種問題とか徴兵問題とか、あの1968年という時代の断片をみんなが抱えている。上流社会の人々も中流の人々も下流社会の人々もだ。彼らを眺めていると、まさしく、あの時代のアメリカを形作っていたすべての要素がひとつのホテルに集まっているようで、めまいがするくらいだ。
その中心にいるのが、ロバート・ケネディなのよね。彼自体にドラマがあるわけではないけれど、ケネディの演説に聞き入る22人の瞳は確実に同じ方向を向いて輝いていた。そして一転、ケネディが銃弾に倒れた後の阿鼻叫喚。アメリカという国の希望が一瞬にして挫折に変わるシーンの目撃者になってしまったような恐るべき体験。
当時のニュースリールとこの映画のために撮影したシーンを上手に編集した映像はこのうえない臨場感に満ち、その中で聞く本物のロバート・ケネディの演説。フィクションとリアルが垣根を越えてこの世界の成り立ちを観客にくっきりと差し出す。こんな経験初めてだ。
しかも、その背後に流れるのが、あの当時、あのホテルで撮影された有名な青春映画の挿入歌。
おっと、曲名を言うなよ。
どうして?
あれは知らないで観たほうがいい。知らないで観て、いきなりあの名曲を耳にしたときには、頭をなぐられた思いがした。あれで1968年のアメリカという世界が完璧にできあがった。
昔を再現、というのではなく、あの頃のアメリカの魂を再現したというほうが正しいわよね。
ああ。そしてあの日失った光がいまのアメリカのイラクへの対応にまで続いているという、はっきりした主張。
最後にロバート・ケネディの暴力反対の肉声が延々と流れるんだけど、これがまた、感動的なのよ。どうして、こういう人から先にいなくなってしまうんだろうって、ほんとに世の中の皮肉を思うわ。
不都合な真実」のゴアの演説なんて、この演説の前には色あせて見えることこのうえない。
22人だから、挙げていったらきりがないけど、そうそうたる俳優たちのアンサンブルにまた舌を巻くのよね、これが。
シャロン・ストーンがデミ・ムーアの美容師役なんて考えられるか。
アメリカ映画の最良の部分が現れたような映画よね。
名作だ。そして、泣ける。とにかく泣ける。ドジャースファンのメキシコ人が人種差別もからんで野球を見に行けなくなるエピソードなんて涙がちょちょ切れる。
しかも、それがロバート・ケネディのほんとの演説にからんでくるうまさ。
きら星のようにいるスターの中で彼だけあまり有名な俳優じゃないっていうのがまた泣かせるじゃないか。
泣かせようとする物語じゃないんだけど、なにか人々の営みに泣けるのよね。
八芳園の結婚式で父親が流す涙のようなもんだな。
うーん、それは違うと思うけど。


ブログランキング参加中。よろしければクリックを。


ふたりが乗ったのは、都バス<品93系統>
大井競馬場前⇒新浜川橋⇒勝島⇒勝島一丁目⇒東京運輸支所前⇒都立高専前⇒都立八潮高校前⇒品川警察署入口⇒東品川三丁目⇒昭和橋⇒天王洲橋⇒東品川一丁目⇒品川車庫前⇒品川駅前⇒新高輪プリンスホテル前⇒高輪三丁目⇒高輪警察署前⇒明治学院前⇒白金小学校前⇒白金台駅前⇒白金台五丁目⇒上大崎⇒目黒駅前

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「叫」:明治学院前バス停付... | トップ | 「バッテリー」:白金台駅前... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (税金対策本部)
2007-03-07 22:18:31
はじめまして

突然のコメント失礼致します。

私のサイトで、こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

http://blog.livedoor.jp/taxinfo/archives/52960983.html
Unknown (パフィン)
2007-03-07 22:35:13
TBありがとうございました♪

>一人ひとりのエピソードがみんな心に染みて感動するという奇跡のような映画なんだ。

私も一人一人の台詞や表情が記憶に刻まれています。
こういう映画はめったにないですよね☆
アルトマン風味+ユナイテッド93 (にゃんこ)
2007-03-08 01:09:24
こんばんは
TBありがとうございます。
結構好きなアルトマン風味に加えて、ラストにもってくる収束に
まさかのユナイテッド93テイスト・・・
近場で劇場公開してくれて、ほんっとひさびさ
シネコンにありがとーーって言いたくなりました(笑)
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-03-09 22:27:33
■税金対策本部さんへ
そうですよね、税金たいへんですよね。政治家にはがんばってほしいものです。それで「ボビー」ということですか?

