【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「麦の穂をゆらす風」:南青山六丁目バス停付近の会話

2006-11-23 | ★渋88系統(渋谷駅~新橋駅)

「麦の穂をゆらす風」ってさあ・・・。
いきなり、なに?なんで、ウィスキー会社の前で「麦の穂をゆらす風」の話題が出るの?
だから、「麦の穂をゆらす風」っていうから、俺の大好きなウィスキーができるまでの映画かなにかだと思って観たら、全然違うんだよな。
アイルランド紛争を描いた戦争映画よ。「麦の穂をゆらす風」っていうのは、アイルランドで昔から歌いつながれる伝統歌。
戦争映画って言っても、「男たちの大和」や「父親たちの星条旗」みたいに戦艦や戦闘機が出てくるような映画じゃないけどな。
1920年頃の話だから、人と人が対面して銃で撃ち合うような戦争なのよね。
しかも内戦だから、知り合い同士が銃を向け合うような状況が出てくる。
ある意味、今の戦争より残酷よね。
いやいや、アイルランド紛争って、まだ解決していない。今も続いている戦争なんだ。
そうなの?
ホテル・ルワンダ」を観てアフリカのことを初めて知って、「麦の穂をゆらす風」を観てアイルランドのことを初めて知って。映画を観てるとほんとに世界の広さを実感するよな。
でも、そこに暮らす人々は、あたりまえだけど、私たちと変わらない血が流れているのよね。
そう、戦争という状況に置かれた人々の息遣いというか、心情というか、そういうものが切々と伝わってきて、胸がつまる。
最初は戦争に背を向けてた主人公が結局戦争の中心人物になっていって、兄弟とも対決しなくちゃいけなくなっていく、って話、どこかで観たような気もするわね。
「ゴッドファーザー」だろ。あれは、マフィア同士の抗争だったけど、抗争の外にいた若者が抗争に参加せざるを得なくなり、しかも兄弟と争わなくなっていく、って構図はたしかに「麦の穂をゆらす風」に似ているな。
大義名分があろうとなかろうと、人と人が殺しあうなんて、マフィアの抗争と変わらないってことかしら。
「麦の穂をゆらす風」の主人公は、国を良くするためにはどうすればいいか、ほんとに真剣に議論しているのに、結局は武器に頼らざるを得なくなるんだから、こっちのほうが深刻かもしれないけどな。
ほんと。戦争映画でこんなにちゃんと議論してる映画って少ないんじゃないの?
議論の内容も大事だけれど、あの場面を見ていると、人の体温が感じられるんだよ。
戦争ってひとことで言うと、人の体温を奪うことだって、よくわかるわね。
国と国の争いなんだけど、小さな村のできごとにしぼって丁寧に描いたことがいい映画になった勝因だな。
「勝因」だなんて言わないでよ。勝ち負けにこだわるから悲劇はなくならないんだから。
ああ、ほんとうだ。勝ち負けなんかない世界で、みんなが楽しく酒を酌み交わせる日がくることを心から祈るよ。
シラフだとまともなこと、言うのね、あなたも。


ブログランキング参加中。よろしければクリックを。


ふたりが乗ったのは、都バス<渋88系統>
渋谷駅前⇒渋谷二丁目⇒青山学院前⇒南青山五丁目⇒南青山六丁目⇒南青山七丁目⇒西麻布⇒六本木六丁目⇒六本木駅前⇒六本木五丁目⇒麻布台⇒東京タワー入口⇒神谷町駅前⇒虎ノ門三丁目⇒虎ノ門二丁目⇒虎ノ門⇒西新橋一丁目⇒新橋駅北口⇒新橋駅前

