【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「キサラギ」:木場四丁目バス停付近の会話

2007-06-28 | ★東20系統(東京駅~錦糸町駅)

なんともファンタジックな光景ね。
こういう景色の中でほほえんでいる少女のイメージなんだよなあ、ミキッペって。
ミキッペって、まさか映画「キサラギ」の如月ミキ?
そう、そう、愛しのミキッペ。
あれって、架空のアイドルだし、彼女を演じていた女優もどこがいいんだか全然わからなかったわ。D級アイドルを演じてる以前に、文字通りのD級アイドル。
D級アイドルかどうかは意見が分かれるところだが、映画自体はA級だった。
意見なんか分かれないわよ。10人観れば10人がD級アイドルだって言うわよ。
でも、映画のおもしろさはA級だった。出演者がほぼ男5人だけで、場所も屋上の一部屋に限られるワンシチュエーション・ドラマ。これだけ制約された中で観客をあきさせることも空間の狭苦しさを感じさせることもなく、最後まで物語を引っ張って行くんだから、たいしたものだ。
突然自殺したD級アイドルの一周忌に、インターネットのファンサイトで知り合った五人のファンが集まる。ところが自殺したと思っていたアイドルが他殺かもしれないという話になって、しかもその犯人はこの五人のうちの誰か、というストーリーを聞くとたしかに面白そうなんだけど。
実際おもしろかったじゃないか。インターネット上ではお互い素性も知らなかったのに、みんな実在した人物だとわかって、これで素性が知れたと思ったら、みんな実はもっと別の素性を持っていたというんだから。自殺の真相も二転三転して目が離せない。
話が突飛すぎるわよ。五人の素性が明らかになるにつれて、そんなご都合主義な素性はないんじゃないと思ってきちゃう。
そうは言っても、そのおかげであのどんでん返しに次ぐどんでん返し、これでもかと言うほど、くるくる攻守が変わるおもしろさを楽しめたんだから、文句ないじゃないか。
そんな争いも、あんな歌のへたなアイドルのためかと思うと、涙がちょちょ切れるわ。
ミキッペの姿は最後まで出さないほうがよかったってことか?
そうよ。観客みんなが映画の進行に合わせて、心の中で自分なりのアイドル像をつくっていけばいいわけだから。実際、途中まではそういうつくりだったじゃない、わざとアイドルの顔をボカしたりして。ところが最後にあんな余計な姿を・・・。
大磯ロングビーチか。でも、いったいこれほど彼らの心を捉えているアイドルってどんなよ、という興味がわくじゃないか。そういう人に対するサービスカットとして見ればいいんじゃないのか。
だったら、そういうのはDVDになったときに特典映像としてでもつければいいのよ。D級アイドルのキスマークか何かをつけて。映画としてはプラネタリウムのシーンで終わるべきだったのよ。そこで起承転結がついているんだから、そのあとは余計な代物以外の何物でもないわ。
厳しいねえ。そんなに眉つりあげなくたっていいじゃないか、たかが娯楽映画なんだから。
話が終わったあとに未練たらしくグダグダと腐ったしっぽみたいな映像を垂れ流すのは映画として最低だって、あなた、いつも言ってるじゃない。
まあ、たしかにラストシーンの宍戸錠の登場はやりすぎだったかもしれない。いままでの話はなんだったんだ、ってことになっちゃうもんな。
大磯ロングビーチのD級アイドルもよ。
うーん、でもねえ、オタクの気持ちになるとそうも言えないんだなあ。だって、大磯ロングビーチだぜ、大磯ロングビーチ。
なにそれ、煮え切らないなあ。結局若い女の子が出てればなんでもいいんじゃないの、あなたは?
だけど、お前の好きな男優だって出てたじゃないか。小栗旬、ユースケ・サンタマリア 、小出恵介、塚地武雅、香川照之。そうそうたるメンバーがみんなそれぞれにキャラクターを生かしたいい演技をしてたぜ。
そういえばそうね。五人で踊るシーンなんておかしくておかしくて最高だったわ。
ちょ、ちょっと待て。そのシーンて、プラネタリウムのシーンのあとだぜ。起承転結がついたあとだぜ。お前に言わせれば、なくてよかったシーンじゃないのか。
あっ、そ、それだけは別よ。
ふふふ、一瞬にして攻守が変わったな。
まったく、「キサラギ」みたいな会話になってきたわね、私たちの会話も。


