【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「怪談」:千登世橋バス停付近の会話

2007-08-19 | ★池86系統(東池袋四丁目~渋谷駅)

女は橋の上を行き、男は橋の下を行く・・・。
なに、ひとりで感慨に耽ってるの?
いや、こういう立体交差の橋を眺めていると、男と女の心のすれ違いを思い出すわけよ。
ああ、男女の情痴をテーマにしたホラー映画「怪談」を観たばっかりだからね。
江戸時代を背景に、惚れあったはずの男が女の気持ちを裏切ったことから起こる怨念の世界。浮気した男を恨んで死んだ女房が幽霊になって現れるという、正統派の怪談映画だった。中田秀夫の映画だっていうから、「リング」みたいに見た目の恐怖で押してくるのかと思ったら、見た目より心情に訴える映画で、いつの世も女の思いこみは怖いっていう、実に身につまされる恐ろしさだった。
身につまされる?それって、どういう意味?
い、いや、他意はありません。
私には、浮気した男の後ろめたさが、死んだ女房の幽霊を出現させたというふうに見えたけどね。怖いのは、男の愚かさよ。
は、はい。
その男を演じるのが、歌舞伎役者の尾上菊之助だから、時代劇の様式美にはまってる。意味ありげな流し目とか、優柔不断なしぐさとか、この映画の世界観にぴったりでさすがよね。
でも、顔はデカかったなあ。女房役が黒木瞳だから、二人が顔を寄せ合うと、卵とスイカくらいの違いがあって、不釣合いもいいところだ。
そう言われればそうかも。
何が恐ろしいって、黒木瞳に抱かれた尾上菊之助の顔のデカさ。あれこそホラーだったぜ。
それより、尾上菊之助の浮気の相手が井上真央っていうのは、ちょっとムリがあったかな。
黒木瞳、麻生久美子、木村多江、瀬戸朝香といった女優陣の中に井上真央が入っちゃうと、どうしても子どもにしか見えなくて、そんな子どもに気が行く尾上菊之助、そんな子どもに嫉妬する黒木瞳がちょっとアホに見えちゃうんだよなあ。
浮気っていうより不純異性交遊だもんね。井上真央ちゃんの責任じゃなくて、キャスティング・ディレクターの責任だけど。もうちょっとおとなの女優はいなかったのかしら。
でも、江戸時代の怪談の雰囲気を出そうとした美術は買うね。
さくらん」みたいな目に痛い美術じゃなくて、しっとりとした品のある美術。正統派をめざす心意気は感じられたわね。
観た瞬間の怖さでいえば、「リング」のほうが怖いけど、映画の出来としてはこちらのほうが優れているかもしれない。
古典落語の名作を原作にしているから、時代を超えた普遍性がある、っていうところもあるわよね。
ただ、描写の緻密さという点では、重大な演出ミスがあった。
どこ?
尾上菊之助と黒木瞳が初めて出会う場面で、二人の手が偶然触れ合うシーンにナレーションを入れているんだ。情の触れあいを画でじっくり見せる繊細なシーンにナレーションをかぶせるなんて、信じがたいミスだ。二人の情の深さを予感させる名シーンになったところが台なしだ。
なるほどね。惚れたはれたの地獄を描くんだから、そのへんの気づかいはほしかったわね。
まあ、惚れたはれたの地獄なんて、俺たちには関係ないけどな。
あら、さっき、身につまされるって言ったばかりじゃない。そういう無責任なことを言うから信用できないのよ。
わかった、わかった。そんな怖い顔してにじり寄ってくるなよ。
この際、私は橋の上を行くから、あなたは橋の下を行って。
は、はい。


ブログランキング参加中。クリックをぜひひとつ。

千登世橋バス停



ふたりが乗ったのは、都バス<池86系統>
東池袋四丁目⇒東池袋一丁目⇒池袋駅東口⇒南池袋三丁目⇒東京音楽大学前⇒千登世橋⇒学習院下⇒高田馬場二丁目⇒学習院女子大前⇒都立障害者センター前⇒新宿コズミックセンター前⇒大久保通り⇒東新宿駅前⇒日清食品前⇒新宿伊勢丹前⇒新宿四丁目⇒千駄ヶ谷五丁目⇒北参道⇒千駄ヶ谷小学校前⇒神宮前一丁目⇒表参道⇒神宮前六丁目⇒宮下公園⇒渋谷駅西口⇒渋谷駅東口



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「天然コケッコー」:東京音... | トップ | 「遠くの空に消えた」:学習... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
尾上菊之助と井上真央。 (BC)
2007-08-19 23:46:19
ジョーさん、はじめまして☆
トラックバックありがとうございます。(*^-^*

尾上菊之助は確かに顔が大きかったですよね。(^-^ゞ
井上真央の健気な感じは良かったけど、
恋愛心理を演じるにはまだ少し幼い感じでしたね。
もう少し大人ぽい顔立ちの若手女優か小悪魔的な雰囲気の若手女優を起用した方が良かった気もしますね。
オチが効いています♪ (とらねこ)
2007-08-20 16:32:29
こうした話題を、お二人に戦わせると特に面白いですねぃo(^-^)o

