【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「アンストッパブル」

2011-01-10 | ★橋63系統(小滝橋車庫前~新橋駅)

走り出した貨物列車が止まらなくなる話かと思ったら、映画自体が走り出したら止まらなくなる面白さだった。
「アンストッパブル」って、映画自体のことを言ってたのね。
暴走するのが貨物列車っていうところがミソで、これが客車だったら乗っている人たちの阿鼻叫喚を描かなくちゃいけなくなる。
それはそれで面白そうだけど。
かつて日本にも「新幹線大爆破」っていう新幹線が止まらなくなる映画があったけど、映画自体は抜群に面白いのに、車内の乗客たちの描写がいかにも類型的で鼻じらんだ覚えがあるけど、今度はそういう心配をしなくてすんだ。
こういう映画って、犯罪とか陰謀がらみの展開で犯人側と警察側の丁々発止のやりとりがひとつの見どころになるんだけど、そういう裏もなくて、ちょっとした不注意で機関車が動き出してしまうだけ。
これまた、余計な裏を詮索しないですむだけ、この機関車をいかに止めるかに意識が集中できていい。「ポセイドン・アドベンチャー」で、船がひっくり返ったあとは逃げることだけに映画が集中していたのと一緒で、不要な枝葉は用意せず、一点突破だけを狙っているのが、すがすがしい。
その貨物列車を止めようと、別の機関車で追跡するのが老いた運転士と新米の車掌。
老若コンビというのも、典型的なパターンなんだけど、それだけに余計なドラマに邪魔されず、列車の追跡劇に意識を集中できる。
彼らも家庭の事情とか抱えているんだけどね。
これも定石通り、その家庭の事情を語り合う場面もあるんだけど、回想シーンとかはさまずに、追跡劇の中でスピーディに語られるから、映画が停滞することはまったくない。
緊迫した場面で回想シーンとか入ってきて映画が急に弛緩しちゃうなんて経験、日本の映画やドラマを観ているとうんざりするくらいあるけど、そういうサスペンス映画をつくる製作者たちには、ぜひ学んでほしい映画よね。
本人たちは緩急自在と思っているのかもしれないけど、一気に見せ切る度量に欠けているだけだ。
この映画はそういう身の上話は最小限に抑えているから、かえって老運転士が発する「俺はもうクビになっている」のひとことが効いてくる。
最高のタイミングのひとこと。ロボコップが「お前はクビだ」と告げられたときのような爽快感。
逃げる機関車が赤、追いかける機関車が青っていう色分けも、単純明快。
実に視覚的で、アドレナリンを圧倒的に刺激する。
その二台の機関車を追うマスコミのヘリコプターの揺れる姿と耳障りなプロペラの音が、いっそう不安感をかきたてる。
たたみかけるような映像をつくりだすために、どれだけ細心で高度な編集を行っているのか、考えると気が遠くなる思いすらする。
英雄になった老若コンビが、最後は父親に戻るっていうのも、ありがちだけど、すっきりした終わり方だった。
こういう映画なら、アンストッパブルで作り続けてほしいね。トニー・スコット監督、会心作のひとつだ。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「モンガに散る」 | トップ | 「人生万歳!」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アンストッパブル (LOVE Cinemas 調布)
危険な薬物を大量に積んだ貨物列車が、人為的ミスによって暴走を始める。大惨事を防ぐためにベテラン機関士と新米車掌のコンビが大奮闘する姿を描いたパニックアクションムービーだ。『サブウェイ123 激突』でもコンビを組んだトニー・スコット監督とデンゼル・ワシン...
『アンストッパブル』 45年前の日本人は正しかった! (映画のブログ)
 『アンストッパブル』の冒頭のカットに、ピンと来た人も多いだろう。  朝の操車場。  仕分線に並んだ多くの列車。  ガタタン、ガタタンと、貨車の触れ合う音が響く。  これは、黒澤明監督が撮ろ...
アンストッパブル (Akira's VOICE)
加速VS減速の手に汗握る攻防戦!!   
アンストッパブル やっべぇぇぇ!すっげぇぇぇっ! (労組書記長社労士のブログ)
【=3 -0-】 予告編を初めて見た瞬間に「絶対に観るt!!」って思ったこの映画、ようやく封切りを迎えたよ!o(@^◇^@)oワクワク  ペンシルバニア州のとある操車場に停車中の最新式貨物列車777号が、整備士の人為的ミスによって...
アンストッパブル (だらだら無気力ブログ)
実際に起きた列車暴走事故を基に、大量の化学物質を積んだまま暴走を 始めてしまった貨物列車を、解雇予定のベテラン機関士と新米車掌が、 大惨事を防ぐべく命がけで貨物列車を止めようと奮闘する様をスリリングに 描いたサスペンスアクション。 主演は『サブウェイ123 ...
