【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「パンズ・ラビリンス」:表参道バス停付近の会話

2007-10-10 | ★池86系統(東池袋四丁目~渋谷駅)
表参道とか原宿とかって、個性的なお店がいっぱいあるんだけど、どこに何があるのかよくわからないのよね。
まったく、迷宮みたいな町だもんな、このあたりは。東京人でも、なんか、おのぼりさんになった気分になるぜ。
迷宮、すなわちラビリンスよね。
「パンズ・ラビリンス」なんていう映画もあったな。てっきり表参道みたいな迷宮の町でパン屋さんを探し求める話かと思ったぜ。
まあ、このあたりじゃパン屋さんを探すのも一苦労だけど、そんなバカな連想するの、あなたくらいだと思うわよ。
じゃあ、「パン」て、何だよ。
「パン」ていうのは「牧神」のこと。「パンズ・ラビリンス」に出てくる気持ちの悪い怪物は牧神だっていう設定なのよ。
そんなこと言われたって、この映画を観に来るチビッ子たちには、難しすぎてわからないじゃないか。
あ、なんか、誤解してる?この映画のターゲットは、「ハリー・ポッター」や「ロード・オブ・ザ・リング」を観に来るような子どもたちじゃないのよ。
え、そうなのか?かわいい女の子が主人公のファンタジー映画だったぜ。
正確には、ファンタジーの皮をかむった社会派映画ってところね。
そりゃ、ファンタジーって言っても、「昔々あるところに・・・」ていうんじゃなくて、内戦が終わり、独裁政治が始まったばかりのスペインと、場所も時代も具体的に特定されているけどな。
独裁政権側の人間とレジスタンスとの血で血を洗う戦いの真っ只中に放りこまれた一人の女の子が、暗い現実から逃避するために夢見た空想の世界という解釈もできるような物語よね。
空想というわりには、現実の世界で繰り広げられる陰惨なできごとと、女の子が夢見る「千と千尋の神隠し」みたいな幻想的な物語が、違和感なく融合している。
ああ、でっかいガマガエルとか、クチナシみたいな白い化け物とか、クリーチャーたちは宮崎駿のアニメにでも出てくるようなキャラクターだったわね。
でも、宮崎駿のアニメは、あんな絶望的な終わり方はしない。
たしかに暗いけど、どこか救いのある、不思議なエンディングだったわよ。
ハッピー・エンディングみたいなアンハッピー・エンディング・・・。
現実世界があまりにも醜いから、ああいう終わり方が不思議と感動的に見えてしまうのかもしれないわね。
ゲリラと独裁政権側の戦いなんて、「麦の穂をゆらす風」をほうふつとさせるような陰惨極まりない話だもんな。しかも、たぶん、こんなことが実際にあったんだろうと思わせるような、なんともリアルな悲劇。
麦の穂をゆらす風」はアイルランド紛争だから、場所は違うんだけど、この悲劇はたしかにあの映画を思い出させる。
二本立てで見たら、もっと感動するかもしれないな。
そういう映画なのよ、「パンズ・ラビリンス」って。他のファンタジー映画と一緒に観るような映画じゃなくて、社会派のレジスタンス映画と一緒に観るような傑作。
こういう形で、ファンタジーが現実を切り裂く映画ってあまり記憶にないな。
着想に感心するし、それを可視化する技術もみごと。アカデミー賞でもあげたいくらいだわ。
撮影賞も美術賞もメイクアップ賞も取ってるぜ。
あ、そう。とにかく、おとなの心をえぐるファンタジーよ。
でも、映画館には、チラホラとチビッ子たちも来てたぜ。
あの、金色に輝く美しいポスターを観て、「不思議の国のアリス」みたいなおとぎ話と勘違いして入ってきちゃったのかしら。
ポスターだけじゃない。それまでが醜悪な話の連続だけに、あの黄金のシーンはこの世のものとも思われない美しさだった。
この世じゃない設定だけど。
あ、そう。
それにしても、あのチビッ子たち、ちっちゃいときに、現実は幻想より恐ろしいなんていう世の中の深遠をのぞきこむような映画を観ちゃって、将来どういう形でこの映画を思い出すのかしら。
興味があるな。頭の中をのぞいてみるか。
それこそ、迷宮よ。