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「プラダを着た悪魔」:南青... | トップ | 「暗いところで待ち合わせ」... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
クローズアップ (現象)
2006-11-25 08:10:54
コメント&TB失礼します。
そういえばあのニッカウィスキーの広告を彷彿とさせるタイトルですね。
コーク地方のその村に絞ったミクロな視点、
人と人が対峙する戦いも然りで、
そのクローズアップはリアリティの助長に繋がったように思います。
勝ち負けにこだわる姿勢は、
僕の少なからず日々それを考えているように思えますが、
プラスよりマイナスのものを生み出す気がしてならないです。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2006-11-25 10:25:52
■現象さんへ
ウィスキーを彷彿とさせるタイトルで、コーラを彷彿とさせる地名で、涙がいっぱい流れる映画でした。たしかにクローズアップの表情がリアリティを増していましたね。
重い内容でした (たろ)
2006-11-25 11:03:42
お早うございます。
弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。
こちらからも、コメントとトラックバックのお返しを失礼致します。

この作品は、争いの激しい時代を舞台に、個人の絆と社会との繋がりを重く力強く描いた内容であり、出演者の皆さんの好演が特に印象深い一本でありました。

また遊びに来させて頂きます。
ではまた。

コメントありがとうございます。 (ジョー)
2006-11-25 20:54:12
■たろさんへ
ほんとに重い内容でしたね。しかも今でも完全には解決していないんですよね。あらためて難しい問題だと思います。
TBありがとうございました! (パト)
2006-12-04 23:07:51
はじめまして☆
コチラもTBさせていただきました。
>戦争ってひとことで言うと、人の体温を奪うこと
ですよねー。今も続く紛争が、早く消えていつか遥か昔のことになりますように。。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2006-12-05 23:02:56
■パトさんへ
映画は傑作でしたが、こんな映画つくる必要のないほうがほんとはいいんですよね。戦争とか紛争とかなくなる日はこないんでしょうかね。
TBありがとうございます (ichi-ka)
2006-12-07 23:29:23
『父親たちの星条旗』ぶりですね。
毎度どうもです。(まだ2度目ですけど)
こちらからもTBさせていただきますね。(たまに失敗します…)

この『麦の穂~』は胸が痛くなるような映画でした。かつての仲間どうしで戦い合うなんて悲しかった。お互い名前を知ってるなんてな……。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2006-12-09 18:37:21
■ichi-kaさんへ
おっしゃるとおり、なんといっても、知り合い同士っていうのが痛ましいですよね。
無力感 (あかん隊)
2006-12-17 22:32:12
TBありがとうございます。難しすぎる問題でした。知ることに意味があったのかもしれませんが、では、どうすれば良かったのか、今できることはあるのか…さっぱりです。リアリティに満ちた映像と控えめな音楽に、哀しさばかりが心に残りました。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2006-12-17 22:58:31
■あかん隊さんへ
そうですね。ルワンダといい、アイルランドといい、まずは知ることに意味があるのだと思いました。
いまごろですが (jester)
2007-07-10 07:59:52
おじゃまします。
劇場で見たとき、重すぎてレビューがかけずにいたのですが、DVDで再見して、やっと書くことが出来ました。

>「麦の穂をゆらす風」を観てアイルランドのことを初めて知って。映画を観てるとほんとに世界の広さを実感するよな。

ほんとです! 映画に教えてもらうことって多いですよね。

>議論の内容も大事だけれど、あの場面を見ていると、人の体温が感じられるんだよ。

議論のシーンがていねいに描かれていたので、見たものが分りやすいのもありましたが、監督の暖かい人間観みたいなのが伝わってよかったです。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-07-11 21:15:24
■jesterさんへ
いや、ほんとに感動されたようで、映画冥利につきます。監督の誠実さっていうのも大きな武器になるんだと思った映画でしたね。
こんばんは! (由香)
2007-10-11 18:36:52
お邪魔します♪
いや~涙の出番がないほど圧倒されました。
鑑賞後に何も考えられないほどボーっとしましたよ。

