【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「エリザベス:ゴールデン・エイジ」:大塚二丁目バス停付近の会話

2008-02-20 | ★都02系統(大塚駅~錦糸町駅)

ここが女子大の中でも最難関とされるお茶の水女子大よ。
あんな真正面に警備員がいちゃあ、男は入りづらい。最難関て言われるのもわかる気がするな。
いえ、そういう意味じゃないんだけど。
しかし、男を寄せつけない雰囲気はある。
あなたみたいな怪し気な男は寄せつけないかもね。
ここの卒業生は、一生男とは縁のない生活を送るんじゃないのか。
まさかあ、エリザベス一世とは違うんだから。
「私は英国と結婚した」と宣言して、一生独身を通した16世紀の女王か。よく我慢できたな。
「エリザベス:ゴールデン・エイジ」なんかを観てると、女王も大変ね、って思っちゃうわね。自由に恋もできないんだから。
周りが止めるんじゃなくて、自分で自分を制している。大変な精神力が必要だ。
演じるのがケイト・ブランシェットだからね。表面は男勝りの強気を装っていながら、自分の気持ちに悩む女王を威厳と格式を持って演じている。あの風格はたいしたものよね。
去年は「クイーン」なんていう、いまの英国女王を描いた映画があって、何があっても威厳を保ち続けなければならない女王って大変だなと思ったけど、そのつらさって、今も昔も変わらないんだな。
でも、衣裳といい建物といい、絢爛豪華。そこで繰り広げられるドラマもまた、まったく退屈させない。
この映画に感心するのは、ドラマチックに物語を進めながら、細部の描写も怠りないってところだ。
波乱万丈の物語って、ストーリーを追うのがせいいっぱいで、映画としての描写がおろそかになりがちなんだけど、この映画はどの場面も描写の力が強くて、目を凝らして観ていられたもんね。
監督はインド人のシェカール・カブール。
そう言われると、「ムトゥ 踊るマハラジャ」を思い出しちゃうわね。
ああ、あの、とにかく踊りまくるコテコテ映画か。全然質の違う映画だけど、観客をあきさせない強烈なエネルギーは案外共通している。
最後のスペインとの開戦はちょっと展開が速すぎるかな、っていう気もするけど、「パイレーツ・オブ・カリビアン」じゃないんだから、そういう期待はしちゃいけない。
日本でいえば元寇みたいなできごとなのかな。戦闘シーンは結構迫力があった。
それに、なんといっても、英国の海賊を演じるクライブ・オーエンの色気が最高。
女王が惚れるのも無理はないか。
心を燃やすものの、立場上、気持ちを伝えることはできない。そのもどかしさ、やるせなさ。
しかも、小娘ではなく、一国を代表する大女王が、ってところがいっそう切ないよな。
あら、あなたにもようやくわかってきたの、おとなの女性の悩みが。
悩み?
社会的な地位が高い女たち共通の悩みよ。恋はしたいけど、立場ってものがある。
お茶の水女子大を卒業したような才女たちの悩みか?
あ、わかってるんじゃない。
でも、お前は、お茶の水女子大も卒業してないし、社会的地位があるわけでもないぜ。
どっちかというと、“お水の大学”を卒業したような風貌をしてる。
自分で認めるな。
どうせ、私の悩みなんて、そんなものよ。
投げやりになってどうする。
そうだったわね。私は何があろうとエリザベス女王のように胸を張って生きるしかないのよ。きょうから私を“女王様”とお呼び。
そ、それだけはご勘弁を。


人気ブログランキングに参加しています。⇒人気Blog Ranking(映画全般)


ふたりが乗ったのは、都バス<都02系統>
大塚駅前⇒新大塚⇒大塚四丁目⇒大塚三丁目⇒大塚二丁目⇒大塚車庫前⇒茗荷谷駅前⇒小日向四丁目⇒小石川四丁目⇒春日二丁目⇒伝通院前⇒富坂上⇒春日駅前⇒真砂坂上⇒本郷三丁目駅前⇒湯島四丁目⇒湯島三丁目⇒上野広小路⇒御徒町駅前⇒東上野一丁目⇒新御徒町駅前⇒元浅草三丁目⇒三筋二丁目⇒寿三丁目⇒蔵前駅前⇒本所一丁目⇒石原一丁目⇒石原二丁目⇒石原三丁目⇒石原四丁目⇒太平一丁目⇒太平二丁目⇒太平三丁目⇒錦糸公園前⇒錦糸町駅前