ブログランキング参加中。クリックをぜひひとつ。

表参道バス停



ふたりが乗ったのは、都バス<池86系統>
東池袋四丁目⇒東池袋一丁目⇒池袋駅東口⇒南池袋三丁目⇒東京音楽大学前⇒千登世橋⇒学習院下⇒高田馬場二丁目⇒学習院女子大前⇒都立障害者センター前⇒新宿コズミックセンター前⇒大久保通り⇒東新宿駅前⇒日清食品前⇒新宿伊勢丹前⇒新宿四丁目⇒千駄ヶ谷五丁目⇒北参道⇒千駄ヶ谷小学校前⇒神宮前一丁目⇒表参道⇒神宮前六丁目⇒宮下公園⇒渋谷駅西口⇒渋谷駅東口










『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (20)   トラックバック (58)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「サウスバウンド」:神宮前... | トップ | 「象の背中」:神宮前六丁目... »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (いとっち)
2007-10-10 22:01:15
「ダークファンタジー」
想像以上にダークで、かなりキツイ場面もありましたね。
PG-12ってコトになってますけど、
チビッ子には衝撃的過ぎる気がします。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-10-10 22:42:30
■いとっちさんへ
PG-12、たしかに親子で観に来ていました。映画館を後にした親子の会話を聞いてみたかったような、聞きたくなかったような・・・。
こんばんは! (アイマック)
2007-10-11 23:19:56
これちびっこ、観にきてましたか!
白い化け物が夢にでてこないか心配ですよ^^;

>ファンタジーが現実を切り裂く映画ってあまり記憶にないな。

私もこういったファンタジーははじめて観たと思う。
斬新な発想だし、映像も見事で満足しました。
悲しいエンディングに泣けましたね・・

Unknown (ぺろんぱ)
2007-10-12 22:04:12
 こんばんは。

映画が終わったあと、余韻で暫く席を立てなかったのは久し振りの事でした。
「痛み」のシーンに目を覆いながらも最後まで観る事ができて本当に良かったです。

ラストは、あれがオフェリアなりの闘いの結果として「救い」があったと思いたいです・・・。

<PG-12>は私も疑問、と言いますか、凄く不安に思いました、どうなんでしょうね。
Unknown (Cartouche)
2007-10-12 23:30:25
確かに内戦及び内戦後という共通点からか
『麦の穂をゆらす風』との共通点もありましたね。
同じ民族間での殺し合いは一番醜いです。
これも一種の反戦映画。そんな戦争がなくなってくれますよう・・
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-10-12 23:42:13
■アイマックさんへ
白い化け物、おとなでも夢に出てきそうです。
それ以上に、あの少女の過酷な運命は
忘れられませんね。

■ぺろんぱさんへ
ああいう形のラストになるとは予想できなかったので、正直、うなりました。

■Cartoucheさんへ
同じ民族での争い、その醜さがあまりにも真に迫っているので、ファンタジーなのを忘れてしまいそうでした。
ジョーさんこんばんは (くまんちゅう)
2007-10-13 02:34:39
子供向けじゃないですね、でも自分は子供の頃水木しげる原作の妖怪ドラマ(今思うとかなりダークだった気がします)を見て育ったので、嵌っちゃう子供も居るかもしれませんよ、あ、こんな大人に成っちゃったら大変だ!
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-10-13 18:45:23
■くまんちゅうさんへ
子供向けと言いながら、けっこう残酷なマンガとかありましたね。
でも、そういう意味以上にここで描かれた現実の残酷さをどう感じとったのか、ちょっと興味がありますね。
そうですね! (miyu)
2007-10-14 22:22:16
バッド・エンドのようでもあり、
ハッピー・エンドのようでもあるから、
本当不思議な余韻のある映画でしたねぇ~。
こんばんは♪ (くろねこ)
2007-10-14 23:24:13
ハッピーエンドなのか・悲劇なのか・
このラストは深いですよね・・。
「ファンタジーが現実を切り裂く・・」 
私もこんな作品には出会ったことがありませんよぉ。
爆泣きしながら・・感激しました
「あの親父は口切られたくらいじゃ生ぬるい!」
って。復讐作品じゃなかったですね。(反省)
こども (kimion20002000)
2007-10-16 01:46:25
TBありがとう。
父兄同伴でもなんでもいいから、子どもたちはこういう映画を見た方がいいんじゃないかなあ。夜、うなされたら、抱きしめてあげればいい。
現実はきびしい (やく)
2007-10-16 18:48:56
正直だまされた気はしてます。
秋だしファンタジーにどっぷり浸りたかったのですが、このきびしい現実を見せつられて落ち込みそうになりました。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-10-16 22:17:01
■miyuさんへ
何がハッピーで何がアンハッピーなのか、考えさせられるラストでしたね。そして、あのまばゆいほどの情景が目にこびりつきました。

