地方の女たち

夜の街で出会った女達と男達

中国の悪口??

2016-12-20 17:40:54 | 日記
暇な男が4人・・・小さな会社の事務所で雑談です。。。

その4人の共通の知人が中国に行ってるので、、、、
「中国で拘束されたら面白いのにぃ・・」
「出発前にバックの中に風邪薬でも忍ばせておけば良かった・・」

等々、軽口でその男の話をしていたのですが、、、、。
一人が・・
「ワシは何かの懸賞で中国旅行が当っても行けへん、副賞で20万円の賞金が付いていても遠慮するワ。ワシにとっては中国旅行なんて罰ゲームじゃ」

この話を合図にしたように、そこからは中国の悪口のオンパレードです。
その悪口の相手は国に限らず、人そのものに対しても次から次と出てきます。

「物事に対して品格なんてモノは中国の政治も中国人にも存在しない」とか・・・
「どんな未開の国の人間でも、人としてのプライドは持ってるけど中国人にはそれが感じられない」

「人の命が軽い」 「泥棒が多い」 「欲が深い」 「偉そうにする」 「やかましい」
「床に落ちたものでも食べる」 「石以外は何でも食べる」 「金で人を買う」

今、その時の話を思い出してるのだけど、、、、色々な体験なども交えて出で来る悪口は止まらない。

話の内容の真偽は別にして、とにかく中国が嫌いと言う事だけはハッキリしている。

中国の悪口を言うのに引き合いによく出てきたのがタイ・ベトナム・フィリピンで、それらの国や人の方が数段良いと。。。

欲張り中国の話しから、、、、
「沖縄の連中は何を考えているんだ」と、沖縄の人たちに飛び火です。

「もし米軍が沖縄から引き揚げたら、半年以内に尖閣・石垣・与那国は中国人に上陸されて、事実上中国の支配下になる。そこから沖縄も狙われるし、海上は軍艦がウロウロして漁師は廃業だ。フィリピンが良い例だ、米軍が引き開けたらとたんに南シナ海に中国の基地だ」

暇なオッサンは島の名前も詳しいのだ
もう中国の悪口を言う為なら、なんでも知ってる事は全開で引用する状態です。

確かに話しは信憑性が高く事実にも基づいています。
中国は境界スレスレにストローを海中深く突き刺して、海の下の地下に眠っている資源を吸い取っているんです。

資源のある範囲は日本にも及んでいるのですが、地下なので見えませんから、、、そう言うのは平気でやる国なんです。

また話しに出た尖閣や与那国なら、本当に今でも中国人が上陸する可能性は十分に考えられます。
もし、それをやられたら日本は銃撃戦をやってでも、中国人を拘束して自衛隊員を上陸させる事が出来るでしょうか。

韓国に実効支配されてしまった竹島のようになりはしないだろうか・・・。

暇な男達の雑談が、なんか外交問題にまで発展です。
そんな時にタイミング良く中国に行ってる男から電話が入りました。

電話の第一声が・・・「ニィーハオ

四人がいっせいに、、、、うるさい
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 失態・ASKA不起訴 | トップ | 不法滞在 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。