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「人のセックスを笑うな」:... | トップ | 「奈緒子」:大塚車庫前バス... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (kira)
2008-02-22 15:16:51
昔、女王様だったので、エリザベスに感情移入してしまいました~
↑ウソです(笑)
聡明さも可愛さも寂しさも、
ただ佇んでいるだけでも表現できる、ケイトは凄いです!!
ホレました~
Unknown (moriyuh)
2008-02-22 23:58:11
ジョーさま

こんばんは。
TBありがとうございました。
お返し遅くなりすみません。

>何があっても威厳を保ち続けなければならない女王って大変だなと思ったけど、そのつらさって、今も昔も変わらないんだな。

そうなんですよね。それはクイーンを観たときにも思いました。でも国民から愛される女王というのは、まずは国民を大事に思っているということで、ちょっと日本とは違うなぁ…ってね。


面白い! (rose_chocolat)
2008-02-23 04:56:38
お茶大に例えちゃう所が・・・ ^^;
うんうんうなずいちゃいました(笑
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2008-02-23 09:11:51
■kiraさんへ
昔は女王様でなかったとしても、この映画に魅せられてこれから女王様になってしまう可能性はあるかもしれませんね。そのときは、よろしく。(何をよろしくだ?)

■moriyuhさんへ
そうですね、国民のことを第一に考えている姿勢には感服します。あれくらい威厳のある指導者というのは日本には見当たらないかもしれませんね。

■rose_chocolatさんへ
もしかして、お茶大出身ですか。女の園という意味では、エリザベスのいる環境と似ているかも。あの頃はどういう教育を受けていたんでしょうね。
違うよ~ (rose_chocolat)
2008-02-24 09:05:43
お茶大出身ではないですよー。

今も昔もいろんな意味で「堅い学校」ですね^^;
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2008-02-24 09:42:22
■rose_chocolatさんへ
え、違うんですか。ブログの感じから相当教養のある方とお見受けしてんですが。でも、映画に学歴は関係ないですからね。おっと、これはまた失言。
TBありがとうございました。 (マダムよう)
2008-02-24 11:13:26
お茶の水ではありませんが、女子大出身者です。笑!

うまい会話ですね。
ケイトの演技にはほんと、感心しました。
いよいよ、明日、アカデミー賞の発表ですね。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2008-02-24 11:54:17
■マダムようさんへ
おっと、言わずもがなですが、映画を楽しむのに学歴、年齢、性別、性格、資産、容姿はまったく関係ありません。
ケイトはアカデミー賞級の演技でしたが、2年連続で”クイーン”が賞を取るっていうのもなかなかハードルが高そうな気がします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

