地方の女たち

夜の街で出会った女達と男達

後始末と準備

2017-05-15 12:31:15 | 日記
絹さやと グリーンピースが同じタイミングで終了です。

栽培していたのは、どうでしょう、、25×2=50mくらいですかね。

枯れている部分はすぐにドラム缶で燃やしました。 残っている豆が焼けてパチパチと音がします。



かなり燃やしたが、まだまだ沢山残ってます。 こう言う焚き火は町中では出来ません。 厳密に言えばこれもダメなのかも、、、でも灰は利用するので、農作業の一部かも・・・なんてネ。

後始末も色々とありますが、一番悩むのが「準備」です。

今年は異常なほど、ブドウが実を付けています。 このまま放置しても、ある程度は大きく成るのですが、甘くて美味しくは成りませんネ。

そこで、芽を取ったり、房を取ったり。 また房の粒を取ったりして量を減らします。

種から撒くときにする「間引き」と同じです。
これって複雑な気持ちデスヨ。 せっかく出てきたのに、出来が悪そうと判断して取り除くんです。

人間社会に間引きが有ったら、私は存在しなかったかも、、辛いネェ~。

本当は・・・もったいない‼ これなんです



写真は今日の分で少ないのですが、これを連日やってるので、房の数だと100は軽く越えています。 
美味しいブドウを獲得するための準備だと、自分に言い聞かせて作業を続けます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 畑に来て | トップ | 鳴門のコウノトリ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。