■パフィンさんへ
そう、めったにないだけに感激しています。

■にゃんこさんへ
そう、わかりやすいアルトマンという感じもしましたね。今は亡きアルトマンのテイストをこの監督が受け継いでくれるとうれしいのですが。
よかったです (yukom)
2007-03-10 17:36:13
エステベス監督、頑張りましたね。
ラストの演説を聞かせながら、22人の様子を
映し出すことで、彼らのそれぞれの事情が
思い出されて、演説の内容がより身近に
胸に響きました。

コック役のフィッシュバーンが給仕達と
食事する場面の台詞もいいなぁと思いました。

それでいて、クスッと笑えるシーンも
結構あって、面白かったです
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-03-10 18:31:34
■yukomさんへ
そうそう、コック役がフィッシュバーンというのも凄かったですね。ただのコックなのに、アーサー王伝説とか持ち出してメキシコ人給仕を誉めちぎるシーンなど、そこまで誉めることないだろうと思いつつ、妙に納得させられました。役者やのう。
特別 (あかん隊)
2007-03-15 23:38:44
この映画は、私には、「特別」になりました。パンフレットに最後のスピーチが載っているんですって。買わなかった…(号泣)。映画の中の22人の人たち、その当時のロバートに希望を託していた人たちと同じ気持ちになっていたように思います。そして、同じように哀しい気持ちで、胸がいっぱい。今でも思い出すと泣けてきてしまいます。TBありがとうございました。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-03-16 22:52:36
■あかん隊さんへ
ひひひひ、パンフレット、いつもは買わないんですが、今回に限り買ってしまいました。いやあ、読むたび感動に浸っています。全文載せたいくらいです。
こんにちは! (みのり(楽蜻庵別館))
2008-03-04 14:33:02
このバスのコースよく乗車するのでお邪魔させていただきました。 高輪から目黒の辺りは歩いてもたのしいです。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2008-03-08 09:01:43
■みのりさんへ
たしかにバスで通り過ぎるのもいいけど、降りて歩くとまた新たな発見がありますよね。これからいい季節になってきます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

