地方の女たち

夜の街で出会った女達と男達

喧嘩は買え!!!

2016-10-18 11:39:25 | 今日のニュースから
ボート・カヌー会場の予定地「海の森水上競技場」の問題について、
私は「会場の変更が気に入らないなら競技そのものを止めてしまえ

先日のブログにこんな感じの事を書きました。

(朝日新聞デジタル)
IOCや国際競技団体は「海の森」を最善と考えている・・・。他に移転するなら韓国での開催を考えている・・。

こんなニュースが流れています。
国際競技団体と言うと、なんか全ての競技を代表していると勘違いしそうですが、これはボート・カヌーの団体で、他の競技とは一切関係有りません・・念の為。

会場として外国の韓国を出してきたのは完全な駆け引きです。
オリンピックを仕切る人達や競技団体の幹部達が「政治家」や「商売人」に成り下がった証拠と言えます。

これじゃあ~ 単なる興行です。
オリンピックが外してはならない本筋の精神は何処かに行ってしまった。

理想を求めている訳じゃないんです、最低限守らなければならないオリンピックの精神をなし崩し的に消し去る事が許せないだけなんです。
オリンピックを「政治利用」や「商売」とするのも一つの案だとは思いますが、それは世界の人々に説明して理解してもらってからの話しです(反対ですがね)。

もしIOCやボート・カヌーの競技団体が「韓国」を口にした時は
「どうぞ」と言って欲しい。
もちろん東京オリンピックの枠からは外れてもらいます。

子供じゃないんだから・・・と批判する人も大勢居てるでしょうネ

思い出して欲しいんです。
ボート・カヌー競技の国際的な会長などは「宮城は東京(選手村)から遠い」と批判している人達なんですよ。
その点で韓国はどうなんですかね???

前に言った言葉と整合性がないことでも平気なんですヨ

相手の土俵に乗るのは得策じゃない・・・しかし、相手の土俵に乗らなくちゃ解決しない問題もある。
今回は売られた喧嘩を買いましょう

新しく東京のリーダーになった小池さん・・・
オリンピックの事と平行して公務員の意識の改革を目指しています。

オリンピックは時間制限が有り難しいと言われていますが、、、
私は逆だと思います。 時間制限があるので、必ず収束はあります。
しかし、公務員の意識の改革には区切りがありません。

オリンピックや豊洲にしても、ホンの一歩だけ踏み込めばコレだけ問題が噴出してきます。
これが公務員の仕事の結果なのです。

小池都知事の任期は4年間、その間に「公務員の意識の改革」が元に戻れない所までやり遂げて欲しい。
これは日本の政治家で成し遂げた人は存在しない、非常に難しい事なんです。

あの大阪で絶対的な支持を受けた橋下さんでさえ「公務員の意識改革」は道半ばです。
ただ大阪の場合は松井さんが後を継いでいるので火は消えず、その希望は残っています。

巨大タンカーの様な大都市の東京です、そう簡単に方向転換は出来ません。
日本の人達も、将来にとってはオリンピックより「公務員の意識改革」の方が数倍大事なことに気がついて欲しい。

外ズラをつくろうのはもう沢山です
日本の都合に合わせてオリンピックを開催しても、他国と比較をすれば十二分に「おもてなし」は可能です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 柿の収穫 | トップ | 懲りずに柿の収穫 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。