『パンズラビリンス』は観る気満々だったのですが、コチラの地域で上映されないようなんです。残念!!
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-10-12 23:35:34
■由香さんへ
「パンズ・ラビリンス」見逃すには惜しいレジスタンス映画の傑作です。映画館で観れなければ、DVDになったらぜひ。でも、映像が暗いのでなるべく大画面で観てください。
またまた (miyu)
2009-05-10 20:56:59
今さらなんですが、
こちらもようやく観た次第です~。
でも、これも映画館でちゃんと観ればよかったなぁ~と
思いました。
最近ちょっと観たい映画があまりないので
おうちで観てばかりなのですが、
今上映しているのも意外と良かったりするのかなぁ~。
■miyuさんへ (ジョー)
2009-05-11 20:21:37
意外にいいんですよ、最近の映画。
ぜひ、映画館へも足を運んでみてください。
昔のように名画座がほとんどなくなってしまい、
いちど逃すとDVDで観るしかなくなってしまいますから。
便利になったような、不便になったような・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

46 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
麦の穂をゆらす風 (そーれりぽーと)
『明日へのチケット』で、長距離列車ですれ違う人々の織成すドラマに感動したのが先週。 その映画を監督した三人の監督の一人、ケン・ローチが監督をしてカンヌでパルムドールを獲得した作品『麦の穂をゆらす風』が丁度公開されたので、早速観てきました。 ★★★ ...
心が痛い「麦の穂をゆらす風」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
今年のカンヌ映画祭でPalme d'Orを受賞したケン・ローチ監督「麦の穂をゆらす風」ラストまでドラマの緊密度が途切れることなく続く「こころにヒリヒリと届く」映画。主演のキリアン・マーフィ(「プルート
『麦の穂をゆらす風』 (映画を観よう☆)
製作年度:2006年 上映時間:126分 監督:ケン・ローチ 出演:キリアン・マーフィ 、ポードリック・ディレーニー 、リーアム・カニンガム 、オーラ・フィッツジェラルド 、メアリー・オリオーダン 、メアリー・マーフィ
麦の穂をゆらす風 (栄太(えいだ)の映画日記)
(11/23「関連記事へのリンク」を追加) 11/19、「麦の穂をゆらす風」を観た。(渋谷シネ・アミューズ) 【麦の穂をゆらす風】 上映時間: 126分 製作: 2006年 アイルランド/イギリス/ドイツ/イタリア/スペイン UR
麦の穂をゆらす風 (シャーロットの涙)
麦の穂をゆらす風・・・アイルランドの伝統歌の名曲♪ イギリス支配への抵抗を歌う歌で、19世紀後半から広くアイルランドで歌われるようになりアイルランド抵抗のシンボル的な曲でもある。 詩はロバート・ドワイヤー・ジョイスのもので、愛する人の死をきっかけに ...
麦の穂をゆらす風@シネ・アミューズ (ソウウツおかげでFLASHBACK現象)
サッカー・ワールドカップの年に、あるミュージシャンのインタビューを見た。それが4年前か8年前か、そのミュージシャンの出身地ががスコットランドだったかアイルランドだったかは忘れたが、インタビューアーの「あなたの国は出場していませんが、応援している ...
試写会鑑賞 科学技術館 サイエンスホールにて ~ ケン・ローチ 「 麦の穂をゆらす風 」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 晴れの木曜日です。 今日は、昨日 科学技術館 サイエンスホールにて行なわれた試写会で観させて頂いた、ケン・ローチ氏の新作映画について。 『 麦の穂をゆらす風 ( LE VENT SE LEVE/IL VENTO CHE ACCAREZZA L’ ...
真・映画日記『麦の穂をゆらす風』 (CHEAP THRILL)
11月18日(土) 午前8時前に居酒屋「村さ来」を出る。 「ロンドン・タイムス」打ち上げメンバーはまだ残っていたが、 映画館にならぶので先に出た。 池袋駅に着き、満員の山手線で渋谷へ。 8時半、シネ・アミューズ・イースト・ウエストに到着。 一 ...