45 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ボビー (パフィンの生態)
『BOBBY』2006年アメリカ、監督、脚本エミリオ・エステヴェス 1968年6月5日、大統領候補ロバート・F・ケネディが暗殺された LAアンバサダーホテル。事件16時間前から暗殺の瞬間まで、 22人の様々な人間の苦悩や衝突、和解、別離、出逢いを描くこと...
ボビー (Diarydiary!)
《ボビー》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - BOBBY 1968年6月
『ボビー』 (ラムの大通り)
※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がいいかも。 (原題:Bobby) 「う~ん。う~ん」 ----ど、どうしたのニャ? 「いやあ、この映画、あまりにも特殊すぎてね。 ご紹介が実に難しいんだ」 ----ち...
感想/ボビー(試写) (APRIL FOOLS)
運命を変えた一日は、ボクの運命をも変えました。 『ボビー』2月24日公開。1968年6月5日、「ボビー」の愛称で親しまれた大統領候補ロバート・F・ケネディが暗殺された。悲劇の地となったアンバサダーホテルにいた人々はその日、何をし、何を見たのか。人種も立場も違う22...
『ボビー』試写会☆2月13日大阪メルパルクホールにて (銅版画制作の日々)
2月24日よりロードショーされる『ボビー』の試写会に、友人と行って来た。ボビーとはロバート・F・ケネディの愛称。1968年6月5日、彼はアメリカの希望とまで言われ、次期アメリカ大統領候補としてカルフォルニア州選挙を勝ち取ったその勝利の夜凶弾に倒れ、42歳という若...
「ボビー」映画感想 (Wilderlandwandar)
ロバート・ケネディ暗殺事件を題材にした映画「ボビー」(原題BOBBY)を見てきま
「ボビー」 (てんびんthe LIFE)
「ボビー」よみうりホールで鑑賞 またまた私の勉強不足というかあまりの常識の無さにへこみました。恥ずかしいので,そこに触れるのはよしましょう。 ロバート・ケネディ上院議員がアンバサダーホテルで暗殺されたとき,そこに居合わせた人々という設定で作られた群像...
ボビー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『ロバート・F・ケネディは、ジョン・F・ケネディの弟で暗殺された人』という認識しかなかったが、豪華競演もあって鑑賞してみることに。。。【story】1968年6月5日、アメリカの希望ロバート・F・ケネディ=ボビーが暗殺される。次期大統領候補として彼がカリフォルニア州...
ボビー/イライジャ・ウッド (カノンな日々)
ロバート・F・ケネディ暗殺事件前夜。アンバサダーホテルに集った22人の人間ドラマを描いた群像劇。そーいえば、そんな事件もあったらしいですね。というくらいにしか題材になってる史実を知らない私はネットでさくさくっと一応予習してから観に行ってきました。 +++ち...
映画「ボビー BOBBY」 (ぼくと、師匠と・・・明日へ  DAO)
気になっていた映画「ボビー BOBBY」を観た。 よかった!! 1968年の6月5日の1日を描いた映画 この日は、ジョン・F・ケネディの弟の ロバート・F・ケネディ(ボビー)が暗殺された日 この事件がおきたLAのアンバサダホテルにいた22人の 1日とロバート・F・...
ボビー / BOBBY (我想一個人映画美的女人blog)
ボビーとは、アメリカ大統領 JFK(ジョン・F・ケネディ)の実弟であり、 後継者と目されていたロバート・F・ケネディの愛称。 ロバート・F・ケネディ 去年のトロント映画祭で観てきた作品、いよいよ日本でも公開!! 3月公開予定だったはずが、突然2月に変更されていた。...
1968年6月5日【ボビー】 (犬も歩けばBohにあたる!)
1968年6月5日、LAアンバサダーホテルで、次期大統領候補としてカリフォルニア
ボビー (メルブロ)
ボビー上映時間 2時間 監督 エミリオ・エステヴェス 出演 アンソニー・ホプキンズ シャロン・ストーン デミ・ムーア イライジャ・ウッド リンゼイ・ローハン ローレンス・フィッシュバーン 評価 6点(10点満点) 会場 一ツ橋ホール(試写会)  「...
BOBBY☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ケネディの暗殺の日の、ホテルでの出来事・・・かなり勘違いしてたのは、ジョンとロバートってオチもつきますが^^;;『BOBBY』観にいきました。レイトショーですが、さすがの注目作なのに・・・しかも結構広い劇場なのに入りはいまいち?でも、おかげで堪能できた...
