地方の女たち

夜の街で出会った女達と男達

空爆、焼夷弾

2017-07-15 00:53:00 | 日記
焼夷弾・・しょういだん

今から72年前、アメリカの空爆によって、日本の多くの都市が焼かれました。

その時に使われたのが焼夷弾で、着弾して燃え広がります。その燃焼する素材は数種類ありますが、どれも高温だった。

写真、解ります???



焼夷弾の高熱にやられ、石の表面の形が変形しているんです。
石ですヨ‼

本来の形は次の写真です。



現在も徳島の通称、、、、
「滝の焼き餅」の入り口に有ります。


手前が難を逃れた方で、奥が変形した方です。

一般的に焼夷弾は焼き払う為の爆弾と言われ、事実、火傷を負いながら川に飛び込んだ人達も大勢居たのですが。。。

焼夷弾が身体に直撃して亡くなった人も多いんです。 
それくらい大量に投下されたんです。
38本の焼夷弾をセットした爆弾が地上に落ちる前に破裂して散らばるのです。

一本の焼夷弾は人間の腕くらいの大きさです。
そんな鉄が上空から雨のように投下されたんです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楽しみなブドウ | トップ | 空爆、焼夷弾② »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。