「麦の穂をゆらす風」(イギリス/アイルランド/フランス 2006年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
1920年、アイルランド南部の町・コーク。 イギリスからの独立を求めて若者たちは銃を取る。 2006年カンヌ国際映画祭パルムドール受賞「麦の穂をゆらす風」。
『麦の穂をゆらす風』の沈黙する風景 (Days of Books, Films)
今年のカンヌ映画祭でパルムドール(最高賞)を受けたイギリス映画『麦の穂をゆらす
麦の穂をゆらす風 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
北アイルランド紛争に関連した数々のテロ事件。その中心的な存在だったのが、本作でも取り上げられているIRAです。そして、IRAが段階的な武装解除を表明したのが、2000年5月で、武装闘争の終結が宣言されたのは、2005年7月28日。1年と少し前のことでしかないのです ...
*麦の穂をゆらす風* (Cartouche)
{{{  ***STORY***  2006年 イギリス=アイルランド=ドイツ=イタリア=スペイン 1920年のアイルランド南部の町・コーク。医者を志す青年デミアンはロンドンでの勤務がきまり、アイルランドを離れようとしていた。そんな時、仲間がイギリスから送 ...
映画~麦の穂をゆらす風 (きららのきらきら生活)
 「麦の穂をゆらす風」公式サイト本年度カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作品そんな華々しい賞を受賞した作品だけど、とても悲しい映画でした。1920年アイルランド、英国による圧政からの独立を求める若者たちが義勇軍を結成する。医師を志すデミアン(キリアン ...
『麦の穂をゆらす風』 (моя комната ~まやこむなた~)
今年のカンヌ映画祭でパルムドール(最高賞)を受賞したケン・ローチ監督の新作。独立を求め、イギリスと長きにわたる対立の歴史を刻んできたアイルランドをテーマにした本作は、上映後に10分以上ものスタンディングオベーション、審査員は全員一致で選んだという ...
『麦の穂をゆらす風』 (試写会帰りに)
「なんの為に戦うのか」「こんなことの為に戦ったんじゃない」という言葉が何度も頭を過ぎります。 医師を志した青年デミアンが、銃を手に取らずにはいられなかった背景。 自ら仲間を殺さなければならなかった理由。 家族や兄弟が、敵味方に分かれ傷つけ合うことに ...
麦の穂をゆらす風 (It's a Wonderful Life)
若者がハーリングを楽しむごくありふれた情景。 一転して女性が涙を流すやりきれない事件から始まるこの映画は 同じ女性の涙でエンディングを迎えます。 どの時代の争いも、泣かなければいけないのは 自分の家で家族と平和に暮らしたいとただ望む人たち。 ...
『麦の穂をゆらす風』を観た (+鑑賞キロクと平和な日記+)
舞台は1920年代のアイルランド。 独立戦争から内戦へ移行するあたり。 母国の自由を勝ち取るため、若い青年らが次々と戦いへ身を投じて行ってしまう…。 麦の穂をゆらす風 (2006年/イギリス,アイルランド,ドイツ,イタリア,スペイン/監督・ケン・ローチ) ...
★「麦の穂をゆらす風」 (ひらりん的映画ブログ)
2006年のカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールに輝いた・・らしい作品。 アイルランドがイギリスにいじめられてる・・・って内容は予告編で見てる。 ちょっと暗そうな作品ぽい。 観客の年齢層は、ちょっと高めだった。
麦の穂をゆらす風 (ブログ de ビュー)
今回の記事は『麦の穂をゆらす風』(2006年、監督:ケン・ローチ)です。 独立戦争から内戦に至ってしまった1920年代のアイルランドを、その戦いに身を投じた2人の兄弟の関係を主軸に描いた映画です。2006年度カンヌ国際映画祭にてパルムドール(最高賞)を受賞。
「麦の穂をゆらす風」を観た! (とんとん・にっき)
2006年もあと僅か、どの新聞も今年を振り返り、様々な分野の「回顧」記事が紙面を飾り始めています。たまたま今日12月7日、朝日新聞の夕刊では「映画」が取り上げられていて、今年を振り返っています。その中で7人の映画評論家が「私の3点」として、それぞれ推薦す ...