試写会:BOBBY (おととびのいろいろ)
「BOBBY」の試写会に行ってきました。 α-STATION(FM KYOTO)
ボビー (映画を観たよ)
ボビーって誰?
シリアスなTHE有頂天ホテル。『ボビー』 (水曜日のシネマ日記)
アンバサダーホテルを舞台にロバート・F・ケネディ暗殺事件当夜前日からを描いた群像劇です。
ボビー (悠雅的生活)
1968年6月5日。ロサンゼルス。‘その’1日。
映画~ボビー (きららのきらきら生活)
 「ボビー」公式サイト1968年のロバート・F・ケネディ暗殺事件当夜、アンバサダーホテルに集った22人に焦点を当てた人間ドラマ。“ボビー”の愛称で国民に愛されたアメリカ大統領候補が凶弾に倒れるまでの一日を、彼に希望を託した人々の人生を通して描く。名門アンバサ...
不都合な真実 アル・ゴア (映画@今昔物語)
今日、映画館を探してやっとこの映画を見ることができました。 前回、アカデミー賞はこの映画のためにあったといました、見終わって間違いはありませんでした。 映画のご案内しますと、要するに地球温暖化問題を前民主党大統領候補アル・ゴア氏の講座を2時間聞くセ...
ボビー(2006年) (勝手に映画評)
1968年6月5日。民主党の大統領候補ロバート・F・ケネディ(RFK)が、カリフォルニア州予備選挙の勝利直後に暗殺されたその日に、様々な理由から暗殺現場となったアンバサダー・ホテルに集っていた、様々な人々のその日を描いた映画です。RFK暗殺は実際の出来事ですが、こ...
ボビー (Addicted to the Movie and Reading!)
■ TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて鑑賞 ボビー/BOBBY 2006年/アメリカ/120分 監督: エミリオ・エステヴェス 出演: ハリー・ベラフォンテ/ジョイ・ブライアント/ニック・キャノン/エミリオ・エステヴェス/ローレンス・フィッシュバーン 公式サイト ア...
ボビー(映画館) (ひるめし。)
世界の運命が、変わるとき―――。彼らは何を見たのか。
ボビー (UkiUkiれいんぼーデイ)
エミリオ・エステヴェスさ~ん! あなた、こ~んなに引きつけられる脚本を書ける方だったのねぇ~。 監督としても、とても素晴らしい出来栄えでした! 出演者が豪華なだけの映画かと思いきや、そうではなかった! <出演者> ハリー・ベラフォンテ(元ホテ...
ボビー (2006) / BOBBY (茶和茶和ぶろぐ)
映画「ボビー」を、友人と観ました。 1968年6月、ロサンジェルス、アンバッサダー・ホテル。ベトナム戦争は悲惨さを極め、キング牧師が暗殺されたその年、混迷する社会で、人々は不安を抱えつつ、心から”救い”を求めていました。そこに滞在する人、働く人、22人にそれ...
ボビー (Bobby) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 エミリオ・エステヴェス 主演 フレディ・ロドリゲス 2006年 アメリカ映画 120分 ドラマ 採点★★★ 未だかつて交際を円満に解消したことがない私でも、街角などでふいに昔の彼女に出会ったりするのは、ちょこっと嬉しかったりもするもの。ただ見かけただけでも、当...
エミリオ・エステベス監督「ボビー」 (詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記))
監督 エミリオ・エステベス 出演 アンソニー・ホプキンス、シャロン・ストーン、デミー・ムーア  いろいろなエピソードがからみあう群像劇。からみあいながら1968年を描き出す。出色は、なんといってもケネディーの演説である。この映画はケネディーの演説をもう一度...
ボビー(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
話題作みたいだから。というだけで観ることにした「ボビー」。 ( → 公式HP ) 出演:ハリー・ベラフォンテ 、ジョイ・ブライアント 、ニック・キャノン 、エミリオ・エステヴェス、ローレンス・フィッシュバーン、ブライアン・ジェラティ 、ヘザー・グレア...
「ボビー」 ラジー女王! (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
「あの人が生きてはったら、こんな世の中には・・・」 故人を偲んでというより、今ある状況を嘆かわしく思った時によく言いますが、こんなに惜しくして逝った人やったんですね! そら、事あるごとにアメリカ人が、「ケネディさん(兄弟とも)が生きてはったら・・・」と言...
ボビー(BOBBY) (cococo)
ロバート・F・ケネディ上院議員が遊説先で暗殺された日、現場となったアンバサダーホ