ブログランキング参加中。クリックをぜひ。

木場四丁目バス停



ふたりが乗ったのは、都バス<東20系統>
東京駅丸の内北口⇒呉服橋⇒日本橋⇒兜町⇒茅場町⇒新川一丁目⇒永代橋⇒佐賀一丁目⇒永代二丁目⇒門前仲町⇒不動尊前⇒富岡一丁目⇒木場二丁目⇒木場駅前⇒木場三丁目⇒木場四丁目⇒東京都現代美術館前⇒白河⇒森下五丁目⇒菊川駅前⇒菊川三丁目⇒住吉一丁目⇒住吉駅前⇒毛利二丁目⇒錦糸堀⇒錦糸町駅前







『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ダイ・ハード4.0」:木場三... | トップ | 「雲南の少女 ルオマの初恋... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (mint)
2007-07-03 11:14:45
最後に出てくるミキちゃんは確かに歌は下手だけど、それでも好き、というファン心理がおもしろいですよね。

登場人物は5人だけれど、内容の濃い(?)、楽しい映画でした。



D級でも、一応アイドルですね。 (あかん隊)
2007-07-03 22:10:28
「時効警察」の霧山くんと三日月くんの会話のような今回のレビュー、楽しく読みました。(^^;)
大磯ロングビーチも、ミキちゃんの映像も、楽しかった。あれがないと、ミキちゃんのファンの気持ち(D級でもアイドル)が、わからなかったかもしれないし、宍戸さんに至っても、あれはあれで、この映画の楽しみ方を物語っているようです。>シリアスにならないこと
だから、私的にはオッケーでした。(爆)
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-07-06 23:39:09
■mintさんへ
登場人物五人だけなのに、チープにならない映画づくりには感心しましたね。

■あかん隊さんへ
そうですね、シリアスになるのが恥ずかしくて、最後につけたしの部分をつけてしまったようにも見えましたね。
おもしろい♪ (asazuma)
2007-07-09 18:22:16
映画を観終わった後の会話っぽいブログ
おもしろいですね(*^^*)
一緒にバスの中にいて観終わった後に
話している気になりました(^^)v

最後の2人の登場はいらなかったように
思うけど、観終わってしばらくたったら
本題のおもしろさだけ覚えていて、
あの登場いらないよ~!という微妙な
気持ちは薄くなってきました(笑)

でも、「DVDの特典映像」案
いいですね。そっちの方が
よかったですね(^^;
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-07-11 21:07:24
■asazumaさんへ
特典映像ではあの宍戸錠の謎も解けるのでしょうか。それともパート2ができるのかな?
見てきました (くまんちゅう)
2007-07-12 00:03:40
TBはいつまで出来ないのか、ちょっと辛いです。
当初見るつもり全く無かったんですが、評判読んで見てしまいました、面白かったです。D級アイドルのヘタな歌が一番笑えたのでOKですよ。
ただ宍戸錠は要らなかったですね。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-07-14 10:57:41
■くまんちゅうさんへ
まったく相性の悪いのがあるのには困ったものです。みなさん、どうされているのでしょうか。
「キサラギ」は、あの下手な歌が演技なのか、本物なのかがいまの一番の関心事です。
こんばんわ (moviepad)
2007-07-14 21:22:02
ジョーさん、こんばんわ。
TBありがとうございました。