■kimion20002000さんへ
なるほど、そういう見方もあるのですね。抱きしめてあげればいいなんて、目からウロコの考え方です。

■やくさんへ
そうですね、観る前と印象がまったく違いますからね。それだけに衝撃も大きかったです。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-10-16 22:20:04
■くろねこさんへ
口を切るだけでなく、あそこでとどめをさすべきだったんですよね。しかし、縫合シーンまで見せることはなかったような気もします。
こんばんは! (kenko)
2007-10-18 20:57:53
ジョーさん、コメントありがとうございました。

子供向けじゃないかもしれないけど、自分がもし子供だったらたぶんめっちゃハマると思います。
で、ちょっと大人になってからいっちょ前に「生涯ベスト3」とかに挙げそう(笑)
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-10-20 22:55:48
■kenkoさんへ
そうですね、感受性の強い時期に観ると生涯のベスト1になってしまうかもしれませんね。
生涯の怖い映画ベスト1になってしまう可能性もありますが。
こんばんは! (りどる)
2007-12-13 00:07:57
TBのお返しだけではなく、コメントまで頂きありがとうございます♪
>ファンタジーの皮をかむった社会派映画
>ファンタジーが現実を切り裂く映画
思わず、うん!うん!と頷いてしまいました。
あのラストは、未だに後引き摺ってます~。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-12-15 11:20:59
■りどるさんへ
やはりラストが印象的でしたね。あたりまえですが、
いい映画はやっぱり終わり方がすばらしいと
思いました。
昨年はお世話になりました (Any)
2008-01-05 01:37:41
ジョーさん、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくです♪

>ハッピー・エンディングみたいなアンハッピー・エンディング・・・
観る者によって、受け止め方が変わる作品でしょうか。
私は年末に観ましたが、今も引き摺ってます。
あまりに悲しくて、なのに煌めくほどの美しさも...
ちびっことお母さんの感想を訊いてみたいですね~
私は、クリーチャーより義父の存在が恐怖でした。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2008-01-05 08:44:19
■Anyさんへ
そうですね、いちばん恐ろしかったのは人間の義父でしたね。口裂け男、こわっ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

