地方の女たち

夜の街で出会った女達と男達

蜂たいじ⁉

2017-07-06 18:49:00 | 日記
雨が止み、落ち葉等を掃除してると、数匹の蜂が飛んでいたが、その時はあまり気になりませんでした。

風雨で傷んだ枝葉は落ち葉の原因になるので、その前に取り除こうとした時。

蜂の巣を発見したんです。
テニスボールより、少し小さな巣です。

タイミング良く知り合いが通りかかり
「この蜂の巣。どうしたらええと思う?」と、尋ねたんですが、、、、
誰からと言う訳じゃないのですが、煙で追い払い。その隙に巣を
取り除く事になったんです。

私は家に戻り、蚊取り線香を折り、三本の蚊取り線香の両方に火を付けました。
6ヶ所からの煙ですから、ソコソコの煙の量です。

巣の下れに持っていくと・・・・

何も起こりません。

巣にビッシリと居てる蜂の動きが少しザワザワしただけです。

「それはアカンな。」 後ろからオッサン二人が合唱です。

「しゃあない、殺虫剤をふきつけるわ。」と言い。

再度。家に戻りハエ蚊の殺虫剤を持ってきたが、誰が吹き付けるかで大モメ。
オッサン3人が逃げ腰で
「お前がやれ」の言い合いです。

殺虫剤なんか吹き付けられたら、蜂が怒って刺しにくると、、、、

仕方なく、言い出した私がトライした。 1mほど離れた所からシューーーっと、やると・・・

何も起こりません。

あまりにも無知なオッサン3人は互いの顔をみて大笑い。

そこに近所の社長さんが通りがかり、私たちを見て
「それは棒かなにかで下に落とせば良いんだ。蜂は刺しには来ない。」と言うんです。

確かに彼は山際の育ち、我々よりはこの手の対処は心得ているだろうと、、、、

1m程の棒で叩こうとすると、彼が立ち去ろうと、、、、

「オイ、ちょっと待て。一人逃げたらあかんだろ‼」

さすがに立ち止まったが、態勢は逃げを崩さない。
「蜂は刺しには来ないって言ったよな‼」

「お前がやれよ。」と言っても

「そのままポンと叩き落とせば良いだけだ。」

やろうとはしない😥

意を決して、蜂の巣を棒で叩いたが、逃げ腰なので上手くヒットしなかったのか、落ちない。

長袖の男が居たので
「これはやっぱり長袖でないと危ない。」と言って、棒を押し付けた。
彼も決心したのか、力を入れて・・・バシツとやった。

その瞬間に蜂が飛んだ、、、、

オッサン四人は蜂の10倍くらい飛び散った。
オッサン四人はお互いの様子を見て大笑い。
そして、蜂は刺しには来ないと言った男に集中攻撃が始まった。

刺しには来ない言うたのに、なんで逃げるんだ‼

そんなん、皆が逃げるからつられただけじゃ。

そんな事ない、お前が一番に逃げたと・・ー

まさしく 五十歩百歩 (笑)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九州の豪雨 | トップ | 身元引き受け人は、、、、 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。