たびにでるたび

***旅に出るたび
***胸につもる何かを
***ほんの少し、眠る前に

2014-05-22 14:09:36 | Weblog


美しいものが
なぜ美しいのか
なぜ美しいと感じるのか
問うことは愚かかもしれない
憧れと畏れ
ただそれらの情動を前にして
人間は平伏すしかない

美しいものを
美しい、と言うこと
それを誰かと共有すること
共有したい誰かがいるということ


この記事をはてなブックマークに追加

答え合わせしたい

2014-05-20 23:02:01 | Weblog
だいたいいつも
同じようなことを考えて
同じように物事を感じて
だから
私がこう思っていることも
知っているのかもしれない

あの日、
彼が言ったことの
意味を違えてとったフリをして
でも本当は私も同じ気持ちだった
彼が些細な冗談で私をからかったのか
真意はわからないことにした
けれど
きっと同じ気持ちだった

いつも、そうだ

何が私たちを結びつけるのか
答え合わせをしたい
1人で正解がわかる問いじゃない
わからないことを
わからないままにするのは苦手だ






この記事をはてなブックマークに追加

頭おかしい

2014-05-20 22:44:39 | Weblog
声を聞きたい
それだけで
電話に手を伸ばしかける
寂しいとか
甘えたいとか
その類じゃないから不思議だ

彼が私ならよかった
私と同一人物で
そうしたらいつも一緒
離れないで自然でいられる
別々の人でいるのならば
いつでも好きに触れるのがいい
触れないのなら
私の中にいてほしい
頭おかしいかな
でも意外と冷めてもいる

どうしてここにいないんだろう
どうして今離れ離れなのだろう
それが不可解でならないほど
一緒にいるのが自然な気がする
体の一部が
バラバラみたいな感じがするんだ








この記事をはてなブックマークに追加

名前を呼びたくなる

2014-05-20 00:58:21 | Weblog

頼りたいのかな
甘えたいのかな
安心したいのかな
あなたに

自分の気持ちの弱さが
強さの隙間から見え隠れして
それも含めて愛するような
そんな大らかさは私にはまだ無い
あなたなら
きっと丸ごと愛してくれて
それが私にしっくりくることを
知っているから
あなたの名前を呼びたくなる
もらってばかりの私が
あなたに相応しいかはわからない
それでもきっと
あなたは私の氷解し得ない疑問さえ
笑ってくれると
信じている


この記事をはてなブックマークに追加

僕はきっと旅に出る

2014-05-18 12:46:37 | Weblog

今日もあなたに会えない
と、考えてばかりいた
会いに来てと
言えたらいい
でも
そんなのきっとあなただって知っていて
言っても
言わなくても
現状は同じだ
もう長いこと
あなたの腕の中で眠ることを
夢見るだけの私は
頭の中で旅をする
あなたに会いに
旅をして
眠ってばかりいる

明日もきっと
あなたに会うために
幻の旅をするんだ
あなたに
会えないから




この記事をはてなブックマークに追加

人生の犠牲

2014-05-17 14:23:39 | Weblog
体力と気力と時間を
出来る限り仕事に費やして
窮屈でも退屈でも
ストレスフルでも
楽しくなくても
苦しくても
お金を稼ぐ 将来のために
備えなければ
捧げなければ
安心が買えない
想像できない未来が恐くて
身を粉にして働くのだ
今という時間の価値を顧みず

けれどどうして
現在より未来の時間に重きを置くのか?
どちらも等しく大切な
人生の時間なのに
安心な未来とは何?
犠牲にする現在の価値は?

考えて
考えないようにさせられていることを
想像力を奪われ その代わりに
恐怖を植えつけられていることを
それを当たり前と思わされていることを

誰も
自分の人生の犠牲になど
なる必要がない

考えて
もう一度ゆっくりと


この記事をはてなブックマークに追加

不在ということ

2014-05-17 01:16:14 | Weblog

自分にとって
それが「ここに在る」ことより
それが「ここに無い」ことのほうが
いつも重みを持っている
その事実が
私にものを考えさせ
想像力を働かさせ
感情を豊かにさせ
私の直感を鋭くする

これはきっと
私の一生を通じてのテーマのひとつだ

この記事をはてなブックマークに追加

少女じゃない

2014-05-14 00:54:40 | Weblog
世界で一番愛しい大事な人が
今ここに そばにいないという状況を
打破できない現実がある

じゃあどうする?