58 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『パンズ・ラビリンス』 (映画館で観ましょ♪)
第79回アカデミー賞で撮影・美術・メイクアップの3部門を受賞。 そこで見た短い映像にかなり惹きつけられた。 そんなワケですごく観たいと思っていた作品。 さてさて「ダークフ...
「パンズ・ラビリンス」 (みんなシネマいいのに!)
 1944年のスペイン、再婚した母に連れられて、レジスタンス掃討の指揮を取る冷
「パンズ・ラビリンス」人生はおとぎ話じゃないけれど (再出発日記)
「人生はおとぎ話じゃないのよ。現実は残酷なものなの。」内戦終結後もフランコ軍への抵抗運動が続く1944年スペインの山岳地帯。少女オフェリアは、臨月の母と共に再婚相手のフランコ軍大尉の駐屯地にやってくる。大尉は非情で残酷、罪無き者を平気で殺し、母を子供を...
映画レビュー「パンズ・ラビリンス」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
◆プチレビュー◆現実と妄想が美しくも残酷に交錯する。どぎつくて甘美なビジュアルで描くダーク・ファンタジーの傑作。【85点】1944年のスペイン。内戦で父を亡くしたオフェリアは、冷酷な義父のビダル大尉から逃れるため、屋敷の近くの謎の迷宮に足を踏み入れる。そこ...
『パンズ・ラビリンス』本来童話とは現実の残酷さを教えるもの (よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
いろんな世代、体験次第で見方が変わる傑作。誰かにとっては道を左右するほどの傑作、誰かにとってはお金のムダになるすごい作品。
パンズ・ラビリンス (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
本年度ベスト1映画に決定か!
パンズ・ラビリンス /EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH (我想一個人映画美的女人blog)
                                       {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/} ずっと気になってた作品だったので、初日に観てきま...
パンズ・ラビリンス (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 メキシコ&スペイン&アメリカ  ファンタジー&ドラマ&ホラー  監督:ギレルモ・デル・トロ  出演:イバナ・バケロ      セルジ・ロペス      マリベル・ベルドゥ      ダグ・ジョーンズ 【物語】 1944年のスペイン。内戦終結後もフランコ政...
「パンズ・ラビリンス」(メキシコ/スペイン/アメリカ 2006年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
少女は理想郷の存在を信じた。 目を背けたくなる現実からここではない何処かへ「パンズ・ラビリンス」。
映画「パンズ・ラビリンス」(2006、墨・西・米) (富久亭日乗)
 ★★★★☆  スペインの内戦下、 14歳の少女が、妖精に導かれ3つの試練に挑戦する物語。 ただし予定調和的な子供向けファンタジーではない (拷問のシーンなど残酷な場面があり、「PG-12」指定だ)。  原題はEl laberinto del fauno、英題はPan's Labyrinth。 「...
『パンズ・ラビリンス』:スペイン内戦の流血の記憶を辿る迷宮譚:Myムービーに掲載 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
『パンズ・ラビリンス』のレビューを「スペイン内戦の流血の記憶を辿る迷宮譚」と題して、Myムービーに掲載しました。
パンズ・ラビリンス (小部屋日記)
Laberinto del fauno, El/Pan's Labyrinth(2006/スペイン=メキシコ)【劇場公開】 監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:イバナ・バケロ/セルジ・ロペス/マリベル・ベルドゥ/ダグ・ジョーンズ /アリアドナ・ヒル/アレックス・アングロ だから少女は幻想の国で、永...
パンズ・ラビリンス(映画館) (ひるめし。)
この無垢な魂が、世界を変える。
『パンズ・ラビリンス』2007年ベスト映画予約 (エミー・ファン!ブログ)
『パンズ・ラビリンス/El Laberinto del fauno/Pan's Labyrinth』 公式 http://www.panslabyrinth.jp/ いつもは「エミー・ファン!フォト」「エミー・ファン!フォト」で扱うのが、「試写会ブログ」で ...
*バンズ・ラビリンス* (Cartouche)