"大磯ロングビーチのD級アイドル"って...。
C級とD級の境目がよくわからないワタクシ(笑)

なんか僕の『キサラギ』の記事、gooブログにTBができないみたいなんですよ。gooさんからは『麦の穂をゆらす風』のときも同じよーなイジメにあいました(;_;) ということでコメントでお礼を!
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-07-16 10:13:38
■moviepadさんへ
gooの他のブログとの相性の悪さには困ったものです。gooさん、なんとかしてください。
C級アイドルは、いくら仕事がないからといえ、いまどきロングビーチには出ない、D級アイドルは、いまだにロングビーチに出ている、と解釈しているんですが、誤解ですか?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
【映画】『キサラギ』本年度ベストワン候補の爆笑密室劇 (Badlands 映画・演劇・音楽レビュー)
映画「キサラギ」 (日々のつぶやき)
? 監督:佐藤祐市 出演:小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雄、香川照之 「B級アイドル如月ミキの一周忌追悼会に家元の声かけで、ファンサイトで知り合った、オダ・ユージ、スネーク、安男、イチゴ娘がある部屋に集まった。思い出話に花を咲か...
キサラギ (映画を観たよ)
オタク映画??
キサラギ (Kinetic Vision)
限定された空間の中で、男たちが言論を戦わせ、事件の真相に迫ろうとするというストーリーは「12人の怒れる男たち」そのものだが、この映画で激論を交わす男たちは陪審員ではなくアイドルオタク(小栗旬、ユースケ・サンタ
キサラギ (afternoon tea)
試写会で見ました。 最初にライブがあって、きっとヤング層には人気なんだろうなー という感じのノリで やりにくそうだった・・・・。 その後、試写会だったのですが、 ナカナカ良かったですよー。 グラドルファンのネットでしか話したことがない5人が グラドルの1...
『キサラギ』舞台挨拶付きプレミア試写会@九段会館 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο は『キサラギ』を応援しています!!!小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅(ドランクドラゴン)、香川照之出演『キサラギ』のプレミア試写会へ行った。場所は九段会館。この前『クローズド・ノート』の撮影(ココ)で来た...
キサラギ [映画] (mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々)
★★★★★★★★★☆ http://www.kisaragi-movie.co
『キサラギ』 (映画大陸)
 今まで映画を観てはさんざん「○○ちゃん可愛い!」なんて事を書いてきたので勘違いされている方もいらっしゃるかもしれませんが、僕は所謂アイドルオタクではありません。  ファンレターなんて書いた事も無いし、誰かのポスターやカレンダーを壁に貼り付けているなん...
#93.キサラギ (レザボアCATs)
文句なく面白い!最近で一番面白かった邦画は?と聞くと、これ!と自信を持って答える私が居ることでしょう!ワンシチュエーション、舞台劇のようなソリッドな空間の、絶妙なコメディ。こういう邦画を待ってた!!という感じでした。
『キサラギ』 (いつか どこかで)
映画『キサラギ』を見てきました。
キサラギ (afternoon tea)
試写会で見ました。 最初にライブがあって、きっとヤング層には人気なんだろうなー という感じのノリで やりにくそうだった・・・・。 その後、試写会だったのですが、 ナカナカ良かったですよー。 グラドルファンのネットでしか話したことがない5人が グラドルの1...
キサラギ (cococo)
如月=陰暦の二月、となれば、まさに2月のできごととして記憶されるには、もってこい
キサラギ☆ (つれづれ帳)
「キサラギ」という映画です。 観に行ってきました(^^)
キサラギ (シネ・ガラリーナ)
