たびにでるたび

***旅に出るたび
***胸につもる何かを
***ほんの少し、眠る前に

こぼれおちないように

2011-06-30 20:19:31 | Weblog
価値観がゆらぎそうになるのは
疲れているせい?
それとも鬱のせい?
それとも私のせい?

自分から逃げたくて
滅茶苦茶にしたいのは
苦しいのか
怠けているだけか

頭の中のおかしな世界が
頭の外にこぼれおちて
現実にならないように
どうにかおさえつけて
今日も笑うんだよ

この記事をはてなブックマークに追加

見透かして

2011-06-29 01:46:39 | Weblog
疲れの量と比例して
他愛のない妄想が増える
たとえばきみが
わたしを好きになるとか
突然電話をくれるとか
決定的なことを言うとか
たとえばわたしが
きみに手を触れるとか
そんな類いの妄想だよ

この記事をはてなブックマークに追加

スケジュール帳の中の未来

2011-06-25 22:25:53 | Weblog
泣きたいくらい疲れちゃったけど

それでもまだ手帳に用事が載っていて

それが私を生かしているんだと思う

スケジュール帳の中だけが今の私の未来だ

全部使い果たしたらどうなるんだろう

それが怖くて予定をいっぱい入れるんじゃないかな

この記事をはてなブックマークに追加

送るよ

2011-06-25 11:49:26 | Weblog
言うのは簡単
伝えるのは至難
届くのは不確定
それでも
送るよ
受け取ってもらえるように
あとは祈るだけ
それでも
瓶に詰めて流した手紙よりは
いくらか素直に届くと信じて
祈るように
送るよ

この記事をはてなブックマークに追加

なれるということ

2011-06-24 23:43:07 | Weblog

 

毎日、何時間もいっしょに過ごすことが

当たり前のようになっている相手と

いずれは毎日会わなくなる日が来る

それはとても不思議

毎日会って会話をするだけ、

たったそれだけでも

ある日突然それがなくなるというのは

すごく不思議だ

在ることが当たり前になって

いつしか馴れてしまっているから

慣れ親しんだものが

そこに在り続けることを当然のように想像してしまう

在り続けると、信じて疑わないことに似ているかもしれない

でもいつか人は死んでしまうし

会えなくなってしまうんだ

悲しいけれど本当だ

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

窓をひらくように

2011-06-24 05:17:09 | Weblog
一緒にいてホッとしたのは

私だけじゃなかったと知って

すごく安心した

もしかしたら経験の共有が

そういう感覚を深めるのかもしれない


それにしても

ホッとできる相手と一緒に

食事をするのは良いものだ

この記事をはてなブックマークに追加

気が滅入る

2011-06-22 19:16:42 | Weblog
ひとを楽しませられるように

かなしくならないように

生きていきたいのに

ひとの気を滅入らせて

自分もかなしくなって

悪いことばかりしている気がする

夫は

私がいないより いたほうが

良い人生だ、と言うけれど

それを素直に受け入れられない

彼は判断を誤ってはいまいか、

その誤りが彼の人生を損ないはしまいか、

そればかりが気がかりだ

夫だけじゃない、

私に関わるひとたちに

悪い影響を与えて気を滅入らせて

私はますます悪いものになってゆく気がする

この記事をはてなブックマークに追加

実在とカラー

2011-06-20 11:33:54 | Weblog
号泣しながらでも
いつの間にか眠り込んで
気づいたら朝になっているのだから
やはり薬の力は大きいといえる
夢は見たけど忘れてしまった
何かを宣伝することについての
夢だったような気がする

目が覚めてから
おちつかなくて何かが不安で
泣き出しそうな気持ちで
隣で寝ている夫に寄り添うようにしたら
彼は半分夢うつつのまま
私の体に手を回してくれて
その温かさと感触で
自分の体がここにあるのがわかった
彼の手が触れた所だけ色がついて
あとは白黒のまま

私も手を伸ばして
彼の体に触れてみたら
手が ちゃんと自分のものになった気がした

この記事をはてなブックマークに追加

汚れた手で触れないように

2011-06-19 20:02:52 | Weblog
元気なときはいいの

そうじゃないときの

私と一緒にいる人に

少なからず悪影響を

及ぼしているんじゃないかと思う

沈み込んだ私と一緒に

ヘドロの淀みへ引きずりこんでしまうような

泥で汚れた手で触れて

誰かを汚しているようで

心苦しくなるんだ

取り返しがつかないような

そんな気持ちになるんだ

だから誰にも触れないように

ひとりでいたくなる

二度と誰にも触れないように

ひとりになりたくなる

この記事をはてなブックマークに追加

いなくなりたい

2011-06-18 20:59:05 | Weblog
いなくなりたい
この場所から
この体から
この心から
ここから
自由に
なれなくてもいいから
全部からまったままでもいいから
薬を飲んで眠るみたいに
バッテリーが空になるように
ブレーカーが落ちるかのごとく
コトン、と
いなくなりたい

この記事をはてなブックマークに追加

夢の中へ溶けて

2011-06-18 12:08:51 | Weblog
こんな曇天のせいだろうか

頭がぼんやりして

眠たくなってしまって

眠ったまま二度と目覚めなければ

いいのにと思う

さよならを言う責任もなく

迷惑を詫びる必要もなく

おやすみだけを言って

眠りの中に沈み込み

ボートが沖に流されるように

どこへともなく

霧の中へと消えるように

夢の中へ溶けて

なくなってしまうのがいい

この記事をはてなブックマークに追加

なんてちっぽけな

2011-06-17 23:59:01 | Weblog
愛する家族に
何もしてあげられなくて
自分のちっぽけさに腹がたつ
楽をさせてあげられないばかりか
私の心の不調のせいで
負担をかけてばかりいる気がする
せめて健康であれば
せめて余裕があれば
家族をもっと自由でいさせられるのに

この記事をはてなブックマークに追加

そういう場所にしかいたくない

2011-06-17 18:35:44 | Weblog
さわれないものに
さわりたいな
とどかないものに
とどきたいな
つらいことはいまは
かんがえたくない
あたたかく
やわらかく
おちついて
そういう場所にしかいたくない

この記事をはてなブックマークに追加

そういう場所にしかいたくない

2011-06-17 18:34:36 | Weblog
さわれないものに
さわりたいな
とどかないものに
とどきたいな
つらいことはいまは
かんがえたくない
あたたかく
やわらかく
おちついて
そういう場所にしかいたくない

この記事をはてなブックマークに追加

手を当てる

2011-06-16 22:18:15 | Weblog
きみと話していて
たまにね、
無性に
ぎゅっ、ってしてあげたいな
って思うことがあるんだ

きみは素直だから
ためらいながらもちゃんと
心の弱い部分も言葉にして
苦しさに耐える胸中を話してくれる
プライドや見栄や意地を抑え
声の震えを静かに抑え
聞いていて泣きたくなるほど誠実に
話してくれる
そんなときにふと
きみの背中に手を当てて撫で
ぎゅっ、と一瞬
抱きしめてあげられたらいいのに
女友達だったらできるのに
大人になると不便だ
何もしてあげられない私の手に
友達としての価値はあるんだろうか

この記事をはてなブックマークに追加