{{{   ***STORY***          2006年  スペイン・メキシコ 1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したフランス軍のビダル大尉の駐屯地だった。体調の思...
「パンズ・ラビリンス」 現実から逃避しないために (明日へのヒント by シキシマ博士)
かなりグロテスクなシーンもあるので、全ての人に認められはしないでしょうね。 カテゴリーで分けるとしたら、ファンタジーに振り分けられてしまうのでしょうけれど、実際に描かれているのは生々しい現実世界そのものです。 ファンタジーを取り入れたのは、現実世界をよ...
『パンズ・ラビリンス』 (映像と音は言葉にできないけれど)
映画の中でビダル大尉は周囲からカピタン(Capitan)と呼ばれていましたね。彼の威厳を示すかのように何度も何度も...。これで思い出したのが行進曲「エル・カピタン」。
映画~パンズ・ラビリンス (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆本年度アカデミー賞3部門受賞作品1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。1944年、フランコ独裁政権下のスペイン。冷酷で残忍な義父から逃れたいと願う少女オフェリア(イバナ...
パンズ・ラビリンス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『だから少女は幻想の国で、 永遠の幸せを探した。』  コチラの「パンズ・ラビリンス」は、フランコ独裁政権下のスペインが舞台のPG-12指定のダーク・ファンタジーで、10/6公開となっていたのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  既にご覧になられた方の間では、...
パンズ・ラビリンス (cinema mix box)
大人のためのダーク・ファンタジー。 ■あらすじ■ 1944年、内戦終決後のスペ
『パンズ・ラビリンス』 (Sweet* Days**)
監督:ギレルモ・デル・トロ CAST:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス 他 アカデミー賞美術賞、メイクアップ賞、撮影賞 他受賞 1944年、内戦終結後も荒れるスペイン。父...
パンズ・ラビリンス (I am invincible !)
臨月で体調を崩している母カルメン(アリアドナ・ヒル)と共に、母の再婚相手ビダル大尉(セルジ・ロペス)のいる山の駐屯地にオフェリア(イバナ・バケロ)はやって来た。 どうしても好きになれない冷酷非道なビダル大尉、次第に体調が悪くなりベッドから離れられない母...
「パンズ・ラビリンス」 (或る日の出来事)
これから観ようと思っている方へ忠告。 少女が主役の可愛いファンタジーと思ってはいけません。圧倒的に残酷な戦争の現実を直視した、重い作品。 今年のアカデミー賞で、撮影・美術・メイクアップの各賞を受賞したことで、
パンズ・ラビリンス (★Shaberiba ★)
ありのままの現実は,生きるにはつらすぎた。 だから少女は幻想の国で永遠の幸せを探した・・
パンズ・ラビリンス (Akira's VOICE)
哀しみと希望が交差するダークファンタジー。
パンズ・ラビリンス (めでぃあみっくす)
アカデミー外国語映画賞を逃したとはいえ、やはり前評判が高いだけあって見終わってから時間が経つにつれ心に来るものが徐々に増えていく不思議な魅力を持ったダーク・ファンタジーでした。恐らく映画ファン以外の方にはあまり理解されないタイプの作品かも知れませんが、...
mini review 07076「パンズ・ラビリンス」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
解説: 1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。『デビルズ・バックボーン』のギレルモ・デル・トロ監督がメガホンをとり、ファシズムという厳しい現実から逃れるため、架空の世界に入り込む少女...
パンズ・ラビリンス(映画)迷宮は人の世 (漢方薬剤師の日々&映画)
「パン(牧羊神)の迷宮」って題名ですが、 観終わってから、よーく考えると、 パンが住んでるおとぎの国より、現実のほうがつらくて悲しくて残酷で、出口のない迷宮だってことですね。 おとぎ話を借りてこの大いなる皮肉は、スペイン映画らしいかも。 スペインの内戦が...
パンズ・ラビリンス (C note)
ずーっと前からむちゃくちゃ楽しみにしていたギレルモ・デル・トロ監督最新作『パン
王女の帰還~『パンズ・ラビリンス』 (真紅のthinkingdays)
 EL LABERINTO DEL FAUNO  PAN'S LABYRINTH  1944年、スペイン。内戦で父を亡くした少女オフェリア(イバナ・バケロ)は、 臨月の母の再婚相手であるヴィダル大尉(セルジ・ロペス)の駐屯する、山深い村へ