映画 『麦の穂をゆらす風』 (Death & Live)
ケン・ローチはやっぱりいいね。 『麦の穂をゆらす風』  2006年 原題 : THE WIND THAT SHAKES THE BARLEY 監督 : Ken Loach 彼の映画はいつも真実を描いている。 もちろん映画だから、フィクションだよ。 でも、人の生身の心を真剣に観察し、その ...
麦の穂をゆらす風 (とにかく、映画好きなもので。)
 1920年のアイルランドの町・コークを舞台にしたカンヌ映画祭パルムドール作品。  ロンドンで研修医として勤務が決まっていたデミアン(キリアン・マーフィ)は、アイルランドから離れようとしていた矢先に仲間の少年がイギリスの武装警察ブ ...
麦の穂をゆらす風(20061215) (cococo)
イギリスが日本の隣国でなくて、本当に良かった。助かった。 地理的な条件は、人為的
麦の穂をゆらす風 (映画通の部屋)
「麦の穂をゆらす風」 THE WIND THAT SHAKES THE BARL
「麦の穂をゆらす風」 The Wind That Shakes The Barley (俺の明日はどっちだ)
「明日、イギリス軍を追い払い、ダブリン城に緑(アイルランド)の旗を掲げようとも、社会共和国を組織しない限り、我々の努力は無に帰する。イギリスは、その資本主義者を通して、その地主を通して、その金融家を通して、彼らがこの国に植えつけたすべての商業的 ...
麦の穂をゆらす風(ToT)/~~~ (銅版画制作の日々)
名匠ケン・ローチ監督と新星キリアン・マーフィーによる最高傑作『麦の穂をゆらす風』をこの間鑑賞しました。なかなか記事を書くことが出来ず 《お話》1920年緑深きアイルランドの南部の町コーク。医者を志す青年デミアンはロンドンでの勤務が決まり、アイルラン ...
映画「麦の穂をゆらす風」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「麦の穂をゆらす風」 2006年カンヌ国際映画祭パルムドール賞に輝くケン・ローチ監督作品。 20世紀初頭のアイルランド独立戦争とその後の内戦を描く。 ハーリングというスポーツを楽しんだだけで咎められ、英語名を名乗らなかっただけで殺されるとい ...
麦の穂をゆらす風 (Diarydiary!)
《麦の穂をゆらす風》 2006年 イギリス/アイルランド/ドイツ/イタリア/ス
麦の穂をゆらす風 (悠雅的生活)
静かな風が峡谷をわたり黄金色の麦の穂をゆらしていた
麦の穂をゆらす風 (ネタバレ映画館)
愛国心を強要されたら・・・
麦の穂をゆらす風 (そよかぜから-映画)
■2006年 イギリス/アイルランド/ドイツ/イタリア/スペイン 126分■原題「THE WIND THAT SHAKES THE BARLEY」 ■2006.12.25 サロンシネマ2 ■監督 ケン・ローチ ■出演   キリアン・マーフィ(デミアン)   ポードリック・ディレーニー(テディ)   リ ...
リール&ジグ:麦の穂を揺らす風(2006) (ORGANIC STONE)
英国の社会派監督ケン・ローチによる、アイルランド独立戦争とその後の内戦をテーマにしたドラマ。2006年カンヌ最高賞受賞作で、しかも私の専門(なんの?)アイルランド物、その上マイお気に入り登録済みのキリアン・マーフィー主演ですから。そして映画館が満員 ...
麦の穂をゆらす風 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
愛するものを奪われる悲劇を、なぜ人は繰り返すのだろう!!。1920年アイルランド。激動の歴史と運命に翻弄され、愛する人々との絆が引き裂かれる悲劇を名匠ケン・ローチが圧巻のスケールで描く。 1920年、アイルランド南部の町、コーク。医師を志す青年デミ ...
【MOVIE 】麦の穂をゆらす風 (思いつくままに)
■感想など 弟は幼なじみを。兄は弟を。過ちは繰り返される...。 アイルランドの歴史はさして詳しくないので、途中わけわからなくなってしまうかとも 思ったのですが、あまり気にせず最後まで観賞することが出来ました。 歴史の本当のところはわかりませんが ...
「麦の穂をゆらす風」一線を越えるとき (再出発日記)
「麦の穂をゆらす風」 監督:ケン・ローチ出演:キリアン・マーフィ、ポーリック・デラニー、リーアム・カニンガム、オーラ・フィッツジェラルドIRA(アイルランド共和軍)の歴史は複雑だ。 アイルランド独立戦争の現代史を評価しようとすると、 袋小路に入り込み ...
