たびにでるたび

***旅に出るたび
***胸につもる何かを
***ほんの少し、眠る前に

雨降りの日に

2008-08-31 17:13:56 | Weblog
あいつに会うのは
いつもたまたま雨の日だ

はじめてお茶した日は
途中で降りだして
カフェで一緒に時間をつぶした

はじめて家に行った日も
傘をさしていて、でも翌朝はよく晴れて
傘を持って歩いたんだ

引っ越しを手伝ってもらった日は
荷物を運び終わる頃にちょうど降りだして
雨を聴きながら部屋で泣いた

悲しかったのじゃなくて、
ほっとしたんだ
あいつの手のあたたかさに


冗談なんて
本当は、
いらないのかもしれないね

この記事をはてなブックマークに追加

穏やか

2008-08-29 20:03:36 | Weblog
会いたいな、って

がんばって
すなおに
言ったら
来てくれたのが
3回目に会った時

知り合ってから
まだ20日くらいなのに
こんなにも穏やかで
穏やかで
いいのかな

あたらしい部屋に引っ越して
よく眠れて
ちゃんとおなかがへる
彼はあたしのほしいものをくれる
ほしい言葉をちゃんとくれる

「愛してるって言ったら、笑う?」
昔の恋人に言ったのは
本当に知りたいことだったから
でも
あの頃から何年もたって、
悲しいことが増えて
臆病になって
それでも
まだ信じたいことがあって
信じたいことがある自分を信じたくて
うまくいかない
すりへっていく
その繰り返し
疑わない、っていう
自分の気持ちを疑う
信じたくて
疑うことすらまっとうできないのに
まだ信じたくてたまらない


彼を
信じたいんだよ
本当だよ。

この記事をはてなブックマークに追加

生きる/谷川俊太郎

2008-08-22 22:47:55 | Weblog
あの詩が好き


それで

明日、引っ越しをするんだ

この部屋を出ていくんだよ

ねむたくって何も考えられないけど

コインランドリーに行ったら少し

せつなくなった気がした

よく時間をつぶした場所

環状道路の歩道橋の上

ブランコのある真っ暗な公園とか

冷房のききすぎるマクドナルドや喫茶店

もう行かなくていいんだ、

そう思ったら少し

気持ちが軽くなった気もした


新しい暮らしはきっと

突然やってきてすぐに

馴染みの顔になっちゃうね

新しいカーテンを買わなくちゃね

電灯の傘もマグカップも

ぜんぶ新しくするよ



待っててくれるやつがいる

きっとそう

信じていいって

そう言ってくれたやつ

可笑しいよね

もうしばらくは苦しいのは嫌なのに

この記事をはてなブックマークに追加

あたらしいともだち

2008-08-13 00:29:46 | Weblog
いろいろおもいめぐらすのやめにしよ

勝手に浮かんできちゃうのはきっと

きみのことだけ考える習慣をつけていたせい

きみが傷つかないように

きみが不愉快にならないように

きみの邪魔にならないように

そればかり考えるのやめにしよ

新しく友達になった子のことでも考えよう

酔っぱらって仲良くなって

みんなでわいわいして

そういうのが楽しい

気つかわれるのが苦しい

みんなはあたしがひとりで抱え込まないようにって

あちこち連れ出してくれるから

すなおに甘えりゃいいのにね

いろいろ考えちゃうんだよ

でもまぁ 

けっこう甘えてるかな

それなりに

でも今は

これまでのことなんにも知らない友達がラクだな。
 
 

この記事をはてなブックマークに追加

いとしいきもち

2008-08-11 23:43:55 | Weblog
どこにいくんだろう

だいじって思うこときもちは

もちつづけるのが苦しいから

やめることにした

むりやりにでも

顔の皮膚でも引き剥がすみたいに

やめることにした

はやく

この部屋をでたい

もう苦しくて耐えられそうにないや

眠れないのもきもちわるいのも

もう終わりにしたいんだ

この部屋をでたら

怖いことはもう終わりだよ、

だいじょうぶだよ、

って。

この記事をはてなブックマークに追加

あんまりものを考えなくなった

2008-08-05 01:37:14 | Weblog
いつからだろう

きっかけはあったんだ

きっと考えすぎて

考えすぎて

自分のいる世界と遠ざかったように

臨場感がいつもなくて

それは体が軽すぎて

錨のない船のようで

進むことはできても立ち止まることができない

小さい頃からずっと


いつからだろう

それをやめてみたんだ

きっかけはあったけど思い出せない

停泊することも

進むことも

自在に操りたいって

そう思って


考えることをやめてみて

生まれたてのように

すべてが物珍しく新しくて

自分のいる世界の肌触りを知る
心地よさも

不安も

なんにもできないんだ

なんにもうまくいかないんだ

触れるものには温度があるのに
当の自分にはなくなって

悲しいときは悲しむだけだよ

楽しいときは笑うだけだよ

あとはなんにもない

考えるのは

どこいっちゃったんだろう

もう帰ってこないのかな

それとも。






 

この記事をはてなブックマークに追加