アンストッパブル (試写会) (風に吹かれて)
28年の経験をなめるなよ 公式サイト http://movies.foxjapan.com/unstoppable1月7日公開監督: トニー・スコット2001年5月、オハイオ州で実際にあった事件をヒン
『アンストッパブル』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「アンストッパブル」□監督・製作 トニー・スコット □脚本 マーク・ボンバック □キャスト デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン■鑑賞日 1月10日(月)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度...
トニー・スコット監督 「アンストッパブル」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
今年最初のCinemaレビューになりますが… 劇場で観た映画は実はこれが今年2本目 1本目は昨年暮に観た「相棒‐劇場版2‐」の再鑑賞 だって今年最初の公休日(6日)に、私が観たいと思える作品がまだ上映されてなかったンだもん 2回目の公休の今日(13日)...
「アンストッパブル」 UNSTOPPABLE (俺の明日はどっちだ)
・ 最近再び始めてしまったツイッターで「余計な物を限りなく削ぎ落とした見事なハラハラ・ドキドキムーヴィー。トニー・スコット監督、兄貴にも劣らぬ好演出で思わず拍手!」と思わずつぶやいてしまった良い意味で70年代パニック映画を想起させるタイムリミット・サスペ....
映画「アンストッパブル」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
2011年映画観賞のトップバッターを飾る最初の映画は「アンストッパブル」。 新米機関士扮するクリス・パインと勤続29年のベテラン機関士役であるデンゼル・ワシントンが主役を演じる、トニー・スコット監督作品です。 映画「アンストッパブル」のストーリーは、2...
[映画][2010年]アンストッパブル(監督トニー・スコット) (タニプロダクション)
TOHOシネマズ日劇 前方左側 出演:デンゼル・ワシントン クリス・パイン他 評点=☆☆☆★★(70点) 男気! フーターズ! アンストッパボー!
[映画][2010年]アンストッパブル(監督トニー・スコット) (タニプロダクション)
TOHOシネマズ日劇 前方左側 出演:デンゼル・ワシントン クリス・パイン他 評点=☆☆☆★★(70点) 男気! フーターズ! アンストッパボー!
暴走無人列車~『アンストッパブル』 (真紅のthinkingdays)
 UNSTOPPABLE  ペンシルバニア州の操車場で、危険な化学物質を搭載した無人貨車が暴走 を始めた。ベテラン機関士のフランク(デンゼル・ワシントン)と新米車掌のウィ ル(クリス・パイン...
「アンストッパブル」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 トニー・スコット×デンゼル・ワシントンの名コンビ最新作は、2001年5月、オハイオ州で起きた貨物列車暴走事故を元にしたアクション大作。  毎回、この手の映画やニュース...
「アンストッパブル」は清涼飲料水的娯楽映... (映画と出会う・世界が変わる)
この作品、娯楽映画としては実に巧妙な出来である。物語は、危険物を満載して暴走した列車をいかに止めるか、ただそれだけである。冒頭から事故の発生、登場人物たちと彼らが置かれ...
映画「アンストッパブル」 (itchy1976の日記)
アンストッパブル 映画 - goo 映画 アンストッパブル(映画.com) アンストッパブル@ぴあ映画生活 「アンストッパブル」オフィシャルサイト アンストッパブル (映画) - Wikipedia ○作品データ(映画.com) キャスト:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ド...
アンストッパブル (映画的・絵画的・音楽的)
 『アンストッパブル』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)こうした作品なら、何はともあれ大画面で音響の素晴らしいところと思って有楽町まで出かけましたが、期待どおりでした。何しろ、運転手なしに暴走し続ける貨物列車をストップさせなければ、市街地に突っ込....
アンストッパブル (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『生きて帰れたら、 言いたいことがあるんだ。』  コチラの「アンストッパブル」は、2001年5月15日にオハイオ州で発生した実際の鉄道事故をベースに、2009年の「サブウェイ123 激 ...
アンストッパブル <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
いや~ 予想以上に面白かった~ 迫力満点やし ハラハラドキドキさせられるしほっとんど 電車で走ってるシーンばっかしやねんけど ひき込まれるで~コネで入ってきたウィルと ...
アンストッパブル (Unstoppable) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 トニー・スコット 主演 デンゼル・ワシントン 2010年 アメリカ映画 99分 パニック 採点★★★ “その土地はもう危険だから、引っ越した方が良い”といった意見や、“過去の教訓を忘れてしまう住人”みたいな論調をこの震災以降耳にすることがありますが、そ...
アンストッパブル (銀幕大帝α)
UNSTOPPABLE/10年/米/99分/パニック・アクション/劇場公開 監督:トニー・スコット 製作:トニー・スコット、ミミ・ロジャース 出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、イーサン・サプリー <ストーリー> 整備員のミスが原因で大量...