【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「サッド ヴァケイション」:宮下公園バス停付近の会話

2007-10-17 | ★池86系統(東池袋四丁目~渋谷駅)

あそこにチラッと見える青いシートは何?
まあ、なんというか、この公園に住んでいる人たちの住まいだな。わけあってふつうの暮らしができない人たち・・・。
て、いわゆる、Homeless?
そうとも言うな。
そうとしか言わないんじゃない?
それはともかく、青山真治の10年くらい前の映画に「Helpless」っていう佳作があって、その中で主人公の浅野忠信は母親に逃げられ父親にも死なれ、続編は「Homeless」っていう映画にでもなるのか、と思っていたらはずれた。
「サッド ヴァケイション」ていう映画になった。
映画の「サッド ヴァケイション」では、わけあってふつうの暮らしができない人たちは、北九州の運送屋に住み込みで働いている。
その運送屋の主人が中村嘉葎雄、妻が石田えり。実は「Helpless」で家族を捨てて逃げた母親がこの石田えりで、それを偶然知った息子の浅野忠信が彼女に復讐するために、運送屋に入り込む。
「Helpless」では、人里離れた一軒家の喫茶店で父子の事件が起こったが、10年経ったこの「サッド ヴァケイション」では、運送屋が舞台の母子の話になったってわけだ。
それだけじゃなくて、この運送屋には、同じ青山真治の映画「Eureka」でバスジャックに遭った宮崎あおいも住み込みで働いている。
なんだか複雑だが、中心になるのは母親の石田えりと息子の浅野忠信の駆け引きだ。
母親の石田えりは、家を守ることしか念頭になく、息子の浅野忠信はとうに家なんか捨てたと思っている。
心はHomelessってやつだな。
ところが、この石田えり、「母は強し」ってやつで、もう一人の自分の子どもが殺されようが、殺したのが息子の浅野忠信だろうが、いっこうに動じない。誰だろうが、自分の家を継ぐ人間がいればそれでいいじゃん、て泰然自若としている。
ほんとに母はそこまで強いのかどうか知らないけど、あの石田えりの堂々とニヤつく顔を見ると、正直、背筋がぞっとする。
ふふふ、女は恐ろしい生き物なのよ。
お前に言われると、恐ろしいというより、気持ち悪いけどな。
悪かったわね。
いまや人気絶頂のオダギリジョーが脇役で出ているんだが、微妙な立ち位置だったな。
住み込みで働いてる従業員の一人なんだけど、ところどころでボソッと何か意味深なことを言うのよね。よくわからなかったけど、結構大事な役柄だったのかもしれない。
そうかと思うとヤクザに追われて宮崎あおいのひざの上で震えたりして・・・。
結局、男は女が守らなきゃダメってことよ。
そしてあの人を食ったラスト。
それでも女は生きていく。やっぱり、女は強し、っていう終わり方なんじゃない?
それが原因であそこに逃げ込んだ人たちもいるんじゃないのか。
あそこって?
青いシートの中だよ。


ブログランキング参加中。クリックをぜひひとつ。

宮下公園バス停


ふたりが乗ったのは、都バス<池86系統>
東池袋四丁目⇒東池袋一丁目⇒池袋駅東口⇒南池袋三丁目⇒東京音楽大学前⇒千登世橋⇒学習院下⇒高田馬場二丁目⇒学習院女子大前⇒都立障害者センター前⇒新宿コズミックセンター前⇒大久保通り⇒東新宿駅前⇒日清食品前⇒新宿伊勢丹前⇒新宿四丁目⇒千駄ヶ谷五丁目⇒北参道⇒千駄ヶ谷小学校前⇒神宮前一丁目⇒表参道⇒神宮前六丁目⇒宮下公園⇒渋谷駅西口⇒渋谷駅東口




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「象の背中」:神宮前六丁目... | トップ | 「ヘアスプレー」:渋谷駅西... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (miyukichi)
2007-10-20 17:26:38
 女の私ですら、「女はこえーー」って思ってしまいました^^;;
 ブルーシートに逃げこんじゃうってオチ、わからなくもないです(笑)