軽くチャンバり合ったりするのが、楽しくて♪

でもお互いにそうした話題を楽しみながら、映画のいろんな面が覗けて◎です



とか言いつつ・・

>怖いのは男の愚かさ

この一言に大賛成!
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-08-22 21:58:21
■BCさんへ
若手女優の層は、厚くないってことでしょうか。誰なら良かったか考えてもあまり思い浮かびません。

■とらねこさんへ
まあ、男と女なんて、お互い怖がっているうちが花なのかもしれません(?)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
怪談(映画館) (ひるめし。)
ずっと、ずっと、ずっと、あなただけ。
怪談 (ともみの言いたい放題♪)
「日本の夏の風物詩」を、劇場で体感しました・・・
『怪談』(2007年)を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
シェアブログ1563に投稿 ※↑は〔ブログルポ〕へ投稿するために必要な表記です。  あーっ! この人、犬神家の佐清だったのか!! 『怪談』(2007年) 2007年・日本・119分 監督:中田秀夫 製作総指揮:迫本淳一 製作:松本輝
『怪談』―江戸で女を妬かせると……? (トーキョーワッショイ - 東京人が一番見たい東京ネタ)
 夏はやっぱり、寒~くなれるお話が恋しいもの。そんなわけで、こんな映画はいかが?...
「怪談」女たらしと金遣いが過ぎた先に受けた先代の負の代償と天罰 (オールマイティにコメンテート)
「怪談」(PG-12指定)は江戸時代を舞台にした出会ってはならない2人の愛し合った先に嫉妬の怨念が男を追い詰めるホラー映画である。夏といえばホラー映画のシーズンだが、今年はホラーな夏になりそうだ。
『怪談』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2007年:日本映画、一瀬隆重プロデューサー、中田秀夫監督最新作、尾上菊之助・黒木瞳・井上真央・麻生久美子・木村多江・瀬戸朝香・津川雅彦共演。 三遊亭円朝の傑作『真景累ヶ淵(しんけいかさねがふち)』を題材にした作品。
怪談 (読書と時折の旅 (風と雲の郷本館))
 映画「怪談」の試写会に行った。出だしは、一龍斎貞水の語りで始まったが、モノクロームの画面とよくマッチし、なかなか期待が持てた。 煙草売りの新吉と、三味線の師匠豊志賀は、出会いそしてひかれ合う。しかし20年前豊志賀の父を殺したのは、新吉の父であった。こ...
怪談 (Kinetic Vision)
映画は豊志賀(黒木瞳)の死とお久(井上真央)殺しまでが前半、それ以降の新吉(尾上菊之助)の物語が後半になる。そして映画から感じられる緊張感が前半と後半でかなり違っているように思われる。 豊志賀と新吉の親たちの
怪談 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
出会ってはならない、愛し合ってはいけない運命のふたり。深く激しい愛が巻き起こす、陶酔と戦慄の物語。 婀娜(あだ)な姿と芸が評判の富本の女師匠、豊志賀は、ある日、街筋で煙草売りの新吉とすれ違う。「またにしとくよ」と軽くいなす豊志賀だったが「やっぱりも...
冷涼感漂う映画「怪談」 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
恐怖で背筋が寒くなるよりも、酷暑の折、冷涼感が漂う避暑優先の心臓に優しい「怪談」(中田秀夫監督)だった。映像で日本の美が満喫できるのもまたいい。
●怪談(129) (映画とワンピースのこでまり日記)
女の情念恐ろしやぁ~~~
怪談 (シニカル・ヒストリー・タワー)
怪談 ちょっとドキドキで見に行った「怪談」。 若い男、それも父親を殺した敵の息子に対する女の一途な愛と嫉妬と執着から、死してなおストーカーになってしまう悲しい女の物語。 しかし期待した割りには、怖さ、おどろおどろしさ、美しさ、悲...
怪談 (シネ・ガラリーナ)
2007年/日本 監督/中田秀夫 「愛するが故に呪う」 中川信夫を代表する日本の怪談物を受け継いでいくことは、とても大事だと痛感しました。いくらJホラーが海外で人気であろうと、愛するが故に呪うといった昔ながらの情念の世界は、日本人でなければ共有できな...
怪談 (ブラトラ館(太田千晶応援blog seesaa支店))
製作年 2007年 製作国 日本 時間 119分 公式サイト www.kaidan-movie.jp/ 公開日 2007-08-04~ 監督 中田秀夫 PG-12 出演 尾上菊之助 黒木瞳 井上真央 瀬戸朝香 麻生久美子 津川雅彦 木村多江 ストーリーはコチラ 何と言うか イイ男もそれが過ぎると悲劇だな...
怪談 / HIDEO NAKATA's KAIDAN (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ジャパニーズホラーの中で最高に怖かった『リング』の監督、中田秀夫作品{/tankoro/} 部屋を暗くしてお盆に観た{/huririhi/} 落語家・三遊亭円朝の原作「真実...