地方の女たち

夜の街で出会った女達と男達

やめてしまえ!!!

2016-10-15 22:05:48 | 今日のニュースから
オリンピック競技の会場は日本と世界で、それぞれの競技団体の賛成が必要だとか・・・
そして、いま問題になってる会場変更に競技団体が反対している。。。。

「そんなに嫌なら、その競技種目を止めてしまえば・・」と言いたくなる。

傲慢な言い方だけど・・
オリンピックを現実に開催するかどうかは東京が握っているのです。

競技種目を減らす様になれば日本の信用は失墜する

そう言う人も多いかもしれませんが、そんなのは幻想で、日本はそんな事で信用を失う事はありません。
それどころか、近年のオリンピックは商業主義に走り、開催するには多額の資金が必要で、開催可能な都市は限られているので、オリンピックを開催して、都市の国の経済を活性化したい国は多いが、多額の費用の為に断念している国も増えている状態になっています。

金の力で立派な物を作り、自国の力を世界に示すのは中国の様な国に任せておけば良いんです。
日本には中国などと違って、金の他にアピール出来る物は沢山有ります。

そもそも、世界有数の経済力を持つ東京が「コンパクトな五輪」を主張して、開催が認められたのです。
ところが現実のコンバクトは会場となる地域だけで進められ、施設や費用をコンパクトにする事を置き去りにされています。


日本国民の多くが心配している「国債」の1000兆円越え・・・
これは東京オリンピックから始まった事を忘れているのだろうか、、、、。

東京五輪の時は世界に対して、、、、
「日本は敗戦から立ち直った」とアピールする効果は有ったが、身の丈以上に資金を使ったために今日の借金大国になる引き金を引いてしまったんです。

世界の国々から見ると・・・日本は大金持ちです

その大金持ちだからこそ出来ることは費用もコンパクトに努力する事です。
資金豊かな東京がやってこそ、その意味があるとは思いませんか

ボートの会場予定地なんか現行のままで行われたら、ボート人気の高いヨーロッパでテレビ放送され、
その時に「この会場は予定価格の99.999%で落札されて問題になった会場です」なんて言われたら、、、
それこそ日本の信用はガタ落ちだし笑い者になりますよね。
開催中はそんな事を言わない事をひたすら願って過ごすのですか

オリンピックの根本原則

憲章の最初に出てきます。その一番最初には・・・・
「オリンピックはスポーツを文化、教育と融合させせ、生き方の創造を探求するものである」

その後を読んで行っても、選手達を一同に集める選手村を造り交流を図るなんて文言は何処にもありません。

「宮城が遠い」と反対するボート競技の組織の人、、、、
貴方に言いたい・・・「五輪は遠足でも同窓会でもない

有名な外国人選手と一緒に写真でも撮りたいのですか・・・
日本の国の為、色々な国の選手と文化交流を深めたいのなら、ボート選手じゃなくても他に大勢居てるので、何の問題もありません。心配無用です

アスリート・ファーストは立派な宿舎や楽しい環境を与える事じゃない。
もっと言えば立派な競技場を提供する事でもありません。
日本人の感覚を持ってすれば設備なんか手抜きでも、世界基準は十分に達成します。

選手にとって最も大事なのは各競技の審判の質の向上です
これこそがアスリート・ファーストです。
主催する都市の要望として、各競技団体に審判の質の向上の為に努力を促す
そこに費用の負担を申し出る方が主催者・各競技団体、そして選手の為になると思います
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 結婚ダメ女 | トップ | 柿の収穫 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。