 前2作も観てみようと思います。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-10-20 22:58:27
■miyukichiさんへ
怖いです。へたすると、「パンズ・ラビリンス」よりこちらのほうが怖かったかもしれません。って、おかしな比較かな。
前2作もちょっと異色な映画です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
サッド ヴァケイション/浅野忠信、オダギリジョー (カノンな日々)
このキャスティングならとりあえず観とけ、イヤ絶対観とけェ、かな?(笑)。浅野忠信と宮崎あおいちゃんの共演は以前に「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」という何だかサッパリわからないのがあって、あまりに落胆して感想書く気力を失いました(撃沈)。でも、その後どうにか...
『サッド ヴァケイション』 (Sweet* Days**)
原作、監督、脚本:青山真治 CAST:浅野忠信、石田えり、宮崎あおい 他 STORY:幼い頃母親に捨てられた健次(浅野忠信)は、ある日運転代行の仕事である運送会社に行...
大きな包容力(映画/試写会:サッドヴァケイション) (美味!な日々)
映画『サッドヴァケイション』の試写会に行ってきました。『Helpless』『ユリイカ(EUREKA)』に続く青山真治監督の‘北九州サーガ’の3作目となる本作は想像通り、
『サッド・ヴァケイション』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「サッド・ヴァケイション」□監督・原作・脚本 青山真治  □キャスト 浅野忠信、石田えり、宮崎あおい、板谷由夏、中村嘉葎雄、オダギリジョー、光石研、斉藤陽一郎、辻香緒里、川津祐介、とよた真帆、嶋田久作、豊原功補、山口美也子 ...
映画  ” サッド ヴァケイション ” (華やぐ時間)
ほんの数日前まで 猛暑の名残りを肌に感じていたのに いつのまにか秋雨模様の天気が続いている 涼しい風が吹く日中に 虫の音が聴こえてくるときがある セミたちは この夏を 存分に鳴き終えたのだろうか  まだ気温の高い陽射しを待ってる途中だったなら  とても ...
感想/サッド ヴァケイション(試写) (EDITOREAL)
親の心子知らず世知辛いヴァージョン。『サッド ヴァケイション』9月公開。友人の妹、中国人の子供と暮らす健次はかつて自分を棄てた母を偶然見つける。母・千代子が暮らす間宮運送に勤めることになった健次は、密かに復讐心を募らせる。間宮運送はワケありの流れ者たちを...
『サッド ヴァケイション』 (ラムの大通り)
----今日は、久しぶりにフォーンも一緒に観に行った映画の話だね。 まず聞きたいんだけど、えいの好きな『八月の濡れた砂』、 この音楽、どこで使われていたの。まったく気づかなかったニャあ。 「この歌はね。 宮?あおい演じる梢が 住み込みで働くことになった間宮運送で...
サッドヴァケイション (Kinetic Vision)
中国マフィアの暴力からなんとか逃れ、川の水に身を浸しゆったりと流れていく健次(浅野忠信)の姿は、男性の暴力的世界から逃れ、母性的な環境に身を置いているように見える。冴子(板谷由夏)との関係やユリ(辻香緒里)とアチュン(
映画「サッド ヴァケイション」 (happy♪ happy♪♪)
  ストーリーはともかく じわじわ感じさせられる人間模様が何とも言えない映画でした。     豪華キャストが揃った作品というだけで 観る価値はあるかも          
映画『サッド ヴァケイション』 (健康への長い道)
今年25本目は、シネリーブル梅田シネマ2にて『サッド ヴァケイション』。それにしてもシネマ1の『エヴァンゲリヲン』は相変わらずの大盛況。ついでに、同じビル(梅田スカイビルタワーイースト)でやっている『人体の不思議展』も大盛況のようです。 Story 北九州市、...
サッド ヴァケイション [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画 「サッド ヴァケイション」(青山真治:原作・脚本・監督)  を観てきました。    浅野忠信、オダギリジョー、宮崎あおい、石田えり、などなど、  好きな役者さんたちがこれだけ豪華に出ているもので、  これはぜひ観たいって思ってた作品です。  主演・...
サッド ヴァケイション (future world)
前2作の「Helpless」「ユリイカ」は観てないが・・・ 観てたらもっと分かりやすくて、面白かったんだろうなぁ。 全体的に陰鬱でキナ臭い中にも、温か味も感じる・・・ヘンな感覚だ。 長回しでの観せ方も、退屈さより何かを感じ取るための時間のようで しっかり浸る...
『サッド・ヴァケイション』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「サッド・ヴァケイション」□監督・原作・脚本 青山真治  □キャスト 浅野忠信、石田えり、宮崎あおい、板谷由夏、中村嘉葎雄、オダギリジョー、光石研、斉藤陽一郎、辻香緒里、川津祐介、とよた真帆、嶋田久作、豊原功補、山口美也子 ...
『サッドヴァケイション』 (映画館で観ましょ♪)
うーん、感想が難しい。 『Helpless』 『ユリイカ』 どちらも見ていません。 優しさ・強さ・恐さ 家族・人との繋がり・自分の存在 いろんなコトを考えさせられる映画で...
『サッドヴァケイション』 (アンディの日記シネマ版)
<注意> gooブログなど本館からTBできないブログにはこちらから送っています。 TB&コメントはお手数ですが本館の記事にお願いします{/hiyo_please/} → 『サッドヴァケイション』 (本館) 【監督】青山真治 【脚本】青山真治 【原作】青山真治 【時間】136分 【出...
「サッドヴァケーション」みた。 (たいむのひとりごと)
キ ャストに惹かれただけで、『Helpless』『EUREKA ユリイカ」』二つの作品に続く、集大成的な位置付けにある作品だとは全く知らずに鑑賞。前半は相関関係や登場人物の置かれた状況が良く見えず、重
映画 【サッド ヴァケイション】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「サッド・ヴァケイション」 青山真治監督の同名小説を基に描く、『Helpless』『EUREKA ユリイカ』に続く“北九州三部作”の終章。 おはなし:中国人密航者の手引きをする健次(浅野忠信)は、身寄りの無い少年アチュンを引き取り、幼なじみの安男の妹ユリと...
「サッド ヴァケイション 」「Helpless」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
音楽が、ビョ~ン、ビヨ~~ンという妙な感じなのが、可笑しい。 主人公は「Helpless」の11年後の浅野忠信扮するケンジ。宮崎あおいちゃんは、...
底知れぬ懐の深さ~『サッド ヴァケイション』 (真紅のthinkingdays)
 SAD VACATION  密航の斡旋から運転代行へと職を変えた健次(浅野忠信)は、ある夜、かつて自分 を捨てた母千代子(石田えり)と再会す...
『サッド ヴァケイション』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ中国人密航者の手引きをする健次(浅野忠信)は、北九州で幼なじみの安男の妹ユリ(辻香緒里)と暮らしていた。ある日、健次が身寄りのない少年アチュンを連れて来て3人の共同生活がスタートする。そんな折、健次は偶然、5歳のときに自分を捨てた母(石田えり)...