2007年/日本 監督/佐藤祐市 <梅田シネ・リーブルにて鑑賞> 「奴らの正体は何だ!?」 最初は少々仰々しい舞台劇風台詞回しが気になったんだけど、物語が動き始めると二転三転するストーリーにぐいぐい引き込まれた。ただ今満足感No.1の売り込みもナットクの面...
キサラギ (シネ・ガラリーナ)
2007年/日本 監督/佐藤祐市 <梅田シネ・リーブルにて鑑賞> 「奴らの正体は何だ!?」 最初は少々仰々しい舞台劇風台詞回しが気になったんだけど、物語が動き始めると二転三転するストーリーにぐいぐい引き込まれた。ただ今満足感No.1の売り込みもナットクの面...
キサラギ ★★★ (地図)
キサラギ オリジナル・サウンド・トラック 壮絶!後出しジャンケン祭
『キサラギ』 (分太郎の映画日記)
 小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅(ドランクドラゴン)、香川照之という、“旬”の(というより一癖も二癖もある)俳優5人による、ワンシチュエーションの密室劇。 シネ・リーブル池袋にて鑑賞。 『キサラギ』 評価:☆☆☆☆☆ いやいやサスペ...
キサラギ (映画通の部屋)
「キサラギ」 製作:2006年、日本 108分 監督:佐藤祐市 出演:小栗旬、ユ
キサラギ☆★☆★5人の男と売れないアイドル??? (銅版画制作の日々)
  2月4日、売れないアイドル・如月ミキの一周忌ーーー。 ファンサイトで知り合った、5人の男。この部屋で事件は起こる???? 6月29日、京都シネマにて鑑賞。とにかく超人気の映画らしく、連日満員だ立ち見もでるくらい・・・・。小栗旬、小出恵介という若手俳...
キサラギ (新・CINEMA正直れびゅ<ネタバレあり>)
「シムソンズ」で涙をしぼり取られた者としては、佐藤祐市監督の新作を見逃すわけにはいかない。モーニングショーで観てきた。
【キサラギ】 (+++ Candy Cinema +++)
監督    ≪ 佐藤祐市(シムソンズ) 原作/脚本 ≪ 古沢良太(ALWAYS 三丁目の夕日) 製作年度 ≪ 2007年 上映時間 ≪ 108分 製作国   ≪ 日本 配給    ≪ 東芝エンタテインメント CAST   ≪ 小栗旬 、ユースケ
「キサラギ」 (-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-)
D級アイドル・如月ミキの設定に泣けて笑える。舞台はたった一つの部屋だけ。出演者は基本的に5人の男だけ。古くは「12人の怒れる男」などで見られる密室もの。空間に限界がある故に成否のほとんどを脚本に負うことになるのですが、書き手は当然それを覚悟の上で話を練っ...
キサラギ (映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α)
『キサラギ』 監督:佐藤祐市 主題歌:『キサラギ』ライムライト ...
キサラギ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】売れないグラビアアイドルが自ら命を絶って1年、彼女のファンサイトの常連である5人の男が追悼会に集まる。家元(小栗旬)、オダ・ユージ(ユースケ・サンタマリア)、スネーク(小出恵介)、安男(塚地武雅)、いちご娘(香川照之)は、思い出...
『キサラギ』 (めでぃあみっくす)
な、なんじゃ~こりゃ!!なくらいに面白い、いや面白すぎる、そして巧すぎる脚本。2007年にこの映画を見逃してたことは改めて私の映画人生における最大の汚点であるということを再認識してしまうくらいに、凄く面白く巧い映画でした。あぁ~これを映画館で見れていたらなぁ...
『キサラギ』 (Sweet*Days**)
キサラギ スタンダード・エディション(2008/01/09)香川照之、ユースケ・サンタマリア 他商品詳細を見る監督:佐藤祐市 CAST:小栗旬、ユース...
キサラギ (Yuhiの読書日記+α)
アイドル如月ミキの死の謎を描いた作品。監督は佐藤祐市、脚本は古沢良太、キャストは小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅、香川照之ほか。 <あらすじ> 知る人ぞ知るアイドル如月ミキが亡くなって一年が経ち、一周忌追悼会に集まった5人の男たち・・...