地方の女たち

夜の街で出会った女達と男達

加計、何故悪い⁉

2017-07-11 13:26:00 | 今日のニュースから
前文科省のトップ(事務次官)を国会に呼んで、みなさん大騒ぎですけど・・ー

「加計ありき」で進んだ過程が悪いと(行政が歪められたと)
そして強引に進めたのは、安倍首相の意向を受けた人達だと。

これは完璧な官僚の上から目線と言うやつです。
この加計の事を考えるのに、誘致を希望している地方の気持ちや、獣医を利用している一般国民の考えを、まるっきり排除して考えている。


ペットを飼ってる人達で獣医を利用している人達の多くが、今の獣医達の料金と質に満足していると思ってるのだろうか???

地方は大きな企業とか大学とかを誘致したい。その事で地方の活性化を計りたいのは自然な感覚です。

その時に、、、、何処でも、誰でも良いから私の町に来てください。なんて事は絶対に有りませんよね。

何故なら、来てくれる相手によって、地方の自治体が協力出来る事が違うからなんです。

大量の水が必要な製紙会社なら、大きな川の近く。
海外相手の部品会社なら、空港の近く。
学校なら工業地帯から離れた所。

こんな要望に全て応える事は現実には不可能です。
ですから、自分達の状況を考えて対応出来る相手を探します。

地方は何か便宜を計らなければ、来る企業にとり意味がない。
企業側から
「是非、その地で‼」なんて言うケースは少くて、地方にとり誘致は夢物語です。

ですから、地方は誘致を実現するために、その相手を絞って頑張るのです。
その地方の気持ちを考慮すれば、結果として「〇〇ありき」になるんです。

それを官僚が
「私達がルールにのっとり決める。結果は地方に行くかどうかは解らない。貴方達が、いくら運動してもダメ。」

一見、まともな感じですが、ルールは解釈の仕方で真逆の答も出ます。 すなわち、官僚の考え次第と言う事を解りにくく言ってるだけなんです。

現実に、この加計の獣医学部の件も、地方側は12年前から加計一本に決めて、物事を進めているのです。(知事の証言)

12年前からですよ‼

当時、大学受験に挑んだ人達は、もう30才です。
コレ、どうなるかまだ決定していませんが、開校に向けてかなり進んでいます。

もし、あの前次官の考えなら、何も進まず、地方は誘致活動に疲れて諦めの状態でしょうね。

毎日新聞のネット版だったか(?)
この件について大学の獣医学部の人たちに アンケートを実施した結果が出ていました。

その結果、多くは内閣府の言う獣医学部新設の理由に対して、異議を訴えていました。
その反対の理由もそれなりに理解出来そうですが、、、、

この毎日新聞の調査も官僚同様、そこから先の人達の意見を無視しています。

私もテリア二匹とラブを飼っていました。みんな、それぞれ15年は元気に生きました。

その間に獣医にかかる事も度々ありましたが、その費用が高額なのには疑問が有りました。

色々と調べて獣医を5ヶ所くらいは変えた記憶があります。
高い獣医と安い獣医じゃ、同じ事でも費用は3倍程度違いました。

たからと言って安い獣医の質が悪いかと言うと、逆で、安い獣医の方が飼い主に出来る事を教えてくれたりしました。

そもそも、文科省が獣医の数をコントロールする必要が有るのでしょうか、、、、

国が国民の職業をコントロールするのは、可能な限り少く押さえるのが、自由主義・民主主義の国のはず。


文科省に与えられた仕事の範囲の
中で物事を考えるのは、一見すじが通ってる様に見えます。
しかし、何を考えるにしても一番に置くべき・・・国民の為に‼
コレが抜け落ちています‼


毎年のように発生する鳥インフルエンザによる被害。
また、今話題の蟻(ヒアリ)。
この2つだけでも、対処は笑えるくらい原始的です。
害になる生き物が居たら、そこら辺一帯を皆殺しする方法しか無いんです。

巻き込まれる他の生き物が可愛そうなんて言いませんが、他の生き物が人間だと話しは違います。

子供が遊ぶ公園・学校でも発生する事は十分に考えられます。
そんな所でも「皆殺し」の方法しか無いんですヨ。
それが人間に悪影響は無いと言うでしょうが、、、、根拠が弱い。

人間に害を及ぼす動物を効果的に攻撃する方法は遅れています。
高度な獣医は必要な時期になっています。
多くの獣医が競争して、始めて獣医の成長があり、その事は国民にとり有益な事だと思います。

既得権益を持つ人達には不利益になりますけどネ。
私はその人達の味方をする気にはなれませんネェ~。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏の楽しみ | トップ | 沈黙の男、船越 »

コメントを投稿

今日のニュースから」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。