50 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
エリザベス:ゴールデン・エイジ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
強い信念で近世イギリスを黄金時代へと導く、エリザベス一世が辿った険しい道のり。恋や人情による葛藤、無敵艦隊との対決を描く。 1587年、イングランド。エリザベス1世としてイングランド女王の座を手にしてからも、彼女の奮闘は続いていた。というのも、宮中では依...
エリザベス/ゴールデン・エイジ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
前作の『エリザベス』(1988年)は当時鑑賞している。10年経って制作された本作の予告編を観るだけで、ケイト・ブランシェットの迫力に圧倒され涙が滲むほどだったので・・・公開を楽しみにしていた―【story】1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)は、プロテ...
エリザベス:ゴールデン・エイジ (虎猫の気まぐれシネマ日記)
『エリザベス』のシェカール・カプール監督が、今回は女王の“黄金時代”を描いた歴史大作。主演はもちろん前作に続いて、エリザベス一世を演じるために生まれてきたかのようなケイト・ブランシェット。その他にジェフリー・ラッシュやアビー・コーニッシュ、クライヴ・オ...
映画 【エリザベス ゴールデン・エイジ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「エリザベス ゴールデン・エイジ」 1998年の映画『エリザベス』の続編。 おはなし:1585年、イングランド女王エリザベス(ケイト・ブランシェット)は、いまだ気の休められぬ日々を送っていた。国内にはカトリックの強大な勢力があり、国外にはスペインをは...
エリザベス:ゴールデン・エイジ 47点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
もうひとりは美ぼうの23歳 メアリー・スチュアート! 公式サイト 大英帝国の権勢を築いた女王・エリザベス1世の若き日を描いた、1998年の英映画『エリザベス』から約9年ぶりに、スタッフ・キャストをほぼそのまま引き継いだ続編として、前作から30年後の1580年代後半...
*エリザベス:ゴールデン・エイジ* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 25歳でイングランド女王に即位したエリザベス。父王ヘンリー8世の遺志を継ぎプロテスタントの女王として即位したが、国内にはカトリック信者が大勢おり、不安と憎悪が渦巻いていた。その頃、ヨーロッパ列強はイングランドを占領すべく狙...
感想/エリザベス:ゴールデン・エイジ(試写) (EDITOREAL)
なぜだろう、物足りないのは。『エリザベス:ゴールデン・エイジ』2月16日公開。1558年の即位から30年近くの年月が流れたエリザベス1世。彼女の前に現れた航海士のローリーは、「ヴァージン・クイーン」の誓いを立てたエリザベスの女としての一面を刺激。他方では彼女の命...
エリザベス:ゴールデン・エイジ (利用価値のない日々の雑学)
英国史の中で、彼女ほど、絵にも物語にもなる人物というのはそんなに沢山いないであろう。わが国でいえば、信長、秀吉、家康といったところであろうか。不思議と年代的にも似通っているから不思議である。最近思うに、やはり世界的に色々なことが起こる潮流というのはどこ...
劇場鑑賞「エリザベス:ゴールデン・エイジ」 (日々“是”精進!)
「エリザベス:ゴールデン・エイジ」を鑑賞してきました主演のケイト・ブランシェットを一躍スターに押し上げた1998年の歴史ドラマ「エリザベス」。そのラストで戴冠式に臨んだエリザベスが、その後に迎える黄金時代の幕開けを描いた続編。本作では、イングランドが当...
ケイトの黄金時代~『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 (真紅のthinkingdays)
 ELIZABETH:THE GOLDEN AGE  16世紀後半のイングランド。プロテスタントの「ヴァージン・クィーン」として国 を統治するエリザベス(ケイト・...
エリザベス:ゴールデンエイジ (Akira's VOICE)
二人のベスのファションショー。
エリザベスゴールデン・エイジ(映画館) (ひるめし。)
敵は、外にも中にも――― そして私の心にも。
エリザベス:ゴールデン・エイジ (C note)
前作『エリザベス』は観たような気がしてたけど、どうやら未見だったみたい[E:sw
エリザベス:ゴールデン・エイジ (そーれりぽーと)
ケイト・ブランシェットのはまり役は、どうもエリザベス1世らしい。 アカデミー主演女優賞、ゴールングローブ賞主演女優賞にノミネートの『エリザベス』から10年経ち、今回、続編の『エリザベス:ゴールデン・エイジ』で、また両方にノミネートの快挙! 実は主演女優賞...
エリザベス ゴールデン・エイジ (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2007年/イギリス 監督:シェカール・カプール 出演:ケイト・ブランシェット(エジザベス1世)    ジェフリー・ラッシュ(フランシス・ウォルシンガム)    クライヴ・オーウェン(ウォルター・ローリー)    リス・エヴ...
映画 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆『エリザベス』のシェカール・カプール監督が、再びケイト・ブランシェットを主演に迎え、エリザベス女王の“黄金時代”に焦点当てた歴史大作。当時ヨーロッパの最強国だったスペインとの宗教対立を軸に、君主として生きる女性の苦悩を画面に焼き付ける...
結婚衣裳 (結婚衣裳)
結婚衣裳
映画「エリザベス:ゴールデン・エイジ」(2007、英) (富久亭日乗)