パンズ・ラビリンス (映画鑑賞★日記・・・)
【PAN'S LABYRINTH】PG-122007/10/06公開(10/16鑑賞)製作国:メキシコ/スペイン/アメリカ監督・製作・脚本:ギレルモ・デル・トロ出演:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、ダグ・ジョーンズ、アリアドナ・ヒル1944年のスペイン。内戦終結後もフラン...
【劇場映画】 パンズ・ラビリンス (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したフランス軍のビダル大尉の駐屯地だった。体調の思わしくない母を労りながらも、冷酷な義父にどうしても馴染めないでいた...
パンズ・ラビリンス (お気楽に映画で極楽)
大人向けのダーク・ファンタジー。すっかり観入り、あっという間でした! スペインの内戦終結後でも続く過酷な戦いの中で不安を抱え生きるオフェリア。厳しい現実から逃げるように森の中で見つけたラビリンスに入り込んで
映画「パンズ・ラビリンス」 (happy♪ happy♪♪)
予告を観て想像していたのとちょっと違い 残虐で悲しいおとぎ話{/hiyo_shock2/} 映像は好きだけど、ストーリーがあまりにも悲しく 残虐シーンで何度目をつぶってしまった事か。。。{/hiyo_cry2/} でも作品としては見応えある作品だと思います{/star/}{/star/}{/star...
スペイン版、ダーク・ファンタジー杜子春●パンズ・ラビリンス (Prism Viewpoints)
パンの迷宮を抜け出す鍵の名は心。 『Pan's Labyrinth』 『パンズ・ラビリンス』 ウィキペディア(Wikipedia) スペイン内戦で父親を亡くした少女オフェリアは、 妊娠中の母親と共に母親の再婚相手であるヴィダル大尉
「パンズ・ラビリンス」を観る (紫@試写会マニア)
またまたアカデミー受賞(撮影・美術・メイクアップ)作品を試写する機会に恵まれました。日本ではこの秋に公開予定なので、少し早めの試写会です。 「パンズ・ラビリンス」、直訳すると“妖精パンの迷宮”でしょうか。 ダークで、魅惑的で、人間の弱さと儚さとが併せ持...
パンズ・ラビリンス (to Heart)
だから少女は幻想の国で、永遠の幸せを探した。 原題 EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH 製作年度 2006年 製作国・地域 メキシコ/スペイン/アメリカ 上映時間 119分 監督 ギレルモ・デル・トロ 脚本 ギレルモ・デル・トロ 音楽 ハビエル・ナバレテ 出演 ...
映画『パンズ・ラビリンス』 (健康への長い道)
水曜日、会社帰りに『パンズ・ラビリンス』を鑑賞。たびたび劇場で予告編を目にはしていたものの、いまひとつ興味は持てなかったのですが・・・。 あちこちのブログで結構評判が良いのと、少し映画を観ない日々が続いて何だか映画欠乏症になり、「ああ獵劇場...
真・映画日記『パンズ・ラビリンス』 (          )
10月10日(水)◆589日目◆ 終業後に有楽町のシネカノンで『パンズ・ラビリンス』を見た。 この日はシネカノンの水曜割引(1000円)のためか、場内は満席。 この映画はひとことで「ファンタジー映画」とは言いがたい。 「過酷な現実」と「神話・幻想」を融合し...
★「パンズ・ラビリンス」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の週末レイトショウは、オスカー3部門受賞の話題作。 といっても、撮影賞・美術賞・メイクアップ賞ですが。 ともかく、予告編見る限りは、ダーークなファンタジーな感じがプンプン。
パンズ・ラビリンス (映画通の部屋)
「パンズ・ラビリンス」 PAN'S LABYRINTH/製作:2006年、メキシ
パンズ・ラビリンス (El Laberinto del fauno) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ギレルモ・デル・トロ 主演 イバナ・バケロ 2006年 メキシコ/スペイン/アメリカ映画 119分 ファンタジー 採点★★★★ もうこの位の歳にもなると、ほとんど見なくなった悪夢。稀に見たとしても途中で「あぁ、夢を見ているんだな」と気付いてしまい、もう興醒め甚...
パンズ・ラビリンス (シャーロットの涙)
ファンタジーは現実と共にあるべき・・・
パンズ・ラビリンス(T_T)/~~~迷宮へようこそ・・・・。 (銅版画制作の日々)
ファンタジーの中に、現実を見る   10月26日、「題名のない子守唄」鑑賞後、この映画を鑑賞した。どちらもかなり重たい作品だった。特にラストシーンは、かなり衝撃的だったでも多分主人公自身は幸せだったような感じがするんだけどね。 主人公の少女が出会う...
『パンズ・ラビリンス』 (Gingham Notes)