映画レビュー#43「麦の穂をゆらす風」 (Production Rif-Raf)
基本情報 「麦の穂をゆらす風」(2006、イギリス、アイルランド) 監督:ケン・ローチ(ケス、リフ・ラフ、マイ・ネーム・イズ・ジョー) 脚本:ポール・ラヴァティ(カルラの歌、マイ・ネーム・イズ・ジョー、スウィート・シックスティーン) 製作:レベッカ・オブライ...
麦の穂をゆらす風 (ぶっちゃけ…独り言?)
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 2006年のカンヌ映画祭でパルム・ドールに輝いた作品だそーです。 なので、あまり期待しないで観ました。 えっ!? いや~、どーもワタクシ、カンヌと相性悪くて・・・ て、ヨーロッパの映画賞はどれも...
麦の穂をゆらす風 (夫婦でシネマ)
ケン・ローチの新作、やっと観た。
麦の穂をゆらす風 ~新作DVD~ (利用価値のない日々の雑学)
昨年冬の公開作品であったが、DVDを観なおしてレビューを書きたかった。そのタイミングとして「クィーン」の直後というのも、筆者としては色々な意味で英国に向いていたので効果的ただったと思う。 ヨーロッパの歴史、取分けイギリスの歴史は大変分りにくい。特に、日...
麦の穂をゆらす風 THE WIND THAT SHAKES THE BARLEY (JUNeK-CINEMA in the JUNeK-YARD)
すごく感銘を受けても、どうしてもレビューを書けない映画って時々あります。 この「THE WIND THAT SHAKES THE BARLEY (麦の穂をゆらす風)」もそんな映画のひとつでした。 緑豊かな景色が綺麗だとか、キリアンが頑張ってたとか、テッドを演じたポードリック・ディレー...
『麦の穂をゆらす風』’06・アイルランド・英・独・伊・西 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1920年アイルランド、英国による圧政からの独立を求める若者たちが義勇軍を結成する。医師を志すデミアン(キリアン・マーフィ)も将来を捨て、過酷な戦いに身を投じていく。激しいゲリラ戦は英国軍を苦しめ停戦、講和条約にこぎつけるものの、条約の内容をめ...
『麦の穂を揺らす風』 (Sweet* Days**)
麦の穂をゆらす風 プレミアム・エディションキリアン・マーフィー、ポードリック・ディレーニー 他 (2007/04/25)ジェネオン エンタテインメント この商品の詳細を見る監督:ケン・ローチ CAST:キリアン・マーフィー 
麦の穂をゆらす風 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
WOWOWで鑑賞―【story】1920年アイルランド。英国による圧政からの独立を求める若者たちが義勇軍を結成する。医師を志すデミアン(キリアン・マーフィー)も将来の夢を捨て、過酷な戦いに身を投じていく。激しいゲリラ戦は英国軍を苦しめ停戦、講和条約にこぎつけるものの...
「麦の穂をゆらす風」 (ももの自由時間)
麦の穂をゆらす風このアイテムの詳細を見る 1920年、英国からの独立のため、アイルランドの若者たちは義勇軍を結成する。 医者を目指してロンドン行きを決意していたデミアンも冷酷な英国軍の仕打ちに怒りをつのらせ、兄とともに闘いに身を投じる。そして和平条約を手に...
麦の穂をゆらす風 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛するものを 奪われる悲劇を、 なぜ人は 繰り返すのだろう。』  コチラの「麦の穂をゆらす風」は、1920年アイルランド激動の歴史と運命に翻弄され、愛する人々との絆が引き裂かれる悲劇を名匠ケン・ローチが圧巻のスケールで描き、2006年カンヌ映画祭では審査...
麦の穂をゆらす風 (Yuhiの読書日記+α)
アイルランド独立戦争とその後の内戦によって引き裂かれる兄弟を描いき、カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した作品。監督はケン・ローチ、出演はキリアン・マーフィ、ポードリック・ディレーニー、リーアム・カニンガム他。 <あらすじ> 1920年アイルランド、英国に...