      ★★★☆☆  16世紀末ヨーロッパでイングランドを率い黄金時代を築いた Queen Elizabeth Iの歴史絵巻。 9年前の「Elizabeth」(1998年)に続き Cate BlanchettがElizabethを好演した。 原題は「Elizabeth: The Golden Age 」。  カトリック教徒も多いイン...
エリザベス:ゴールデン・エイジ (to Heart)
敵は、外にも中にも──そして私の心にも。 原題 ELIZABETH: THE GOLDEN AGE 上映時間 114分 製作国 イギリス/フランス 監督 シェカール・カプール 脚本 ウィリアム・ニコルソン/マイケル・ハースト 音楽 クレイグ・アームストロング/アル・ラーマン 出演 ケイト・...
「エリザベス:ゴールデン・エイジ」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「エリザベス:ゴールデン・エイジ」公式サイトエリザベス「黄金時代」の映画なので政治的な話に 重きが置かれてるのかと思ってましたが・・女王の「女」の部分に 焦点あててます。<以下少々ネタバレです>女王であるがゆえに自由にならないこ....
エリザベス ゴールデン・エイジ (花ごよみ)
監督はシェカール・カプール。  主演はケイト・ブランシェット。 98年の映画『エリザベス』の続編。 前作同様の監督・主演女優ということです。 ジェフリー・ラッシュ、 クライブ・オーウェン等が出演。 プロテスタント、カトリック、 宗教の対立が女王の周りを騒が...
エリザベス:ゴールデン・エイジ を観ました。 (My Favorite Things)
今日公開作品は観たいものがイロイロあり、悩んだ結果…
【試写会】 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 (2007) / イ... (NiceOne!!)
原題:ELIZABETH:THEGOLDENAGE監督:シェカール・カプール出演:ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、クライヴ・オーウェン、アビー・コーニッシュ、サマンサ・モートン公式サイトはこちら。<Story>25歳でイングランド女王に即位したエリザベス(ケイト...
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』:英国大河ドラマのハイライト篇:Myムービー掲載 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
ケイト・ブランシェットの出世作『エリザベス』の続編。さすがに彼女の当たり役なので熱演熱演大熱演です。
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 (Sweet*Days**)
監督:シェカール・カプール CAST:ケイト・ブランシェット、クライヴ・オーウェン、ジェフリー・ラッシュ 他 1585年、エリザベス1世...
エリザベス ゴールデン・エイジ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『敵は、外にも中にも── そして私の心にも。』  コチラの「エリザベス ゴールデン・エイジ」は、2/16公開となった16世紀の英国を治めたヴァージン・クィーンことエリザベス女王1世の人生を描く歴史映画の10年ぶりの続編なんですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪...
エリザベス ゴールデン・エイジ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『敵は、外にも中にも── そして私の心にも。』  コチラの「エリザベス ゴールデン・エイジ」は、2/16公開となった16世紀の英国を治めたヴァージン・クィーンことエリザベス女王1世の人生を描く歴史映画の10年ぶりの続編なんですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪...
エリザベス:ゴールデン・エイジ (I am invincible !)
エリザベス女王1世(ケイト・ブランシェット)が納めるイングランドは、脅威に曝されていた。 “ヴァージン・クィーン”と呼ばれている彼女は独身で世継ぎがいない上に、“妾腹”だと言う事で、王位継承権は別にあると主張するものがある。 また、エリザベスはプロテスタ...
エリザベス ゴールデンエイジ (マダムようの映画日記)
ーエリザベス:ゴールデン・エイジーELIZABETH: THE GOLDEN AGE 2007年 イギリス/フランス シェカール・カプール監督 ケイト・ブランシェット(エリザベス女王1世)ジェフリー・ラッシュ(フランシス・ウォルシンガム)クライヴ・オーウェン(ウォルター・ローリー)リ...
夏が来る。『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 (水曜日のシネマ日記)
エリザベス1世の黄金時代を描いた作品です。
エリザベス-ゴールデンエイジ (AL+ViのわんわんLIFE)
かなり久しぶりに映画を観てきた。 ここ最近「観たい」と思う映画があまりなかったのだ。 エリザベス:ゴールデンエイジ すごく観たいと思ったわけではない(笑)平日無料鑑賞券が今月いっぱいで期限切れなのだ。 ということで急いで仕事から帰り急いで散歩に行き...
「エリザベス ゴールデン・エイジ」みた。 (たいむのひとりごと)
前作『エリザベス』は未見。そのままスルーするつもりで公開記念ナビ番組を見たら、本編が見たくなってしまい鑑賞(実際、相関関係など、ネタバレというよりは”予備知識”として役立ったナビ番組だった)。やはり、
エリザベス ゴールデンエイジ (eclipse的な独り言)
 映画好きの方も、当ブログの「80年代ロック・アルバム・ベスト・セレクション」に
エリザベス:ゴールデン・エイジ (映画通の部屋)
「エリザベス:ゴールデン・エイジ」ELIZABETH : THE GOLDEN
★「エリザベス:ゴールデン・エイジ」 (ひらりん的映画ブログ)