ボビー (とにかく、映画好きなもので。)
 何故、時代を経て伝わるロバート・ケネディ(愛称ボビー)の演説が、今を生きる現代においてもスッと心に入ってくるか。言葉による静かな力がアンバサダー・ホテルに静かに響くとき。その時代に生きている人々の姿も同時に観え、また今を生きる人々と底...
映画「ボビー」 (don't worry!な毎日)
 ロバート・F・ケネディーのスピーチ! これが、この映画のすべてだと思う。     私が考えていることは明快だ。    我々は共に取り組んでいける。    ここ何年も、アメリカでは不和、暴力、幻滅が社会にはびこっていた。    黒人と白人の間に、...
「ボビー」 入魂の一撃! (やまたくの音吐朗々Diary)
2月24日より公開される映画「ボビー」の試写。2007年の映画史に間違いなくその名を刻むであろう傑作である。「語り尽くせない」という言葉があるが、この映画にはその言葉がぴたりと当てはまる。プロット、キャスト、演技力、映像、セット、編集、メッセージ性……あまり...
ボビー (なんちゃかんちゃ)
アンソニー・ホプキンス、シャロン・ストーンら豪華キャストが集結した群像劇。1968年のロバート・F・ケネディ大統領候補殺人事件が発生した、とあるホテルの出来事を追う
ボビー (ネタバレ映画館)
ボビー、ボビー、あんたの時代は良かった~♪と口ずさんでみるものの、あの曲はボビーではなく、ボギーだった・・・
「ボビー」 BOBBY (俺の明日はどっちだ)
今から39年前、マーティン・ルーサー・キングJr.牧師が暗殺された2ヶ月後の1968年6月5日。 カリフォルニア州の予備選を勝利で飾り、次期アメリカ大統領候補として多くのアメリカ国民から大きな期待を寄せられていたボビーことロバート・F・ケネディ上院議員が暗殺された...
Abraham,Martin & John (「小林克也のRadioBaka」  期限切れ遺失物移管所)
三回続けて映画ネタです。克也さんもここのところ、スター・チャンネルにやたら出ま
ボビー/BOBBY (映画鑑賞★日記・・・)
【BOBBY:2007/02/24公開】製作国:アメリカ監督:エミリオ・エステヴェス出演:アンソニー・ホプキンス、デミ・ムーア、シャロン・ストーン、ハリー・ベラフォンテ、ジョイ・ブライアント1968年6月5日、カリフォルニア州の予備選を勝利で飾り、次期アメリカ大統領候補と...
ボビー (eclipse的な独り言)
   これを映画として捉えると完全な失敗作と思います。でも感動しました。何故でし
ボビー BOBBY@我流映画評論 (ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG)
今回紹介する作品は、豪華キャストが揃った映画『ボビー BOBBY』です。 まずはストーリーから・・・ その日もアンバサダーホテルには様々な人々が居合わせていた。 如才ないホテルの支配人、不満を募らせる厨房の見習い、恋に悩む電話交換手、客の悩みに親身に耳...
エドワード・ケネディー (プリンストンに暮らす)
JFK、キング牧師が暗殺され、ベトナム戦争や人種差別、貧困問題で泥沼だったアメリカの 次期大統領候補として期待されていたJFKの弟ロバート・F・ケネディ上院議員が暗殺された 当時のアンバサダーホテルでの様子を描いた、エミリオ・エステベス監督の映画[ボビー」...
『ボビー』'06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ様々な人々が居合わせていたアンバサダーホテルにカリフォルニア州予備選挙に勝利した次期大統領候補ロバート・F・ケネディ上院議員が現れる。誰もが歓喜に酔いしれたその夜、悲劇は起きた・・・。感想ボビーと言っても、千葉ロッテの監督でもナイジェリア人の外....
ボビー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『1968年6月15日、 アメリカの希望ロバート・F・ケネディ暗殺。 世界の運命が、変わるとき――。彼らは何を見たのか。』  コチラの「ボビー」は、2/24公開になるボビーことロバート・F・ケネディが暗殺された日に、事件が起こったアンバサダーホテルに居合わせた...
『ボビー』 (Sweet*Days**)
ボビー BOBBY (2007/08/10)アンソニー・ホプキンス;デミ・ムーア;シャロン・ストーン;イライジャ・ウッド;リンジー・ローハン;ヘレン・ハント;クリ...
<ボビー>  (楽蜻庵別館)
2006年 アメリカ 117分 原題 Bobby 監督 エミリオ・エステヴェス 脚本 エミリオ・エステヴェス 撮影 マイケル・バレット 音楽 マーク・アイシャム 美術 パティ・ポデスタ 出演 アンソニー・ホプキンス  シャロン・ストーン  デミ・ムーア    ハ...