耐えるしかない
待つしかないんだよ
時に苦しいけれど
私は少女じゃないから


この記事をはてなブックマークに追加

分かる、解る、判る

2014-05-14 00:01:37 | Weblog

彼との会話には
面白いことが頻繁にある
お互いの何気ない話を聞きながら
相手が
何を尋ねようとして
何を提案しようとして
それを言ったのか
説明もなく完全に理解している
下手したら
相手の説明に使われるであろう語彙さえわかってしまうことがあるし
話し出す直前に内容がわかったりもする

はじめの頃はもちろん確信がなくて
確かめるために「こういう意味?」と
逐一確認していたけれど
次第にそれもしなくなった
ただ時々、わかりすぎてしまうことを
なんだか悪いような気がして
気づかないふりをしたりする
けれどそれもお互いわかっていたりする

それでいて
話題の選び方はほぼ無意識で
こんなに気をつかわず
感覚的に言葉を紡げる相手は
家族以外にいたことがない
こんなに居心地がよくていいのかと
いつも2人して驚いてばかり
むしろ
お互いのわかりあえない感覚が
何なのかを知りたくなる


この記事をはてなブックマークに追加

距離の意味

2014-05-11 22:49:43 | Weblog
兄弟というより
上下の関係もなく
双子みたいだ

とても対等で
とても自然で
不思議だ
お互いの欲しい言葉をいつも
いつの間にか言っている

離れていても遠い気がしない
手を伸ばせば触れる気がして
けれど届かなくて
距離を思い知るのに
その物理的な遠さ以外には
隔てるものが何ひとつない

この距離の意味は今
わからなくても構わない
超える日が来るかさえわからない
意思とは関係なく
ただ運命のように
続いてゆく何かが
あるということだけ
知っている気がする


この記事をはてなブックマークに追加

会いに来て

2014-05-11 03:31:20 | Weblog
強烈な喉の痛みと咳
こんなカゼ、いつ以来だろう
少し動くと熱が上がって
寝てばかりいる
やることは沢山あるのに

夢うつつで
手を伸ばしても握る手はなくて
心細くなる
そこで初めて自分の寂しさを
深く知る

この記事をはてなブックマークに追加

惹かれる

2014-05-10 02:51:39 | Weblog
フレンドリーだね、と言われたから
フレンドリーなフリをしてるの、と言い
本当?すっかり騙された、と
彼女はふざけて
2人で笑う

どうして親しくなったのか
どうして興味を持ったのか
思い出せない 最近のことなのに
初めて彼女を遠目に見たときは
別段何も思わなかったから
きっと声を聞いたときだと思う
綺麗な声なのだ
そして品良くユーモアがある

彼女が言う
夫にね、話したの
クラスメイトの女性がフレンドリーなフリをしてるんだけど、なんでか惹かれちゃうの!って
私は思わず笑って、言う
お互いのことあんまりよく知らないけど
なんでかな、私もあなたのこと好きよ
仲良くなれて嬉しい

好意を示しあえる友達ができて
すごく大きな救い

この記事をはてなブックマークに追加

木漏れ日と風邪と夢

2014-05-06 23:33:42 | Weblog


久しぶりに喉の風邪をひいている
何年ぶりだろうか

慣れない暮らしのせいか
少し心細い思いをしていたのも事実
風邪をひいてそれに拍車がかかり
発熱のうたた寝の隙間に
怖い夢を見たりする

誰かが部屋のドアをこじ開けて
入って襲いかかってきたり

信頼する人に冷たい言葉と
悲しい眼差しを向けられたり

少し疲れているのかな
休んでいる暇なんかないし
いつだって今が頑張り時なのに
だから疲れているのかな

本当は
誰かに甘えたり頼ったり
時にはしたい
でも誰に?
どうやって?

公園の木漏れ日がきれいで
それだけで涙が出そうになって堪える
思いを、口に出して言ったら
それが加速してしまう気がして
怖いんだな

この記事をはてなブックマークに追加