やったー?!?!。二度目のプライベート・シアター鑑賞だよーーーっ。 (一度目は「プロヴァンスの贈りもの」)。 PM11:30~のレイトショウで、お客がひらりんだけっ。 しかも、TOHOシネマズご自慢のヘルニアスクリーン・・・いや、プレミアスクリーン。 もちろん...
エリザベス ゴールデン・エイジ (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年2月16日 公開 そうです私、カツラですけど・・・・・・何か? やっぱりね! 最初から"おもちゃ屋"よりも"女王"を観るべきでした(ノ~^*) 圧倒的なケイト・ブランシェットの美しさと凛々しさに...
恋と王冠の人生―「エリザベス:ゴールデン・エイジ」Part2 (豆酢館)
歴史劇、時代劇、西部劇。私は子供の頃からこれらのジャンルが大好きでした。ひとつには父親の影響もあったのですが、古き良き時代への郷愁と、今では失われてしまったダイナミックなドラマへの渇望が根底にあるのは明白です。今もなお莫大な予算をもって史劇映画が製作さ...
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「エリザベス:ゴールデン・エイジ」□監督 シェカール・カプール □キャスト ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、クライヴ・オーウェン、 アビー・コーニッシュ、サマンサ・モートン ■鑑賞日 2月17日(日)■劇場 10...
エリザベス ゴールデン・エイジ (Kinetic Vision)
スペインの来襲を前に重圧でつぶれそうになっている弱々しい表情からイギリス軍を前に鎧姿で演説する凛々しい表情まで、少女のように震えな...
エリザベス ゴールデン・エイジ (ダイターンクラッシュ!!)
3月2日(日) 15:40~ 日比谷スカラ座 料金:1250円(チケットフナキにて前売りを購入) パンフレット:後日購入予定 『エリザベス ゴールデン・エイジ』公式サイト 前作でウォルシンガムに暗殺されたメアリーが生きている!!城に幽閉されて。 しかし、史実として...
2008-10『エリザベス:ゴールデンエイジ』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-10『エリザベス:ゴールデンエイジ』(更新:2008/03/04) 女王エリザベスの葛藤を、スリリングに描く 評価:★★☆☆☆ 原題は「ELIZABETH: THE GOLDEN AGE」です。 いやあ、2本続けて鑑賞し...
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
もう1本観たのが、ケイト・ブランシェット主演の『エリザベス:ゴールデン・エイジ』。もう、この映画の世界観を存分に楽しんできました。イングランドをその威厳で統治を続けるエリザベス1世だが、無敵艦隊を擁するスペインや王位継承権を主張するスコットランド女王のメ...
エリザベス  ゴールデン・エイジ [監督:シェカール・カプール] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
ケイブラ陛下の目くるめくファションショーと、暗殺・戦争・失恋とイヤなこと続きでムキー!!っとお怒りになられる貴重なお姿を拝見できる、ケイブラ陛下の忠実な僕たる我らにとって観賞が義務となる映画でございます。ケイブラ陛下への揺らぐことなき私の愛を、この映評記...
真・映画日記『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 (          )
JUGEMテーマ:映画 3月7日(金)◆737日目◆ 終業手前で雨が降った。 すぐにやんだけど、もうちょいと遅くに降ってくれれば…ねぇ。 終業後、日比谷「スカラ座」へ。 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』を見る。 『エリザベス』の続編でスタッフと主要...
エリザベス☆ゴールデン・エイジ (銅版画制作の日々)
英国と添い遂げた女性、エリザベス?世   3月3日、MOVX京都にて鑑賞。前作の「エリザベス」は1998年に公開され、ケイト・ブランシェットはこの作品で一躍注目を浴び、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、他にも数々の賞にいたそうです。前作から10...
エリザベス:ゴールデン・エイジ (ロッタの映画日和)
敵は外にも中にも そして私の心にも。 『エリザベス』を観て、ケイト・ブランシェットのずば抜けた演技力に魅せられたのは、ずいぶん昔の...
エリザベス:ゴールデン・エイジ(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
この映画を観に行こうと思ったのは前作の『エリザベス』が良かったのとアルマダの海戦があると聞いたから。 なのに『エル・ドラコ』ことドレイク船長が活躍するアルマダの海戦が・・・(涙)
Elizabeth: The Golden Age 「エリザベス:ゴールデン・エイジ」 (表参道 high&low)
宣伝用のスチール写真が華やかでビジュアルにかなり創意工夫が感じられる英国産時代劇の続編がElizabeth:The Golden Age(エリザベス:ゴールデン・エイジ)。コスチュームが輝き、大掛かりなセットに感心し、効果的な音楽に気持ちも動きますが、人間的な部分が感じられな...
『エリザベス ゴールデン・エイジ』'07・英・仏 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)はプロテスタントの女王としてイギリスを統治していた。だが、欧州全土をカトリックの国にしようと目論むスペイン国王フェリペ2世(ジョルディ・モリャ)は彼女の失脚を画策する。そんな女王の前に新世界か...
エリザベス:ゴールデン・エイジ (モノクロのアニメ)
この記事は、姉妹ブログ『写真と映画のブログ』『映画と写真のブログ』から転載されたものです。 エリザベス:ゴールデン・エイジ 1585年のヨーロッパは、二つの宗教が対立する時代だった。 カトリックを国教とするスペインと、プロテスタントを国教とする英...