『パンズ・ラビリンス』を観ました。 1944年、内戦終結後のスペイン。お伽話が好きなオフェリアは、臨月の母とともに、山奥にあるフランコ軍の駐屯地に向かいました。仕立屋の父の死後、母がビダル大尉と再婚したため。しかしオフェリアは冷酷なビダル大尉を好きになれ...
パンズ・ラビリンス ~無垢なる血 (cocowacoco)
映画 「パンズ・ラビリンス」 PAN'S LABYRINTH 観ました          ギレルモ・デル・トロ監督 2006年 苦しむ者にはこの世と幻想の境目はなく、より現実を突きつけるファンタジー。 このやるせない思いは何処に持って行けばいいのだろう。 あまりにもダーク...
パンズ・ラビリンス 「逃げ場のない刹那さ」 (CARAMEL*PAPA)
カテゴリに入れるならホラー、しかしホラーでない? ダーク・ファンタジーと銘打たれた「パンズ・ラビリンス」作品概要については公式及びwikiを参照してください。多くの賞を取ってい...
パンズ・ラビリンス (ダイターンクラッシュ!!)
12月24日(月) 21:15~ シネカノン有楽町1丁目 料金:1300円(会員料金) パンフ:800円 『パンズ・ラビリンス』公式サイト 少女が主演であるのだが、極めてダークなファンタジー。如何にもヨーロッパな雰囲気の映画だ。監督はメキシコ人だけど。 スペイン...
【パンズ・ラビリンス】 (+++ Candy Cinema +++)
【原題: EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH 】 監督・製作・脚本:ギレルモ・デル・トロ     製作年度:2006年  日本公開:2007年10月6日  上...
「パンズ・ラビリンス」  EL LABERINTO DEL FAUNO (俺の明日はどっちだ)
実は観る前は少女が主人公で何気に毒気のありそうなファンタジーという予告編から受けた印象から、どこかギリアムの「ローズ・イン・タイドランド」みたいな作品を勝手に想像していた。 ところがどっこい、実際に観てみるとその予想とは大きく異なり、単なるファンジーに...
パンズ・ラビリンス■現実世界と物語世界の残酷な関係 (映画と出会う・世界が変わる)
この映画には大変にひきつけられた。周辺の方々も含めて、この映画の素晴らしさとすごさを伝えたいのであるが、どのような言葉でそれが出来るのか、心乱れている。スペイン戦争について、スペインの歴史、そこに住む人々の生き方、宗教、そしてギリシア神話についてもっと...
パンズ・ラビリンス■ビダル=パン (映画と出会う・世界が変わる)
この映画には2種類の人間が登場する。まず、現実と直接的に向き合って、そこから生きる術を得ていく人。オフェリアの母、小間使いメルセデス、医師、そしてゲリラたちが、それに相当する。もうひとつは、現実と自分との間に「物語」を置く人。主人公オフェリアである。従...
映画 【パンズ・ラビリンス】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「パンズ・ラビリンス」 ギレルモ・デル・トロ監督による、アカデミー賞3部門受賞のダーク・ファンタジー。 おはなし:1944年のスペイン内戦で父を亡くし、独裁主義の恐ろしい大尉と再婚してしまった母と暮らすオフェリア(イバナ・バケロ)は、この恐ろしい...
パンズ・ラビリンス (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
[[attached(1,center)]] 1944年、スペイン。 内戦終結後も、フランコ政権の圧政に反発する人々が、ゲリラ闘争を繰り広げる山間部。 内戦で父を亡くした少女オフェリアは、臨月の母カルメンとともに、この山奥へとやって来る。 この地でゲリラの鎮圧にあたる...
パンズ・ラビリンス (eclipse的な独り言)
 シドニー・ポラックが亡くなっていたのですね。結構好きな監督でした。(DVDにて
『パンズ・ラビリンス』'06・メキシコ・西・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したビダル大尉の駐屯地だった。体調の思わしくない母を労りながらも、冷酷な義父にどうしても馴染めないでいた彼女の前に妖精が...
【映画】パンズ・ラビリンス…良作、高評価、オススメ!…然し再鑑賞は躊躇 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
さて(個人的に)三連休の真ん中な本日ですが、今日も雨{/kaeru_rain/}&特にすることも無いピロEKです{/face_ase2/} 来月(7月)は、職場の引っ越しやらナニやらで実に忙しそうで、週末の休みがあんまり取れそうにない{/face_hekomu/}ので今回の三連休は貴重なんですけ...
パンズ・ラビリンス (RISING STEEL)
パンズ・ラビリンス / EL LABERINTO DEL FAUNO              PAN'S LABYRINTH 独裁政権下のスペイン。御伽噺が好きな少女オフェリアの前に牧神パンが現れる。 パンによるとオフェリ...