【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「キッズ・オールライト」

2011-05-10 | ★橋63系統(小滝橋車庫前~新橋駅)

奥さまの名前はジュールス。そして、だんな様の名前はニック。ごく普通の二人は、ごく普通の恋をし、ごく普通の結婚をし、ごく普通の子どもたちが生まれました。でも、ただひとつ違っていたのは……。
だんな様は女だったのです!
女二人が一緒になってどうやって子どもを産むんやねん、と思ったら人工受精だと。
で、精子バンクから同じ男性の精子をもらって二人がひとりずつ子どもを産む。
なんか、ドロドロした物語になりそうなんだけど、場所が陽光降り注ぐカリフォルニアだからか、あっけらかんとした感じで、子どもたちも屈託なく育つ。
いまや、姉は大学入学直前、弟は高校生になっているんだけど、どちらも素直ないい子。映画はそこから始まる。
家族だんらんのシーンなんて、ほんと、ありふれたファミリーにしか見えない。
女同士が一緒になっても、子どもができると、家族の中の役割はお父さんとお母さんに分かれるんだなっていうのがわかっておもしろい。
母親、父親って、性別の違いじゃなくて、家族という枠組みの中の役割の違いだったたんだな。
ところが、そこへ精子提供者の男性が現れて、平和な家庭にさざ波が立つ。
アメリカではあんなに簡単に精子提供者の素性が知れるのかと思うと驚きだけど、その男性が気の置けない、いいやつだったっていうのが、またおもしろいところでね。
ジュールスが彼にひかれたりして、さあて、いよいよドロドロの物語になっていくのか。
男性の登場で、家族の中で父親の役割を果たしていたニックがだんだん浮いた存在になっていくっていうのも、自然な成り行きだな。
さあ、これで家族は崩壊していくのか。
……と思わせといて、最後には、どこの家庭だって他の家庭とは違う固有の事情を抱えているんだよねえ、と意外に爽やかな展開になったりする。
暗い話にならないのは、やっぱり、カリフォルニアの陽光のせいかしら。住む土地って大事ね。
「あそこの父親は女なんだぜ」って後ろ指差されたら、こう言い返してやればいいんだよな、「誰にだって欠点はある!」。
「お熱いのがお好き」じゃないっちゅうの。



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「星を追う子ども」 | トップ | 「ブラック・スワン」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画・キッズ・オールライト (お花と読書と散歩、映画も好き)
原題 THE KIDS ARE ALL RIGHT 2010年 アメリカ 「ブラックスワン」かこっちか迷ってこちらにしました 映画が始まって 失敗だったなぁ、と思ったのですが もう後の祭り それが、徐々にスクリーンに惹き込まれてしまい、もらい泣きまでする始末 医...
キッズ・オールライト (風に吹かれて)
家族って 公式サイト http://www.allright-movie.com高校を卒業し、秋には大学に進学するジョニ(ミア・ワシコウスカ)は、弟のレイザー(ジョシュ・ハッチャーソン)に、「生物学上
キッズ・オールライト (くまさんの再出発日記)
「どうして愛している人を傷つけるのかしら。ロシア文学を読めば分かる?」 監督 リサ・チェンデンコ 出演 アネット・ベニング (Nic) ジュリアン・ムーア (Jules) ミア・ワシコウスカ (...