たびにでるたび

***旅に出るたび
***胸につもる何かを
***ほんの少し、眠る前に

想像できない

2018-01-20 03:52:46 | Weblog
人生はたぶん

想像できないことの塊だから

想像できてしまうことは

起きないんだ

起きないと知っていても

想像の中だけでもいいから

特別な時間が欲しいんだよ




この記事をはてなブックマークに追加

雷雨の夜

2018-01-10 01:33:07 | Weblog
窓越しの稲光と

地響きのように落ちた雷が怖くて

それを言える相手がいなくて

言ったら抱き締めてくれる人がいなくて

ほんの少し涙が出た

私が今日ベッドの中で

布団をかぶって泣いたこと

誰も知らない

一生、誰にも知られないままだ


この記事をはてなブックマークに追加

必要なもの

2018-01-05 01:54:00 | Weblog

私が持っているものの中に

彼が欲しいものは無い

私があげられるものに

彼に必要なものが無い

私が必要なものを

彼は持っていない

私が欲しいものは

彼なのに



この記事をはてなブックマークに追加

離れたくないな

2017-12-29 16:42:13 | Weblog
がっかりしないように

それだけを考えていた

なぜなら

彼の存在はいつも私を

想像以上に深く

楽しくさせたり

哀しくさせたりする

それでも

彼に会いたかった


会ったら

懐かしいよりも嬉しくて

抱きしめる腕は変わらなくて

たくさん話をした

いっぱい笑った

馬鹿みたいにじゃれあった

びっくりするくらい

自然に一緒にいられた


次、いつ会えるか分からない

そう思ったら

ほんの少し切なくなった

ぎゅっとして、と言ったら

優しく肩を抱いてくれた

布団越しだったけど

彼のにおいがして

甘く広がった

別に

もっと体に触れ合ってもよかった

私は単純に

もっと触りたかった

でも彼は

爪を短く切っていなくて

それはきっと意思表示だと思った

だからそのまま眠った

それだけで幸せだった


真夜中、目が覚めて

もう一度

私から彼の体に腕を回した

彼の手が

私の顔に触れ

誘うような手付きで頰や首の

肌の上を這った

暗くて何も見えなかった

彼は起きていたんじゃないかと思う

私はその手が心地良くて

ずっとそうしていて欲しかった

でも彼は寝ぼけてそうしたのかもしれない

恋人か誰かと間違えて


私も寝ぼけたふりをして

彼の頰に自分の頰を寄せた

柔らかくてホッとした

それだけだった


翌日の別れ際

いつもより長いハグをした

彼が私に頰を寄せた

離れたくないな、と

彼も思ったのがわかった

またすぐ会えるよ

と彼が言って

いつ?

と私が聞いた

1年後か2年後か、たぶん

と彼が言った

すぐじゃないじゃん、

と私は笑った

もっと触りたかったけど

もう一度ハグをして

ポンポンと背中を叩いて

それでバイバイした


この記事をはてなブックマークに追加

そわそわ

2017-12-06 22:12:05 | Weblog

そわそわする

ざわざわする

体と頭が落ち着かない

何か起こりそう

何か疲れることが

突然に始まりそう


この記事をはてなブックマークに追加

一喜一憂

2017-12-02 00:56:41 | Weblog
私の人生にとって

それなり大きな一歩を踏み出して

手応えはまだ、無い

けれども

毎日が試みの連続で

その結果や過程に

一喜一憂

これまで経験した

どのシチュエーションとも違う

新たな自分の反応を知る日々

受け入れられて喜んで

拒絶されてやる気をなくして

切り替えの重要さを学んで

アイディアを試すことが必要で

何が正解かまだ分からないことばかり

それでも

生きていくんだよ



この記事をはてなブックマークに追加

引っ越した

2017-11-30 03:38:47 | Weblog

引っ越した

働き方を変えた

毎日忙しいけれど

望む生き方に近づいて

心は安心している

やっとここに

来たんだよ

この記事をはてなブックマークに追加

煩わしい

2017-11-17 01:01:28 | Weblog
人付き合いが煩わしい

時間通りに来ない人や

行き先を何度も変更する同僚

日程すら決まらない友人に

合わせようとするとイライラしてしまう

人生の時間を削り取られているような

そんなイライラを無くすには

離れよう、と思った

私にはきっと

1人の時間がやって来る

全てを自分で決めて

自分で生み出していく世界

新しい場所に

行くんだよ



この記事をはてなブックマークに追加

考える相手

2017-10-28 12:25:34 | Weblog
多少、執着であっても

幸せなことばかりじゃなくても

「人」について考えることがあった方がいい

考える対象となる相手がいた方がいい

少なくとも考えている間

もっと酷いことや辛いことから

心は離れていられる



この記事をはてなブックマークに追加

身軽だ

2017-10-27 00:58:00 | Weblog

話したいことがない

会いたい人がいない

いろんなことが

軽々しく感じられて

思いの外、身軽だ

ネガテイブじゃない

不自由じゃない

明るくて自由で

これからどこかへ

跳ぼうとしているのがわかる

足元がフワフワする

落ち着いて

楽しんで



この記事をはてなブックマークに追加

去る思い

2017-10-10 19:46:58 | Weblog
この感情が

この温かさが

終わってしまうのが

悲しいのだと思う

手放したくないのだと思う

そこから去りたくないような

そんな思いを

経験させてくれたことに

ありがとうと

伝えたい

伝わらなくても

ずっと

思っていたい


この記事をはてなブックマークに追加

触れる関係

2017-10-09 23:50:25 | Weblog
誰にも触れてない

ここのところ

触りたい人がいない

このままいつまで1人でいるのか

考えると

少しだけ

気が遠くなる

この記事をはてなブックマークに追加

いいでしょう?

2017-10-08 17:17:33 | Weblog

あの人を愛していたことは本当のこと

わたしが愛されたことも本当のこと

けれど全てが終わりになって

わたしに残ったのは

幸せな日々の記憶

いいものだよ、

一度でも誠心誠意

愛し愛されたことがあるっていうのは

どんなに傷つくことがあった時も

あの日々は自信になって

わたしを支えてくれる

けれど、

そろそろ気持ちを

動かしていっても

いいでしょう?

ずっとあの日々に

しがみついているわけにはいかない

しがみついていたいわけじゃない

しがみついてしまうこともあるけれど

自由になって

いいでしょう?

 


この記事をはてなブックマークに追加

はやりの歌

2017-10-03 01:08:38 | Weblog

 

20年も前に流行したポップソングの

歌詞を初めてちゃんと聴いた

それは

手を触れられない特別な友達のことを

目を細めて見ているような

まぶしくて

触れられないような

触れたら汚れてしまうような

そんな歌だった

 

歌はいいね

映画や漫画みたいには

ハッピーエンドになったりしない

ハッピーエンドになるには

歌は短すぎて

本当の人生みたい

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

愛してる

2017-09-26 01:35:51 | Weblog

誰かに

愛してるって

言いたいな

愛してるって

言ってもいい人が

欲しいな



この記事をはてなブックマークに追加